誰が何と言おうと田母神派

皇紀2677年(平成29年)5月26日

【前文科次官会見詳報(1)】前川喜平氏「文科省専門教育課で作成され、幹部で共有された文書。真正なものだ」 加計学園をめぐる文書で

学校法人「加計学園」(岡山市)問題をめぐり、前川喜平前文部科学事務次官が25日、東京都内で記者会見し、獣医学部新設のための国家戦略特区指定をめぐって民進党が示し…

(産経ニュース)

 昨日記事を配信したその日、文部科学省の前川喜平前事務次官が弁護士会館(東京都千代田区霞が関)で記者会見を開きました。日教組が推した「ゆとり教育」の実現に邁進し、朝鮮学校の授業料無償化に積極的に動いた男の言葉は、しらじらしいものばかりでした。

 三流省庁の従前の職務ペースにないスピード感が求められたことに「疑問」を持つのは、まず自分たちの職能に疑問を持つことから始めてほしいものですし、首相官邸や内閣府がごり押ししてきたような口ぶりですが、それは文科省が信用されていない(文科省だけに任せていられない)ことからくると思い知るよい機会にしてもらいたいものです。

 あとは、ここでいちいち解説するのも憚られるような、まさに官邸の総スカンを喰った例の天下り問題に対する「自分自身を責任者とはしない処分案」を出したことへの言い訳や、(確かにその通りですが)文科省は無力だの、後輩たちが気の毒だの、讀賣新聞社や週刊新潮が報じた醜聞への(本当かもしれませんが)とんでもない言い訳ばかりでした。

 何度でも申しますが、旧文部系旧科学技術系の醜悪極まりない主導権争いをないことにして、本件は語れません。官邸は、ただちに戸谷一夫事務次官も更迭すべきです。

 霞が関のこの有り様は、あくまで現行憲法(占領憲法)を「憲法」とすれば、国家公務員が忠誠を誓う憲法が消費期限切れで腐りきっていることからくる官僚の窮屈が原因なのか、まるで子供の陣地取りのような幼稚な遊びに、時の首相まで巻き込んで私たち国民が翻弄させられています。

 これで思い出されるのが、航空自衛隊の田母神俊雄幕僚長(当時)を論文問題でさらし者にして自衛隊から追い出した防衛省(内局)の増田好平元事務次官です。

 あの時、田母神空幕長を麻生太郎首相(当時)が事実上更迭したように勘違いした人も多かったですが、何が何でも統合幕僚長に昇格させないよう人事を凍結し、隊内論文を問題視して、汚職防止に「内局の問題だ」と食ってかかった田母神氏をまんまと外へ放り出した張本人は、増田次官でした。

 その田母神氏は、今度は「保守主義っぽい」だけの商人に寄ってたかられた挙げ句、空自一筋の人生では知りえなかった欺瞞の世界を見させられたのです。

 詳しくは申せませんが何度もともに講演会などで登壇し、控室などで名刺交換する人と決してしない人(もうお会いしなくてもよいようにと願をかけて名刺交換をしない北朝鮮による拉致被害者ご家族の方は別です)という私の中で明確な基準があり、率直で純粋なお人柄が控室での会話で歴然と出た田母神氏は、何やら「保守ビジネス」の連中とは明らかに違っていました。

 いろいろな立場の方がおられます。私に「田母神氏を応援するな」と文句をいってくる人もいますが、田母神氏を有罪とした公職選挙法違反の東京地方裁判所判決については、瀬戸弘幸氏のブログ記事に書かれているのと全く同じ見解です。

 私が日教組に立ち向かった際、「あんなもんと闘うな」といった人がのちに「闘えばいい」などと焚きつけて私を呆れさせましたが、田母神氏は、雑音にとらわれず闘うべきだと思います。

 そして今度こそ、私たちが田母神氏を「自分の商売道具」にしないことです。法廷闘争支援にお金を集めたりするのはいただけません。私なら、田母神氏に直接お渡しします。

 三宅博前衆議院議員の告別式(大阪府八尾市)にも、田母神氏は参列されました。某商人も来ていましたが、鉢合わせはしませんでした。どちらが正義か、裁判所が気づかなかったことを私は知っています。

 公選法違反を「自衛隊員だったくせに間抜けだ」と非難する人がいますが、選挙の経験が浅ければ浅いほど、特に候補者本人は分からないことだらけです。私自身、家族の選挙を見てきて公選法違反にされてしまう仕組みのようなものを知っています。

 あれほど純然たる保守主義者を、このまま伏せ置かれてたまるものですか。今後も政治活動を続けていただくべく、私は田母神俊雄氏を勝手に応援します。

スポンサードリンク

追及すべきはスバリ文科省

皇紀2677年(平成29年)5月25日

 自民党から旧たちあがれ日本、旧民主党政権で内閣府特命(経済財政政策)担当相などを務めた與謝野馨元衆議院議員が二十四日、亡くなられました。衷心よりお悔やみを申し上げます。

