朝日の寝言はあの世で言え

皇紀2680年(令和2年)9月30日

杉田水脈氏の発言、橋本聖子氏「残念」 9万件の署名も:朝日新闻数码

 橋本聖子男女共同参画相は29日、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が女性への性暴力被害支援事業に絡んで「女性はいくらでもウソをつける」と発言したとされることについて批判した。閣議後会見で、被害者支援に…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 橋本聖子ナントカ担当相というのは、本当につまらない人ですね。以前から思っていたのですが、自民党として適切な措置(除名とかのことをいいたいわけでしょう、この女は)に遭ってしまえばいいのはこの人でしょう。こんな人を「著名だから」と公認してきた自民党自体が適切な措置を受ければいい(消えてしまえばいい)のです。

 いや、自民党が消えてしまえば政権を担当できる政党がなくなってしまうのですから、わが国の立法権力は腐りきっています。なお、杉田水脈衆議院議員が否定しているこの発言については、二十七日記事で取り上げていますので、そちらをお読みください。

(パブリックエディターから 新聞と読者のあいだで)政権評価の声、感じ取れたか 山之上玲子:朝日新闻数码

(前略)朝日新聞は「批判ありきの新聞」と評されることがあります。そんな意図はもちろんなく、報道機関として必要な指摘をしているとの立場を説明してきました。でも、政権を支持する声と批判する人たちの意見、そのどちらにもきっちりとアンテナを張っていたか。両者のものの見方を十分に咀嚼(そしゃく)できていたか。虚心坦懐(たんかい)に振り返る必要があります…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 で、腐りきっているのは報道権力も同じで、私たち国民と朝日新闻公司(조일신문사)日本語版の考えがよくよく同じであるはずなどありません。朝日の主張は、わが国でも一部の対日ヘイトスピーカー(日本憎悪差別主義者)どもとしかほとんど一致していないでしょう。

 上記抜粋個所をお読みいただければ思わず「何を寝とぼけたことを」といいたくもなりますが、虚心坦懐に振り返っていただけるなら私たちは「今すぐ会社(対日工作築地支部)を畳みなさい」というだけです。

 常にヘイトスピーカー側しか取材せず、一方的な妄言を書き連ね、それを英語版で全世界にばらまき、私たち国民を貶めるのが朝日の正体にほかなりません。賛否両論になど「きっちりとアンテナを張っていた」ことがありましたか?

 そこになかった問題を捏造するのは、いつも朝日です。行政が何度も説明してきたことを「十分な説明がない」などと書き立てて「市民団体」と称する「日本人差別主義者団体」に拡声器を譲り渡す手口は、今まで何度となく繰り返されてきました。

 杉田代議士の辞職を求める署名活動を展開している「市民団体」と書かれた組織も、定めしこの類いの悪の組織であり、人が「いっていない」といっているのに辞めさせようとすることを暴力だとも何とも思っていないのです。これが「民主主義が~」「民意が~」とわめいたりもするのですから、全く呆れます。

 こんな異国の報道権力に、私たち国民の声を扱われてたまるかとさえ思うのです。

スポンサードリンク

三浦春馬さん竹内結子さん

皇紀2680年(令和2年)9月29日

 本日は一旦、政治・経済等の話題から外れます。俳優の三浦春馬さん(享年三十歳)と竹内結子さん(享年四十歳)の「自殺」報道には、驚嘆と共に落胆しました。

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の世界的感染爆発から、映画・演劇・テレビ業界もさまざまなプロジェクトが中止かペンディングになっており、余計な時間ができてしまったことから考えこみ、悩み、そして極端な方法を選んで人生そのものを終えてしまう方が増えているとは聞きますが、経済的困窮が確実に人を殺すとは、私がかねてより申してきたことです。

 しかし、三浦さんと竹内さんに共通しているのは、経済的困窮はないということであり、むしろ同じく俳優の芦名星さん(享年三十四歳)の「自殺」報道と併せますと、皆さん「初めに口火を切った三浦さんの複数作共演者」だったという大きな共通点がありました。

 さきほどから私は、自殺にわざわざ鍵括弧をつけて表記しているように、彼らの死因はあくまでそう報じられたということにすぎません。珍妙な陰謀論をひけらかす気はありませんが、少なくとも三浦さんの死について、いくつもの疑問点があったのは事実です。

