日本批判の前首相に韓国女

皇紀2677年(平成29年)9月22日

 西村眞悟元防衛政務次官が来月二十二日投開票予定の衆議院議員選挙に出馬しない方針を示しました。今月二十四日投開票の大阪府議会議員補欠選挙で、ご子息の西村ひかる候補が大阪維新の会と闘うために自民党から出馬したため、大阪十七区(堺市中区、西区、南区)で自民党候補とも対立していわゆる「保守分裂」になることを避けたのだと思います。眞悟先生がそうまでして臨む府議補欠選だということを、堺市民の皆さんにもお分かりいただきたい。

慰安婦問題で日本批判した独シュレーダー前首相、韓国の既婚女性と交際と独紙報道

ドイツ大衆紙ビルト電子版は20日、同国のシュレーダー前首相が韓国人女性(48)と交際していると報じた。シュレーダー氏は今月、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊…

(産経ニュース)

 さて、十二日記事で扱った独国のゲアハルト・シュレーダー前首相の一方的な日本批判の影に、韓国人女性とのダブル不倫があったといいます。これだから工作員による「美人局」がやまない(この手が最もうまくいく)のでしょう。

 一方、ヴェト・ナム(越国)戦争で派兵された韓国軍兵士が越国人女性を強姦してまわり、現地で「ライダイハン(大韓混血)」と呼ばれる子供たちが大量に残された問題に対し、英国のピーター・キャロル氏の呼び掛けで民間団体「ライダイハンのための正義」が設立され、在越韓国大使館前などに混血児像が設置されそうだといいます。

 わが国を呪いたいがあまり韓国人妓生を大日本帝國軍直属の「慰安婦」だったとふれまわり、それがよもや天に唾する行為だったとは、調子に乗っているときほど気づかないものです。

 証拠不十分の慰安婦問題よりも、今なお確かな証拠があふれかえっているライダイハン問題は、在韓米軍に直属の妓生を差し出していたことまで発覚した韓国が決して逃れられない最悪の汚点と申せましょう。

 初めから私たち日本人を罵倒していなければ、このような欧州の動きに対し、東洋人または黄色人種への侮蔑的差別に基づく不必要な攻撃だ(欧米の兵士たちはどうなんだ!)といってあげられたのに、と思えば思うほど韓国という新造暫定国家は、米露中に翻弄されて失敗した国だと申さざるをえません。

 そしてわが国もまた、同じように翻弄されて現行憲法(占領憲法)を放置しているのです。

スポンサードリンク

米が攻撃で解散の提灯記事

皇紀2677年(平成29年)9月21日

 二十日深夜、帰宅してまず歌手の安室奈美恵さんが来年の九月に引退するという報に驚き、メキシコ(墨国)の大地震(三十二年前の墨国大地震と全く同日に発生)に背筋が凍りました。既に二百人以上の方が亡くなられたとのことで、衷心よりお悔やみを申し上げるとともにお見舞いを申し上げます。

 墨国のような国に対しては、単に政府開発援助(ODA)による円借款ではなく、耐震・免震技術の共有事業(いわゆる日本企業の「紐つき支援」)を進めることを検討したほうがよいのではないでしょうか。

12月以降に北朝鮮を軍事攻撃、米国が安倍首相に伝達で衆院選前倒しか…有事想定で準備か – ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

北朝鮮の金正恩労働党委員長(提供:KNS/KCNA/AFP/アフロ)  報道各社は18日、安倍晋三首相が28日の臨時国会冒頭に衆議院を解散し、10月22日投開票…

(ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る)

 さて、これはとんだ「提灯記事」です。ビジネスジャーナルを運営するサイゾーグループの意図は分かりませんが、何もここまで安倍晋三首相率いる自民党寄りの記事を配信することはないと思います。

 と申しますのも、北朝鮮と対峙するために衆議院の解散総選挙に踏み切るしか現行憲法(占領憲法)下では手がない安倍首相は、米政府と相談の上でそれを決めました。連合国(俗称=国際連合)本部で開かれた昼食会に、米国のドナルド・トランプ大統領の隣席を指定された安倍首相の姿が全てを物語っており、よくいえば日米関係が強固なものであるとも申せましょう。

 ところが、韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)は、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着したときから、歴代大統領には用意されてきた赤絨毯も米政府関係者の出迎えさえもありませんでした。北朝鮮問題で共同歩調をとるには、当然日米と当事国たる韓国がそこに加わっていなければ話が合いません。

 以前ここで申したように、元在韓米軍司令官が「韓国の同意なく北朝鮮を攻撃することは可能」と述べ、まず在韓米軍を引かせて、国際法に則って韓半島(朝鮮半島)周辺の米軍資産で北朝鮮を攻撃するというオプションが提示されたのは、文字通り「韓国の同意なしにはできない」と断言した文工作員の全否定が目的でした。

