地上イージス報道の大ウソ

皇紀2680年(令和2年)6月18日

 河井克行前法相(広島三区)とその妻・案里参議院議員(広島選挙区)は本日、逮捕されます。検察が週刊誌にリークした情報ですが、この二人が優れた政治家ならかばいもしますが、従前申し上げてきた通り最低の役立たずです。

 昨年十二月十日に自殺した広島地方検察庁の國光賢人検事のことを暴露して「裁判に勝てるわよ。検察は逮捕するならしてみやがれ」といったらしい案里議員は、政治家を続ける資格がありません。この女に検察は、この世の地獄を見せるべきです。「日本を変えたい」などという前に「おまえが変われ」といいたい。

 しかしながら、広島地検のこの大失態を知りながら何もいわずに検察を去った黒川弘務前東京高検検事長は、やはりなかなかの人物でした。
===========================================
 昨日記事ではっきりしたことは、韓国の文在寅大統領ら青瓦台(大統領官邸)にいる連中のような北朝鮮の「」は、いざという時、いや何度でも軽く扱われ踏みつけにされるということです。骨のあるやつは一目置かれますが、下僕に遠慮など必要ないからです。

二階氏「相談なく一方的に発表」 イージス・アショアめぐり防衛省に怒り

 自民党は17日、防衛省が秋田県と山口県で進めていた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を停止したことを受け、党本部で北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部(本部長・二階俊博幹事長)の会合を開いた。二階氏は「国防の重要な問題を党と政府はともに進めてきたはずだが、今回は何の相談もなく一方的に発表された」と怒り…

(産經新聞社)

 さて、その上でこれに係る報道権力の伝え方、或いは多くの国民の捉え方に間違いがあります。報道については、ほとんど大嘘と申してよいでしょう。この問題も面倒なので、とりあえず事実だけを申します。

■トランプ大統領に買わされたは大嘘
 ドナルド・トランプ大統領の就任は、平成二十九年一月二十日です。例えば、F-35戦闘機の百機購入計画にしろ、防衛省がその方針を固めたのは平成二十六年一月であり、報道権力各社も当時それを伝えています。

 防衛省がイージス・アショアか戦域高高度防衛弾(THAAD)の配備を検討したのが平成二十八年十月であり、結局はイージス・アショアに落ち着いたわけですが、いずれもトランプ大統領の就任以前のことでした。

■米国のために買わされるも大嘘
 防衛省が導入を断念したTHAADのほうが遥かに高額です。米国のために買わされるというのなら、いかなる理由があろうともTHAADを導入させられていたはずであり、韓国は買わされました。

■河野太郎防衛相が悪いのか?
 早くも河野太郎防衛相に批判の声が噴出していますが、そもそも防衛省内で問題が発生していたのを、むしろ河野防衛相が一人泥をかぶる覚悟を決めたというのが真相のようです。

 まず配備を決めたイージス・アショアに関する知識が背広組(防衛省)になく、問題を全て制服組(自衛隊)へ丸投げしようとしていた事実により、配備先の県民説明会でそれが露呈しました。これは今後、中共の共産党人民解放軍や朝鮮労働党人民軍の攻撃を想定した防衛装備の配置の度に「住民の反対」を仕掛けられ続けることを意味しています。非常に危険な態度です。

 それが漏洩電波輻射と大きく報じられた推進補助装置の落下に係る問題なのですが、省内で真摯に研究された形跡がなく、河野防衛相はこの点を問題視しました。配備されてしまってからでは、自衛隊が悪者になってしまうからです。

■政府・与党に相談しなかったのはワザと
 そこで河野防衛相は、まず国民に先に伝えることを優先しました。自民党議員に相談してしまえば、必ず事前に漏れ、国民は「また聞き」になってしまいます。自衛隊の信用を守り、防衛省に仕切り直させるためにも必要な決断でした。

 よってこの計画そのものは、決して中止ではありません。

スポンサードリンク

北朝鮮、自領地内を爆破w

皇紀2680年(令和2年)6月17日

北朝鮮、連絡事務所を爆破 韓国「裏切り」と批判、対応警告―南北融和後退:時事ドットコム

【ソウル時事】北朝鮮は16日午後2時50分(日本時間同)ごろ、南西部・開城工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破した。連絡事務所は、韓国の文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が2018年4月の初会談で設置に合意した南北交流の象徴的事業。爆破により北朝鮮の対決姿勢が鮮明になり、文氏が進める南北融和は大きく後退…

(時事通信社)

 俗に保守政権と呼ばれた「ただの金満」李明博政権で平成二十二年十一月、韓国仁川広域市甕津郡の延坪島を朝鮮労働党人民軍に爆破されても、韓国は一切反撃しませんでした。これは信じられないほど誤った判断でしたが、現在の北朝鮮工作員・文在寅政権は、ひたすら朝鮮労働党に無視されているのです。

 正確に申せば、日米に迎合しないよう脅され続け、あらゆる労働党の指示によって動いているのが文大統領以下政権幹部たちなのですが、労働党にとって最も重要な課題があれば、韓国は平気で傷つけられ、捨てられるということが改めて明らかになった事態と申せましょう。

 その重要な課題とは、一つに北朝鮮の外貨残高がこの三年以内に枯渇しそうだという点です。中共の共産党が全世界にばらまいた武漢ウイルス(新型コロナウイルス)のせいで、全く外貨が入ってこなくなりました。

