米中、年末から年明けに…

皇紀2680年(令和2年)12月9日

中国 米国の全人代幹部“制裁”に猛反発

 中国政府は8日、アメリカが香港問題に絡んで全人代(=全国人民代表大会)の幹部への制裁を発表したことに対し、「横暴で正気ではない行為だ」と猛反発しました。…

(日テレNEWS24)

 中共の習近平国家主席独裁体制は、米国のドナルド・トランプ大統領率いる現体制が「政権移行期」に混乱を仕掛けてくることを最も恐れているでしょう。

 これまでにも何度か米中対立の危惧はありました。しかし今回が桁違いに危険なのは、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の蔓延に足をすくわれたトランプ大統領の中共に対する怨念を前提に、思い通りにいかなくなった大統領選挙結果を覆す「ウルトラC」を繰り出すかもしれないということです。

 ともすればこの移行期に中共が台湾を攻撃するかもしれないという危機予測はありました。それよりも米国が中共を攻撃するかもしれないのです。

 国防総省の人事を入れ替えたこともその憶測を生んだのですが、さすがに突然米中戦争の開戦とはならないにせよ、米軍内部が例年この時期のいわゆる「クリスマス休暇」モードに全く入っていないのは事実です。

 トランプ大統領の強みは、ただ一つ「ワシントン人脈に遠慮がない」ことでした。よって何のしがらみもなく気に入らない人物の首はすぐに切り捨てました。国務長官も国防長官もこの約四年で何人替わったことでしょう。

 ところが民主党のジョー・バイデン前副大統領はそうはいきません。中共の工作に堕ちた「上級国民」を含めて特定財閥の面面で彩られる人事に突っ込めば、もう最後までほぼそのままです。抵抗すればむしろ大統領の首が挿げ替えられるだけでしょう。

 この年末から年明けにかけて、米国で何かが起こるのは確かなようです。

スポンサードリンク

中国と下半身で結ばれて?

皇紀2680年(令和2年)12月8日

 名湯「草津温泉」で知られる群馬県吾妻郡草津町の新井祥子町議会議員に対するリコールの住民投票で六日、投票の九割が「解職に賛成」と出た件は、誰もが「決して大きくない町の人びとが明らかに女性議員の作り話を見抜いたということだろう」と思ったことでしょう。

 五年前の一月、黒岩信忠町長から性的虐待(セクシャル・ハラスメント)を受けたとする新井議員の主張が町民には一切通用しなかったという顛末ですが、私はついまた「この女」の嘘も暴かれればよいのにと思いました。

日米仏、初の離島上陸訓練 来年5月、対中包囲網強化へ

自衛隊と米軍、フランス軍が来年5月、沖縄県・尖閣諸島など離島の防衛・奪回作戦に通じる水陸両用の共同訓練を日本の離島で初めて実施することが分かった。日米仏の艦艇と…

(zakzak 夕刊フジ|産經新聞社)

 ところで、東京放送(TBS)系日曜早朝の極左番組「サンデーモーニング」で六日、対日ヘイトスピーカー(日本憎悪差別扇動家)の青木理氏が中共包囲網に関する話題で突然「だからもう、上半身とは別に下半身でがっちり結びついちゃってるという状況で、さあどうするかってことなんですけど」などと口走ったそうです。

 朝から「お通夜」みたいな番組でいきなり「下ネタ」を浴びせられた視聴偵察隊(クソ番組をチェックして怒りの声を上げる善良な国民)の皆さんは、さぞいつも以上に不快な思いをされたことでしょうが、この「上半身」とは青木氏の発言から「非民主的な政治体制とか人権の問題とか覇権主義とか軍拡とか」「領土の問題とか」であり、問題の「下半身」とは「最大の貿易相手」であることを指し、さらに「しかもコロナ(※)でその傾向でも強まってる」という頓珍漢な指摘をしたようです。(※=武漢ウイルス蔓延のこと)

 日中の経済関係は、米中や独中の関係もそうであったように製造国にとって避けて通れない関係強化の道を歩んでしまいました。しかし、中共が武漢ウイルス(新型コロナウイルス)をばらまいたことからも、今後はかなりの距離をとる必要があります。

 まして、香港や或いは台湾への今後の武力侵攻や東南亜各国に対する態度、また「一帯一路」や「RCEP(東亜地域包括的経済連携)」の支配的姿勢から見ても、明らかに中共は「今すぐ地図から消さなくてはならない悪の帝国」です。

 日米で担ってきた太平洋防衛に、英国と英連邦豪州、さらに仏国が加わるのは時代の必然であり、もう本当にわが国はいつまでも現行憲法(占領憲法)のままではいけないのです。

