森本敏教授が選ばれた理由

皇紀2672年(平成24年)6月5日

 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012060400068&j4
 ▲時事通信:防衛相に森本敏氏、民間初=農水相は郡司氏-野田再改造内閣、夕に発足

 野田再改造内閣が四日、天皇陛下の認証を賜って発足しました。とりあえず注目されたのは、拓殖大学大学院の森本敏教授が防衛相に任命されたことでしょう。

 自民党の石破茂元防衛相は民間人であることを理由にこの人事を批判しており、選挙の洗礼を受けていない者が国防の責任を負えるとは思えないと述べましたが、議員バッヂを着けた国会議員が誰も責任を取らないのだから仕方ありません。少なくとも菅直人前首相を見る限り、この論述は破綻しています。

 まして、一川保夫元防衛相にこの人事を批判する資格はないでしょう。記者団の取材に答えて「いかがなものかと思う」と腕組みしていた様の、あまりの厚顔無恥ぶりに私たちは呆れるほかありません。

 ではなぜ森本教授が選ばれたのでしょうか。

 わが国で「在日米軍普天間飛行場移設問題」とされる重要事案は、米国政府にとって実は「瓜姆島=旧大宮島(グアム)への海兵隊移転問題」なのであり、(片方は占領憲法のままで機能停止していますが)日米が共有している太平洋防衛戦略の一環です。

 これについて事態を著しく悪化させた鳩山内閣以来、まず国会での議事においてまともな答弁もできない状態が続いてきたため、この現状を改善するために森本新防衛相が着任するものと思われます。

 はっきり申し上げますと、実務より答弁の正常化が最大の目的(実務上の事態打開は望まれていない)だったのです。対する自民党は、いざとなれば優れた答弁要員である森本防衛相との質疑応答なんぞまったく楽しくない(攻めどころが大してないどころか下手をすると「いやいや、今私が指摘したのは自民党の時の決定事項なんであって……」などと返り血を浴びせられる)に違いありません。

 何としても政府資産を温存して海外にばら撒くため、消費税増税に踏み切ることだけが「媚米」の目的と化している野田内閣は、その環境を整えるためになりふり構わない改造人事をやってのけました。

 ですが、これは民主党と自民党の連携、或いは大連立に繋がりません。それだけは現状分析として申し上げておきます。自民党の一部は、もうすでに違うほうを向いているのです。そこに石破元防衛相は含まれていませんが。

スポンサードリンク

誰が大臣で事務方なのやら

皇紀2672年(平成24年)6月4日

 映画監督の新藤兼人先生が先月二十九日に百歳で亡くなりましたが、改めまして心よりご冥福をお祈り申し上げます。二日のお通夜では、俳優の津川雅彦さんが弔辞を読まれました。

 新藤監督は占領統治期の昭和二十五年、初めて米軍による長崎への原子爆弾投下を(GHQによる検閲のため直接描写はできなかったが)扱った『原爆の子』(大庭秀雄監督)の脚本を執筆し、いわゆる「国家主権回復」後にして占領憲法の無効を確認しないまま占領統治体制を続けることになった昭和二十七年に『原爆の子』の脚本監督を手がけておられます。これが事実上世界初の「反核映画」でした。

 私のお勧めは、一切の台詞を排した『裸の島』です。瀬戸内海に浮かぶ湧き水もない乾いた小島で畑を耕して暮らす家族(乙羽信子、殿山泰司ら)の姿を描いています。飲料水は隣の島から運んでくるのですが、長男が病気で倒れても医者の到着すら間に合わず、私にはこの小島が現代日本(資源は輸入、国防は米国頼み)の縮図に見えました。

 海外での評価が高い新藤監督は、現役最高齢(世界第二位)の映画監督として『一枚のハガキ』を遺されましたが、表現者としての発想がいつまでも涸れない人だったように思います。俗に言う同じ「反権力」でも、例えば『サンダカン八番娼館 望郷』における熊井啓監督や共産党員だった山本薩夫監督なんぞとはまったく違う純粋さと申しますか、率直さを感じさせる人でした。

 ですから、脚本家としても「依頼は断らない」と確かおっしゃっていて、娯楽色の強い『黒蜥蜴』や『地震列島』、『ハチ公物語』なども新藤先生の脚本です。本当にとてつもない映画人でいらっしゃいました。

