「加藤内調」に期待

皇紀2680年(令和2年)10月11日

 米本国では財務長官まで輩出するゴールドマン・サックスに入社するような男が創価学会みたいな「貧乏人を折伏して洗脳するクズカルト」に入信している動機は、やっぱり学会員の美人女優と結婚できるからなのでしょうか。結局、さらに上手をいく「世界最悪のゴミカルト」こと統一教会(現・世界平和統一家庭連合)とやっていることが同じなのですね。本当に虫唾が走るわ。……いや、何でもありません。独り言です。
———————————————-

 一日記事では、頭のおかしな非常識ニンゲンが多いことで有名な一般社団法人共同通信社から首相補佐官になった莫迦を嘲り笑いましたが、実は産經新聞社を八月末で退社された加藤達也元ソウル支局長が内閣情報調査室入りしました。

 これは安倍晋三前首相の悲願だった人事で、菅義偉首相がそのまま引き継いだということは、韓国の文在寅大統領のような北朝鮮工作員には一切妥協しないという政権の意思と受け取ってよいでしょう。

 一方、警視庁は対日破壊工作を厳しく監視する「公安部外事課」の再編に着手します。現行の外事三課体制から四課体制へ改組し、中共と北朝鮮を分離して従来より密な情報を取れるよう強化するのです。

 外事一課 露国担当
 外事二課 中共・北朝鮮担当 → 中共担当
 外事三課 海外テロ担当 → 北朝鮮担当
 外事四課 新設・海外テロ担当

 監視、いや望むべくは抹殺対象の国会議員が与野党を問わず(圧倒的に野党が多いが)跋扈している現在、霞が関の省庁や日本学術会議のような機関にも鋭いメスを入れ、徹底的に全員をあぶり出して直ちにあの世へ送らなければ、私たち国民の利益は今日も減り続けていくのです。

 日曜日配信記事おなじみの「暴言」をお許しいただけるなら、人の命を何とも思っていないような工作員にそもそも人権があると思ってはいけません。人間でないものに人権はないのです。

 地方自治体にも当然奴らは潜んでいます。警察庁は警備局公安課、外事情報部の外事課、国際テロリズム対策課などで対応しており、私たちの知らないところでも彼らは日夜奔走しているのです。

スポンサードリンク

独の少女像、撤去を通告

皇紀2680年(令和2年)10月10日

ドイツ、少女像の許可取り消し 日韓間で中立必要と判断 | 冲绳人民日报

 【ベルリン、ソウル共同】ドイツの首都ベルリン市ミッテ区は8日、区内の公有地に9月末に設置された元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、設置許可を取り消したと発表した。14日までの撤去を求めている。戦時下の女性への性暴力に反対するとの観点で許可したが、旧日本軍の行為に焦点を当てていると指摘。

(冲绳人民日报公司)

 わが国の地方紙を「紅く」染めていく一般社団法人共同通信社記事をもらう沖縄タイムス社(冲绳人民日报公司)は、当初このページに韓国外交部が生意気にも「独国のベルリン都ミッテ区(中央区)に対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別主義)団体が置きくさった汚らわしい像に当然抗議した日本政府」を非難したという記事を配信していました。

 さすがは私たち国民の側に決して立たず、政府の持続化給付金不正受給事件を起こした冲绳人民日报だけのことはあります。いえ、辺野古沖へリポート建設には私もかねてより反対してきましたが、その取り上げ方はあくまで対日ヘイト活動家側のものでしかなく、わが国全体の安全保障政策を語る視点など全く存在しません。それが彼らなのです。

 それはさておき、差し替えられた記事を残念そうに書き上げている共同の莫迦記者と、それを悔しそうに配信した冲报の阿呆編集者をよそに、独国行政の中心地であるミッテ区が日独関係を重視して韓国(コリア協議会なるヘイト組織)を切り捨てたことは、別の報道にもあります。嘘報が多い共同の被害妄想記事ではありません。