中国に国土を奪われると…

皇紀2680年(令和2年)12月7日

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)をめぐる北海道と大阪府の対応は、もはや「ポピュリズムによる圧力に迎合」した結果でしょうか。自分たちでわが国の経済を駄目にするような要求をする国民を前に、無能の代名詞である厚生労働省も、臨床の現場が分からない浮世離れの日本医師会もやりたい放題です。

 心筋梗塞で亡くなった高齢者にPCR検査を強行し、死後陽性判定をもって「コロナで死亡」とカウントする凶行を今すぐやめさせなければいけません。

 さんざん危機を煽り立てて医療機関を疲弊させ、未だにエボラ出血熱にでも対応するかのような装備を医師や看護師、ヘルパーたちにやらせることへの疑問の声は、現場からも上がっています。それで毎年数十万人もの死者を出す癌の治療が後手に回っているのは、明らかにおかしいのです。

 わが国は今、莫迦な医師会や分科会の連中、報道権力御用達の医者まがい、言い訳専門の厚労省(ついでにショッカー田村も)によって滅ぼされかけています。

 武漢ウイルスに感染してもしなくても(別の病気でも)亡くなる時を迎える高齢者や、重症化リスクを抱えている基礎疾患のある者は気をつけなければなりませんが、健康な若者が行政権力や報道権力に経済活動を制限されるいわれはありません。

 ほんの五年後でも、今を振り返って「国民は騙されていた」という日が必ず来る。

オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声 Chinese Company Buys Australian Island Then Bans Australians From It

<楽園のような島を買ってビーチや滑走路へのアクセスさえ禁じたのは、中国人専用の観光地にするためか?>
オーストラリアの島の土地を買い上げた中国の不動産開発業者が、オーストラリア人の立ち入りを禁じて、地元住民や観光客が不満を募らせている…

(Newsweek)

 そして武漢ウイルス後、荒廃しきったわが国経済の成れの果てに、中共人に買い叩かれまくったわが国の国土。北海道も大阪府も、既に中共人による土地買収が進んでいます。北海道では広大な自然資源をもっていかれ、大阪市では中央区道頓堀などの(北区梅田は阪急阪神などが押さえているので買いたくても買えないせいか)一等商業地の不動産がつぎつきと中共人の手に堕ちました。

 英連邦豪州の惨状は何度か取り上げましたが、このニューズウィーク日本版記事を他山の石としなければなりません。

室井・米山という珍妙夫婦

皇紀2680年(令和2年)12月6日

室井佑月が「ひるおび!」出演見合わせ 夫・米山氏の出馬で「公平性を担保すべき」

 作家でタレント、室井佑月(50)が3日、夫で前新潟県知事の米山隆一氏(53)が次期衆議院選挙に立候補したことを受け、木曜コメンテーターを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)の出演を見合わせることを発表した…

(サンスポ|産經新聞社)

 東京放送(TBS)系番組の降板と聞いて「二度と帰ってくるな」と思った方も多いことでしょう。電波慰安婦……失礼、政治コメンテーター(笑)の室井佑月さんが公平性の欠片もない情報番組から姿を消しました。

 それが室井さん曰く「番組のルール」だったというのですから、むしろ呆れるのはTBSに対してのほうです。いや、これも事実ではないのかもしれませんが。

 そもそも未成年の女子大学生を買春して新潟県知事を辞任した性犯罪者を、次期衆議院議員選挙に立てようという政党があるのでしょうか。

 それがあったのです。立憲民主党です。信じられない犯罪政党と申すほかありません。こんな夫のために公平性もクソもないでしょうが、もともと本人に政治的知識も何もありませんから、ついでにツイッターも含めて一切口を閉じてもらいたいところです。

給付詐欺で韓国人指名手配

皇紀2680年(令和2年)12月5日

「持続化給付金」400万円詐欺 リーダー格の男を公開指名手配

新型コロナ対策の「持続化給付金」を、大学生らにだまし取らせた事件のリーダーとみられる韓国籍の男が、公開指名手配されました。詐欺の疑いで公開指名手配されたのは、韓国籍で住居・職業不詳の林孝こと林采孝容疑者(41)です。林容疑者は7月に、2日再逮捕された韓国籍でバー経営の金宏晃容疑者(24)ら5人と共謀し…

(ABC朝日放送)

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)関連で、病床も持続化給付金も外国人に盗られるとは、わが国の「国家防衛」の底は完全に抜け落ちています。それでも「国防」を語るより、いざという時に国民を守れない政府のほうがいいですか?

 日ごろは出来るだけ「韓国籍」や「朝鮮籍」であることを隠蔽して伝える報道権力も、大阪府警察による公開指名手配の情報をわざと欠損させて私たちに伝えるわけにはいきません。東大阪市内で発生した汚らわしい詐欺事件の容疑者は、日本人名らしい「林孝」などではなく在日韓国人の「林采孝」でした。

 【情報提供先】八尾警察署 072-992-1234