西村禍「自公以外に投票」

皇紀2681年(令和3年)7月13日

「自公以外に投票」がトレンド入り 西村氏の発言で不満噴出か

 「自民党と公明党以外に投票します」。12日から東京都内の飲食店で酒類の提供が一律停止させられることへの反発が広がっている。ツイッターでは「自公以外」というワードが一時トレンド入りした。西村康稔経済再生担当相の「従わない飲食店への金融機関を通じた働きかけ」発言などによる政府への不満がこうした動きを後押ししているようだ。…

(侮日新聞社)

 もはや武漢ウイルス(新型コロナウイルス)禍ではなく、自民党にとっては「西村康稔禍」と呼ぶべき大惨事です。都議会議員選挙以前から「極端な結果が出がちな小選挙区制の弊害により、政党別支持率で自民党が一位でも今秋の衆議院議員総選挙で負ける可能性がある」と警告してきましたが、都議選の結果を見てもそれは現実味を帯びてきました。

 ヒトラー康稔(兵庫九区)が犯した私たち国民に対する脅迫罪には、本人の「俺様は将来の内閣総理大臣」というとんでもない思い上がりが背景にあるようです。

 政界引退を表明してしまった山尾志桜里衆議院議員の指摘通り、ヒトラー康稔が吐き散らしたドがつく阿呆発言の内容は、内閣官房感染症対策推進室を通して金融庁などに「依頼」されており、わずか一日で撤回されています。

 また、麻生太郎副首相兼財務相を通していなかったという話は、私も同様に聞きました。つまり、ヒトラー康稔が(自分は阿保だから)法令班に青写真を描かせ、勝手に文書化させたのだと思います。

 なお、安倍前政権下で外野から対策推進の邪魔をしたショッカー田村(三重一区)も、東京都が裁判所に出させた行政罰としての過料を「もちろんのこと」としており、積極的に過料を科すよう唱えてきた経緯から見ても「憲法違反上等」の輩です。

 こんな外道どもが武漢対策を担当している限り、私たちはウイルス騒動の終わりを見ることができません。事実上治験未了のまま異様な特例承認を受けたm-RNAワクチンを接種しようが私たちに感染予防効果はなく(現在は「重症化予防」のキャッチフレーズに変更中 笑)、不正確極まりないPCR検査の陽性判定者が少し増えただけで「また緊急事態」と何度でも私たち国民を虐め、わが国経済を貶めていくのです。

 SNS上で拡散されているらしい「自公以外に投票」ポスターは、怪しげな政治団体(ナントカエモン塾?)が作成した滑稽なものにすぎませんが、本気で事業者たちが作れば一番上に大きな文字で「指名手配 おい!ヒトラー康稔」くらいのことは書かれた強い怒りの込められたものになるでしょう。

 くどいようですが国生みの島(淡路島)すら平気で汚したヒトラー康稔の後ろは、置き屋業パソナの竹中平蔵会長です。ともすれば一連の青写真を、この卑しい小男が描いているかもしれません。

 私たちの暮らしが破壊される前に、外道どもを駆逐してしまわねばならないのです。

スポンサードリンク

「大阪地裁」は極左の魔窟

皇紀2681年(令和3年)7月12日

「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁:朝日新闻数码

 大阪市内で16日から予定されている展覧会「表現の不自由展かんさい」の会場側が利用承認を取り消した問題で、大阪地裁(森鍵一裁判長)は9日、会場側の処分を執行停止とし、実行委員会に会場の使用を認めること…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 中韓朝の対日工作機関紙「朝日新闻公司」のまぁ、何と嬉しそうなことでしょう。侮日新聞社といい無駄に記事が長く、失礼ながら阿呆どもの小躍りが目に浮かびます。

 もう一度確認しておきますが、私は公権力による開催で特定の政治活動が含まれたこと(あいちトリエンナーレ)に反対はしても、民間が自由にやることには反対しません。

 ただ、その内容があまりに過激な場合、会場が公的機関であればあるほど開催に係る危険性が増しますから、会場が開催を断る場合があるのを理解します。例えば「天皇陛下の御尊顔を燃やす」といった特定の表現や主張がその過激なものに相当します。

 今回、名古屋での開催をめぐって会場に爆竹のようなものが入った郵便物が送られたというのも、また過激な抗議に当たりますが、あくまで言論で開催に反対してきたのは、それこそ自由な思想の表現であり、主催者側に非難されるいわれはありません。

 自分たちの抗議は「正義」であり、自分たちが抗議されるのは「不当な妨害」なんぞと、それほど暴力的な考えを明け透けにして恥ずかしくないのかと思います。

 そのような経緯から、この催しに危険を察知し、とても使用許可は出せないと判断した大阪府立労働センター(エル・おおさか)側は、まず施設を利用する府民の安全を守るために賢明だったといわざるをえません。

 大阪地方裁判所の森鍵一裁判長は、その重要な点を一切無視しました。大阪府の吉村洋文知事は、即時抗告するとのことで、これが覆らない限り府民の安全は置き去りです。

 かつて大阪市の橋下徹市長(当時)が市役所に公務員の組合事務所があるのは地方公務員法の規定(特定の政治活動をしてはならない)に照らし合わせてもおかしいとした措置に、やはり大阪地裁の中垣内健治裁判長がことごとく関連裁判の全てに横やりを入れた大問題を取り上げましたが、大阪地裁には頭のおかしな裁判官しか回ってこないのでしょうか?

