金正日死去に服喪した保守

皇紀2671年(平成23年)12月29日

 先日、或る方から興味深い監視結果を拝聴しました。それは、北朝鮮の金正日が死亡して以来、国史などのほかに時事問題を扱うはずのいわゆるいくつかの「保守系ブログ」が一切北朝鮮の問題に触れず、今上陛下御生誕の日(天長節)も無視したというのです。

 私は24日記事で、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と本国との微妙な距離感の存在を指摘しましたが、28日に行なわれた国葬でも、参列した南昇祐副議長と金正恩との対話姿勢から、同様に指摘する識者がいました。

 その背景には、正恩の母親が元在日朝鮮人の故・高英姫であることを北朝鮮の国家機密とする姿勢にも表れており、例えば連日のように朝鮮中央テレビで放送され続けた「泣きの大芝居」に対し、実は現下の北朝鮮が抱える諸問題を分析することから、日本人拉致被害者の即時全員帰国への道を提言するといったことすらもしない「自称保守」とは、一体何者たちでしょうか。

 まして、喪中に今上陛下御生誕を御祝いすることは、組織的に禁じられていたに違いありません。彼らは公然と保守主義を標榜して多くの読者の支持を得ながら、どこの国の「保守」、何の「保守」なのか分かったものではないのです。

 わが国に於ける「革新」が単なる国家解体の破壊活動(テロリズム)になっていることと同時に、「保守」は占領統治体制(占領憲法の護持と改正で対立すること)を維持させるだけの論述にとどまり、天皇陛下の祭祀に基づく国体(國體)を取り戻すための行動は一切しません。

 破壊活動家の中には、金正日の死に泣きわめいてみせなければ国家安全保衛部に呼び出されたり訊問される人民を指して、歴代の天皇陛下崩御に際した私たちと「同じである」などと述べ、これを揶揄する者がいるように、他国民を拉致までする絶対権力者と祭祀の御存在との大いなる違いに対する無知・無教養に加え、他人を失望させるためであれば使える手はすべて使うのです。

 妄想であったにせよ靖國神社への破壊宣告を堂々とインターネット上に書き込んだ「天照大神」を名乗る在日韓国人学生の存在も、この顕著な一例であり、政治思想工作がこれらとは比較にもならない極めて高度な手法を用いて紛れ込むのは申すまでもありません。

 「保守」「革新」という言葉の免罪符化は、インターネット上のように実は議論の難しい場(例えば、在日問題やフジテレビを叩けば保守であり、叩かなければ「サヨク」だと決めつけやすい状態)に於いて進行し、ゆっくりと確実に訪れる者の思想を各一定の方向へ誘導するのです。むろん、私がこうして書き続け、行動し続けているのも、皆様に向かって國體の護持を喚起する意志があってのことにほかなりません。

 一概に「あの記事は日本の保守派が書いている」「あの組織は日本の保守派で構成されている」などと思っていたら大間違いだということが、今まさに起きています。私はまさか「私だけが本物だ」などと名乗りません。皆様にただお気をつけいただきたいのです。

スポンサードリンク

靖國神社放火テロ関連続報

皇紀2671年(平成23年)12月28日

 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011122700641
 ▲時事通信:民主・辻議員に資金トラブル=弁護士業務めぐり訴訟−周辺関係者を聴取・東京地検

 大阪市の貸しビル会社「永和実業」をだましたとし、東京地裁に提訴された民主党の辻恵衆議院議員は、3年前にも似たような内容(供託金をめぐる手口)で「富士薬品」に訴えられており、供託金返還請求権を譲渡していた暴力団との関係まで指摘されながらのちに和解しましたが、大阪第17区で西村眞悟元防衛政務官を前回落選に追いやった人物です。

 西村前代議士も政治家としては無関係な案件で、辯護士として事件化されましたが、辻代議士とはまったく対極的な政治活動をしてこられました。それでも同選挙区の皆様は、長年の西村氏を捨てて堺市に縁もゆかりもない辻氏を選んでおり、政治信念への支持も何もなく、単なる「民主党人気」「清潔感」などでそうしたのなら、もはや辻代議士も「終了」です。

 今度こそ、誰が「私たちの家」「私たちの祈り」「私たちの父」を守ってくれる政治家なのかよくお考えになって投票して下さい。「西村眞悟」以外にその答えがありますか?

