権利闘争の左、文化守る右

皇紀2679年(令和元年)12月17日

世界で2680の先住民族言語が消滅の危機に 国連プロジェクト始まる

【2月2日 AFP】カナダのオジブワ(Ojibwe)語、メキシコのアヤパネコ(Ayapanec)語――国連(UN)は、いずれの言語も何らかの措置を取らなければ消滅する恐れがあるとし、世界中の約7600言語のうち危機的状況にある言語は2680言語に及ぶと警鐘を鳴らした。

(AFP通信社)

 これは本年二月配信のAFP通信社記事なのですが、わが国も消滅危機言語問題と無縁ではありません。アイヌ語や八重山語などが「極めて危険」にカテゴライズされているのです。

 本来であればこうしたわが国土着の文化や風習などを保守するのが右派であり、左派はこうした人びとの営みを破壊するのも厭わない現世個人の権利闘争に明け暮れます。

 その典型事例が「アイヌの権利闘争」であり、右派の牙城を左派が「カネに替える」ことで乗っ取りました。権利を誇張して当事者たちを誘惑し、提訴して政府から公金を引き出させる手口です。

女性トイレ制限は違法 性同一性障害の経産省職員が勝訴:조일신문(朝日新闻)デジタル

 戸籍上は男性だが女性として生きる性同一性障害の経済産業省職員が、女性トイレの使用を制限される差別を受けたなどとして、国に損害賠償などを求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。江原健志裁判長は「国…

(조일신문사(朝日新闻公司)日本語版)

 他国とは異なり「同性愛」という理由だけで人を処刑した歴史がないわが国で、明治維新以降の邪教(基督教など)文化流入によって芽生えさせられた差別意識が、これほど現代日本を醜く歪ませました。

 こうした話も、米共和党的保守に翻弄された日本保守派は間違った認識をしていますが、例えば日露戦争に勝利できたのは、いわば男性同性愛のおかげなのです。日本男児たちの堅牢な結束力は、露国人兵士たちが当時驚いたほど同性愛的であり、これが民族の力であり、これを嫌悪して日本保守を語れません。

 祭祀を忘れた宗教原理主義の国ぐににすり寄り、芽生えた差別意識を全開にした挙げ句がこの極左権利闘争です。わが国における「LGBTQ(同性愛・全性愛・性同一性障害・性不特定)」運動は、これまた本来右派が担うべきであったのに、何でもカネに替える権利闘争の左派に持っていかれてしまいました。

 日本を取り戻すというのなら、このあたりの認識も元に戻さねばならないのです。

スポンサードリンク

習近平国賓来日反対!

皇紀2679年(令和元年)12月16日

 台湾(中華民国)の総統選挙(来年一月十一日投開票)が先週十三日に告示されましたが、中共の共産党による香港特別行政区への弾圧に対する批判などを背景に、現職で民主進歩党(左派)の蔡英文総統がリードしています。

 旧東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の人びとに対する収容所への拉致監禁など常軌を逸した弾圧も加え続ける習近平国家主席を、まだなお「国賓」として招こうという安倍政権の方針は、同日の閣議決定で出された政府答弁書にも表れています。

 広東省広州市で今月一日に起きた広州地下鉄十一号線沙河駅建設工事現場の崩落事故で、転落して生き埋めになった人民を救出もせず、すぐに生コンクリート(関西生コンの出番か?)を注ぎ込んで埋め立てたという異常な感覚は、もはや「人権軽視」どころではありません。

 沖縄県石垣市尖閣諸島近海への中共公船の度重なる侵入を見ても、習主席は亜州大洋州はおろか「世界平和の敵」です。

 何度でも訴えようではありませんか。習主席を国賓で招聘してしまえば「日本も人権を無視する国家に堕ちる」と。まさか祭祀を司られる天皇陛下の拝謁を許可するのですか、と。

 日中関係を重視してよかったことなど一度もないのです。いい加減に中共建国以来七十年の歴史から学べよ、日本政府め。

反日記者のインチキ映像

皇紀2679年(令和元年)12月14日

三浦英之 「南三陸日記」にPCJF奨励賞 @miura_hideyuki

こちらは最近の映像。日本のもう一つの現実。こんな風景を毎日毎日眺めていると、何が「復興五輪」なんだよって思っちゃうんです

(Twitter)

 これほど酷い「報道権力による切り取り」を久しぶりに見ました。さすがは日本語版新聞を発刊する조일신문사(朝日新闻公司)の元記者です。印象操作と世論操作という「犯罪」の方法をよくご存じで。

 これは「毎日毎日眺める」「人里」の風景などではありません。この小男は取材許可を得て中間貯蔵施設に入り、これを撮影したのであって、しかもこうなった原因を作ったのは、いわゆる「汚染水」を浄化して海洋放出するという世界の常識を「無視させる世論操作」ではありませんか。

