これはヤバいと思ったか…

皇紀2677年(平成29年)9月12日

都民ファーストの会、野田数代表が辞任 後任に小池百合子氏側近で総務会長の荒木千陽氏…野田氏は「特別秘書に専念」

東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は11日、知事特別秘書の野田数(かずさ)氏が代表を辞任し、7月の都議選で初当選した総務会長…

(産経ニュース)

 これは、七日記事で申したことが大いに影響した結果です。山尾志桜里衆議院議員と倉持麟太郎弁護士の関係が世間にさらされてしまったため、東京都の小池百合子知事と都民ファーストの会の野田数代表も身の危険を感じているのかもしれません。

 或いは、いよいよ完全に都ファが小池都知事に見捨てられたのかもしれず、どうしようもない「素人」ばかりを当選させたツケは、結局都民自身が払うことになります。

シュレーダー前独首相、慰安婦問題で「日本は謝罪の勇気ない」

韓国の聯合ニュースによると、ドイツのシュレーダー前首相が11日、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」を訪問した。シュレーダー氏は日本が慰安…

(産経ニュース)

 さて、もう一つ。私がかつて南独新聞(ジュートドイチャー・ツァイトゥン)の極左ぶりを紹介し、読者の方が継続的に独国内の対日ヘイト(反日)偏向について、事例を挙げながらお伝えいただいてましたが、確かに独国人は、自分たちが選んだナチス党のもとで敗戦に終わり、ユダヤ人を狙い撃ちして殺害した戦争犯罪ならびに戦争犯罪以外の犯罪を全てナチスに押しつけ、国防軍すらもそこから免れた経緯から見て、韓国のヘイト活動家らに煽られることも心地よく、自らの罪悪感を日本人を攻撃することで消化したいのかもしれません。

 この偽善に満ちた心地よさが、史実をたどる(正確なことを調べる)という作業さえ億劫にさせ、以前にも申した独国人の「極端な国民性」(よくいわれる「几帳面」というのは、独国人とつき合うと違うと分かる)が顔を出し、いよいよ私たち日本人が「極悪人」に仕立て上げられていきます。

 独社民党のゲアハルト・シュレーダー前首相のこの行動は、まさにその第一声となるでしょう。ただちにわが国が重ねてきた謝罪の数数(何度お詫びしてお金をむしり取られてきたか)を、全欧州に注意深く宣伝しなければなりません。

 しかし、産業遺産国民会議によりますと、韓国で目下横行しているいわゆる「軍艦島」の印象操作について、「真実の歴史を追求する端島島民の会」が南独新聞の対日ヘイト記事に対し、修正を求めたところ拒絶されました。

 元島民の真実の声にも耳を貸さない極端さは、独国人がナチスに奔った所以をも伺わせます。全く反省していないのは、むしろ独国人であり、簡単に中韓の対日ヘイトに乗せられてかくのごとく活動することを恥じてほしいものです。

 印象操作には端的な印象操作で対抗することも必要で、私たちが杉原千畝氏の写真を手に持ちながら「ユダヤ人の次は日本人をガス室に送る気か」といってやるべき日がまもなくきます。

スポンサードリンク

知事がヘイトスピーチ投稿

皇紀2677年(平成29年)9月11日

https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/906637215140159489
 これ、新潟県の米山隆一知事(日本共産党、社民党など推薦)が石平氏の正体を知っていて書いたのなら「OK」ですが、知らないくせに書いたなら完全に「ヘイトスピーチ」です。対日ヘイト(反日)派の「ヘイトスピーチを許さない」が聞いて呆れます。

 しかし、石平氏を重用する産經新聞社(事の発端となった記事)などの保守系メディアも、脇が甘いと申さざるをえません。韓国の報道各社が自分たちにとって心地よい対日ヘイト派の日本人ばかりを重用し、わが国の実情を知ろうともしないのに似て、痛快な言葉に酔わされ、すっかり中共共産党の術中にはまれば世話はないのです。

 それにしましても、やはり中日新聞社(東京新聞)の望月衣塑子記者は、対日ヘイト派期待の星なのでしょう。自分たちが許さないはずのヘイトスピーチを繰り出してでも筋違いな質問を執拗に繰り返す迷惑行為を擁護してもらえるなんて。