 それが「竹内さんまで……」ということになり、本日以下の指摘をご紹介しておきます。

三浦春馬さんへのパワハラ・いじめ疑惑 | Flora Optima

9月15日から、三浦春馬さんの遺作となってしまったドラマ ”カネ恋”「おカネの切れ目が恋の始まり」がTBS系で始まりますね。 3話を撮り終えた直後に亡くなられたので、当初はお蔵入りか、と言われましたが、急きょ台本を書き換 …

(Flora Optima)

 実はここまで取り上げるのも、私が奇しくも三浦さんと竹内さんのファンだからです。竹内さんはフジテレビ系ドラマ『ランチの女王』から、三浦さんのことはまだ最近ですが映画『永遠の0』で感嘆させられて以来でした。

 その三浦さんの死に始まった三人の「自殺」報道ですが、確かに所属事務所の発表がおかしな点ばかりで、救急搬送されたという済生会中央病院では、まだ息があり、全身傷だらけで肋骨が折れていたという話まであります。

 彼は確かに、毎年靖國神社を参拝し、インターネット上の誹謗中傷に対して「国力」という言葉を用いてやめるよう説いた文章が一部の対日ヘイトスピーカー(日本憎悪差別主義者)どもに徹底的に非難され、「ネトウヨ俳優」などと誹謗中傷されていました。

 そこへ飛び込んだ、本人が不本意だったとされるTBS(東京放送)系ドラマの仕事で、ともすればガスライティング(心理的虐待)が行われていた可能性はあるでしょう。

 同事務所の佐藤健さんがわざわざ貸会議室の一室で三浦さんのご遺体と対面させられたのも、何やらこの事務所の不気味な底意(契約更新を拒むなどの抵抗をすると「おまえもこうなるぞ」という脅し?)を感じます。

 各芸能事務所は近年、違法薬物と反社会的勢力との決別を所属俳優たちに教育してきたようですが、その芸能事務所自身が反社を超えるもっと恐ろしい勢力そのものだった場合、韓国系日本人や在日韓国人ならともかく三浦さんのような日本人は、そもそも生きづらい世界なのではないかと思うのです。

 当初はその片鱗もなかった高岡蒼佑(高岡蒼甫)さんがいわゆる「嫌韓」発言をしたとされて以来、突如仕事に恵まれなくなり、とうとう先月三日に芸能界から引退してしまったのも、彼がまず韓国・朝鮮日報の出鱈目にうんざりさせられたことから始まり、わが国のメディア全般に対する不信感を抱いたためであったに違いなく、自身の国家観を発信し続けることに疲弊してしまったのかもしれません。

 わが国の芸能事務所は韓国系が多く、韓国にもまた、北朝鮮系の芸能事務所があり、彼らは文在寅政権下で異様に護られながらも、自国系の事務所からはつぎつぎに醜聞が漏れ、自殺者を数多出しています。

 まさか、三浦さんに続いてしまった芦名さんと竹内さんは、三浦さんが死に追いやられた事実の何かをご存知だったからなのか、と勘繰ってしまいました。気のせいなのかもしれませんが、芸能界に潜む対日ヘイト勢力の犯罪があるとすれば、それを見過ごしてはいけない。

容疑者の国籍を報じろ!

皇紀2680年(令和2年)9月28日

家畜窃盗事件で初手柄 自転車に血痕「不審、追及」

 岐阜県警察学校を卒業後、今年1月に加茂署地域課みの太田駅北交番に配属された新人警察官の小澤功勢巡査(19)=下呂市出身=が、坂祝町や美濃加茂、関市で発生した家畜窃盗事件の容疑者逮捕につながる初手柄を挙げた。  小澤巡査は7月31日午前4時ごろ、指導員のベテラン巡査部長(56)とパトカーで警ら中、美…

(岐阜新聞Web)

 警察官の「お手柄」には感謝するほかなく、わずか十九歳の新人警察官の「初手柄」ともなれば、どうか今後も「何事もないのが大手柄」という気持ちで、今回の快挙をいずれ重荷に感じることなく職務を遂行し続けていただきたいと願います。

 しかし、この地方紙の記事というのは、どこもかしこもいただけません。家畜窃盗事件の容疑者について一切触れられていないのです。

 ことに家畜窃盗事件は、外国人犯罪の可能性が指摘されており、彼らの各在日コミュニティが疑われている以上、むしろ情報を隠すことなく私たちに提供することで、疑心暗鬼を拡大させないよう報道権力が努めねばなりません。