——————————

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120603/plc……
 ▲産経新聞:明日にも内閣改造 4閣僚程度の交代

 確か本年一月に「最善・最強の布陣」と改造したはずの現野田内閣でしたが、わずか五ヶ月でもたなくなりました。この繰り返しが、安倍内閣から続いています。

 もはや誰が後任に就きそうだという情報をとる気も起こらず、私はこれを書いている三日午前の段階で何も知りません。配信される四日午前に追記するつもりもないのです。

 そもそも前田武志国土交通相なんぞ役所から事務方と一緒に出てくると、一体どれが大臣なのか分からないような佇まいではありませんか。御用聞きはいても、政治家がいないのです。

 かつて永田町に近い赤坂周辺は、本当の意味で華やかな街でした。焼け落ちた「ホテル・ニュージャパン」は宿泊施設としては三流でしたが、地下に出店していたナイトクラブ「ニューラテンクォーター」全盛期の登壇歌手のみならず客層の壮麗さ、或いは六十軒近くあった高級料亭、少し離れた飯倉の伊国料理店「キャンティ」まで、デザイナーや画家、建築家たちが夜通し文化を語る「サロン」を形成さえしていたといいます。

 それが今やどうしたことでしょう。「昔はよかった」という話ではありません。赤坂が元気だったのは、その分だけ政官財の力が強かったからであり、現在の凋落ぶり、または朝鮮人バーなどの続出は、政官財の力の失墜と無気力・無思考が原因です。たったこれだけのことで街が廃れて穢れるのです。

 細野豪志環境相が次期首相の座を狙っていると聞きましたが、まさかシークレットサービスの方と見間違う「大臣に見えない大臣」が何のおつもりでしょうか。シークレットといえば、米中央情報局が彼と露国の裏関係を調べているという話もあります。

 政官財は力があればこそ体制批判にも耐えました。ところが彼らの耐性が極度に落ちたため、わずかなことで大衆迎合に奔ってしまいます。それが民主党政権なのです。迎合してもらった大衆も、実はまったく支持していません。この自覚が目下政治家にないのです。

 内閣改造は勝手にしていただいて結構ですが、私たちはこのような内閣そのものを捨てなければなりません。言うだけ無駄だということは決してないのです。

 http://www.shinhoshu.com/2012/05/post-237.html
 ▲占領典範・憲法無効決議を東京都議会に求める請願集会のお知らせ

米国、天然ガスを売り渋り

皇紀2672年(平成24年)6月3日

 現在、占領憲法(日本国憲法)の無効決議を求めて東京都議会に請願するため、全国の皆様に署名をお願いしておりますが、東京以北からはまだないものの、何と南は沖縄県の方々からまで、署名された用紙が数多く真正保守政策研究所に届いております。

 ご家族ご友人の署名で満たされ、複数枚に及ぶものも中にはあり、皆様のご協力に思わず胸が熱くなりました。お預かりした皆様の訴えは、八日に責任を持って私が都議会へ届けます。

 http://www.shinhoshu.com/2012/05/post-237.html
 ▲占領典範・憲法無効決議を東京都議会に求める請願集会のお知らせ

 なお、沖縄県石垣市議会にも請願しますので、なにとぞご協力ください。
 
 http://www.shinhoshu.com/2012/05/post-239.html
 ▲占領典範・憲法無効決議を石垣市議会に求める請願のお知らせ

 ところで、先月末に米国から以下の報道があったことを皆様もご存知でしょう。

 http://jp.wsj.com/US/node_451985
 ▲ウォールストリートジャーナル:天然ガス購入計画推進の見合わせを=米政府が日本などに要請

 今や火力発電の主要燃料となった天然ガスで「当たりくじ」を引いた米国は、わが国の輸出要請に今すぐ応えないという決断を下しました。早い話が「価格を吊り上げてから売るので待て」という態度です。

 米国内の議論が定まっていない事情はおよそ中東絡みですが、エネルギー戦略が不透明な現状を分かりやすく申しますと、自国内消費分の温存欲と輸出による儲け欲の釣り合いがまだ取れていないということでしょう。

 さて、わが国が周辺海域の資源開拓に成功して亜州随一の産油国になった時、米国に対して同じ態度をとるでしょうか。或いは、今回のバラク・オバマ大統領の決断に「それを言うならわが国の資源も一切分け与えないからよく覚えておけ」と日本国首相が言えるでしょうか。