都内の朝鮮大学校「日米を壊滅できる力整える」 金正恩氏に手紙、在校生に決起指示

朝鮮大学校(東京都小平市)が5月、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に送っていたことが19日、分かった。朝大関係者が明らかに…

(産経ニュース)

 さて、これはちょうど一年前の記事ですが、これでもまだ在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の各種朝鮮学校をほかの外国人学校と同列に扱うべきなのか、現下の北朝鮮情勢を踏まえ、この一年で起きたことを整理して私たち全ての国民がよく考えなければなりません。

 安倍晋三首相も河野太郎外相も、関係各国に対朝制裁への同意を取りつけようと動き回っていますが、北朝鮮の回線と流通経路を完全に断ち切ることをしない見せかけの制裁に、全ての国が「カネが絡んだ単なる駆け引き」としか思わないでしょう。だから日本国民拉致事件も解決しないのです。

 北朝鮮をこのまま生かす「経済効果」を日米が認めてしまっている以上、何も解決しません。

 むしろ北朝鮮工作員の文在寅大統領を抱えた韓国は、わが国と通貨交換(スワップ)協定再開の交渉もできず、いよいよ中共共産党との同協定の期限切れが迫っています。

 これまた全ての国が「文大統領は北朝鮮工作員」と知っているため、助けようとしないのです。ただちに米国が韓半島(朝鮮半島)に軍事介入しないのは、要領の悪い文工作員主導の南北統一工作が盛大に失敗し、韓民族どうしで殺し合うのを待っているためかもしれません。

 韓国人が今すぐすべきは、文大統領を引きずりおろすことであり、私たち日本人は決して何も手を出さないことです。

天皇を語った漫画家の驕り

皇紀2677年(平成29年)9月10日

小林よしのり氏批判「山尾氏を離党に追い込んだ」

ダブル不倫疑惑を報じられた山尾志桜里衆院議員(43)が民進党を離党したことについて、山尾氏を支持する漫画家の小林よしのり氏(64)が「山尾氏を離党にまで追い込んだ」と民進党を…

(日刊スポーツ)

 八日記事の「某漫画家」に今さら民進党を批判してもらわずとも、とっくにわが国の政党として終わっていることは、ほぼ多くの国民の共通認識と申して過言ではありませんが、山尾志桜里衆議院議員の何がそれほど彼をここまで狂わせたのでしょうか。

 何度でも申しますが政治家個人の性生活になど、報道価値は全くありません。何を騒いでいるのか、と私も思います。そのようなことに、かつて山尾代議士自身が執着して国会の内外で騒ぎを扇動し、激しくその自民党代議士に説明責任と辞職を求めたのです。

 小林よしのり氏も、ご自身のブログ・平成二十七年三月十四日記事で「不倫路チューを許す安倍政権に道徳はない」と題し、二人の自民党代議士を指して「不倫路チュー議員は男女とも議員辞職しやがれ!」と書きなぐっているのに、山尾代議士のこととなると自らのこの考えすらも捨て去り、読んでいるこちらが恥ずかしくなるほど異常な擁護姿勢を隠しません。

 「余人をもって代えがたい人材」とする評価を、小林氏が山尾代議士に下しているのは分かりますが、例えば学校法人森友学園の件でさえ主たる原因と申してよい財務省の危うい国有地売却体質を追及せず、ただただ安倍晋三首相と昭恵夫人の「隙だらけのお人よし」をあげつらっただけでした。はっきり申し上げて山尾代議士を高く評価すべき点が見当たりません。

 皇室を漫画のネタにしたくせに「憲法を題材に書いてみろ」と或る憲法学者にいわれて怖気づいた程度の人の「山尾評価」に、一体どれほどの信用がおけましょうか。小林氏こそ驕っているように見えて仕方がないのです。

 ちなみに私は、漫画をほとんど読まないので小林氏の著作を一冊も拝読したことがありません。よって作品に対する評価はできませんが、討論番組での発言について、例えば「威勢のよいことをいうのが『愛国』ではない」「あくまで米国に守ってもらうのか」といった指摘などは、全くその通りだと思いますし、決して頭の悪い人だとは思いません。

