アビガン報道でとんだ大嘘

皇紀2680年(令和2年)7月11日

「アビガン」明確な有効性確認できず 藤田医大など 新型コロナ

【NHK】新型コロナウイルスの治療薬の候補として期待されている「アビガン」について、患者に投与する臨床研究で明確な有効性は確認できな…

(NHKニュース)

アビガン研究、有効性示されず

 藤田医大(愛知県)は10日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補アビガンの臨床研究で、投与患者と未投与患者で、効果に統計的な差が出なかったと発表した。この研究では、明確な有効性は示されなかった。

(一般社団法人共同通信社)

 この日本放送協会(NHK)と共同通信社の記事をよく読んでください。と申しましても共同の記事は、記者が莫迦すぎて酷い短文ですが、NHKの記事には、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に対する富士フイルム富山化学が開発した抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名=ファビピラビル)の有効性を確かめる臨床研究で、藤田医科大学の土井洋平教授が「早く改善する傾向はあり、有効性がなかったという結論ではないと思う」と述べているにもかかわらず、ご覧のような扇情的な表題をつけて報じました。

 この件については、五月九日記事同二十三日記事で述べた通りです。富士フイルムと厚生労働省の間に製薬利権が存在しないため、いくら安倍晋三首相が既に海外への提供で得た有効性を示すデータをもって五月中の承認を目指しても、誰一人厚労官僚の天下りを受け入れていない富士フイルムの薬の特例承認を、厚労省が邪魔しました。

 そして、アビガン以上に深刻な副作用を招き、臨床結果もまるでよろしくない米ギリアド・サイエンシズが開発した抗エボラ出血熱薬「レムデシビル」のほうを先に承認したわけです。

 これほど酷い印象操作までして私たち国民を騙し、あくまで省益で国民の命などどうでもよいという態度を貫く厚労省を、絶対に許してはなりません。また、NHKと共同の提灯報道も許せません。これらは全て、文字通りの「売国行為」です。

スポンサードリンク

北工作員市長が失踪、死亡

皇紀2680年(令和2年)7月10日

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に関連して「(東京は)諸悪の根源」といった兵庫県の井戸敏三知事こそ、日教組と自治労に絡めとられた地方自治の諸悪の根源みたいな存在です。

 よくも次から次へと問題を起こすもので、この知事がかつて兵庫県警察を使って行なった悪事を絶対に許しません。

朴元淳ソウル市長が行方不明 遺言残し失踪との情報も

 【ソウル=名村隆寛】韓国の聯合ニュースは9日、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長(64)が同日、行方不明になり、警察が捜索していると報じた…

(産經新聞社)

 さて、韓国ソウル特別市の朴元淳市長は、文在寅大統領らと同じ北朝鮮工作員です。これは以前から申してきましたが、そんな彼が突然行方不明になったということは、間違いなく殺されています。

 この記事が配信される頃には、死亡が伝えられていることでしょう。朴市長が何をミスしたかはまだ分かりませんが、北朝鮮の何らかの怒りを買ったばかりに、前秘書室職員の女性から性的嫌がらせに関する告発を受けるという形で「死亡宣告」がなされ、絶望した朴市長が自殺するか、或いは連れ出されて殺されるか、というところです。

【追記】
 朴市長が青瓦台(大統領府)北側の粛靖門付近で、遺体で発見されました。形としては自殺ですが、間違いなく他殺です。彼は消されました。

山本太郎以下の福山哲郎

皇紀2680年(令和2年)7月9日

 私たちは、時として自然の猛威に翻弄されますが、その恵みはあまりに甚大であり、災害列島であるわが国に於いては、ゆえに自然祭祀が国家の軸となります。

 私が生まれた翌年、昭和四十八年の大噴火で新しい島が形成された東京都小笠原諸島西之島は、平成二十五年から続く新たな大噴火により拡大を続け、米国航空宇宙局地球観測所は六日、再び噴火活動が活発になっていると発表しました。