 ミッテ区はさらに、韓国人が自ら撤去しない場合は行政代執行に踏みきり、撤去費用を請求するとまで宣告しています。これは踏み倒される可能性が高いですから、自主撤去させるほうがよいでしょう。応じない場合は、その事実を全世界に配信していただければ結構です。対日ヘイトの正体がよく見られてかえって好都合でしょう。

学者の低レベルが露見した

皇紀2680年(令和2年)10月9日

【金曜暴言】
 私がずっと前から「あんな三流作家が獲るわけない」といい続けてきたナントカハルキさんは、今年も見事に外してくれました。毎年訪れる風物詩です。政治思想は狂っているが作家としてはあまりにお見事な大江健三郎さんの百分の一以下のレヴェルで、ノーベル賞文学賞なんか狙うんじゃないよ。まぁ、周りが勝手に騒いでいるだけですが、クソ野郎本人もまんざらじゃないくせに。

 なぜなら、三流のゴミクズほど「権威と名誉」に固執し、表現の自由になど実は大した関心がないからです。下記の「恥の概念を忘れた莫迦専門」も同種の類いでしょう。

日本学術会議の任命拒否問題、背景には災害時に「増税」勧めるという学者の“お里が知れる”提言 「学問の自由」侵害にならない

 日本学術会議の新会員候補のうち、6人の任命を菅義偉首相が拒否したとして学術会議や野党、左派系メディアが「学問の自由が侵害される」などとして反発している。また、過去の国会答弁を根拠として、首相の任命権は形式的なので、学術会議の推薦どおりにしなければならず、裁量の余地はないとも主張している。…

(夕刊フジ|産經新聞社)

 この問題は、まだまだ私たちが話をひっくり返していかねばならないと思います。霞が関最底辺省(文部科学省)の援交虚言癖元事務次官やら静岡県の下半身醜聞近日暴露(別名=東海ゴネ得平太)知事まで飛び出しての「場外乱闘」まで駆使し、首相官邸前で「いつかのドンチャン騒ぎ」を繰り広げる極左風ただの日本憎悪差別主義者(対日ヘイトスピーカー)を大写しにする報道権力を前に、静かなる私たち国民がふつふつと怒りをたぎらせているのです。

 三日記事で申し上げた極めて簡単なこと、すなわち日本学術会議という政府の特別機関の会員になる・ならないことと学問の自由は全く関係がないという厳然たる事実にすら気がついていない程度の莫迦がこの問題に口を出している時点で、わが国の学術界(アカデミーと申しましょうか)はもう完全に終了してしまっています。私たち国民は、そのあまりに残念過ぎる有り様を今、えんえんと見せつけられているのです。

 全米科学アカデミーも英国王立協会(ロイヤル・ソサエティ)も、全て非営利の自治組織で政府からは「独立」しています。彼らはそうして学問の自由を守っているのであり、日本学術会議なんぞ全くアカデミックな組織とは申せません。

 自らその自由を侵害する取り決め(声明)で縛り、縁故主義で会員を囲い込み、年間十億円もの血税を巻き上げておいて「何が学問の自由」ですか! 本当に「恥を知りなさい」というのです。

 日本学術会議法の規定で任命権を持つ内閣総理大臣の「教養」や「科学的知見」を問う阿呆が沸いていますが、政治家は政治的知見で選別します。当たり前でしょう。

 学者の皮を被った日本憎悪差別主義活動家は、政府が依頼する何らかの役割を担うにしては極めて危険と判断するのが政治家の役割であり、それは危険人物による対日工作などから私たち国民を守るために絶対的必要な決断にほかなりません。

 今や日本学術会議そのものがその判断を必要とする工作組織として見られ始めたのです。だからこそここに年十億円もの血税が注がれてきたことは、もはや「森加計桜」どころではないスキャンダルだと申しています。