 しかし、実はこの人は、憲法論も語れない程度の政治的知見しか持ち合わせていないのだろう、とその学者から話を伺った時にがっかりしたのを、私は今でも覚えています。それでよく「天皇論」を出版したものです。世の中は、結局「カネ」なのでしょう。

みんなで捜した成果が…

皇紀2677年(平成29年)9月9日

島根県ウェブサイト、地図に日本海に「東海」を併記

島根県が開設するウェブサイト内のハングル表記の地図で、日本海の後に「東海」(日本海の韓国側呼称)を併記していたことが分かり、県広報室が7日発表した。「東海」をめ…

(産経WEST)

 指摘された島根県の毅然たる見解とその結果(誤併記の削除)を批判する類いの対日ヘイト(反日)活動家は、概してインターネット上で対日ヘイトを捜し出して指摘する人びとのことを莫迦にするのですが、自分たちも血眼になって目下単に「ヘイトスピーチ」とされるものを捜し出し、関係各所に密告しています。しかし、その原因であるもともとの「対日ヘイトスピーチ」を全く問題視しません。

 私は、先月二十二日記事(および同二十四日記事)で日本海表記以外の間違った地図(対日ヘイト思想の日本人差別地図)を見つけた場合、必ず外務省へ通報してください、と皆さんにお願いしました。

 今回の場合、地方自治体のホームページにそれはありましたから、直接県庁に問い質した方がたがおられ、間違いを正してもらえることになりました。それは、よい意味で「並」の成果であり、活動家たちに揶揄されるいわれはありません。

 島根県は、隠岐郡隠岐の島町竹島を韓国の武装警察らに不法占拠されたままになっていますから、すぐに間違いを認めてくれましたが、もしそうでない自治体や企業、団体があれば、人種差別活動を是認する根拠を改めて問い質さなければならないでしょう。

 そのような時は、あえて「日本がなめられている」などというよりも「日本人を差別する活動から出てきた誤表記で、見た時は強いショックを受けた」というほうがよいと思います。実際本当にそうですし、まずはご参考までに。

蓮舫氏「私は民進で歯食いしばる」「仲間とぶれずに」…山尾氏騒動の中

民進党の蓮舫前代表(49)が8日、ツイッターに「民進党の理念は、自由、共生、未来への責任。私は、国民が選べる政治を実現するためにこの党で…

(デイリースポーツ)

 最後に余談を。北朝鮮の記念日なんぞどうでもよいです。本物の東亜の危機は、中共共産党の目下権力闘争の顛末が招くのです。

 さて、本来報道の価値などないはずの「政治家個人の性生活」で騒がれた山尾志桜里衆議院議員(愛知七区)は、政治家として最もしてはいけない「いっていること(説明責任を果たす)とやっていることが全く違う(説明責任からの逃亡)」記者会見を開いてしまいました。この最低最悪の会見をセットしたのは、民進党です。

 もう政党として完全に終了したと申してよいでしょう。

 概ね六日記事で流した情報通りでしたが、そもそもこれを、どうやら少なくとも本年一月ごろから党内でも噂になっていたことを、誰が週刊文春に叩き売ったのかということですが、ここぞとはがりに「私は民進で歯を食いしばる」としゃしゃり出た人が最も怪しいのです。山尾衆議院議員のことが大嫌いなのは、もうバレています。

 この人が居残り続ける民進党だからこそ、また誰かが党を去っていくのです。

対北、韓国に習えと某教授

皇紀2677年(平成29年)9月8日

[寄稿]正しい危機感とは何か 山口二郎・法政大学法学科教授

8月29日早朝に北朝鮮が北太平洋に向けてミサイルを発射したことは、日本国内にも大きな衝撃を与えた。北海道、東北、北関東などではミサイル攻撃の警報(Jアラート…

(ハンギョレ新聞)