 もう一つは、よって米国との接触を試みたいという点です。現状で米朝協議は、完全に膠着しています。ドナルド・トランプ大統領の再選に向け、労働党なりの読みがあるのでしょう。その中身(再選されると思っているのか、されないと思っているのか)まで今はまだ判然としませんが、いずれにしても確実にトランプ政権のうちに何らかの成果が(トランプ大統領よりも)欲しいのではないでしょうか。

 さらにもう一つは、四月二十二日記事で申した金正恩委員長の容体が再び悪化しており、集団統治体制への移行を急いでいる、或いはその予行演習をしているのではないかという推測です。これはあくまで推測なのですが、ここ最近の金与正組織指導部第一副部長の過度な露出は、それを疑わずにいられません。

 これらの課題のためであれば、労働党の犬にすぎない文政権を傷つけても何ら問題はなく、その解決方法(南北融和路線の世論維持操作)も指示されているはずです。

 しかしわずかに滑稽なのは、今回爆破されたのが北朝鮮の開城市内ということでしょうか。開城工業団地は北朝鮮の中にあるのであり、いわば表題通り自領地内で勝手に自爆したようなものです。

 南北共同がどうのといおうと、所詮はその程度の出来事であり、実は労働党にとってもそれほど大きな決断をしたとは考えていません。私たちが騒ぎすぎているようなものです。

 それほど労働党にとって南北共同の事業など取るに足らないという意味であり、これに文政権が北へ突っ込んだ韓国の富がいかほどであったかを考えた時、韓国国民は激怒してこれを徹底的に非難、追及すべきであると私は主張します。

クルド協、デモ支持しない

皇紀2680年(令和2年)6月16日

在日クルド人ヘイトクライム抗議デモに在日クルド協会が関与否定の異例声明…「偏見助長」

(前略)まず、当協会はデモを支持する立場ではなく、いかなる関与もしていないことを明確に申し上げます。
 今回の騒動の発端になったクルド人の行為は、日本の法律・慣習に照らし合わせて、擁護する余地はありません。もし彼が交通規則を守り警察の要請に適切に対応していれば、警察官もあのような対応に出たのか疑問があります…

(Business Journal)

 日本クルド文化協会の声明は、極めて冷静なものであり、一日記事で私が申したことを証明する一つの材料になりました。協会の指摘通り、わが国の警察はよほどのことがない限り職務質問で身体を取り押さえたりはしません。

 では、このようなデモを一体どこの何者どもが主催し、扇動したのでしょうか。

 まずは、こちらの画像をご覧ください。東京・渋谷、大阪などに続いて今月二十一日に開催予定の名古屋の告知です。文字のフォントが簡体字ではありませんか。わが国語表記ではないのです。

 仕掛けている中共人は、これで誤魔化せるとでも思っているのでしょうか。あまりにも間抜けです。

 米国の暴動を扇動したのも、わが国での騒乱を扇動したのも、中共・共産党の工作に違いありません。クルド協会のいうように、クルド人のための運動などではなく、黒人差別をなくすための行動でもなく、ただの中共による嫌がらせです。

 しかし、大した工作員を動員していないのでしょう。これは「素人の目くらまし」であり、もっと恐ろしいことが目立たないところで進んでいます。政官財の買収、世論誘導(現にクルド協会に対して報道権力のただの一社も取材していない)、共産党人民解放軍の侵入、市中への人海戦術(在住という名の潜伏)などなど、日本国民は厳重に警戒しなければなりません。

軍艦島「強制徴用」のウソ

皇紀2680年(令和2年)6月15日

「軍艦島で朝鮮人差別存在せず」 政府、元島民の証言を一般公開へ

 政府は13日、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の端島(通称・軍艦島、長崎市)の炭鉱を巡り、戦時徴用された朝鮮半島出身者への差別的対応はなかったとする元島民の証言を一般公開する方針を固めた…

(一般社団法人共同通信社)

 これも共同通信社の「フェイクニュース」だったりして。しかしながら、島民の証言を「歴史修正主義」と書くのは、さすが「阿呆の共同」らしいではありませんか。

 韓国済州島の島民の証言で「慰安婦(軍に強制連行された売春婦)なんかいなかった」と既に明確化された事実がありながら、未だに「慰安婦が」といって騒いでいる活動家連中こそ「悪質極まりない歴史修正主義者」なのです。

 端島炭鉱の実態をよく知っていたのは、そこで働き、そこに住んでいた人びとでしょう。その人たちが以前から「日本人も韓国人もみんな一緒に学び、遊び、働いていた」といっているのです。それが真実であり、悪意をもって修正された嘘の歴史を伝搬された以上、真実を声高に伝え返すしかありません。

 当時の証言とされるものが全て事実とは限らない場合がありますが、複数の証言を別別にとって最大公約数的実態把握を目指した結果、あまりにも事実とかけ離れたことをいわれたままには出来ないのです。

都知事選、緑の悪夢再び

皇紀2680年(令和2年)6月14日

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒ぎがなければ、小池百合子都知事は今夏の選挙で危なかったはずです。しかし、事態は彼女にとって好転してしまいました。自身の活躍の機会と捉え、都民の不幸が長く続くよう祈りさえしたこの女が、さだめし再選されてしまうのでしょう。

 人の切実な訴えをまともに聞こうとしない女。
 保守論壇の大先輩をやりこめたい一心で、極左の天下り活動家と手を組んだ女。
 色惚けて若い男と世話係の女を脇に置き、以外の人を都政から締め出した女。
 自分がよく見えることにしか興味がない女。

 これのどこが都知事にふさわしいのか、よく考えてほしいのです。