立民のバカさ加減が分かる

皇紀2679年(令和元年)12月28日

枝野氏「コメントすべきでない」 大学教授へのレイシズム発信

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、同党の石垣のり子参院議員から「レイシズムとファシズムに加担するような人物」とツイッターで発信された嘉悦大の高橋洋一教授から「党代表としての見解」を求められていたことに関し、「私が何かコメントすべき問題だと思っていない」と述べた…

(産經新聞社)

立民・福山氏「何言っているのか」 政党合流、玉木氏に不快感

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は26日、国民民主党の玉木雄一郎代表が25日に立民との政党合流をめぐる幹事長間の協議に関し「根本のところで折り合っていない」と述べたことに対し、「(国民の)平野博文幹事長とは、いろいろなことについて共有しながら話しているという認識だ。何を言っているのか分からない」と述べ、不快感を示した…

(産經新聞社)

 憲政史上(日本新党だの自社さだのよりもさらに)最悪だった旧民主党政権にいた現在のナントカ民主党の連中が合流するとかしないとか、全くどうでもよい話なのですが、どうしても対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)活動家のくせに日本で政治家になる連中の「内ゲバ」がやみません。

 何かにつけて「悪口」ばかりいっているから或る種の習性なのでしょう。何をいっているのか分からないのは、タマキンもチンテツも同じなんです。え? 誰のことですかって? 何をいっているのか分かりません。

 挙げ句の果てに旧民主党の分裂を眺めているだけだった枝野幸男副代表(当時)は、ナントカ民主党の片割れ代表として、同党議員のヘイトスピーチを指摘されても「コメントすべきでない」とは何ごとですか? ナントカ民主党はヘイトスピーチを許す政党なのですね。最低です。

 顔に「阿呆」と書いてあるような政治家に、歳費を拠出することを直ちにやめていただきたい。

スポンサードリンク

IR疑惑、パチンコに波及

皇紀2679年(令和元年)12月27日

 記事配信が一時間遅れましたことをお詫び申し上げます。なお、今月末から来月初めにかけては、記事配信が以下の日程になりますことをお知らせします。

 十二月二十八日 配信あり   二十九日 お休み   三十日 配信あり
    三十一日 配信あり
 一月一日 配信あり   二日 お休み   三日 配信あり   
   四日 配信あり    五日 お休み
   六日より通常体制に戻ります。ご了承ください。

大手パチンコチェーンの捜索終了 IR汚職関係先

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件の関係先として、東京地検特捜部は26日、都内にある大手パチンコチェーン本社を家宅捜索した…

(産經新聞社)

 産經新聞社に限らず全ての報道がなぜ社名を隠すのか分かりません。家宅捜索されたのはガイア(東京都中央区日本橋横山町)です。

 落選中の国会議員が「人づて」で何らかの法人の顧問などに就任するのはよくある話で、それ自体に何か疑わしい点はありません。それよりもこの問題を端緒に、パチンコのような「脱法賭博屋」が摘発されてしまえばよいのです。街中にあふれかえるパチンコ屋がいかに危険な存在か、さらに多くの人びとの耳目を集めるがよいのです。

IR贈収賄事件狙った特捜

皇紀2679年(令和元年)12月26日

 これまでいくつかの「問題法案」に関する陳情を快く受けてくれていた自民党の秋元司衆議院議員(東京十五区)が二十五日、東京地方検察庁特別捜査部(旧隠匿退蔵物資事件捜査部)に逮捕されてしまいました。

 よりにもよって中共の500ドットコムなんぞの話を聞いてやったのがまずかったわけですが、東京地検特捜部にとって何がまずかったのかと申せば、それはそもそも中共企業が日本のカジノ産業に進出することでした。

 恐らく米国側からの指令があって事件化したのでしょう。何人かの自民党議員にも波及する可能性はありますが、ナントカ民主党をはじめとする野党各党がこの問題には沈黙しているのも、自分たちへの波及を恐れてのことに違いありません。

