大阪維新は焦ってるの?

皇紀2679年(平成31年)3月26日

 インドネシア(尼国)のジャカルタ首都特別州内を走る地下鉄(MRT)が二十四日、開通しました。東洋で初めて昭和二年十二月に地下鉄を開業させたわが国の全面支援、全面受注で、尼国民の悲願が達成したのです。

 中共がわが国の保有していたデータを盗み、廉価を掲げて受注強奪に及んだ尼国高速鉄道は、着工もままならず数年単位で遅れるのに対し、MRTはわが国が提示していた「三月開通」を守り抜きました。何かと作業が遅れる同国にあって、これは奇跡的とも申せる快挙です。

 タイ(泰王国)のバンコク都内を走る地下鉄も、わが国の円借款によって建設された旨が全ての駅に表示されていますが、建設工事や車両システムは独国シーメンス社ら海外企業に持っていかれ、全面受注とはなりませんでした。これには、外務省の政府開発援助(ODA)にかかる珍妙な利権構造(借款のキックバックでコトが終了する)が絡み、わが国企業受注の面倒までは見ないことになっていたからです。

 よって尼国の全面受注は、ようやく東南亜初のケースとなりました。ただ、わが国企業に対する払い渋りが横行しているようで、今後は現地事業主(今回の場合はMRTジャカルタ)と国際協力機構(JICA)との支払い決済等に関する仕組みを改めなければなりません。

 この検討を怠ればODA案件は「おいしくない」ことになり、手をあげるわが国企業がなくなります。せっかくの好機を逃すのです。

大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青|日刊ゲンダイDIGITAL

 4月7日に行われる「大阪ダブル選挙」。ダブル選を仕掛けた大阪維新が真っ青になっている。もともと、松井一郎知事(5…

(日刊ゲンダイDIGITAL)

 さて、表題の件。お手洗いの壁に書きなぐられるヘイトスピーチ(差別扇動)より酷いといわれる猥褻紙「日刊ヒョンデ(ヒュンダイ)」がこのような落書きを掲載するということは、大阪維新の会は第一回票読みあたりで焦っているのでしょうか。

 未だ東京都民の多くが「まだ大阪は東京を追い落としたいの?」程度にしか思っていないらしい通称「大阪都構想」は、私もその名が不敬に過ぎる(天皇陛下のおわすところが都)と申して批判してきましたが、維新の目的がいわゆる「府市二重行政の解消」にあると十分理解しながらそれでも批判をやめないのは、大都市圏であればあるほど府市統合後の一首長にもし日本共産党員が就けば、もう誰も止められない対日ヘイトの暴走が始まるからです。

 これがありえないと思ったら大間違いで、現に東京都(府市統合)になって以降、マルクス主義者の美濃部亮吉氏が都知事になり、とんでもない遺恨をのこしました。まして大阪の場合は維新が、教育行政に政治が口出しする仕組みを作ってしまったため、美濃部都政よりも大惨事になるのは間違いありません。

 むろん二重行政の無駄遣いを減らそうとしてきた維新の業績は認めます。それは、府市ともに首長が維新だったからできたことであり、無駄のなくなった仕組みを大阪府民、大阪市民は評価してきました。だからこそ維新の知事・市長候補が当選してきたのです。

 しかし、ここへきて再び(橋下徹氏の府知事から市長へに続き)マネーロンダリングならぬ「首長ロンダリング」のようなことをされたのでは、確かに維新の評判が芳しくなくなり始めて当然でしょう。

 それにしましても自民党と創価学会政治部(公明党)が立てた候補は、多くの人びとに暗い印象(汚い顔したおっさん)しか持たれていません。維新の松井一郎候補も、もともとはそうだった(浅田均氏ともども自覚はあったのでしょう)からこそ部落利権を独り占めして自民党を出る前にまず橋下徹氏を担ぎ上げたほど、印象というのは大事なものです。

 印象操作は既にできている維新の連中が日刊ヒョンデのみならずアノニマスポストにまでこんな汚いデマ工作をやらせるほど、思わず焦る票読み結果が出たのかもしれません。投開票日前に「負けるかも」と煽って票のかさ上げを狙うのは、かつて私も選挙で学んだ手ですが、明らかに状況説明の異なる画像まで流布させる(吉村洋文・松井一郎両候補がこれをリツイート)とは、情けないにもほどがあります。そのまま落選すればいいのに。

スポンサードリンク

韓国国民の敵「文在寅」!

