韓国新大使を任命拒否せよ

皇紀2682年(令和4年)6月7日

 参政党の元衆議院議員や元地方議員、大学教授らが街頭演説で数千人規模の聴衆を集めても報道権力が一切取り扱わないのは、彼ら自身が「保守系新政党の誕生などよもやあってはならない」と思っているからでしょう。その時点で既に「公平公正な報道の使命」「社会の木鐸」から外れています。

 SNSを中心に支持が広がっている政治団体といえばれいわ新選組もそうですが、政治の素人集団でしかない彼らを取り扱って、いわば政治の玄人集団である参政党を扱わないのは、どう考えても社会的非難を浴びねばなりません。

 私が参政党に言及するのはこれが初めてですが、保守系新勢力への半ば諦観に落ち着いてきた私でさえ無視できなくなった政治団体です。これを報道権力が頑として取り扱わないのは、今夏参議院議員選挙を見据えてもはや選挙犯罪に当たると申して過言ではありません。

 神谷宗幣元大阪府吹田市議会議員らの訴えには、一度でも耳を傾けてみる価値があると思います。

6/6(月) Yahoo!ニュース 最新

【速報】元国会議員の石井一氏が死去 87歳 民主党副代表や自治大臣など歴任
「浅野ゆう子」が大忙しの事情 昨年11月に訪れていた大きな転機

(Yahoo!ニュース)

 珍しく女優の浅野ゆう子さんの記事が配信されたかと思いきや、それに並ぶように割り込んだ旧民主党の石井一元副代表の訃報。お悔やみを申し上げます。

 これ以上は何も申しませんが。

 さて、韓国の尹錫悦政権は、国際政治学者で国立外交院の尹徳敏元院長(朴槿恵政権時)を駐日大使に内定しました。氏については、慶応義塾大学で法学博士号を取得した「知日派」と紹介されますが、皆さんご承知の通り中韓の知日派は、すなわち「親日派」ではありません。

 むしろ「なかったことをあったとする真に醜悪な歴史修正」問題に於いて、日韓関係の悪化をわが国のせいにしたり、日韓併合条約締結下の朝鮮人(当時)労働者を「徴用工」と呼称する件で「韓国は解決策を提示したが実行しなかっただけ」などと述べたような歴史修正主義者です。

 「実行しなかった」ではなく、実行できるような策を提示しなかった文在寅前政権の問題であり、安倍晋三政権は何度も「それでは駄目です」とはっきり申してきました。

 しかし、米国の強い求めで韓国側が「不可逆的解決」と宣言するに追い込まれたいわゆる「日韓合意」は、朴政権下の実績であり、当時の外交院長である尹氏がこれを否定すれば、たちまち米民主党のジョー・バイデン政権の不信と怒りをかうでしょう。

 駐米大使には、朴政権で外交部第一次官と大統領官邸(青瓦台)国家安全保障室(NSC) 第一次長を歴任した趙太庸前議員(与党・国民の力)が就き、これで日米二大国の大使が出揃いました。

 一つの策としては、わが国政府が尹次期大使を任命同意(アグレマン)しなければよいのです。理由は、日米韓関係の修復目標には極めて不適格な人選ということにしましょう。

 岸田文雄政権には、逆立ちしても無理な話でしょうが、姜昌一現大使に岸田首相もあの林芳正外相さえ一度も面会せず任期を終わらせるよう差し向けたのですから、勇気を出して拒否してほしいものです。

 とはいえ、尹新政権政策協議代表団の一員として尹氏が来日した際、彼らに岸田首相と林外相がわざわざ面会してしまいました。またぞろ申しますがこれは、極めて軽率な過ちであり、やはり尹次期大使を拒否できないでしょう。

 ならばせめて「なかったことはなかった」と認める歴史認識を披露しない限り、姜現大使と同じ目に遭わせるしかありません。愚かな歴史修正主義者に、天皇陛下への拝謁も許してはならないのです。

 まず初めにわが国の意思を明確に示さなければなりません。うやむやにしておくほうが相手国に失礼であり、明確に示して相手国に考えさせなければ外交にならないのです。

スポンサードリンク

「中国」というハイリスク

皇紀2682年(令和4年)6月6日

日本の老舗上場企業も倒産…「超大国」中国に潜む“破壊行為”の恐怖

中国は世界2位の経済規模と世界一の人口を持つ大国であり、巨大な市場を目指し多くの日本企業が進出しています。経済産業省「海外事業活動基本調査(2019年度実績)」によると日本企業が中国に設立した現地法人は7639社に上り、国・地域別で最多となり…