——————————

 昨日記事で取り上げた靖國神社神門放火事件ですが、一臣民として再度警視庁の皆様にお願い申し上げますのは、本件を破壊活動(テロリズム)事件としてきっちり捜査していただきたいということです。

 麹町署が関連を捜査しておられた昨日記事中の者は、國學院大学文学部(学生自治会所属)1年生の在日韓国人女性のようですが、防犯カメラに映っていた男性らしき人物と同一人物かどうかはまだ分かりません。

 また、書き込んでいたのが東日本大震災発生の翌月だったこともあり、犯行予告にしては時期がずれています。それにしましても、わが国未曾有の大災害で多くの生命を亡くしたばかりの頃によくも戦没の御霊を冒涜するようなことが書き並べられたものです。

 さらにこの者は、3月9日に自民党の西田昌司参議院議員に通名で献金して『在日違法献金事件』を起こさせ、「議員辞職に追い込め」などとも呼びかけていたことが発覚しており、もはや多くの在日韓国人に対して「人種差別誘発行為」にしかなっていません。人のすることとして最悪です。

 なお、靖國神社への攻撃に同調する者たちがやはりインターネット上で「私が放火者です」などと書き込んでおり(資料=ツイッターに書き込んだ者のブログ参照)、だからこそ警視庁ならびに警察庁の皆様にも破壊活動監視の強化と摘発をお願いします。

 私は、靖國神社への破壊活動を堂々と宣告するような者が「天照大神」を名乗ったことに、実は大した不思議を感じていません。そのとんでもない理由は、明日述べるとしましょう。

靖國神社神門に放火、テロ

皇紀2671年(平成23年)12月27日

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111226/dst11122611……
 ▲産經新聞:靖国神社の門に放火 防犯カメラに不審な男

 靖國神社で26日午前、境内にある神門の一部が放火されました。産經新聞社の記事でも指摘されている通り、事件発生前に犯行声明と思われる書き込みがインターネットの「ツイッター」上になされており、警視庁麹町署が関連を調べています。

 

 その書き込みが上記画像なのですが、すでにアカウントごと削除されています。この者は「アマテラス」を名乗りながら、なぜか自称「在日コリアンの苦しみ」なるものを私たちに届けるために「靖國神社を放火してやろう」などと書いていました。

 天照大神(天照大御神、或いは天照皇大神)は自然祭祀の神ですから、すべて人類が人種の差なく祀ってよいものです。よって、この者が本当に韓国・朝鮮人であったにせよ、神の名を知っていることに何の不思議もありません。

 ただ、自らがその名を騙り、自然祭祀とも靖國神社ともまるで無関係ないわゆる「在日問題」を持ち出して破壊活動(テロリズム)を宣告するなど、あってはならないことです。この者が容疑者か否かはまだ分からないにせよ、これは単なる放火事件ではなく、テロの可能性があります。

 私はこれまで、靖國神社について「本来の祭祀」「国家神道という過ち」「政治によって選別された招魂」という観点から批判してきました。それでも参拝しますし、まさか火を放たれて当然などと思うこともありません。少なくとも現在祀られている御霊を冒涜するような真似は、日本民族ならば出来ないことです。

 「靖國神社の存在が民族を戦争に駆り立てた」といった類いの虚妄をもとに叫ばれる破壊活動が、すぐそばの朝鮮総連本部の慌ただしい時に芽吹くというのは、何やら「対立扇動商法」の影を感じます。この末端構成員が神の名を騙ったのも、個人というより組織としての手法でしょう。

被災者が招魂されていない

皇紀2671年(平成23年)12月26日

 http://www.news-postseven.com/archives/20111224_77797.html
 ▲NEWSポストセブン:被災地で幽霊騒動 ゼネコン社員「彼らは冗談で言っていない」

 私はここで心霊現象を解説するだけの知識を持ち合わせておりませんし、よって自身の不思議な体験を論理的に説明することも出来ませんから、宗教学的、或いは精神医学的に東日本大震災被災地の「幽霊騒動」を論評するつもりはありません。

 恐らく取材に答えた建設会社社員が「最初は、冗談にしても程があると怒りました」というのは、被災して亡くなられた約2万人の御霊を話のネタにするような不謹慎を叱ったのでしょうし、いたずらに「幽霊騒動」を起こして、被災地を窃盗団の巣窟にしてはならないという想いもおありだったでしょう。