皇紀2679年(平成31年)3月25日

 韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)の長女・文多惠さんがひき逃げ事故を起こし、父親から多額の資金を提供され、青瓦台(大統領官邸)民政首席秘書官室・特別監察班の金泰佑前捜査官に助けてもらいながら彼に罵声を浴び倒して逃亡した先がタイ(泰王国)だといわれています。

 その泰王国で五年ぶりに行われた下院議員総選挙が二十四日、投開票され、全容はまだ判明していません(二十五日零時時点)が現地情報では、中共の共産党と組んで泰王室に不敬をはたらいたタクシン・チンナワット元首相派であるプアータイ党(泰貢献党)が最も多くの議席を獲得しながらも過半数に届かず、王室を守り「汎泰主義」を維持する軍政側のパラン・プラチャーラット党(国民国家の力党)が僅差で二位につけ、よって新憲法体制ではプラーユット・チャン=オチャー現首相が政権を維持できそうです。

 以前から申していますが泰王国に於ける「クーデター」後の「軍政」は、欧米各国が簡単に批判するような「国民を弾圧する暗い体制」では決してなく、主に東北地方など農村部にカネをばらまいて泰王国をアカに染めようとしていた「民政」に逆戻りするほうがよほど「暗い」どころか「怖い」政治になります。だからこそプラーユット暫定政権で軍の影響力を強化する新憲法が制定されました。ここのところを理解していただかないと泰王国の政治は語れません。

 恐らく途中でタクシン派と絶縁したプームチャイタイ党(タイ誇り党)と、かつて二大政党の一翼だったにもかかわらず今回は最下位の様相を呈している民主党との連立政権が(英国育ちで民主党のアピシット・ウェーチャチーワ元首相はプラーユット政権の継続に反対したが)誕生すると思われます。

【写真】西海守護の日 殉国戦士を追悼=韓国・大田

韓国で今日22日は「第4回西海(ソヘ、黄海)守護の日」だ。 西海守護の日は、第2延坪海戦と韓国哨戒艦「天安」爆沈、延坪島(ヨンピョンド)砲撃など西海で北朝鮮の挑発によって戦死した将兵を追悼する日として、2016年に国家記念日(3月第4週金曜日)に指定…

(中央日報日本語版)

 先週の金曜日、北朝鮮によって近年もなお韓国軍兵士が殺された事件を忘れない「西海守護の日」の式典が開かれましたが、何と国家記念日のその場に、文大統領の姿はありませんでした。就任以来、一度も出席していません。

 今月一日の対日ヘイト式典(三・一運動百周年記念)は、ソウル特別市の光化門広場で盛大に開かれましたが、北朝鮮の脅威を新たにする式典には、企業視察なんぞを理由に顔も出さなかったのです。ちなみに昨年は、わざわざ外遊日程を入れて欠席しました。

 わずか九年前、大型哨戒艦「天安」が爆沈した事件では、四十七人もの兵士(うち一人は救助に当たった海軍特戦団員)が亡くなり、これを「北朝鮮の仕業ではない」と信じて疑わせない説の流布まであって、同年の延坪島砲撃には、時の李明博大統領が反撃すら命じませんでした。

 韓国ではますます、保革の差を問わず北朝鮮に対して弱腰で、本当は多くの韓国国民が望んでいない韓半島(朝鮮半島)統一の幻想だけが蔓延してきたのです。そこへ朴槿恵前大統領を冤罪で弾劾してまで登場したのが文大統領であり、半島の全北朝鮮化を目論んで韓国経済を壊し、国民を疲弊させ、その自由な言論(報道)や表現(韓流)も奪い始めています。

 これでも文政権への制裁が必要ないでしょうか。十九日記事で申したように、文政権のはしごは既に米中が外しにかかっており、北朝鮮も時間の問題です。ともすればわが国政府は、自分たちは何もせずに文政権が崩壊するのを待っているようですが、その禍根は、必ずまたも日韓の対立を生みます。日本は何もしなかった、と。