 典型的な「増税・財政再建論者」であり、靖國神社から特定の御霊を分祀するよう論じたりするようなおかしなところがありましたが、本年四月に自民党への復党が認められ、死を前にしてご本人も満足されたでしょう。

 一方、死ぬまで東京拘置所(葛飾区小菅)で生きざるを得なかったのが大道寺将司死刑囚です。殺人・破壊組織「東亜反日武装戦線」の一人として三菱重工業本社ビル(千代田区丸の内)などに爆弾を仕掛け、八人を惨殺、三百七十六人を負傷させた罪で死刑判決が確定していましたが二十四日午前、病死しました。

 同じような「反日」の野党各党は、わが国で破壊活動(テロリズム)など起きないといいますが、私たちが都心でいきなり殺されるテロが頻発したのを意図的になかったことにしているようです。

民進・高井崇志議員も加計学園の学部新設求める

 民進党の高井崇志衆院議員(比例中国)が、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区を活用して愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画の実現を求めていたことが分かった。

(YOMIURI ONLINE(読売新聞))

 さて、二十日記事で指摘したことがようやく新聞社記事になり、民進党の山井和則国会対策委員長の「いつもの思い込み先行」コメントが大いに笑わせてくれるわけですが、二十三日記事で取り上げた文部科学省の前川喜平前事務次官(旧文部系)に関する醜聞を最初に報じたのも讀賣新聞社でした。

 ひょっとすると讀賣は、首相官邸が加計学園の件を前川前次官の責任にしようとしているのを知っているのかもしれません。

 朝日新聞社や民進党、日本共産党に流れた怪文書の類いの出どころは、旧科学技術系の戸谷一夫事務次官らだというのに、それでも前川前次官を斬り捨てるということは、よほど「小松(親次郎審議官)システム」とまでいわれた旧文部系主導の天下り問題が発覚した際、前川前次官の対応が官邸の怒りを買っていたのでしょう。

 前川前次官は、それを察知したのか週刊文春の取材に対して例の怪文書を「本物」と答え、議論の混乱を仕掛けました。獣医学部新設こそ旧文部系主導で認めたにもかかわらず、現在の彼の背後は、一体何者たちでしょうか。

 とにかく加計学園の件は、文科省内の醜悪極まりない主導権争いでしかありません。民進党が何かを疑って追及する相手は、安倍晋三首相ではなく文科省なのです。それが分からないから「駄目野党」のまま党の生涯を終えるのでしょう。

スパイ防止法なく…共謀罪

皇紀2677年(平成29年)5月24日

 英国出身の俳優で映画『007/死ぬのは奴らだ』以降最多の七作に出演したサー・ロジャー・ムーアが二十三日、ジェームズ・ボンド役を演じた歴代俳優で初めて亡くなられました。八十九歳でした。衷心よりお悔やみを申し上げます。

 ところで、かつて帝國陸軍中野学校まで作ったわが国が現行憲法(占領憲法)によって諜報機関も持てず、外国の工作員(スパイ天国に堕ちたことは、テロ等準備罪(共謀罪)の新設を含む組織犯罪処罰法改正案が可決される以上に本来であれば私たち国民が不安の意思表示をしなければなりません。

 私たちが先人から学んだことは、優れた諜報機関もつまらぬ行政の仕組みに埋もれさせてはならないということであり、諜報機関を保持してはならない、軍隊を保持してはならない、交戦権(外交権)をもってはならない、ということではないのです。

 一方、中共共産党の支配下では、地質調査の日本人技術者六人がスパイ容疑で不当に身柄を拘束されました。だから中共に行ってはいけません。わが国にスパイを送り込む党が日本人商社マンや技術者を不当に捕まえていくさまこそ、権力に対する私たちの不安をかきたてるのでしょう。それがたとえ中共共産党の仕業にすぎないとしても。

【逃亡45年・中核派活動家逮捕】2LDKの室内に捜査員が踏み込んだとき、男は呆然と立ち尽くしていた…白髪に眼鏡、残る面影 長期逃亡の全貌解明へ

昭和46年11月の渋谷暴動事件から45年以上、行方がつかめなかった中核派の活動家、大坂正明容疑者(67)とみられる男が逮捕された。白髪で眼鏡をかけた男-。しかし…

(産経WEST)

 そのような中、つまり組織犯罪処罰法改正案が衆議院を通過したこの時機に、中核派の殺人犯である大坂正明容疑者とみられる男を大阪府警察が逮捕しました。目下決死の本人特定に向けて動いていますが、まさに大手柄です。