 根拠薄弱な「疑惑」を創り出しては汚い声を大きくしてわめき散らす税金泥棒たちがこれほどおとなしいのは、中共企業と聞いて絡んだ阿呆が(口先では依存症がどうのといってカジノに反対していたくせに、依存症をいうなら街中にあふれ放題になっているパチンコこそ問題なのに)自分たちの中にいるということです。それは一体誰でしょう。特捜はそこまでやるのでしょうか。

文大統領と川勝知事は黙れ

皇紀2679年(令和元年)12月25日

日本「嫌韓」が最大の問題 広報外交強化へ=駐日韓国大使

【東京聯合ニュース】韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使は先ごろ韓日記者交流プログラムで東京を訪れた韓国の記者団と懇談し、このところ両国間の雰囲気が大きく変わったとしながらも、日本国内の嫌韓・反韓世論が最大の問題だと指摘し、この問題の解決に力を入れる方針を…

(韓国・聯合ニュース)

 分かりやすい。今回の日韓関係悪化が過去前例のないところまできたのは、日韓併合条約締結下の労働者が搾取されていたように歪曲された(異称=徴用工)問題でわが国の財界を敵に回したからであり、そこにカネをばらまいてもう一度ご機嫌を取ろうという汚らわしい作戦です。

 報道権力は放っておいても対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)一色ですから構わないにしても、財界には手を回そうとはっきりいうのですから、大使がこんな莫迦丸出しの発言をしたこと自体が抗議の対象でしかありません。

 おまけに北朝鮮工作員の文在寅大統領は、中共四川省成都での日韓首脳会談にて、安倍晋三首相に向かって「韓国と日本は歴史的、文化的に最も近い隣人で、人的交流でも重要なパートナー」などといったというのは、まさに「おまえのどこを押せばそんな言葉が今さら出るんじゃ」という話です。

「ごろつき」「やくざ」 川勝知事が県議らに暴言 撤回も謝罪もせず 静岡

 川勝平太知事が、予算要望のために県議らと面談した際、「やくざの集団がいる」「ごろつきがいる」などと暴言を吐いていたことが24日、分かった…

(産經新聞社)

 おまけにわが国にも思わず「黙れ! おまえがいうな!」といいたくなる阿呆がいました。自民党会派を指して「やくざの集団」と発言したようですが、計画に異議を唱える県議会議員が気に入らないにしても、知事だけが偉いわけではありません。議員も選挙で県民に選ばれた人びとです。

 そもそも東海旅客鉄道(JR東海)のリニアモーターカー計画に難癖をつけているのは川勝知事本人ですし、あの不採算の塊でしかない静岡空港の建設を推進しておいて、価値のない空港へのアクセス向上という無理難題をJR東海に要求し続け、文字通り東海を困らせています。

 貴様のほうがよっぽど「ヤクザ」なんだよ! 二度と人前でしゃべるな!

海外旅行先人気No.1は

皇紀2679年(令和元年)12月24日

 年末の「クソ」がつく多忙の中、本日は閑話休題と行きましょう。

JATA、「年末年始の人気旅行先ランキング」発表 海外は台湾が5年連続で1位 国内は東京がトップ

 日本旅行業協会(JATA)は12月13日(金)、「年末年始の人気旅行先ランキング」を発表した。海外旅行は台湾が5年連続で1位となった。国内旅行は東京(TDR含む)が1位で4年ぶり…

(旬刊旅行新聞 – 株式会社旅行新聞新社)

 あれ? 韓国のソウル特別市は? 中共の香港特別行政区は?

 当然治安の悪くなったところへは誰も行きたがりません。旅行代理店各社の人気上位予想に上がっていた「韓国ソウル」はこのランキングになく、変わらず私たち日本人が台湾を訪れたがる傾向が明らかになりました。

 わか国内にも吹き荒れる対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)の工作もむなしく台湾が選ばれるのはうれしい結果ですが、くれぐれも現地での「タピ活(タピオカドリンクを買うこと)」で迷惑をかけないよう旅行者は気をつけたいところです。

 あちこちに「タピオカが底に残りまくったプラカップ」を道端にポイ捨てしないように! 東京や大阪への国内旅行でも気をつけてもらいたいものです。