 占領憲法のままでは「ハエ叩き」で潰されておしまいです。同盟関係ですらありません。だからこそ米国は「(原発事故もあって)同情する」のに天然ガスは売らないと言ってきたのであって、自立した国家でさえない日本にそもそも交渉することができないという現実を、もういい加減私たちは思い知りましょう。

韓国博騒乱、社会の病弊

皇紀2672年(平成24年)6月2日

 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/05/29/……
 ▲朝鮮日報:麗水エキスポ 入場待ちの長蛇の列が大問題に

 韓国の麗水(ヨス)世界博覧会は先月十二日に開幕したといいますが、当初から「海外宣伝に失敗した」と言われているように、これほど一部で「韓流を捏造したがる」と指摘されてきたわが国の報道各社もあまり取り上げてこなかったのではないでしょうか。少なくとも(実は今回初めて開幕済みと知った)私の周りでこれを話題にしている人は一人もいません。

 それは資金力を失速させた韓国政府に原因があり、いわゆる「カネがないなら旨みはない」とばかりにわが国の広告代理店が麗水博を特別に推さなかったためです。

 組織委員会の知恵のなさを見ても麗水博の失敗はすでに明らかであり、会場内から大量のホルムアルデヒドが検出され、週末に押しかけただけの入場者を見て入場予約制を急に反故にするようでは、とても五輪開催経験国とは思えません。

 しかしながら、今回の入場者たちをめぐる騒乱の問題の本質はそんなことよりも、全南大学哲学科の教授が指摘する「目の前の利益と各自が楽をしたいという思いに押され、原則を無視する韓国特有の病弊は何としても改善すべきだ」ということにあるでしょう。

 韓国人自身がこの国民性を「病弊」と自覚しており、それが過去の歴史に関することや島根県隠岐郡隠岐の島町竹島の現実においても表出している、と私たちは指弾すべきです。

 また、わが国内でも店の従業員や鉄道の駅員たちに対し、不手際の度合いを問わず大声で暴言を吐いたり、手前勝手な理屈をひけらかして「カネを払っているのだから」とごり押ししようとする妙な人間の存在をよく見かけます。かく言う私も、教科書販売会などで何度も酷い目に遭ってきました。

 彼らはすべて「自分さえよければよい」のであり、わが民族の「はたらく=周囲(はた)の者を楽にする」という考えとはまるで異質です。一体どこから来た人たちなのでしょうか。このような人間をいつまでも「お客様」として扱っていてはいけません。

 政府は、麗水博「ジャパンデー」に政府高官を誰一人派遣しないことを決めましたが、竹島問題でわが国の意思を本気で示すなら、私たちが彼らを店から追い出し、駅構内からつまみ出すべきであるように、とっくに本物の憲法(大日本帝國憲法)を取り戻して竹島から不法占拠者をたたき出すことです。

石垣市議会請願にご協力を

皇紀2672年(平成24年)6月1日

 占領憲法(日本国憲法)とその下位に置かれた占領典範(皇室典範法)は無効です!

 六月八日には東京都議会に議員請願を提出しますが、引き続きこの請願を日本全国に広げる運動とするための第一歩として、尖閣諸島を市政区に持つ石垣市にも請願を行う運びとなりました。

 つきましては、皆様に署名のご協力を賜りたく、なにとぞご協力ください。

 この呼びかけは、私に対して憲法学者の南出喜久治弁護士から緊急に直接あったもので、時間的制約から、今回の請願署名の窓口は南出氏が塾長を務める國體護持塾とさせていただきます。ご了承ください。

 なお、真正保守政策研究所ウェブサイトに請願署名用紙をダウンロードしていただけるページを設けました。
 →http://www.shinhoshu.com/2012/05/post-239.html
 プリンターをお持ちでない方でも、セブンイレブンのネットプリントが可能です。ご家族ご友人のお声を集めていただきまして、下記までお送りください。

 郵便番号604-0093
 京都市中京区新町通竹屋町下る
 國體護持塾

 (記入方法)
 用紙にいっぱいでなくとも構いません。お名前とご住所をご記入の上、押印ください。ご住所が同じ方も「〃」ではなく、ご記入をお願います。用紙の折り曲げは可能です。
 ご不明な点は以下までお問い合わせください。
 →090-7106-9788(平野)