 また、ここへきて元軍人らしく開戦には慎重なジェームズ・マティス国防長官が「ソウル特別市を重大な危険に晒さずにできる」と公言したのも、韓国の同意なく始めることへの布石かもしれません。

 しかし、本当は米政府が北朝鮮を崩壊させるための長期戦に入ったのであり、北朝鮮にとってはむしろこちらのほうが不気味でしょう。よくいわれる「破れかぶれの暴発」で対抗することもできません。

 よって年内の北朝鮮攻撃を見据えた解散総選挙ということはなく、私たちは、わが国が解散総選挙でしか弾道弾発射を止められない、撃たれても迎撃もしない根本理由を思い起こし、今のうちにこれを改めるよう問い質す選挙にしたいと思います。

安倍政権は消費増税する気

皇紀2677年(平成29年)9月20日

 元水泳選手の渡辺健司さんが十八日午前、四十八歳の若さで亡くなられました。衷心よりお悔やみを申し上げます。水泳を習っていない・いなかった方には、ひょっとするとあまり馴染みがないかもしれませんが、平泳ぎといえば最近までは「北島康介」、かつては「林亨」、その前が「渡辺健司」だったのです。

 中学生で昭和五十九年開催のロス・アンジェルス夏季五輪大会に出場し、百m・二百mの日本記録保持者でした。五輪大会ではメダルに届きませんでしたが、亜州大会では二度も優勝しています。本当に残念です。

【経済インサイド】安倍晋三首相は本当に消費税10%に引き上げるか みたび「延期」観測、市場に浮上のワケ

内閣府の「景気動向指数研究会」は6月、第2次安倍政権が発足した12年12月に始まった景気の拡大局面が今年4月までで53カ月に達し、バブル期(51カ月)を抜いて戦…

(産経ニュース)

 この産經新聞社記事は、衆議院の解散総選挙報道が出る前の今月七日配信のものです。いみじくもこれが全てを語ってしまっています。安倍政権が同一政権で二度目の消費税率引き上げに踏み切るだろう、と。

 別に産經が出鱈目な記事を書いたというわけではありません。ここに書かれているようなことを、まさに麻生太郎副首相兼財務相が恐れたからこそ急転直下の解散総選挙となったわけです。

 もう一つは、昨日記事でも述べたように現行憲法(占領憲法)下では北朝鮮に対抗する唯一の手段が解散総選挙しかないという体たらくで、連合国(俗称=国際連合)総会にて安倍晋三首相が北朝鮮批判の演説をし、今回の選挙との連動を暗に示します。「日本は選挙で対抗する」と、米政府との話し合いもついたでしょう。米国のドナルド・トランプ大統領が(自身は全く関心も知識もなかった)日本国民拉致事件に総会演説で触れたのは、そのせいです。

 さて、先月末の月例経済報告は、多くの国民にとって全く実感のないものでした。なぜなら増えたのは、主に大企業の利益と内部留保であり、もともとの富裕層が株式投資しやすくなっただけだからです。

 内部留保が増えるのは、異常な円高がまるで終息していないためで、よって社員・従業員の給与は大して上がらず、デフレーションからの脱却もできていません。

 安倍首相が初めに示したおおよその方針は間違っていなかったのに、成長戦略を後回しにした挙げ句、消費税率を八%に引き上げてしまったため、日本銀行にアクセルを踏ませて政府はおもいっきりブレーキを踏み込みました。いわゆる「アベノミクス」は、煙を噴いて止まっている状態です。

 つまり、現在財務省主導でやっていることとは逆のことをやるしかありません。自民党は、解散総選挙で「財務省と闘う」といえばよいのです。学校法人森友学園の問題でも、どれほど自民党が財務省に傷つけられたか、よく思い出してもらいたい。

 占領憲法の弊害を最も抱えて胡坐をかいているのが財務省、次いで外務省なわけですが、これらを放置する限り一度致命的に落ち込んで、それが長期化した国家経済を自力で建て直すことなどできません。これまで申してきたことと併せ、何度でも考え直してもらうよう訴えていきます。

大義がない~能力がない

皇紀2677年(平成29年)9月19日

消費税増収分「社会保障の充実」に…首相訴えへ

 安倍首相は次期衆院選で、2019年10月の消費税率10%への引き上げに合わせ、増収分の使い道を「国の借金返済」から「社会保障の充実」に振り向けることを国民に訴える考えだ。

(YOMIURI ONLINE(読売新聞))

 この時機の衆議院解散総選挙について昨日、某氏が「北朝鮮は、日本への威嚇が効いていないと思ってさらに暴発するかも」と述べたのですが、この某氏の立ち位置から考えてすぐにピンときた私は、安倍晋三首相の「大義」が北朝鮮を少しの間でも黙らせることにあると分かりました。