(女性の自己実現を支援する TRILL)

 私は、遥か以前より「中共との経済関係を密にしてはならない」と訴え、密になってからは「一刻も早く逃げろ」と撤退を呼びかけてきましたが、わが国政財界の媚中・屈中が正されることはありませんでした。

 その間にも共産党支配体制の弊害は、中共各地へ進出してしまったわが国企業を襲い、撤退すらままならなくなったり、無残に姿を消したりしていったのです。

 実のところ日米韓関係は、わが国が中共に対していわば「マウント」を取ってしまえば安定します。韓国がわが国にヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)を吐き散らし続けてきたのは、大東亜戦争の終結・日韓併合条約の無効から中華人民共和国の誕生、日中国交正常化以降の日中関係が原因なのです。

 日清・日露戦争に勝ち、第一次世界大戦の戦勝国となった大日本帝國にすがるほか、露中の脅威から韓民族を守る術がないと英断した大韓帝國(李王朝)でしたが、そのわが国が第二次世界大戦では敗戦国とされてしまいました。

 強い者に迎合し、弱い者を平気で潰す事大は、韓半島(朝鮮半島)という地政学的条件によって形成された韓民族の特徴とも申せましょう。災害列島がわが民族の強固な協調性を生み出したように、それぞれの民族には最大公約数的特徴があります。

 清や中華民國に強いと信じた日本が敗れ、新興の中共に「いわれ放題」「頭下げ放題」の日本を見て、韓国政府が対日ヘイト(反日)をやめるはずなどありません。北朝鮮のような犯罪集団(国ではない)が自ら起こした拉致事件の被害者を全員返すわけがないのです。

 だからこそ中共は、在外中共人団体をも使って世界各国で対日ヘイト活動をしています。最初は韓国人団体がやっていたのを、今やカネとマンパワーで中共が主導しているのです。

 韓国人の本音は、大概中共が大嫌いですが、強い者には逆らえません。まして文在寅前大統領のような北朝鮮工作員を国民自らが選んでしまい、本来韓国が唯一生き残る道である日米韓関係を進んで破壊してしまいました。

 それを促したのは、わが国の歴代首相が中共に対して決定的優位を確立しえなかったせいでもあります。東亜の平和と安定は、すなわちわが国が中共を叩き潰すことによってしか実現しえないのです。

 極論に聞こえましょうが、実はこれが真実でしょう。経済活動の大部分を中共に依存するなど以ての外です。

 長期的展望を持てば、中共から逃げ出す最後の機会は今しかありません。習近平国家主席独裁体制に秋風が吹き始めた今、これが暴風雨にならないうちに今度こそ撤退しなければ、その日本企業は以後どうなっても知りませんよ、と。

 中共を叩き潰すには防衛費の増額も当然ですが、現行憲法(占領憲法)ではどうにもならないことを、私たち国民がしっかり認識しておかねばならないのです。

デフレに殺された日本国民

皇紀2682年(令和4年)6月5日

「妻は厨房で倒れ、3時間放置されて死んだ」牛丼チェーン「すき家」パート女性が"早朝ワンオペ勤務中”に突然死していた!《再び起きた"ワンオペ”の悲劇》 | 文春オンライン

「妻は仕事が”ワンオペ“であることをよく愚痴っていました。洗い物をして、調理して、レジを打って……。『仕事量が多い、1人でこんなに対応できるか』と。妻は倒れた後、3時間以上放置されていました。もっと早…

(週刊文春|文藝春秋社)

 まずこの女性とご家族に対し、衷心よりお悔やみを申し上げます。これが報じられた一日以降、皆さんの間でもさまざまな議論の対象になったことでしょう。

 ファストフードの中でも牛丼チェーン、特にゼンショー(東京都港区)のすき家は、強盗被害が発生した際にもいわゆる「ワンオペ(業務の一切を一人で対応させられること)」が問題になったはずです。それでも改善せず、とうとう一人の従業員を殺してしまいました。

 誰かが死ななければワンオペをやめられなかった(ようやく早朝帯のワンオペを今月末までにやめると宣言した)ゼンショーの問題は、そのまま安価な牛丼を歓迎してきた私たち国民の暮らしに直結しているのです。

 すなわち、すき家の安価な牛丼を食べることができてきたのは、こうした人びとの犠牲の上に成り立ってきたことになります。時間給に深夜帯の手当てがつくとはいえ、彼らの収入も決して十分ではなかったでしょう。

