国民を置き去りにする病気

皇紀2672年(平成24年)6月30日

 本日も時間の都合がつかず、記事更新を簡略化しますことをお許しください。

 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012062900250
 ▲時事通信:11年度復興予算、4割が未執行=事業、想定通り進まず-復興庁

 平成二十三年度東日本大震災復興予算十四兆九千二百四十三億円(事業費)のうち、五兆八千七百二十八億円もが年度内に執行されなかったそうです。その一部は不用として国庫返納されるとか。

 被災された方々にすれば、なぜこのようなことにされてしまったのか、まったく分からないと思います。

 私は震災発生後、復興に向けた決断は政令を出して即決していかないと、被災者がただただ「文句を言うだけの集団」になると申してきました。福島第一原子力発電所事故に絡み、もともと過疎化していた地域との兼ね合いから、新しい街づくり・耕作地および港湾整備は大胆にすべきだったのです。

 そもそも占領憲法(日本国憲法)では復旧までできても復興はできず、実のところ阪神淡路大震災後も復旧しかしていません。ですから、神戸の街は以前ほど「神戸ならでは」でなくなったのです。

 復興予算の事業費は、いわば公共事業に当たるわけですが、担当閣僚になった民主党の国会議員たちに扱いきれるわけがありません。被災地のみならず全国で社会基盤(インフラストラクチャー)の再整備が求められる中、これらを「悪」のように貶めて無視するよう(もはやそういう病気)では、決して経済は回らないのです。

スポンサードリンク

日本は資源大国である

皇紀2672年(平成24年)6月29日

 http://sankei.jp.msn.com/science/news/120628/scn……
 ▲産経新聞:南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1209.html
 ▲ぼやきくっくり:「アンカー」日本の自前資源メタンハイドレート独自調査!妨害する謎の船

 私は真正保守政策研究所主催の「第六回憲法問題決起集会」(昨年九月十日、大阪市立総合生涯学習センターにて ご報告はこちらを参照)の主題を、民主党の献金問題と資源エネルギー政策の転換に絞りました。

 ここから明確にメタンハイドレートおよびオーランチオキトリウムの実用化(商業化)を政策提言に掲げ、特に前者について太平洋側のみならず日本海側の試掘調査を進めるよう、あらゆる人を通して経済産業省に求めています。

 そこへ今月十三日、独立総合研究所の青山繁晴社長と青山千春博士が日本海側で独自調査をした結果が関西テレビ放送『スーパーニュース・アンカー』で放送されました。やはりはっきりとメタンハイドレートが、しかも大量に存在しているのです。

 かつては独自の資源採掘を口にしただけで何者かに脅迫されることもありました。私もこの提言には或る程度の覚悟をしましたが、その甲斐あってか最近経産省が少しずつ(決してすべてではありませんが)わが国に資源があることを公表し始めています。

 今回、希土類(レアメタル)の埋蔵についても東京大学大学院の加藤泰浩教授が発表したのであって、まだ政府が国策として採掘を決めたわけではありませんが、もう国民に隠しておくことはできません。また、中共や韓国に盗られることも見過ごされないでしょう。

 何度でも申しますが、まず私たち自身が「日本には資源がない」という前世代の認識を捨てることです。米国政府や石油利権を恐れることはありません。何事も他国のせいにするよりむしろ問題は内にあり、石油採掘技術や輸入に関する既得権益とそれを守ってしまう占領憲法(日本国憲法)が邪魔をしているだけなのです。

 わが国の内需はもはや頭打ちですが、まだまだ新しい産業を興して内需を回復することはできます。その力を私たちは手に握り締め、隠している(同じく正統皇室典範と大日本帝国憲法の有効を確認していない)だけなのであって、一刻も早く自立再生の実現に向け解き放ちましょう。

政治家が株主総会で怒鳴る

皇紀2672年(平成24年)6月28日

 豪雨被害を受けられた九州地方の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012062700043
 ▲時事通信:「脱原発」提案相次ぐ=電力9社株主総会-猪瀬都副知事、橋下大阪市長が出席

 東京都の猪瀬直樹副知事が東京電力の、そして大阪市の橋下徹市長が関西電力のそれぞれ株主総会に出席し、一株主として株主提案をしたというのですが、これを当たり前の光景のように眺めた方がおられるなら、失礼ながらもうどうかし始めていますよ、と。頭がおかしくなり始めていますよ、とご忠告申し上げるほかありません。

 なぜなら、猪瀬副知事は正確には違いますが、橋下市長は少なくとも市民に選ばれた首長であり、ご両人とも今は政治家なのですから、株主として「物言う」姿を仮にも「勇ましい」或いは「新しい手法」「よく言った」と思うのは間違いだからです。