 現行憲法(占領憲法)が生み落とした日本学術会議や日本教職員組合(日教組)などは、本当に今すぐにでも叩き潰してしまわねばならないのです。

優生思想の学者らに10億

皇紀2680年(令和2年)10月8日

日本の安全を脅かす日本学術会議を抜本改革せよ 年収8000万円で研究者招聘、研究成果掠め取る中国 | JBpress(Japan Business Press)

政府は、日本学術会議が推薦した会員候補6人について任命を見送った。これに対して、任命されなかった者と彼らを支援する日本共産党などの反政府勢力が反対しているが、彼らの反対意見は非論理的で、自らの既得権益を露骨に擁護しようとするものだ…

(JBpress(日本ビジネスプレス))

 菅義偉首相が放った矢は、見事に日本学術会議から逸れることなく刺さりました。概略は三日記事で申しましたが、この件で「対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別主義)学者たち」が騒げば騒ぐほど、信じられないような問題が次から次へと出てきます。

 そして、次第に多くの国民が「こんな連中に毎年十億円もの公金を投じてきたこと自体がスキャンダルだ」と感じ始めるでしょう。

 ことに孔子学院大……いや立命館大学の松虫だかナントカ宮だかが民意によって成立した内閣を脅迫する言辞を弄し、「頭の悪い首相に任命の能力はないから学者のいうことを黙って聞いておけ」とでもいうような一種の選民意識、或いはもはや優生思想をひけらかしてしまったのは、まさに多くの国民が(まだご存じない方もこれを知れば)大いに精神的苦痛を共有してしまうような案件でした。

国家基本問題研究所 @JP_jinf

国基研 今週の直言
「学術会議こそ学問の自由を守れ」
北大は2016年度、防衛省の安全保障技術研究推進制度に応募したが、学術会議が2017年3月24日付の「軍事的安全保障研究に関する声明」で批判した。学術会議幹部は北大総長室に押しかけ、ついに2018年に研究を辞退させた。

(Twitter)

Nagata Harunori/永田晴紀 @nagataharunori

なるほど。そこまでやってたのか。本学の判断が急転直下した理由が理解出来た。僕も2018年度の公募に応募の準備を進めてたけど、申請書提出直前に北大が応募禁止を決めたので提案チームから抜けざるを得なくなった。その後、この研究提案は採択された。研究費の総額は大き過ぎて言いたくない。

(Twitter)

 中共の共産党が先進国から卑劣な潜伏工作などを駆使して技術を盗み出す計画に、防衛省には一切協力しない日本学術会議が大いに関与していた問題が一つの疑惑として浮上し、さらにこのようなわが国の自由な研究を妨害していた問題まで発覚しました。

 北海道大学大学院の永田晴紀工学研究院教授は、別のツイートに対するリプライで「我我が開発して安く提供する計画だった実験用ロケットを他所から高額で買わざるを得なくなり、研究費が圧迫されてしまった提案チームの皆様に申し訳無いです。『北大は大丈夫、参加出来ます。クラーク博士は北軍の大佐でしたし。』と安心して提案書を纏めてたんですけどね」と述べており、日本学術会議の圧力がいかに民間のロケット開発を駄目にしてしまったかが伺えます。

 米ハーヴァード大学アジアセンターの渡部悦和シニアフェローが取り上げた福井県立大学の島田洋一教授による「『専門バカ』が『バカ専門』に転じていくさま」という言葉にピタリと符合する現象を、とうとう私たち国民が目撃してしまったのです。

 選民意識にまみれた学者とその「囲い」の対日ヘイト(差別主義者)どもは、大いに政権批判の莫迦騒ぎをすればよいでしょう。どんどん化けの皮が剥がれ、醜く汚らわしい正体が露わになるだけです。私たちは、これらの話を人に伝播するだけでよいのです。