 いや、この「某氏」が誰だか明かせないなら読者諸氏には誠に不親切な記事になりますが、野党各党や東京都の小池百合子知事に至るまで、安倍首相が解散総選挙に踏み切った大義を知りません。或いは、それを考える能力がありません。

 特に日本共産党や社民党、民進党の一部には、安倍首相が北朝鮮と連携(?)して弾道弾発射騒動を起こしているなどと本気で疑っている類いの議員がいますから、そもそも政治的発想ができないのでしょう。

 たとえ自衛隊の存在を書き加えてもどうにもならない効力切れの現行憲法(占領憲法)下では、交戦権を否定されている以上どうしても北朝鮮と戦えません。読者ご指摘の通り対朝問題のほとんどすべてに於いて、わが国が努力し奏功していることなど何もないのです。

 そこで安倍首相は、解散総選挙を文字通りの武器として使用しました。北朝鮮が敵視する安倍内閣の支持率は、先述の「連携説」が生まれたように、北朝鮮が弾道弾を発射するたびに回復してきたため、ここで選挙をされたのでは、もう撃てません。金正恩労働党委員長が安倍首相を応援するようなことになるからです。

 しかし、この真の大義は、口が裂けてもいわないでしょう。上記讀賣新聞社記事を見ても、麻生太郎副首相兼財務相が世間向けの大義を考え、リードしていることが伺えます。

 戦えない国が首相を一年ごとに交代させることでしのいだ時期と解散総選挙でしのぐ時期……これが占領憲法体制の限界であり、いまだに消費税を徴税しなければ社会保障関連予算が組めないと思い込まされていることも、すべて出鱈目の出どころが同じなのです。

総選挙が必要→何を問うの

皇紀2677年(平成29年)9月18日

 いよいよ臨時国会の冒頭、衆議院の解散が現実になりそうです。来月二十二日投開票で最終調整に入った模様。私としては、誠に勝手ながら帯状疱疹が著しく症状悪化の一途を辿り始めたため、やめてほしいのですが……。

 日本共産党の小池晃書記局長は、先月三日の第三次改造内閣に触れ、自身のツイッターで「内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が必要」と述べていました(該当ツイートを参照)。安倍晋三首相を徹底的に攻撃し、選挙で闘う覚悟があったのでしょうか。

 ところが、十六日のツイッターには「いったい何を問うのか」「総選挙は世界から見ても異様」(該当ツイートを参照)などとつぶやき、安倍政権を倒しにかかる覚悟などなかったことが分かりました。その都度、ただただ相手を罵倒するだけだからこうなるのです。

 今度の選挙の争点は、いわゆる「二つの学園問題」を見てもいい加減な国会質疑で開会費用を無駄遣いしてきた連中を、一人残らず落選させるか否かであり、そこに自民党も共産党もありません。

西村眞悟元衆院議員の次男の公認決定 大阪府議補選で自民府連

堺市長選(9月10日告示、24日投開票)に立候補する大阪維新の会所属の大阪府議の辞職に伴って実施される府議補選(9月15日告示、24日投開票)について、自民党府…

(産経WEST)

 で、来月の前に大阪府民堺市堺区選挙区の皆さん)にとって重要な民意を示せる機会が、今月二十四日投開票の大阪府議会議員補欠選挙です。

 実は、先月二十七日の事務所開きと今月二日に開かれた総決起集会の案内を、自民党の西村ひかる候補(日本のこころ推薦)の後援会事務所から頂戴していましたのに、先述の通り私が体調を崩したため、駆けつけることができませんでした。この場を借りて関係各位にお詫びします。

 西村候補は、国民防衛の覚悟を決めた予備自衛官です。もしも政治家が開戦を決めるならまず政治家自身が戦場へ行け、そのあとに私のような「死にかけ」が若者たちの命を守る盾になるため死にに行く、若い自衛官は最も安全な場所で防衛システムを制御していてくれ、というのが私の「平和主義」であり、何の覚悟もなくただただ反対するだけの「自称・平和主義」の政治家ほど信用ならない者はいません。その手の議員に限って、他人を罵倒することに血道を上げる好戦的な人物ばかりだからです。

 話は逸れましたが、二つの学園問題のうち、学校法人森友学園の問題は、以前申したように同和問題が絡む汚染地を早く売りたがった財務省と学園の前理事長夫妻がののしり合っただけの問題であり、そこに大阪府が、いや、もっとはっきり申しますと大阪維新の会の同和絡みの方がたが関与していた問題でした。

 だから大阪府の松井一郎知事だけが「恨み節」の前理事長に名指しされ、民進党の辻元清美元副国土交通相がいきなり問題追及から手を引いたのです。

 すなわち、維新の会ではこのような問題を解決できません。大阪府議会に必要なのは、そのようなしがらみがない議員であり、是非ご検討いただきたいと思います。