 「人に迷惑をかけてはいけない」というわが国、私たち民族の倫理観は、迷惑をかけてでも安価なものにすがるしかなくなった現下わが国でとっくに崩壊していたのです。

 給与・物価下落(デフレーション)を長引かせてきた財務省の「財政健全化こそ神・内需回復などどうでもいい政策」は、それに或る程度沿わねば内閣が潰される自民党や旧民主党ら時の与党によって完成され、今や給与下落のまま物価上昇(スタグフレーション)を招いています。

 企業は、私たち個人の「人に迷惑をかけてはいけない」の想いにすがり、わずか数人の社員・従業員にあれもこれもと業務を任せ始めました。つまり、個の倫理観と国家社会の倫理観が不均衡を起こしているのです。

 ことに東京都内では、こうした安価に雇える従業員にほとんど外国人を採用してきました。デフレ日本の暮らしを、そんな彼らが下支えしてきたのです。私が外国人移民に反対してきたのは、これほどの人権問題があるか、と。デフレ日本の移民推進は、こうした問題の拡大にしかならないと考えるからです。

 このような唱え方は、例えば「日本が外国人だらけになり侵略されてしまう」と訴えるよりも多くの国民に届きます。真実よりも「聞きたい言葉」を選ぶ必要があるのが政治活動です。極左暴力集団の集会やデモとは違います。

 経済政策に於いても、三日記事で取り上げたれいわ新選組の暴言ばかりでは、何一つ提案もなく進展もしません。給与下落に対応するための医療・介護従事者の最低賃金引き上げや、内需回復に大きな刺激を与える消費税率の引き下げ、または廃止は、今こそ改めて実現しなければならないのです。

 さもなくばデフレ、いや、今やスタグフレーションに殺される国民の数をどんどん増やすことになります。もう日本には後がない。

厚労省コロナデータ改ざん

皇紀2682年(令和4年)6月4日

 脱糞民主党泉健太代表は、十日からシンガポール(星国)で開催される亜州安全保障会議(シャングリ・ラ対話)に参加国首脳で唯一招かれた岸田文雄首相に対し、衆議院予算委員会の質疑で、中共側と「何かしらの会談をすべきだ」などと無知蒙昧の恥を晒しました。

 中共の習近平国家主席も李克強国務院総理も招かれていません。日中首脳会談などできるはずがないのです。泉くん、これがどんな会議かも外交の格も知らなかったのね~。そうなんだね~。衆院議員を何年かやっていても何も知らないんだね~。知らないなら偉そうな口をきくな! 黙って議員辞職しなさい。

 何が「岸田首相の(別件の)答弁は、内閣不信任に値する」ですか。片腹痛いわ! 京都へ帰れ!

 シャングリ・ラ対話は、原則として国防相級の閣僚や国防部局の事務方が参加する会議で、中共からは国防部の魏鳳和部長が出席しますが、わが国側がこれに対応するなら岸信夫防衛相が妥当(日中防衛相会談)であり、外交対話の基本として首相は対応しません。

 岸田首相は、安倍晋三元首相の招待以来であり、開催国のリー・シェンロン首相と会談するかもしれませんが、亜州の平和の安定を訴える基調講演が予定されています。中共を名指しこそしないものの、事実上共産党人民解放軍の好戦的態度を牽制する内容になるでしょう。

 それは、主に南支那海に於ける共産党軍の侵略行為に困惑、時に激怒すらしてきた東南亜各国にとっても重要な内容であり、まずこの現実を私たち国民も知らねばなりません。

 ちなみに、二日記事でも申した状況の中、岸防衛相の出席も検討され続けています。もし叶わなければ、岸田首相が外交上十分にその代わりを果たすことになります。わが国首脳のみが八年ぶりに招待されたのには、そうしたもしもの場合に備える配慮もあったのです。

ワクチン2回の陽性率、半数世代で未接種上回る 厚労省再集計で判明

新型コロナウイルスに関する厚生労働省の新集計で、ワクチンを未接種の人より2回接種済みの人の方が陽性者になる確率が高くなったとのデータが示された。同省が外部からの指摘を受けて「未接種者」の集計方法を見直したのをきっかけに、40~49歳など約半分の世代で逆転現象が明らかになった。政策決定に関わる基礎データの一つだけに、専門家からは「なぜ接種者の方が感染しやすいのか国は詳細を調べて公表すべきだ」との声が出ている…

(日経ビジネス電子版|日本經濟新聞社)

 まさかまたも林芳正(リン・ファンヂャン)外相を代理出席させるわけにはまいりません。それに彼は今、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に感染した(陽性者)とされています。