 北朝鮮に殺された自国軍兵士の御霊に頭を下げる式典に、ただの一度も来ない大統領が韓国国民のことを大切にしているはずなどありません。北朝鮮工作員だらけの文政権は、まさに「売国政権」そのものであり、文大統領の後釜を狙う工作員たちごと葬るには、韓国国民自身がまず劇的に文政権を倒し、朴前大統領を釈放させねばならないのです。

 一方、わが国の首相もどうでしょうか。まんまと(きっかけは中共の胡耀邦総書記に入れ込んだ中曽根康弘元首相ですが)朝日新聞社や中韓の対日ヘイトが結託して仕組んだ靖國神社参拝問題にとらわれ、まともに春季・秋季の例大祭に参拝していません。千鳥ヶ淵にしか行かないなどという辻元清美衆議院議員や福島瑞穂参議院議員のような政治家が、全て国民のことを大切にするはずがないのです。

 赤紙一枚で国家に殺された……上等ではありませんか。その赤紙一枚で死なさせた御霊に、頭を下げにも行かない政治家が国民の暮らしを語る資格がありますか。この人たちは、何度でも私たちを平気で殺しますよ。

皇位継承の希望はあった

皇紀2679年(平成31年)3月24日

大塚耕平議員 皇太子殿下より天皇の血が濃い男系男子の存在を指摘

平成31年3月20日の財政金融委員会より それを記事にしたブログ 〇緊急拡散宜しく《国会でとうとう皇太子殿下より天皇の血が濃い男系男子を指摘した大塚耕平参議院議員は日本の救世主になった…

(YouTube)

〇緊急拡散宜しく《国会でとうとう皇太子殿下より天皇の血が濃い男系男子を指摘した大塚耕平参議院議員は日本の救世主になった》

■国会で『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇族」の真実』に掲載した家系図に記載していた男系男子がたくさんいることを、誰かが取り上げないかと思っておりましたが、国民民主党の大塚耕平代表代理が、2019年3月20日財政金融委員会で取り上げ、安倍首相も宮内庁委員も凍りつきました。

(【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】)

 軽薄なこと極まりない国民民主党の大塚耕平参議院議員が「日本の救世主」とは全く思いませんが、水間政憲氏の指摘はその通りで、かつて大東亜戦争後の占領統治期に臣籍降下させられた十一宮家の皇統復帰を論じた際、実は皇室に極めて近い旧華族ら皇胤(こういん)にも、本来皇位継承の資格があることに触れました。

 その占領統治期は、現行憲法(占領憲法)を有効としているような今もなお続いているに等しいわけで、第十四条第二項によって「華族その他の貴族」が一切認められないため、やはり占領憲法の無効を確認してから大日本帝國憲法の改正の前に、旧華族の持つ皇位継承権を元に戻さねばなりません。これは急務です。

 簡単に申しますと、光格天皇の父であらせられた典仁親王(閑院宮二代)の弟が鷹司家(五摂家の一つ)に入られ、そこから徳大寺家華園家西園寺家中院家住友家らへと広がり、梶野家高千穂家などにも文字通りの男系男子の御子がおられます。

 現在、今後男系男子が途絶えそうな旧華族もありますが、その皇位継承権者は百名を超え、中に御若い男子も複数おられますから、秋篠宮の文仁親王妃紀子殿下が眞子内親王・佳子内親王殿下の御相手に強く望んでおられるという話も漏れ伝わりました。

 二十日の参議院財政金融委員会では、旧十一宮家のことが取り上げられ、宮内庁が「承知していない」と述べたのは、明らかに占領憲法の限界であり、水間氏が「国賊発言」と指弾した原因そのものです。かたや占領憲法を有効と認め続ける自民党政権も、この問題を論じることはできません。

 ならば旧民主党政権はこの問題に踏み込んだのかと申せば、皆さんご記憶の通りであり、彼らこそ熱烈な占領憲法信者(護憲派)にすぎず、日ごろから「薄口(政策風味の発言ばかりで無知蒙昧)」な大塚議員がこれを取りあげて質疑に立った理由もよく分からないのです。

 しかしながら、世界で唯一祭祀を司られる皇室について申せるのは、皇位継承の不安など本当は抱えていません。占領統治によって抱えさせられた、或いは問題を作り出され、祭祀ごと皇室を滅ぼして多国籍勢力に日本を支配しやすくされたにすぎないのです。