 株主総会なんぞというものは、資本主義の賭博的側面を形式化したものの一つであり、企業を応援するという性質とは別に所詮博打打ちの集いに過ぎません。だから暴力団がよく絡むのです。

 そのようなところに政治家が「のこのこ」出かけていって、何を提案したというのですか? 電気料金の問題や新しい資源政策のことは、国政の場に強く働きかけてこそ地方自治体の首長や議員の仕事です。いえ、もはや地方が独自に資源獲得のために動き出すべきではないでしょうか。

 特に昨年から何度も何度も言い続けてきたことですが、わが国は資源大国化が可能なのです。列島近海はメタンハイドレートなどの資源の宝庫であり、日本企業がすでに持っている採掘技術を駆使して実験を成功させ、商業化を目指すよう私たちも訴えようではありませんか。

 政府から資金調達した極悪な胴元が議長を務める賭博場なんぞに夢も希望もあるはずがない。

法案、大量可決

皇紀2672年(平成24年)6月27日

 本日は時間の都合がつかず、記事更新を簡略化しますことをお許しください。

 http://jp.reuters.com/article/JPpolitics/idJPTYE85P05Q201……
 ▲ロイター通信:後半国会も重要法案目白押し、野党と協議しながら対応=民主国対委員長

 衆議院で可決され、そしてこれから参議院で可決されるからと言って、決して諦めてはいけません。いわゆる「リコール」は次の選挙で可能です。

 民主党の言う「後半国会にかけて目白押しの重要法案」とは何でしょうか。人権救済法案が含まれる可能性も高いですから、注意深く見てまいりましょう。

 本当に酷いものですが、この顛末は私たちが招いたものと自覚しなければなりません。ですから自分たちで始末するのです。

ああ、御神木が自ら倒れた

皇紀2672年(平成24年)6月26日

 http://www.wakayamashimpo.co.jp/2012/06/20120623_14986.html
 ▲和歌山新報:塩竃神社の大木倒れる 車を直撃 (画像あり)

 私の地元の話題で恐縮ですが、小さな事件だとは思わないでください。塩竈神社(和歌山市和歌浦)の御神木「和合の松」が二十三日、自ら倒れたのです。

 二十二日記事でも取り上げましたが、神社の御神木というのは、祭祀の実践を私たちに喚起する自然と本能の姿そのものであり、俗物的な信仰の対象ではありません。仮にも皇室と神社がなくなったただの列島を「日本」とは呼ばないのです。

 和歌浦(わかのうら)は、万葉集(聖武天皇御行幸にお供した山部赤人の歌)にも詠われた名勝であり、安産祈願で知られる塩竈神社の元である玉津島神社は、和歌の神として親しまれてきました。このほかにも和歌浦天満宮や徳川家の紀州東照宮があり、夏には海水浴場として美しく長い砂浜を有する片男波(歌の中の「潟をなみ」に由来)海岸が賑わいます。

 ぜひ皆様にも訪ねて欲しい景勝地ですが、たとえ御神木が自ら倒れたことと先日の大雨との関係を結びつけたとしても、それは不明の原因に対する「お慰み」に過ぎません。今回は幸い死傷者を出しませんでしたが、何かよからぬことが起きていることへの警告でしょうか。

 都市伝説のようなことを申すつもりはありませんが、消費税増税で民主党と自民党と創価学会=公明党が「談合」した挙げ句、民主党反対派には厳しい処罰もなく、むしろ自民党内のほうが分裂含みで、結局は創価学会票が欲しい自民党と大阪維新の会が政権奪取を狙っているというような状況からして、御神木が自ら倒れるのも無理なく見えるのです。

 年金も医療も生活保護も制度そのものが「悪いほうの口利き政治」ですでに破綻しており、あまりにも給与・物価下落(デフレーション)が長かったため私たちの消費性向も底辺に堕ちたままですから、まずそこを改める議論から始めるべきを、ひたすら「増税」でわが国経済に致命的な一撃を与える危険性が政治家にも官僚にも分からないのでしょう。

 塩竈神社は、安産だけでなく海産物の神としても親しまれてきました。その御神木が倒れたことで、子孫繁栄と領海の安全が脅かされているとすれば、私たちが結婚・出産を断念するほど酷い飢餓状態か、或いは(潜水深度の記録を発表したばかりの)中共による領海侵犯を許して漁も資源採掘もできなくなってしまう将来を暗示しているのかもしれません。

 いえ、現状からしてそのような危機感がない私たちにこそ問題があります。政治家に訴えることができるのに、何もしなかった罪はあとから必ず問われるのです。