 地球で最も「若い島」は、わが国の領海を四平方キロメートル、排他的経済水域を四十六平方キロメートルも広げました。これほどの恵みはなかなかありません。

 次の世代、そのまた次の世代では、この島に日本人が住んでいることでしょう。この領土・領海を守ることが最大の社会福祉なのです。

立憲・福山幹事長、山本太郎氏に「恨み節」 「最終局面になって出たということで…」

現職の小池百合子氏(67)が他の候補に大差をつけて再選を果たした東京都知事選(2020年7月5日投開票)をめぐり、立憲民主党の福山哲郎幹事長は7月7日の記者会見で、「支持層が重なっている山本太郎さんが最終局面になって出たということで、野党側の票が割れることは自明になった」と述べ…

(J-CASTニュース)

 さて、昨日記事の続きのようになりますが、一見民主党のチンテツ幹事長(京都府選挙区)は、政治家のくせに口を開けば他人の誹謗中傷ばかりです。アイゴー。

 記事にある「リベラル票」というのは、正確に申しますと極左暴力層の票ということですが、そもそも仮に対日ヘイトスピーカー(日本憎悪差別主義者)の恥知らず老害弁護士しか立候補しなかったとしても、コイケバカタレガには絶対に勝てない選挙でした。

 いわゆる「保守票」は、初めからコイケと小野泰輔元熊本県副知事と桜井誠氏で割れていましたし、次の衆議院議員選挙のために顔を売りたかっただけの小野氏はともかく、その中で桜井氏が約十八万票も獲得したというのは、保守層の一部が「どうせ勝てないだろう」なりの戦い方を全うし、現状維持しか頭になかった大多数のバカタレがコイケを勝たせたということです。

 それすらもできずに最初から足並みが乱れているナントカ民主党連中に、一人前の選挙結果総括もままなりません。現段階で史上最低に劣化した左翼崩れの(ただの)日本憎悪差別主義者たちは、永遠にその汚い口を閉じていなさい。これからますます劣化するだけですから。

枝野と小池の「自己中心」

皇紀2680年(令和2年)7月8日

■平日なのに暴言(笑)■

都知事選当日に「#宇都宮」で物議 枝野氏“脱法餃子”ツイートに批判の声

 東京都知事選は現職の小池百合子都知事の圧勝で終わったが、SNS上では、投開票日当日の5日に立憲民主党の枝野幸男代表=顔写真=らが展開した「宇都宮餃子(ギョーザ)談義」が焦げ付いている。立民は都知事選で宇都宮健児氏を支援、公選法は投開票日当日に特定候補への投票を呼び掛ける行為を禁じており、…

(夕刊フジ|産經新聞社)

 五日に投開票された東京都知事選挙に絡んで、これは一見民主党のタダチニ影響ハアリマセン代表(埼玉五区)の「脱法」ツイートではなくて「公職選挙法違反」および「政治家としてクソすぎる罪で即死刑」ツイートです。

 これをリツイートする形で一見民主のゴミ議員どもが開き直り、この犯罪行為を指摘した多くの人びとを「いいがかりをつけてくる人」などとリプライした莫迦までいました。直ちに死んでください。国家の運営に影響します。国民からの切なる願いです。

 ついでに申しますと、コイツの餃子専門店に関する認識も頓珍漢すぎてついていけません。京都市に本店がある「餃子の王将」になんぞ文句でもあんのか? オマエの未だ生存にこそ違和感を覚えるわ、このクソが。どこまで阿呆なのか、宇都宮餃子会さんも困惑しているといいますから、本当にいい迷惑だったでしょう。まず(オマエの生まれ故郷だろうが)栃木県に謝れ!

 この騒動を受けた同党のチンテツ幹事長(京都府選挙区)が「(代表は)他意がなかった、といっている」とコメントし、問題をうやむやにしましたが、キサマの常套句の出動でしょうが。「ますます疑惑は深まった」「説明責任を果たしていただきたい」といわねばならないタイミングそのものだということが分からないのですか? コイツの頭を棍棒で叩き割りながら「アンニョン、ヨボセヨ、誰かいますか? 考えるんだよ、頭で」といいたい。

 九州豪雨災害のお見舞いを党員募集動画で、しかも満面の笑顔で述べてしまう同党宮城県連のドコノオバサン?幹事長と現地人市議会議員といい、この辺りの政治家は全員「国民より自分のことしか考えていない」のです。

 自分ファーストといえば、本家のコイケバカタレガ東京都知事ですが、ゴミどもの姑息極まりない犯罪行為も空しく悪夢のように圧勝してしまった裏で、都議会議員補欠選挙は「まだおったんか」といいたくなる緑のコイケファースト公認候補がことごとく惨敗し、四選挙区全てで自民党候補が当選しました。