 この中垣内裁判長は、のちにフジ住宅裁判で被告人にされた会長の胸元を指差して「(北朝鮮による拉致事件被害者を救う意思表示の)ブルーリボンバッジを外せ!」などと絶対に許せない暴言をしつこく吐き散らした悪質極まりない人権無視の極左活動家です。

 こんな裁判官こそ裁いて極刑に処さねばなりません。

 許されざる司法権力の横暴とはこのことであり、またも私たち国民の安全と利益を守るための行政措置が莫迦どもによって阻まれました。この件は、支持政党などに関係なく徹底的に闘ってほしいので、大阪府を支持します。

日本人だからバカにされた

皇紀2681年(令和3年)7月11日

「情けないのは親の教育」トルシエの元通訳が仏代表2選手の日本人差別疑惑に見解「それが面白いと信じている」

 フランスと日本に深い繋がりを持つ“識者”が、バルセロナ所属のフランス代表ウスマンヌ・デンベレとアントワーヌ・グリエーズマンによる日本人差別疑惑に私見を述べている。…

(サッカー・ダイジェスト)

 サッカー界を駆け巡ったさもしい話題。仏国代表のウスマン・デンベレ選手(黒人)とアントワーヌ・グリーズマン選手(白人)がわが国滞在中、日本人ホテルスタッフを嘲り笑うような発言をしていたというのです。

 この件を取り上げるのが遅くなったのは、私なりに仏国人の意見を聞いてからにしたかったからですが、まずその前に、大体仏国人というのは、思い切り自分の考えを述べる時は本当に思い切り述べる人が多いように思います。つまり、口汚いことが非常に多いのです。

 それは、回教徒を何度も愚弄し続けたシャルリー・エブド事件の時もそうですし、夏季五輪東京大会(東京五輪)の無観客開催に対しても仏国報道だけが「ギロチンの刃が落ちた(公共ラジオ電子版)」などと残酷な表現を用いて論評しました。

 仏革命(ギロチン革命)で国家の品格を失った、というとあまりにも批判的なので控えますが、とにかく某仏国外交官に尋ねた限りに於いて、デンベレ選手は明らかに「(日本人スタッフを見て)ひっでぇ顔」「(スタッフが話す日本語を指して)何だこの言語」「(コナミのウイニングイレブンをプレイできるようセッティングしている様子を指して)技術が進んでんじゃねぇのか? 遅れてんのか?」と話しているとのことです。

 一見、スタッフの仕事ぶりに対するクレームともとれますが、その根底に黄色人種に対する差別意識がなければ出てこない言葉が多分に含まれているとも聞きました。

 その上で、上記記事のように仏国人が「恥ずべき日本人差別だ」と怒っているのに、仏国在住日本人の一部からは「単なるスラング」との擁護説が出ているのはなぜかまで尋ねてみたところ、恐らく「その在住日本人は、仏国人のマインドと仏国語の関係を正しく理解していない」とのことでした。

 私たちにしてもそうでしょう。同じクレームでも、その個人の愚鈍さに対して指摘している以上の言葉が出るというのは、やはり悲しいことにその人種に対する侮蔑の意識が奥底にあるからです。

 これがもし、例えば日本人選手が某国で、某国人ホテルスタッフに向けて放たれていたらどうでしたか? 今頃日本人選手は日某双方の対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)の嵐と共に針のむしろに座らされ、以後千年にわたる謝罪と賠償を請求されていたに違いありません笑。

 知ったかぶって国際派を気取るのは結構ですが、侮辱された時は毅然と相手を叱るべきです。お詫びになっていない「反論」「逆切れ」「言い訳」も許してはならず、先人たちがかつて不平等条約と闘った歴史を思い出しましょう。

 日本人が唯一東洋を代表して黄色人種の地位と権利を勝ち取るのにどれほど苦労したことか。

憲法違反の西村を許すな!