LGBT議員がコレだから

皇紀2680年(令和2年)10月7日

「普通の結婚をして、子を育て」 区議発言に抗議広がる:朝日新闻数码

 東京都足立区の白石正輝区議(78)=自民=が9月の区議会で「同性愛が法律で守られると足立区は滅んでしまう」という趣旨の発言をしたことに対し、ネット上で抗議の声が広がっている。ツイッターでは6日、白石…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 東京都足立区の白石正輝区議会議員の発言については、一つの大正解と一つの間違いが含まれています。

 まず後者から申しますと、同性愛・全性愛・性同一性障害・性不特定(LGBTQ)が法で認められたからといって、人びとに「広がったり」はしません。異性愛者がそう簡単に同性愛になると思いますか? なるわけがありません。わが国は古来より大らかに衆道を認めてきた世界随一の先進国(非宗教原理主義・皇室祭祀の国)なので、堂堂とお互い不問にしていればよいのです。

 そして重要な前者について、白石議員は「家族」の基本を説いておられます。両親が子を産み育てることの大切さを確認して何が悪いものでしょうか? 一つの「価値観」などという言葉で片づけるものではありません。これは生命の真実であり、祭祀の基本です。

 親のいない子は存在しません。たまさか両親に育てられていない子に「おまえは捨て子」「施設の子」などと心理的虐待を加えるのは、祭祀を知らないのです。白石議員の発言を「価値観の押しつけ」と非難する人たちは、あたかも善人面しながら裏では平気で「親のいない子」と決めつけた子たちを差別するに違いありません。そのような人たちこそが実は最も「LGBTQ自体に生産性がない」と思っており、ご自身の「ダークサイド(暗黒面)」を怒りの表現で誤魔化したいのでしょう。

 そこで行政・立法・地方自治体としての課題は、LGBTQを法や条例で保護する必要があるかという問題です。

 民法に規定される婚姻は異性愛者のものであり、LGBTQは該当しません。ではLGBTQのカップルをどう国家的に認めるかについては、私も正直まだ答えが出ておらず、十分に議論の余地はあると思っています。

 しかし、白石議員がこの発言に及んだのは、かつて杉田水脈衆議院議員も問題にした「特定団体による圧力過剰に保護する必要があるか否か」の議論の途上であり、この「保護」は間違いなく逆差別を生むでしょう。それはあってはなりません。

石川大我 参議院議員 @ishikawataiga

テレビ東京「超スゴ!自衛隊の裏側全部見せちゃいます!」を観た。海上自衛隊の艦船の中で、真水が貴重との1シーン。艦内に「真水の一滴は血の一滴」(海軍省)と掲示。日本に「海軍」はない。誰がどのような権限で掲示したのか?危険な”なし崩し”ではないか?明日、国会で防衛省にヒアリングします。

(Twitter)

 このような莫迦議員がLGBTQを公表して活動しているから、わが国では信用されないのです。深夜の新宿二丁目、新宿三丁目ではなくて、もう一度申しますが新宿二丁目で警視庁新宿署員に「俺を誰だと思ってるんだ! 国会議員だぞ!」などと暴言を吐きまくった一見民主党の石川大我参議院議員では、どんな「過剰保護」「特権」を制度化してしまうか分かったものではない、という不安がよぎります。

 出展である「海軍省」を明記した張り紙(自衛隊員に先人たちから訓示を引き継いでいる事実を教育している)に難癖をつけて今度は防衛省職員に暴言を吐くつもりなのか、全く頭の悪い議員です。間違ってもLGBTQであることが理由ではありません。この議員が酷く莫迦なだけです。

 先日日本テレビ系「沸騰ワード10」でお笑い芸人のカズレーザーさんが自衛隊員に対して「みなさんが一滴汗を流すと、誰かが流す涙が一滴減ると思います。皆さんが沢山汗を流してくださるので、我我は涙を流さずに済んでおります。僕がこうしてヘラヘラしていられるのも、皆さんのおかげです。我我の未来から悲しみを取り除いてくださって本当にありがとうございます。感謝しています」と挨拶したことが話題になっていますが、石川議員はまず全性愛を公表しているカズレーザーさんにヒアリングしたほうがいいでしょう。