 この醜く太った中共の犬も、かのm-RNAワクチンを接種したそうですが、このザマです。私の周囲でも、まず接種者が感染し、私を含む未接種者から未だ感染者は出ていません。

 強い副反応(頭痛や発熱など)を伴って接種時に会社を休み、それでも感染して長期間また休み、その本人は無駄に苦しい思いをさせられ、社会的迷惑も甚だしいものです。未接種者の私たちにとってワクチン接種は、本当に経済活動上迷惑以外の何ものでもありません。

 最初から申してきましたが厚生労働省は、薬害の全国国家賠償請求訴訟に備え、さんざん言い訳をしてきましたし、ことほど左様にデータを改竄していました。ここへきて「あまりにもこのワクチンは酷すぎた」と震えているのでしょう。データ改竄の件は、先日ここでも指摘しました。

 もはや「反ワクチン」だの「陰謀論」だのといった怪しい話ではなく、厚労省が改竄を隠蔽しきれなくなり始めた事実の報道に目を向けてください。そして、この「新集計」は、まだ不完全であることもつけ加えておきます。

 接種日不明の(恐らく)高齢の陽性者数が集計されていません。これを正確に加えれば、もっと接種者の陽性率は高くなるでしょう。四回目? これでもまだ打ちますか? 一生依存して生きますか? と申しますか接種者こそ私たちに近づかないでほしいくらいです。

消費税廃止を穢したれいわ

皇紀2682年(令和4年)6月3日

 英国君主として、史上初めて御即位七十年を迎えられたエリザベス女王陛下と、英連邦のすべて国民に、衷心より御慶祝申し上げます。
——————————————

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)インチキ対応でお馴染みだった「自民党の恥」「スターリン西村」こと西村康稔衆議院議員(兵庫九区)は、自身のブログに「世界各国美人図鑑」なる女性の盗撮コーナーを設けていた異様を指摘され、しれっと削除していました。

 この様子ですと、噂の「パソナ性接待」も受けていたのではないでしょうか。何しろ自身の選挙区内の国産みの島・淡路島を、人身売買屋のパソナなんぞに売り飛ばした変態ですから。

 衆議院で「この変態!」「パソナの犬!」と罵られればよいのです。

 しかしながら、れいわ新選組の大石晃子衆院議員(大阪五区→比例近畿復活当選組)は、口汚いだけで政策の建設的議論が全くできません。一日の衆院予算委員会で、岸田文雄首相を指して「この鬼!」「資本家の犬!」とわめくだけわめいて質疑(ただの暴言)を終えました。

 一旦ここでは無視しよう(取り上げる価値がない)と思った大石氏のこの態度でもお分かりの通り、業務妨害やら恐喝やらで逮捕者が続出している全日本建設運輸連帯労働組合(連帯ユニオン)や極左暴力集団の中核派と活動してきた典型的「政治活動中心、職員業務後回し」の元大阪府職員に、まともな政策などないのです。

 本気で私たち国民の経済活動を想い、消費税率の引き下げまたは廃止を唱えるなら、暴言を吐き散らしている場合ではありません。お陰で私も申し続けてきたこの訴えが「暴論」扱いにされるのです。

 そこまで考えていますか? 自分たちの活動のことしか考えていないなら、政治家になってはいけません。何度も申しますが政治家政治活動家は違うのです。

<韓国地方選>「誰が開票所に大便を…」開票事務員が不注意で踏む…防犯カメラに映っていた犯人は

韓国では1日、第8回全国同時地方選挙が行われたが、京畿道九里市(キョンギ・クリシ)開票所が設けられた九里市立体育館の入口に何者かが大便をして逃げた…

(中央日報 日本語版)

 皆さんの週末に、もう一つ。韓国の尹錫悦大統領就任後、早速の統一地方選挙が一日、投開票され、与党となった国民の力が各地で圧勝しました。またも李在明元京畿道知事なる北朝鮮工作員を候補に立てて野党に転落した共に民主党は、李氏が同日投開票の国会議員補欠選挙で当選した以外、ほぼ各地で惨敗を喫したのです。

 その京畿道知事選挙は、李氏に続いて共に民主党候補が当選してしまいましたが、とんでもない事件は、開票所で起きていました。つい最近どこかで聞いたような事件です。

 それがこれ(五月三十一日記事)です。脱糞民主党(略称=脱民)への党名変更を促したこの事件は、確かに当初「日本人のすることとは考えられない」とは思っていましたが。

 もう国会に脱民だの、わめくだけで議員立法一つ出さないれいわだのは必要ありません。一切何の役にも立たないのです。今夏参議院議員選挙では、よく考えて投票しましょう。