皇紀2681年(令和3年)7月10日

政府、酒類提供店との取引停止を要請 販売事業者に

 西村康稔経済再生担当相は8日午前、新型コロナウイルスの基本的対処方針分科会で、酒類提供を続ける飲食店と取引を行わないよう酒類販売事業者に要請する意向を明らかにした。「酒類提供停止を徹底するため」と説明した。…

(産經新聞社)

 これだから「ヒトラー康稔(兵庫九区)」なのです。この絶対権力者気取りの莫迦男は、一体どこまで私たち国民を傷つけ、陥れれば気が済むというのでしょうか。

 手段が目的に取って代わる典型事例であり、愚の骨頂と指弾せずにはいられません。仮にも武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の感染と飲酒と時間の相関関係は、完全且つ正確に科学的・医学的根拠を有していますか? いいえ、そのような根拠は何一つありません。

 武漢担当相の発言は、実行に移せば確実に憲法違反です。絶対に許しません。

 いや、先日来ずっと申し上げていますが、リベラルを標榜してきた方がたは、なぜここまでの凌辱に沈黙するのですか? これも何もかも、対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)でしかない日本左翼の正体が露わになり、わが国がが弱体化するよう呪っているだけで、日頃より本当に私たち国民のための訴えなどしていないからにほかなりません。

 もはや権力の暴走を連日訴えてきた私のほうがよほど左翼です笑。武漢騒動で日本がもっともっと弱体化するよう願っているだけの連中に、二度と私たちの暮らしや憲法問題を語ってほしくありません。いえ、語らせません。

 そして、いよいよ休業しない飲食店に金融機関が圧力をかけるよう要請するかの「ナチス発言」に及んだところで、ようやく世間が騒ぎ始めました。

 反応が非常に遅いですが、ヒトラー康稔の「自爆」により、この莫迦男を政界から抹殺する好機が訪れたと申せましょう。その調子でこれを内閣から引きずり出し、一気に葬ってしまいましょう。

 改めて三日記事六日記事八日記事で申したことも併せて、政府への強い抗議をお願いします。

美しい国日本の悪の自画像

皇紀2681年(令和3年)7月9日

 七日記事について、私に「この土地には、平成三十年十一月十四日付で静岡県熱海市長より行旅死亡人に関する行政告知が出されている」と教えてくれた方がいます。

 その告知には、同年八月三十日午前、身元不明の男性のご遺体が多数の骨片状態で発見されたとあり、その敷地は間違いなく麦島善光氏所有の土地(熱海市伊豆山字我妻)でした。今回の土砂災害の発生起点付近です。

 さらにそこには、寺院建設のための土地造成工事が行われており、現場の掘削作業中、ユンボの先の布切れ様のものが付着したことから(原文ママ)、現場責任者が同物件を確認したところ、衣服に絡んだ状態の人骨が発見されたもの、とあります。

 ご遺体の状態は、ベージュ色作業着上衣、紫色長袖ポロシャツ、白色腹巻が遺っているのみで、その後同市の納骨堂に納められたとのことです。どなたか判明したのでしょうか。(→お心当たりの方は、熱海市福祉事務所社会福祉課まで)

 現在、そもそもの所有者だった新幹線ビルディングの、いや自由同和会神奈川県本部の天野二三男会長は、逃げ足早く行方が分かりません。

 同和利権の一つである建設残土と産業廃棄物の処理で彼らが儲けたこの土地で、一体何者までもが処理されてしまったというのでしょうか。まるで伊丹十三監督の映画『マルサの女2』(昭和六十三年公開)のような話なのでしょうか。

 近くには無関係にも世界救世教の道場はありますが、あのような山の頂に寺院建設とは、これまた行政が所有者に造成目的を誤魔化されたに違いありません。インチキ宗教、同和、暴力団、自民党……まるで伊丹映画そのものです。

 同和の事件を扱うと必ず「差別だ」という人がいますが、これは純然たる不正の追及であり、多くの人びとの安寧な生活を奪ったことへの問題提起にほかなりません。

 『マルサの女2』の惹句は、その一つに「これが美しい国・日本の、悪の自画像だ!」というものがあり、今回の土砂災害によって噴出した疑惑は、まさに悪の自画像そのものです。

 私たち国民の多くは、わが国が美しい国、とてつもない国であると信じたいし、そうでありたいと願ってきました。八百万の神神に顔向けできないようなことはすまい、と。

 しかし、実際には「同和」の名刺をちらつかせるだけで土地開発が進められてしまう行政の闇が拡がっており、闇から闇へと出鱈目がまかり通っています。なぜなら、怖いからです。

 天野氏の関係企業は、新幹線ビルディングだけではありません。既に姿を消したロジック合同会社もそうであり、所在地は自由同和会神奈川県本部と同じ住所(神奈川県小田原市城山)でした。彼が所有しているランダムハウス城山もこの住所です。

 恐らく神奈川県内にも彼らが同様に汚した土地があり、やはり熱海市で起きた惨劇と同じことが起こりえます。災害列島で芽生えた自然祭祀は、心ない者たちによって踏みにじられてきました。

 このような同和利権行政を決して許してはならないのです。