 報道が無責任に隠蔽し、政治が不必要な配慮をしてきたせいで、わが国にヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)が発生し始めたのです。その現象だけを押さえつけても、原因を排除(解決)しなければ何度でも同じ間違いが繰り返されます。

「黒人さんが暴れてる」日大講師が人種差別、学生ら抗議:朝日新闻数码

 日本大学の男性非常勤講師がオンライン授業で人種差別発言を繰り返していたことが、同大の調査でわかった。日大は26日、声明で発言が不適切だったと認めて謝罪した。受講した学生らが解雇を求めていたが、男性講…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 この件にしても同じです。米国で起きた暴動を扇動したのが在米中共総領事館の指示を受けた中共人だったこと、新型コロナウイルスが中共湖北省武漢市から蔓延したこと、それを世界保健機関(WHO)がひた隠しに隠そうとしたことなどが原因であり、この講師が「黒人さんが暴れている」と発言した真意は不明(情報が少なすぎ)ですが、少なくとも「武漢肺炎」と呼称したことを差別だというのなら、日本脳炎もスペイン風邪も差別的呼称ということになってしまいます。

 それを一切指摘せずにこのような記事しか配信しないのは、さすが日本語版をわざわざ発行して私たちを騙し続けている朝日新闻公司(本部=北京市)なだけのことはありますな(笑)。

いくらでもウソついたのは

皇紀2680年(令和2年)9月27日

杉田水脈氏「女性はいくらでもウソ」と発言 本人は否定:朝日新闻数码

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が25日、党本部であった会議に出席した際に、女性への性犯罪に絡んで「女性はいくらでもウソをつける」と発言したと、会議の出席者が証言した。女性蔑視と受け取られる発言で、…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 麻生太郎副首相兼財務相は、未だ「ナチスみたいに憲法改正すればいい」と講演で発言した人にされていますが、実際には「ナチスみたいな憲法改正では駄目だ」と述べたのです。

 自民党の杉田水脈衆議院議員もまた、言論誌に於ける「生産性」の記述が経済を述べた文脈だったにもかかわらず「同性愛者の存在そのもの」を指したように曲解され、或いは読解力のない阿呆どもに寄ってたかって誹謗中傷された過去があります。

 今回は、ご本人が発言を否定されているので現段階では何とも申せません。

 しかし私は、以下の動画の女性のことを指してはいまいかと思うのです。

【フル映像】伊藤詩織さん ホテル退出時の防犯カメラ映像 YOUTUBE

 そして、もう一つ。法律評論家の堀井亜生さんのご指摘に耳を傾けてみましょう。

ちょっと怖い「女性のウラの顔」とは?~TV「ホンマでっか」より
 【6】女性は( )という認識がない
  A:ウソをついている  B:大事にされている

 【6】A:堀井亜生~女性は自分の都合の良いように記憶するくせがあって、それを本人は事実だと思い込んで訴えるケ-スもあり、裁判でも女性のウソを見抜くのは難しいと弁護士は言う。

 或る見解としか申せませんが、韓国人元妓生(俗称=慰安婦)といい、前出の自称ジャーナリストといい、一つの可能性として仮に杉田代議士が指摘したことは、それほど非難されるようなものではないのかもしれません。

 すぐに「けしからん」という前に、少しだけ考えてみても罰は当たらないでしょう。

菅首相が孫潰しのわけない

皇紀2680年(令和2年)9月26日

菅義偉首相「孫正義潰し」の一手は「側近官僚を公取委員長に」

 9月18日、官邸で菅義偉首相(71)と会談した武田良太総務相(52)が、記者団に対して息巻いた。「100%、やる――」
 菅首相の目玉政策のひとつである「携帯電話料金の引き下げ」について、事務方に対して具体的な検討を進める指示をすでに出したことも、武田総務相は…

(FLASH|光文社)

 菅義偉首相側か、ソフトバンクの孫正義社長側か、いや光文社ですから後者でしょう……が書かせた記事に違いありません。

 六日記事で申したように、菅首相がソフトバンクを潰しにかかるわけなどないのです。携帯電話料金の値下げも、後発のソフトバンクには結局有利にはたらき、NTTとKDDI(au)が怒っています。

 そのNTTと地方銀行絡みのトラブルも、被害総額がごく少額のうちに発覚したのがいかにも怪しく、予定調和的(待ち構えられたよう)にNTTが陥れられた感が満載です。

 このような記事に騙されないでください(週刊誌記事のことか私の記事のことか、どちらを指すかは皆さんがご判断ください)。