 ですから水間氏がこれを「緊急拡散」といわれたのは、私たち国民の認識を改め、実は皇室の将来に何の不安もないと知ることで、わが国が有象無象に支配されない国へ時計の針を戻そうということではないかと思います。もともとわが祖国・日本は、そのような国だったのですから。

文大統領許されぬ外交欠礼

皇紀2679年(平成31年)3月23日

 厚生労働省労働基準局賃金課の武田康祐課長が二十日、韓国の金浦空港で逮捕された件。私的渡航で泥酔し、空港内で「俺は韓国が嫌いだ」と騒いだことになっていますが、これだけを聞けば「嫌いなら行くな」という話であり、例えば「日本が嫌いだ」といいながらわが国に来る韓国人がけしからんという話と同列に「みっともない、阿呆か」でおしまいです。

 ところが、私的渡航ということになってしまった「未届」のミスがあったものの実は、武田前課長はそれなりの任務を帯びて渡韓していたので、よほど韓国で嫌なことがあったに違いありません。任務内容は、以下のどこかに明瞭なヒントを置きつつ一応極秘ですが、まぁそういうことです。

「戦犯企業製品」のステッカー=学校に義務付け条例案-韓国・京畿道:時事ドットコム

【ソウル時事】韓国ソウル近郊の京畿道議会で、一部日本企業を「戦犯企業」と規定し、道内の学校が保有している製品に「本製品は日本の戦犯企業が生産した製品だ」と記したステッカーを貼り付けることを義務付ける条例案が提出されたことが20日、明らかになった。20日付の朝鮮日報によると、4月初めに本会議に上程される見通し。

(時事ドットコム)

 韓国のソウル特別市議会の与党「共に民主党」議員たちは手続きに失敗、またはそのふりをしましたが、隣接する京畿道議会の「同志」たちが懲りずにこのようなことをいっています。

 従前の韓国政府または時の与党は、対日ヘイトスピーチ(日本人差別扇動)によって政権を維持し、わが国政府の謝罪(カネ)を引き出すことが目的でしたから、盗れるものを強奪すれば扇動を収束させましたが、文在寅(北朝鮮工作員)政権の目的が韓半島(朝鮮半島)の全北朝鮮化に必要な「反日」「反米」にありますから、差別扇動自体が目的である以上決して収まりません。

韓国の小6教科書、無関係写真を「徴用工」写真と掲載

 【ソウル=名村隆寛】韓国で今月の新学期から使われている小学校6年の社会科教科書(国定)に、日本の朝鮮半島統治時代の徴用に関し、朝鮮人ではない人々が写った無関係の写真が「強制労役に動員されるわが民族」との説明とともに掲載されている。教科書には「日帝は1937年に中国と戦争を起こした。以後、わが国の人々は兵器工場で働く労働者や戦争軍人として強制動員された。女性たちは日本軍『慰安婦』として戦地に引っ張られ、むごい苦痛を…

(産經新聞社)

 この話にしても同じです。以前から、日韓併合条約下の哀れな朝鮮人労働者(異称=徴用工)とされた写真がほぼ全て古い時代の日本人労働者だった点を指摘されていたのに、国定の国史教科書が頭のおかしな間違いを通し続けました。

 わが国のように、国史を「日本史」などとよその国の歴史でも語るように題し、珍妙な歴史観の民間企業の手に国史教育を委ねているのとは違って、韓国は真っ当にも「国史」を語って国定教科書を配布しているのですから、それが政府による出鱈目、捏造、或いはもはや妄想の域にまで達しているのでは、既に北朝鮮と同程度の国民洗脳をやっていると申して過言ではありません。

 一応教育部が間違いを認めて訂正を決めたようですが、教育内容が変わらないので対日ヘイトが収まることはないでしょう。

 さて、文大統領は先週、訪馬(マレーシア)してマハティール・ビン・モハマド首相と会談しましたが、その冒頭でいきなり「スラマッ・ソル」と尼国語(インドネシア標準語)の英語読みで挨拶したため、マハティール首相を憮然とさせました。馬国語は時間によって挨拶が変わるとはいえ、その後の行事でもえんえんと間違い続けたようで、馬連邦成立をめぐる馬尼対立の歴史を知らない文大統領は、絶対にやってはいけない外交欠礼に及んだのです。