 このような対日ヘイト(反日)一派が、いかに民進党を離党した山尾志桜里衆議院議員をその「要員」として大切にしてきたかよく分かるのは、山尾衆議院議員自身が自らの所業を棚に上げて叩いてきた宮崎健介前衆議院議員らの不倫報道に対し、例えば某女流作家が「税金で給料をもらってる。私の財布からお金をとっているのに不倫している」と発言し、毎日新聞社記者が「男性の育児休暇論議をゆがめた責任は重い。自民党は議員の資質を欠くような人物を国会に送り込んだことを深く反省すべきだ」と書いたのにもかかわらず、山尾衆議院議員に対しては、全く同じ人たちが「下半身の事情よりも仕事をどれだけやっているか」「こういうスキャンダルで政治や政局が動くのは残念です」といい、某漫画家まで出てきて「これほどの能力を失うのは、民進党にとっても、国家にとっても大損失になる」とうたうほど擁護しました。

 この女流作家とは、室井佑月さんのことですが、実は私も政治家の醜聞で最もくだらない(報道の価値がない)のは、下半身に関することだと思っています。仏国民の気質を例に挙げても仕方がありませんが、仕事ができるのならそのようなことはどうでもよいと考えるべきです。

 しかし、宮崎氏も山尾氏もともに駄目なのは、育児に関する政策提言を政治家としての「売り」にしておいて自身が不倫に及んでいたことです。昨日記事の最後に「女を捨てないまま」と申しましたが、この人たちが「口は悪いし態度も大きく見えるが有言実行の世話焼き」とでも思われる豪快、女傑の呼び声高ければ、多くの国民も不倫騒動に振り回されることなどなかったでしょう。

 私が発覚の約一か月前に「狙われているぞ」と警告した豊田真由子衆議院議員にしても、あまりにお行儀のよい「いい子ちゃん」を演じたばかりに、決して女傑にはなれません。もともとその素養もないのでしょうが、日ごろから「猛烈だが仕事はできる」と思ってもらえていたなら、自身の秘書に「このハゲ~! 違うだろう!」と叫んでいても誰も驚かなかったはずです。

 小選挙区制(または小選挙区比例代表並立制)の弊害は、政治家に好感度ばかりを気にするよう仕向け、よって今や立法府は、いわゆる「小物」だらけになりました。私にいわせれば、政治家や芸能人にとって高い好感度ほど邪魔なものはありません。

 ですから、この理屈とは全く逆の手口で衆愚の脚光を浴びようとする上西小百合衆議院議員もまた、結局は「人気商売」をしているにすぎず、政治家としては全く駄目なのです。それが分かっていない秘書に手ほどきを受けたばかりに、ますます本人が政治家として使い物にならなくなっています。

 とにもかくにも、同じ症状(不倫)に対して意図的に真逆の診断(煽り)を下し、患者(国民)を翻弄しようとする報道権力の仕掛けに、都合のよい紐つきの工作員や根なし草のような工作員が駆り出され、わが国の政治は一歩進んで「五歩下がる」のです。気がつけばもうどこからどこへ向かって歩いているのかもよく分かりません。

 安倍晋三首相に対して「おまえは人間じゃない」と最大限の人権蹂躙に及んでおきながらリベラル派を気取る法政大学および北海道大学の工作員は、国家国民の安全保障という最大の福祉を機能停止に追い込む対日ヘイト派であり、これが日本リベラル言論の致命的劣化の顛末です。

 また、それに引きずられるようにして保守言論も著しく劣化し、今や訳の分からない「加憲」に期待するようなことになってしまいました。

 山口二郎教授のいう通り韓国に習うとすれば、航空自衛隊のF15戦闘機を飛ばし、弾道弾を保有して発射実験を行い、日本海上で護衛艦から艦砲射撃に及んで終末高高度防衛弾(THAAD)をどんどん配備することになります。これがこの一週間で、北朝鮮工作員の文在寅大統領のもと、韓国軍がそれでもやった全てのことです。

 現行憲法(占領憲法)のわが国がどうしてこれだけのことをできるのですか。

 朝鮮戦争の休戦、分断国家となった経緯、北朝鮮工作の蔓延といった現実のいずれもわが国が習うべきものでなく、特に休戦の長期化と「容北」で惚けた国家に教わることなど何もありません。

 現下の私たちは、先人たちが積み上げた国史のうちの勝ち戦・負け戦から正しい危機感を学ぶべきなのです。