 かつて被災県下の神社がいくつも無傷のまま残っている不思議を取り上げましたが、これは先人たちが自然祭祀によって後世に遺した想いがこれらの神社だったのであり、私たちが先祖代々からの相続人として初めて自由と権利を行使しうるというのは、このような先人たちの築かれた皇土に現世の私たちが暮らしているからなのです。

 いわゆる「幽霊」の不思議は、なぜこれまで何億と亡くなった者の魂がすべて現れるわけではないのかというところにあるのですが、これはひょっとすると、現れる側というよりも見たと言うこちら側の想念の問題なのかもしれない、と。「被災者の霊だ」と言って彼らが恐れるのはなぜか、という問題です。

 東京都内でこれまで亡くなった方の数こそ計り知れませんが、ではなぜ例えば昭和20年の東京大空襲の特定の印象だけが現れたりするのか、これまた不思議な話です。私には、彼らの招魂が十分に果たされず、私たちがすっかり忘れたままその地を汚したからなのではないかと思えてなりません。

 被災地もこれとまったく同じでしょう。天皇陛下が被災地をまわられたのは、突如地震に襲われ、津波に呑み込まれて亡くなられた方の招魂のためであらせられたに違いないのですが、私たちの多くがその意味を理解していなければならないのです。

 連合軍と戦って死んだのに、いまだ連合国の占領統治にまかせたままの日本では、心の平安は取り戻せません。地震と津波で死んだのに、生き残った者、すなわち死んだ者が心残りに感じたかもしれない人々のための復興も出来ないのでは、かつての先人たちがしてくれたようなことを、私たちは子孫にしてあげられないのです。この漠然たる不安こそが「被災者の霊だ」と言って恐れる騒動の正体ではないか、と。

 現世個人さえ楽しければ何でもよいのでしょうか。そうであるはずがありません。祭祀と皇室を理解することがどれほど大切なことか、上記配信記事とは内容がかけ離れましたが、被災者を想う時、どうしても避けて通ることは出来ないのです。

韓国のTVで旭日旗に抗議

皇紀2671年(平成23年)12月25日

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1224&f=nati……
 ▲サーチナ:韓国のドキュメンタリー番組、旭日旗の映像に抗議殺到=韓国

 韓国と北朝鮮や中共のテレビ番組では、私たちが驚き呆れるような「日本非難」「米国非難」映像が放送されていたりするそうですが、韓国MBCが23日に放送した『南極の涙』では、わが国の南極観測史が取り上げられ、その中で旭日旗が映されたことなどに視聴者から抗議が殺到しているといいます。

 わが国政府が昭和32年の官報で発表したのは、亜州の国が初めて南極に設置した基地の名称が「昭和基地」だということでした。

 その後、亜州では昭和60年に中共が長城基地を、韓国がその3年後に世宗基地を設置していますから、いかにわが国の南極観測事業が先駆けていたか分かります。

 韓国の放送局が、歴史の一端としてこれを描いたまではよかったのですが、ここで気になりますのは、旭日旗が「軍国主義」の象徴であったり、南極観測船『宗谷』が「軍艦」という認識のまま非難の対象にされていることです。

 韓国人はこうしてすべての歴史を自分勝手に修正していくのでしょう。

 この間違いをこそ放置していますと、来年には何を言われるか分かったものではありません。観測船『宗谷』は、もともと大日本帝國海軍の特務艦だったものの、占領統治期に海上保安庁巡視船としての任務を経て、当時は砕氷船だったのであり、これを旭日旗と結びつけて「軍艦」と説明するのは間違いです。

 ところで、TBSの日曜劇場『南極大陸』の視聴率は10%前後に終わったそうですが、多額の製作費をかけたにもかかわらず、安普請の無表情な家政婦(松嶋菜々子)に負けたのはつらかったでしょう。

 フジテレビジョンなどが製作した昭和58年の映画『南極物語』(蔵原惟繕監督)は、長らく配給収入の記録に於いて邦画第1位であり続けたほど当たりましたが、昭和55年に世界で初めて南極での劇場用映画撮影を木村大作氏が敢行した映画『復活の日』(深作欣二監督)の場合、そこそこ当たった程度では巨額の製作費とつり合わず、失敗に終わりました。製作したのは角川映画と、やはりTBSだったのです。