 精神疾患がひどくなって自分の発言すら分からなくなっているせいもあるでしょうが、明らかに青瓦台(大統領官邸)と外交部の酷すぎるミスでもあり、北朝鮮指令にしか頭が働かないのでしょう。亜州の歴史になど一切関心のない失礼な連中が自国史を穢し、日本に因縁をつけ続けるとは笑止千万です。

米国がついに警備艦を投入

皇紀2679年(平成31年)3月22日

 米国の印・太平洋指令部が米沿岸警備隊所属のバーソルフ警備艦(WMSL−750)を、在日米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)に派遣したと明かしました。目的は、北朝鮮のいわゆる「瀬取り」取り締まりです。

 わが国の海上自衛隊哨戒機が日本海上で捉えた韓国の制裁違反行為(北朝鮮船を日常的に擁護)には、日米の連携によって今も海自がにらみを利かせています。また、わが国沿岸に北朝鮮船の到達がないか、継続して海上保安庁が捜索を続けているのです。

 こうしてわが国が担ってきた役割に、米国が警備艦を直接投入してきた背景には、第二回米朝首脳会談での合意を大統領に放棄させてまで臨んだ米連邦政府としての方針が透けて見えます。

 一義的には、むろん北朝鮮に対し、しかしながら二義的には、制裁違反を日常的に犯し続ける韓国の文在寅(北朝鮮工作員)政権に対抗する姿勢を鮮明にしたのであり、それが最も重要な方針です。

 表向きには、連合国(俗称=国際連合)安全保障理事会を支援するためということになっていますが、米国の真意は、間違いなく文政権の違反を現場で摘発することにあります。海自哨戒機に韓国海軍艦が攻撃直前行動(火器管制レーダーの照射)をとった時点から、米軍の方針は警備艦投入も辞さないものになっていました。

 もしも韓国海軍がわが国の海自にとったのと類似した行動を米警備艦にとれば、即アウトです。これは、文政権の警戒を引き出し、よって今後実際に摘発すべき現場には出くわさないでしょう(文政権が莫迦を極めていればありうる)が、北朝鮮への「闇援助」が一つ困難になったことを意味します。

 文大統領は、いわば完全に包囲されかかっているのです。

トイレ個室で隣から『濡れた紙』が…投げ込んだ8歳男児引っ張り出し平手打ちか 43歳男逮捕

 男がトイレの個室に入っていたところ、隣の個室にいた男子児童が壁と天井の隙間から濡れたトイレットペーパーを投げ込んだということです。男は男子児童の胸ぐらをつかんで個室から引っ張り出し…

(東海テレビNEWS)

 さて、最後にもう一つ。これは、親の懲戒権(子を教育する権利)とは別の話ですから、トラック運転手の男性が逮捕されてしまいましたが、本当であれば子供の悪質な暴力行為(壁と天井の隙間から濡れたトイレットペーパーを投げ込む)をまず厳しく諫めねばならず、この子の親は一体何をしていたという話です。

 恐らく「うちの子に何するんですか」と激昂し、すぐに警察を呼びつけ、運転手の男性を逮捕させたに違いなく、そこにまず男性への謝罪とわが子を叱ることなどなかったに違いありません。

 当然のことながらこの「平手打ち」の程度(左頬が激しく腫れたかなど)を見ていないので、男性の「暴力」を否定できませんが、必ずしも親でなければ子供に「体罰」を与えられないわけなどなく、昨今の異常な教育論にわが国が堕ちる以前、近所の「普段は優しいが怒ると怖いおばちゃん、おっちゃん」に子供たちが叱られることはよくありました。

 すると親がそのおばちゃん、おっちゃんにお詫びしたり、注意に対してお礼をいったりして、その後「あんた何してんの」と子供は頭を叩かれたものです。そのようにして子供は、いわゆる「社会性」や「恥の概念」などを学びました。人間の人格形成に於いて極めて重要な体験です。

 トイレでとんでもない暴力行為に及んだままのこの子は、果たしてどんな人間になるでしょうか。とても心配です。自分で何かのことをきっかけに学び、今回のことを思い返して恥じてくれればよいのですが、これでも安倍内閣や小池都政の進める「(阿呆面下げて)児童虐待防止でーす❤」の方向性が正しいと思いますか? そのうち親が子を叱って警察に逮捕される世の中へ変貌していくのです。