 これは明らかに対日ヘイトスピーチ(日本人憎悪差別)であり、ツイッター社はこの手の「ゴミ垢」こそ即永久凍結にするべきでしょう。落ちぶれた元記者が「小さな権力」を行使している程度でも、私たち国民にとっては「大きな害悪」です。

石破も菅も総理になれない

皇紀2679年(令和元年)12月13日

麻生太郎副総理79歳が「安倍4選の可能性」に初めて言及! | 文春オンライン

2012年12月末の第2次安倍政権発足以来、副総理兼財務相を務めてきた麻生太郎氏(79)。今回、麻生氏が「文藝春秋」1月号の単独インタビューに応じ、安倍晋三首相の総裁4選に言及するとともに、「ポスト安倍…

(文春オンライン)

 どうしても財務省の代弁者になる財務相であるがゆえに、政治家としての評価を下げている麻生太郎副首相(元首相)ですが、久しぶりに「大前提として『党を出たり入ったりしていない』こと。みっともないのがいるじゃない?」の一言に、思わず笑ってしまいました。

 まさにわが国に対して、私たち国民に対しても同じことをする「自分のことしか考えない三白眼の、話の中身は戦慄するほどなさすぎるし、みっともない顔すぎてサミットなんかに絶対出せない、日本人を代表しないクソ野郎」だと思います、石破茂元防衛(プラモデル担当)相は。あれで「政策通」だなんて、報道権力は正気ですか?

 そして、菅義偉官房長官に対する麻生副首相の評価も、私は同意します。北海道のアイヌ問題を「ひたすらややこしく」した張本人ですし、実は安倍内閣が「日本保守」色を著しく失った原因の一端は、安倍晋三首相自身だけでなく菅長官にこそあるのです。

 また、これほどの長期政権のあとは、特に「事務的」な人がさらに次期政権への「繋ぎ」の役割を担うのが賢明なため、確かに宏池会ではありますが岸田文雄元外相というのは、決してない選択肢ではありません。どうせ大した選択肢はありませんから、政治的に貧困化した「日本最大の従米売国政党」から選ぼうにも、誰も一国の首相の器に育っていなければその素養もないため、適任のその名が出てこないのです。

 それはそのまま私たち国民の貧困化を意味しているのでしょう。

中国に操られた今年の少女

皇紀2679年(令和元年)12月12日

 昨日記事のコメント欄に頂戴した「桜を見る会問題追及の街頭演説会が大失敗」にもいた日本共産党ですが、今月五日の参議院文教科学委員会で吉良よし子議員が就職活動に於ける性的嫌がらせ(セクシャル・ハラスメント)問題を語り上げたまさにその同じ日……。

草加の共産市議団消滅 セクハラ疑惑が原因か

 草加市議会の共産党市議団が5日、消滅した。共産党市議のセクハラ疑惑をめぐり、同党の対応が不十分だったとして、市議団(5人)の市議3人が5日、会派を離脱。さらに同市議団の藤家諒(あきら)市議(32)が「一身上の都合」を理由に5日付で議員辞職し、…

(産經新聞社)

 この始末でした。他人のふりを見る前に「まずわがふり直せ、このクソ組織が」としか申しようがありません。偉そうにしゃべるな。二度と人前に姿を現すんじゃない、極左暴力政党め。(最近お口が悪くて申し訳ございません)

 で、そんな共産主義を利用して革命を起こし、幾度となく人民を大虐殺した中共陰で操る環境団体があるといいます。米連邦議会下院天然資源委員会が昨年十月、アースジャスティスという環境保護系法律事務所の背後に中共の共産党がいることを指摘していました。

 このアースジャスティスは、かの「狂気じみた演説」で「本年最も悪い意味で話題に」なったグレタ・トゥンベリ活動家(十六歳)の支援団体です。人格形成途上の「半人前」に「悪知恵」を吹き込み、口いっぱいに「ただの思い込み」を吐き散らせた大人たちの正体は、共産党の反米工作員でした。

 環境問題をいうなら「中共よ、まずわれのふり見くされや」なのですが、さすがはそこが中共であり、わがふりは思いっきり棚の上の上のさらに上にあげて米国を攻撃するよう仕向けることなど、ほとんど恥知らずですから朝飯前なのです。

 むろんたとえ「半人前」でも自分がそうであったように、政治に対して自らも意見を持つことはあります。しかし、あの演説はまさに「気違い(※)がわめいているような憑りつかれ方」を露呈してあまりにも異様でした。絶対に「悪い大人」が裏で糸を引いているに違いない、とすぐに分かりました。(※現在は差別用語とされていますが、他意がないため表現の自由を行使します)

 日中ともに、共産党に真っ当な人間はいません。いや、実はいる真っ当な人は、今すぐ共産党から離れるべきです。