国産を握りつぶす省庁利権

皇紀2681年(令和3年)4月8日

国産ワクチン、なぜ出てこない? 塩野義・手代木社長に聞く

新型コロナウイルスワクチンの開発が欧米と比べて遅い日本。なぜ、国産ワクチンがなかなか出てこないのか。開発に取り組む塩野義製薬の手代木功社長に話を聞いた。…

(日経ビジネス電子版|日本經濟新聞社)

 理由は簡単です。厚生労働省にとって製薬利権は、自分たちの天下りをも賭けた重要な「闇」であり、たとえ武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に効果があるといわれるワクチンをわが国の製薬会社が作ったところで、米ファイザーの利権規模に劣れば承認されないからにほかなりません。

 えんえんと申し続けてきましたが、厚労官僚の天下りを一切受けつけていない富士フィルム富山化学が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」について、安倍晋三前首相は戦略的に海外へこれをいち早く提供し、かわりに治験データをもらうことで国内承認を特例で急がせようとしましたが、これに厚労省が反発、忖度どころか首相の指示を平気で無視する霞が関によって四月七日現在、未だに承認を渋られているのです。

 霞が関というところは、自分たちの省益、局益のために動いているのであり、かの「もりかけ問題」も全て首相を忖度した結果どころか、自分たちの「闇」を隠すために首相に冤罪を着せたものでした。それでも即座に倒れなかった安倍内閣は、近年では奇跡的存在と申せましょう。

 目下、熊本市に本社があるKMバイオロジクスが国産初の不活性ワクチンを開発、治験を始めましたが、さだめし厚労省に握りつぶされるに違いありません。

 私は原則として、医療行為としてワクチンに頼ることには疑問を呈してきましたし、何の期待もしていませんが、私たち国民が持つ研究や開発の意欲を行政権力の私利私欲のために潰されることを見逃すことはできないのです。

 米ファイザーが儲けるために、何度も何度も恐怖と危機を扇動する行政権力と篭絡された有識者と称される連中は、わが国の研究の自由を侵害しているも同然です。日本学術会議という名の「共産党友好団体」の是非がやり玉に挙がった時も、学術会議派の連中は「研究の自由」という言葉や概念そのものを根底から愚弄しました。

 塩野義製薬の手代木功社長の指摘が一つ正しいのは、わが国には「平時」と「戦時」の区別がないということです。

 或る種の感染症が海外から侵入してきた場合、これは行政対応として戦時に突入するのですが、これを学術会議のような組織や周辺の数多いる有識者たちがこれまで戦時を否定してきたため、法の建てつけがそもそも悪く、行政はほとんど何もできないようになっています。

 その典型が現行憲法(占領憲法)の護憲による基本的弊害であり、わが国は法で国民を守らないようにできているのです。よく考えてみてください。国民を守ってはならないという法律がありえますか?

 政府は必死で「やっています感」を出すためにその場しのぎの特別措置法などを乱発しますが、国家の基本法が「日本政府は自力で国民を守ることはできない」という占領憲法のために何もできません。

 だから(武漢騒ぎに目線を落として申しますと)東京都も大阪府も対策が巧くいかないのであり、それを陰険民主党の莫迦な代表が「辞任ものだ」とわめく地獄絵図のような日本を、私たちはもうこれ以上甘受する必要も我慢する必要もないのです。

スポンサードリンク

四宮正貴先生が逝去

皇紀2681年(令和3年)4月7日

『日本の心を学ぶ会』100回記念

左からブログ『日本よ何処へ』主筆で『日本第一党』最高顧問の瀬戸弘幸氏、田母神俊雄・元航空幕僚長、『維新政党・新風』の魚谷哲央代表、四宮先生、遠藤健太郎先生、主催者の渡邊昇氏…

(侍蟻SamuraiAri)

【速報】
 著述家で歌人の四宮正貴先生が昨日午前、東京都内で亡くなられました。七十四歳でした。衷心よりお悔やみを申し上げます。

 上記有門大輔さんのブログ記事は、四宮先生がほぼ毎回講師を務めておられた定例勉強会である「日本の心を学ぶ会(以下、日心会)」の第百回記念講演のもので、令和元年十月二十七日、偕行社(千代田区九段南)を会場に開かれました。これが、私が四宮先生とお会いした最後の日になってしまったのです。

 最初にお会いしましたのは、確か現行憲法(占領憲法)の無効(大日本帝國憲法の正統な改正)請願が実現した際の日比谷公会堂(同区)での講演だったと思います。壇上の席で私と隣同士だったものですから、私のほうからご挨拶を申し上げたはずです。