 中核派に殺された関東管区機動隊新潟中央小隊(新潟中央警察署)所属の中村恒雄巡査(当時まだ二十一歳)は、ガソリンをかけられた上で火炎瓶を投げつけられ、お顔を含む上半身がほぼ炭化していたといいます。この惨状を、私たちは忘れてはなりません。

 中核派や革マル派、革労協といった極左・左翼は、右派にはめったにみられない人殺しもいとわぬ殺人・破壊組織であり、連合赤軍らをはじめ、かつて世界各国に大迷惑をかけました。文字通り「日本の恥」です。

 この改正案の問題点は、個人のプライバシー権の保護項目(いわゆる「万が一のため」の項目)がないことであり、平易に申すと「ブレーキのない車」のような法案なのですが、この件では、連合国(俗称=国際連合)のジョセフ・ケナタッチ特別報告者とわが国政府側が言い争いになっています。

 旧民主党政権でできなかったこと(共謀罪なくして国際組織犯罪防止条約を締結すること)を「できる」と言い張った民進党や日本共産党らは、さだめし連合国に「告げ口」をしたに違いなく、そうまでして共謀罪を阻止しようとしたのは、やはり枝野幸男幹事長をはじめ中核派や革マル派らとの関係があるからでしょう。(さて、小西洋之参議院議員は、どこへ亡命するのでしょうか。このままわが国に居座ることは許されません)

 安倍政権のほうは、むしろ難民や移民の受け入れをしやすい環境を作ることにまい進した可能性があり、よって私たち国民のことに思いが至らなかったためにプライバシー権がおろそかになったことも考えられます。

 よって諸手を挙げて賛成できない法案ですが、私たちの暮らしのすぐそこに、極左暴力集団が潜み、海外のテロリストやスパイが隠れているかもしれないことを忘れてはならないのです。

謎はバカ官僚&記者にあり

皇紀2677年(平成29年)5月23日

 本日は、官僚と記者のあまりに愚かしい実態を検証してみましょう。わが国は、消費期限(昭和二十七年四月二十八日)切れの現行憲法(占領憲法)を放置し続けた結果、恥の概念国語力までも川にでも捨てたようです。川の神様も困っておられるに違いありません。

自民“魔の2回生”失言 「がん患者働かなくていい」の大西英男衆院議員 「マスコミ懲らしめる」「巫女さんのくせに」に次いで3度目の謝罪

自民党の“魔の2回生”が、またも失態を演じた。大西英男衆院議員=衆院東京16区、当選2回=が22日、がん患者について「働かなくていい」とした自身の発言について「…

(産経ニュース)

 まず、報道記者が入れなかった自民党厚生労働部会で、大西英男衆議院議員(東京十六区)が三原じゅん子参議院議員(神奈川県選挙区)の発言に対して飛ばしたヤジの音声が、なぜそのまま放送されたのでしょうか。

 すなわち密かに録音したものを、報道権力に叩き売った裏切り者が自民党内にいるということです。恐らく三原議員自身がフジテレビに持ち込んだのでしょう。同僚議員を貶めてまで何がしたい人なのでしょうか。

 さらに申せば、大西代議士は「癌患者は働かなくていい」とはいっていません。あのやり取りを全て聞いてこう解釈したのなら、国語(読解力)のテストで0点です。

 癌患者は「わざわざ喫煙可能の狭小店舗を職場に選んで」働かなくていいというのが正解ではありませんか。私たちは自分の都合(持病の有無など)に応じて自由に職業を選択できるのであって、奇妙な論理で職業選択の自由の侵害を語った三原議員は、まるで極左系の雇用運動か何かに毒されたようです。

前川喜平前事務次官「出会い系」報道に文科省どんより

読売新聞は22日付朝刊で、文部科学省による天下り斡旋問題で引責辞任した前川喜平前事務次官(62)が在職中、援助交際の交渉の現場となっているとみられる東京都新宿区…

(産経ニュース)

 そして、二十日記事で申した獣医学部新設に関する文部科学省発の怪文書の件。犯人は、戸谷一夫事務次官ら旧科学技術系だと最初から申しましたが、彼らはまだ、旧文部系前川喜平前事務次官らに対する嫌がらせが足りないと思っているのでしょうか。

 讀賣新聞社が報じたという前川前次官のことは、本当かもしれませんし出鱈目かもしれませんが、このような怪情報がもたらされたということこそ問題です。

 産經新聞社記事にある文科職員のコメントもしらじらしいですし、何度でも申しますが文科省はいりません。地方自治との兼ね合いから総務省にでも教育担当部局をつくり、文科省を潰してしまいましょう。

陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」

天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに…

(毎日ニュース)