 コイケは、自分の当選のために自民党の二階俊博(陳情・泣き言は誰からでも何でも聞くから誤解される)幹事長にもたれかかり、緑の候補者たちを見捨てたのです。

 政治家の「国民の皆様のために」「都民の皆様とともに」ほど信用できない言葉はない。

国賓来日中止決められない

皇紀2680年(令和2年)7月7日

国賓来日中止決議で賛否 中国にパイプの二階氏反発―自民:時事ドットコム

自民党外交部会などの合同会議は6日、中国が香港統制を強める「香港国家安全維持法」の施行を受けた党の決議について議論した。外交部会役員会は習近平国家主席の国賓来日中止を求める案をまとめていたが、中国に深いパイプを持つ二階俊博幹事長が反発。同日の会議では、決議案に対し賛否両論が出された。今後の対応は中山泰秀外交部会長に一任されたが、決議案の修正も含め検討する見通しだ…

(時事通信社)

 自民党外交部会は、既に中共の習近平国家主席の国賓来日中止を求める決議案をまとめていましたが、三日に侮日新聞社が配信したこちらの記事を受け、トーンダウンを余儀なくされました。

 中共・共産党は、国家安全維持法を即日施行させ、香港で体制批判を続けただけの人びとをつぎつぎに逮捕しています。残念ながらわが国でも非暴力の言論活動だけでも恣意的に(情報収集目的で)逮捕される場合がありましたが、独裁国家・中共のそれとは規模も性質も違い、明らかに人権問題です。

 これに抗しない人や団体は、今後二度と「人権」や「平和」といった清廉な言葉を使うことができません。

 自民党がそれを放棄するというのなら仕方がありませんが、わが国・日本としてまさか人権を軽視し、平和を脅かす国家になり下がるというのは、私たち国民が到底許容しないのです。

 記事はいずれも、二階俊博幹事長が決議案を妨害したように書かれていますが、実はこれは違います。特に保守派を中心に、これから申すことがどこまで信じられるか分かりませんが、事実として「親中のからくり」を知っておきませんと、本当に保守派が批判すべき相手を見誤り、その間に「敵」はどんどん事を進めていくのです。

 目下もそれが進行していますが、まず侮日記事が正直に「二階氏サイド」と伝えている通り決議案に憤慨したのは二階幹事長本人ではありません。周囲が勝手に「二階幹事長が怒るよ」「ただではすまんよ」と煽ったわけです。

 しかも自民党志帥会(二階派)の全員が親中、或いは親中的でないのは、私もよく知るところで、実は自民党で「本物の親中」すなわち屈中なのは、清和会(現細田派)の福田康夫元首相でした。二階幹事長は、かつて「福田さんに頼まれて仕方なくやってる」という事実を認めたことがあります。

 だからこそ中共側もそれをよく知っており、福田元首相に対する絶対的な歓待に比べ二階幹事長の場合には、過去数回の訪中時にも「主席が二階氏に会うか会わないかは、お土産(首相の親書など)があるかないかによる」といった態度しかとらず、手放しで信用(利用)されてはいません。

 よって今回の件も、二階幹事長の威を借りて国賓来日を実現させようとする勢力がほかにいるということです。いわば「昭和の保守本流は宏池会」「平成の保守本流は清和会」といわれますが、そもそも自民党の「保守本流」がいかなるものか、もはや多くを語るまでもないでしょう。

 この「二階氏サイド」の後ろに控える「ラスボス」は、二階幹事長にも圧力をかけています。先述の通り先般の決議案に「怒れ」「潰せ」「ただで済ますな」と二階幹事長を煽っているのです。

 その結果、二階幹事長が動くでしょう(一部記者はこれを「二階さんは呆けてるから訳も分からず『そうか、分かった』という」と表現しているほど、実はよく知られていること)。私たちは、そこから抗議し始めても遅いのです。はっきり申し上げますと、自民党総裁である安倍晋三首相(清和会)に対して釘を刺し続けるしかありません。安倍首相の英断を求めるのです。

 米国にも中共にもわが国を売り渡す議員を抱えているのが清和会なのです。