 以来、何度もお会いすることとなり、日心会からも何度かゲスト講師でお招きいただきましたから、その度に四宮先生のお話を拝聴させていただく機会に恵まれました。

 何名かの某省庁職員から「四宮先生って、やっぱり怖い人ですか?」とよく尋ねられたものです。平成十六年六月放送のテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」での田原総一朗氏とのやり取り、というより司会の田原氏がわざと莫迦な質問をして四宮先生を怒らせておきながら、一方的に「人格破綻」とまで誹謗中傷した件ですが、この印象を強く持っている方がいました。

 はっきり申し上げて優しい先生です。私はその全員に、そう答えてきました。誤解していますよ、と。ただ、眼光は鋭かったです。それは、まるで現下のわが国の体たらくを憂い、もどかしく、ご自身を含めたわが民族全員ににらみを利かせるかのような表情でいらっしゃいました。

 四宮政治文化研究所の月刊誌には、よく和歌を詠まれていましたし、国史にも極めてお詳しかったです。四宮先生責任編集のオピニオン誌「伝統と革新」(たちばな出版)も、本年一月十五日発行の第三十七号が最後(以降編集分がない)かもしれません。

 昨年は期せずして講演会の中止が多発し、丸一年以上もお会いできませんでした。まさかこのような日が、こんなにも早く来てしまうとは思ってもみなかったのです。

 占領憲法と現行典範(占領典範)を、わが国の正しい憲法であり皇室典範だと思い込まされてきたことによる危機的な状況は、私たちの世代で何としても正さねばならないという思いを今、新たにしています。四宮先生に、改めて衷心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 ※ 本日配信予定だった記事につきましては、明日配信します。ご了承ください。

テレ朝も厚労省も自業自得

皇紀2681年(令和3年)4月6日

 脚本家の橋田壽賀子さんが四日、亡くなりましたが、少なからず脚本の勉強をしたことがあれば彼女の作品は、どれも「反面教師」でしかありませんでした。極端に登場人物の台詞が多く、全てを台詞で説明してしまう脚本は、映像作品のそれであることを最初から書き手自らが全否定しています。

 主として東京放送(TBS)が得意としていた「ホームドラマ」の分野に於いても、平岩弓枝さんや向田邦子さんの足元にも及ばない完成度でよくも視聴率を稼いだ背景には、たとえ一放送回を見逃したとて何度でも登場人物が台詞で状況説明してくれる分かりやすさがあり、それは視聴者を文字通り白痴化させてしまうという強烈な副反応がありました。

 以前、橋田さんの脚本を手にしたことがありますが、うんざりするほど無駄な言葉の反復があり、人物の感情の余白はなく、とても脚本の体を成していませんでした。何人もの脚本家の先生方から「あれは悪い見本。あんな台本を書いたら破り捨てる」といわれたことがあったのを、ふと思い出した次第です。

 いや、訃報に際しましてお悔やみを申し上げます。よい勉強をさせていただきました。

テレ朝「サンデーLIVE」、放送終了後に送別会で4人感染…局「自覚欠く行動で大変遺憾」 : 社会 : ニュース

テレビ朝日は5日、日曜朝のニュース情報番組「サンデーLIVE!!」を担当する社員1人と社外スタッフ3人の計4人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症という。4人は飲食を伴う送別会に参加していた。テレ…

(讀賣新聞社)

 さて、そんな「白痴化」装置といわれてきたテレビ放送の中でも、特に武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の恐怖扇動が悪質と指摘されているテレビ朝日は昨日、報道番組のスタッフが放送終了後に九人で会食を行ない、うち四人が「感染した」と発表しました。

 自分たちで煽って自分たちで墓穴に沈むという厚生労働省と同じ展開です。

 所詮出鱈目なPCR検査の陽性判定でしかありませんから、本来ほぼ心配する必要はありませんし、富裕な報道権力の者たちが市中にお金をばらまくことを推奨します。皆さん、どんどん会食してください。

 そして、無駄に頭を下げている暇があれば、開き直ってみればよいのです。恐怖の扇動などやめて、楽になりなさい。

中国武装公船が日本漁船に

皇紀2681年(令和3年)4月5日

【月曜から放談】
 東京都が东京电视台(TBS)系情報番組の出演タレントによる誤情報に抗議文を出したことが、ただの猥褻紙にすぎない일간현대(日刊ゲンダイ)などで「言論弾圧だ」と騒がれ、これまた数多タレントたちが「独裁国家になったのか」というような反応を見せていることは、言論と情報の何たるかを考えた上で大変滑稽です。

 私のような権力による言論・表現の自由に対する侵害にうるさく、且つ東京都の小池百合子知事が大嫌いな者からしても、今回の出来事はそれとは何ら関係ありません。ヒョンデ紙らが大きく間違っているのは、都が抗議文を出した相手は出演タレントのカンニング竹山さんではなく、報道権力たるTBSなのです。