 最後に、最も悪質なのがこの件です。毎日新聞社記者の「祈っているだけでよい」などという書き方は、祭祀を司られる世界唯一の天皇陛下の御存在、その基本すら知らない莫迦さ加減を如実に表しています。

 ましてその自らの無知がもたらした言葉の間違い(または著しい言葉足らず)を、保守系有識者が吐いたものとして置き換える手口は、もはや悪質以外の何ものでもありません。

 今上陛下がどのように御考えになられたかを、私たちがあれこれと想像して勝手に申すことはできませんが、庁内情報を都内の安居酒屋で大声で話してしまう莫迦な宮内庁職員の与太話を、阿呆の毎日記者が塵みたいな記事にしたのがこの有り様なのか、或いは阿呆の毎日記者の莫迦な妄想が塵みたいな記事を生んだだけなのか、どちらか一つでしょう。

 少なくとも今上陛下が「全否定された」などということを宮内庁職員にお話になることは、まず考えられません。毎日記者の書く宮内庁職員など存在しないというのが私の見解です。

 この記事が私たちをどう洗脳したいかは、いかに祭祀を軽んじ、ないことにまでするかということでしょう。「変態新聞」の考えそうなことです。

加計…実は民進玉木問題?

皇紀2677年(平成29年)5月22日

 本日より記事が見やすくなります。今後ともよろしくお願いします。
 

日米艦船、越カムラン湾に初の同時寄港 中国を牽制…災害救助など共同訓練

海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」と護衛艦「さざなみ」が20日、南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾の国際港に寄港した。同港には19日か…

(産経ニュース)

 護衛艦「いずも」は、海上自衛隊最大級です。日米の艦船が同地に顔をそろえるのは初めてで、米中央情報局(CIA)の情報提供者十二人以上を殺害し南支那海を侵略し始めた中共共産党軍に対する牽制の結束を示しています。

 しかし、現行憲法(占領憲法)第九条には「交戦権がない」とあり、外交もできなければこれほどの道具(護衛艦)がありながら実戦では使えません。使った途端に占領憲法をあくまで「憲法」とするかぎり憲法違反になり、政権が吹き飛ぶ(内閣総辞職)という独立国家としては信じられない状態なのです。

 これをそのままに自衛隊の存在をいくら「加憲」しても、「使ってはならない道具が存在する」と書き添えることにしかなりません。何の意味もないのです。

 改憲を党是としてきた公党の総裁として憲法問題に期限をきって斬り込んだ安倍晋三首相に辻褄の合わないことをさせようとするのは、中途半端な法理論武装しかしていない自称有識者や私たち国民なのであって、私たちが意識を高めて臨むことが為政者の正しい決断を促します。何でもかんでも安倍首相のせいにして逃げてはいけないのです。

 さて、何でもかんでも安倍首相のせいにしたいのは、野党民進党と報道権力の一端である朝日新聞社でしょう。日刊ゲンダイのような「壁や柱の落書き」もありますが、蓮舫代表が「内閣総辞職に相当する」だの「今は共謀罪より加計学園と森友学園」だのとまで述べたことは、民進党に致命的危機をもたらします。

 と申しますのも、森友学園問題が結局は「辻元公園問題」だったように、今度の加計学園問題などと煽られたこともまた、結局は「玉木獣医利権問題」の様相を露呈しつつあるからです。

 文部科学省の醜悪な内部抗争から吐き出された怪文書をつかまされて国会に持ち込んだ民進党の玉木雄一郎衆議院議員(香川二区)は、獣医師で香川県獣医師会幹部の玉木一将氏を父に持ち、獣医師問題議員連盟の事務局長を務め、地域偏向が激しく獣医師が不足しているにもかかわらずなぜか「不足していない」「問題はない」を繰り返す日本獣医師会の事実上政治部門である日本獣医師政治連盟から政治献金(平成二十四年「雄志会」収支報告書を参照)を受け取っています。

 献金が適切に処理されていればそれ自体何ら問題はありませんが、二十日記事でも再確認した通り安倍首相の関与などない加計学園の獣医学部新設について、むしろ妨害したがる玉木代議士にこそ利権や癒着の疑惑があるのです。

 安倍首相が古くからの親友である学園の加計孝太郎理事長に特別な便宜を一切図らなかったことは第一次安倍内閣で、加計学園を指名していた愛媛県今治市から文科省(および農林水産省)に対する「特区第十二次再再検討要請首相官邸資料を参照)」にも応えなかったことで既に判明しています。

 ということは、怪しいのは民進党の玉木代議士のほうではありませんか。自身をめぐるカネの動きから、行政判断を歪めさせ政治を曲げようとしているのは、むしろ民進党のほうで、まして自分たちが「特区に獣医学部を」と安倍内閣に急がせたことも忘れています。

 代表が辞職、党を総解体すべきは、民進党なのです。