 番組内で情報を管理できなかった報道権力が外部からの訂正を求められるのは当たり前であり、これを批判しては「いわれたもん負け」を認めることになってしまいます。

 それよりコイケバカタレガ都知事の「大阪株」発言こそ問題です。以前から申していますように武漢ウイルス(新型コロナウイルス)も生き残りを懸けて国内で既に変異しています。東京株も大阪株も当然あるでしょう。

 これで陽性と出たらクラミジアを疑ったほうがよいレヴェルのUSO検査(PCR検査)の実施数を極端に増やしている大阪府に対し、東京都はここへきてなぜか極端に抑制する工作を施していますから、コイケバカタレガが大阪を見下すような発言をしたのは或る意味、自作自演のようなものです。

 出鱈目な検査の陽性者数で莫迦騒ぎをするならする、しないなら厚生労働省や日本詐欺師会(日本医師会)らを徹底的に批判して直ちにやめる……どちらかを政治家なら選択・決断しなさい。それができないコイケバカタレガのような存在こそ、わが国の女性の立場を貶めているのです。

 さて、ここからはまともな神経を取り戻してお読みください。

海警と巡視船「あわや衝突」 市議が現場の攻防語る 尖閣周辺

尖閣諸島周辺海域に出漁した八重山漁協所属の漁船「鶴丸」が3日夜、石垣島に戻った。乗船した石垣市議の仲間均氏によると…(7…

(八重山日報オンライン)

 中共の共産党人民解放軍海軍ならびにその補完組織である海警局が連日のように沖縄県石垣市近海に侵入してきていることは、ここで何度も取り上げてきましたが、同市尖閣諸島の保全に取り組んできた仲間均市議会議員による現地報告が県内で唯一まともな八重山日報で報じられています。

 その内容は、私たちはおろかプロの漁師たちをも恐怖に陥れるほど極端に緊迫したものでした。どうかこれをお読みいただき、広く国民に伝えていただきますことをお願い申し上げます。

 仲間議員と初めてお会いしたのは十年前になりますが、尖閣諸島のことをとても詳細にご説明いただいたのをよく覚えています。沖縄県を本当に大切に思うのなら、彼らの漁場を荒らし平穏な暮らしを脅かす中共に対峙するよう政府に求めねばなりません。

 政府がそうした決断をしないから目下このようなことになっているのです。口先だけの「沖縄振興」などいりません。在日米軍基地問題にまやかされて国民の安全を守るという重要な政府の責務が沖縄では全く果たされていないのです。

学生諸君!カルトにご用心

皇紀2681年(令和3年)4月4日

「春から○○大学」は狙われている。カルト団体の巧妙すぎる“コロナ禍の新歓”を見破るには

Twitterでは「春から○○大学」などとプロフィール欄に明記することで、入学前から学内で繋がりを持とうとする人も多いが、こうしたアカウントは絶好のターゲットだ。…

(ハフポスト)

 このようなリベラル風味(真のリベラルではない)の対日ヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)ニュース偽装サイトにも十分気をつけなければならないのですが、こと新興宗教団体(カルト)による被害に関しては思想の違いを超えて共闘する部分があります。

 と申しても、日本共産党が創価学会および公明党を批判するのには、自分たちの歴史的且つ政治的思惑があり、対日ヘイト弁護士たちが連名で旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)を批判するのも、統一教会の下部組織に反共活動の国際勝共連合があったからにほかなりません。

 その勝共連合こそがわが国の保守言論を致命的に幼稚化させたのですが。

 それはさておき、毎春の入学式以降特に大学生はカルトに狙われやすく、何やら「楽しそうな会だな」と思って参加してみたら浄土真宗親鸞会による折伏が始まっていたという例はこれまで数多あります。少しでもおかしいと思ったらすぐに退出してください。

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒動ですっかり閉じ込められてしまった学生や、生活の困窮につけ込む甘い言葉にも一切耳を傾けてはいけません。信者にされてしまったら搾取されてなお貧困化し、一層カルトへの依存が深まって、気がつけば貧民の底へ堕とされ周りに誰もいなくなるのです。

 と申しますのも、二日記事で藤田観光が太閤園を手放したのが「関西経済の終わりの始まりだった」と言及しましたが、まさにこの日の朝日新聞社記事が「太閤園の買い手は何と創価学会だった」とすっぱ抜きました。

 そろそろ新情報が出る頃だとは思っていましたが、これには二つの点で愕然としたのです。まず大阪の迎賓館がカルトの手に堕ちたという衝撃と、三百二十九億円ものカネを太閤園に注ぎ込む創価学会は「信者の困窮に救いの手を差し伸べたのか」ということでした。

 安倍前政権が全て国民に十万円の財政出動を決めたのに対し、まだ武漢騒動を続けるつもりの菅義偉政権は何もしません。連立を組む公明党はそれでいいのかと思っていましたが、これを見る限り国民のことはやはりどうでもよいのでしょう。

 カルトというのは、そういう性質のものです。くれぐれも近づかないように。