最高裁国民審査はこうする

皇紀2677年(平成29年)10月20日

 かつて大映の傑作映画『大魔神』全三部作で大魔神を演じた元野球選手で俳優の橋本力さんが十一日、亡くなられていたことが分かりました。衷心よりお悔やみを申し上げます。

 本作は、撮影の森田富士郎監督(大阪芸術大学映像学科元教授)なくして作られることはありませんでした。その森田先生も三年前に亡くなられましたが、東宝とは別の特撮技術の開拓を成し遂げたのが森田先生であり、生身の人間の目力(「神様は瞬きしてはならぬ」といわれて芋粉舞うスタジオセットで充血しながら演じきった)をいかんなく発揮したのが橋本さんでした。あの迫力は、作り物の眼球だった東宝のゴジラにはなかったものです。

 橋本さんは、のちの伊丹十三監督と同期で「大映ニューフェース」入社を果たし、香港映画『ドラゴン怒りの鉄拳』では、ブルース・リーの敵役を演じています。久しぶりに観たくなりました。

国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文:朝日新聞デジタル

 22日投開票の衆院選と同時に実施される最高裁裁判官の国民審査に向け、朝日新聞社を含む報道各社は、審査対象の裁判官7人に共通アンケートを行いました。質問と回答の全文は次の通りです(文意を損なわない範囲…

(朝日新聞デジタル)

 さて、衆議院議員総選挙と同時に実施されるのが最高裁判所裁判官の国民審査ですが、どうすればよいか分からないという方も多く、大抵は白紙のまま信任してしまうものです。そう、何も書かないか「×」をつけるかしかない審査用紙を、何も書かずに入れてしまいますと信任したことになってしまいます。

 朝日新聞社のくだらない質問に回答した今回審査対象の裁判官の答えの中にもある通り、現行憲法(占領憲法を擁護する立場にいれば、当然対日ヘイトスピーチ(反日)をまき散らすような判断を下していても全く気づかない裁判官だらけになるのは自明の理です。

 彼らが個別の審理でどのような判決を下したかと申せば、ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんの指摘にもあるように日本放送協会(NHK)の偏向番組に於ける台湾先住民の差別的表現を「問題ない」としたり、そのくせ在日韓国人の通名(早い話が「偽名」)だけは守ろうとしたり、一方的に労働組合側に立つなどの政治的偏向を露呈させている人たちばかりです。

 そもそも占領憲法下の司法制度で裁判官をやり、このような国民審査で信任を得ようとする全員が「×」とされるべきであり、皆さんも参考になさってください。

■10.29東京「第五回 救国の提言」■
 日時 平成29年10月29日(日曜日)
    午後13時30分(13時開場)~16時30分
 場所 アカデミー湯島(湯島天神の近く 千代田線「湯島」駅徒歩7分、
     丸ノ内線・都営大江戸線「本郷三丁目」駅徒歩10分)文京区マップ
 なお、午後18時から日本の心を学ぶ会さんでも別のテーマで講演します。
 詳細は、今しばらくお待ちください。
 皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。
 なお、大阪でも11月25日(土曜日)大阪駅前第2ビル5階で開催予定です。

スポンサードリンク

産經は二年後に倒産する?

皇紀2677年(平成29年)10月19日

「押し紙」廃棄の現場、大量に回収される印刷したばかりの新聞、行き先は製紙工場、新聞公称部数だけでなく世論調査の数字も嘘の可能性

新聞人は、新聞の部数を誤魔化してきたわけだから、世論調査の数字を操作するぐらい何とも思っていないだろう。読者が想像している以上に、マスコミは悪質なのである。その象徴が…

(MEDIA KOKUSYO)

 わが家は長らく産經新聞を購読していますが、いわゆる「おつき合い」が広ければ広いほどさまざまな販売店から頼まれ、過去には讀賣新聞も(テレビ欄以外に読むべきところが全くない)聖教新聞も購読していたことがあります。

 衆議院議員総選挙の真っ只中、実に穏やかでないのは、新聞社が世論調査結果を誤魔化しているだろうという指摘ですが、質問の仕方による回答の誘導と意図的な数字・記事のまとめ方については、これまでにもいわれてきたことです。

 安倍内閣の支持・不支持率や、各政党支持率なども、私たち国民の付和雷同につけ込む報道権力の意図があり、しかしながらインターネットの登場でそれが次第に権力の思い通りにならない状況へと変化し、新聞というメディアが死にかかっているのでしょう。

いよいよ危ない毎日新聞、ひと月で4万6000部減、試算で年間55万部減、産経は1,2年で倒産の危機、5月のABC部数

2017年5月度のABC部数が明らかになった。それによると、朝日新聞が前年同月比で約32万部の減部数、読売新聞が約20万部の減部数…

(MEDIA KOKUSYO)

 この記事にある「ABC部数」とは、報道権力とは別の第三者に当たる一般社団法人日本ABC協会が監査(公査)して認定した部数のことで、公称部数(自称部数)はあてにならないとされています。

 世論調査の操作に始まり、メディア黒書が問題視する「押し紙」を含む発行部数の水増しに苦しめられているのは、街の販売店でしょう。本社は、ほかのことで儲けようと思えばいくらでもできます。

 記者が他社より安い給料で書いているのだから、まぁ、いろいろあるけど産經とってやれよ!

■10.29東京「第五回 救国の提言」■
 日時 平成29年10月29日(日曜日)
    午後13時30分(13時開場)~16時30分
 場所 アカデミー湯島(湯島天神の近く 千代田線「湯島」駅徒歩7分、
     丸ノ内線・都営大江戸線「本郷三丁目」駅徒歩10分)文京区マップ
 なお、午後18時から日本の心を学ぶ会さんでも別のテーマで講演します。
 詳細は、今しばらくお待ちください。
 皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。
 なお、大阪でも11月25日(土曜日)大阪駅前第2ビル5階で開催予定です。

立民候補、手口が日教組に

皇紀2677年(平成29年)10月18日

【衆院選】「うるさーい」安倍晋三首相へのやじに女性が一喝! 秋田・能代の街頭演説

安倍晋三首相(自民党総裁)は17日、衆院選秋田2区の自民前職、金田勝年氏(68)の応援のため秋田県能代市で街頭演説。ツイッター上に投稿された動画には、首相へのや…

(産経ニュース)

 現在、安倍晋三首相らの遊説日程は、自民党のホームページで公開されています。一時は、深刻な警備上の都合で非公開にされていましたが、安倍首相を応援する人たちからの要望もあって公開に転じました。

 私は、安倍首相を特に応援していませんし、公平公正に評価をした上で政策提言を続けるだけであり、権力者の演説を私たち国民が黙って聞かなければならないとも全く思いません。

 しかし、安倍首相の話を聞いて自身の投票行動を決めようとする人たちの妨害をしてはいけないでしょう。行政権力の長に或る間違いを指摘するとしても、演説中ずっと大声を出し、嫌味なプラカードを持ってどこにでも現れる「集団」は、明らかに選挙妨害です。

 十六日夜は、大阪市北区のJR大阪駅周辺で安倍首相の街頭演説がありましたが、報道権力と連携する「集団」が絶好の撮影位置である「端っこ」に陣取る中、安倍首相を応援する人たちがハートマークのプラカードを持って「集団」をふさぐ行為が見られました。多くの人びとに演説を聞かせようとする助け舟とも申せましょう。

 そんな安倍首相の地元(山口四区)には、未だに学校法人加計学園の問題を「安倍問題」だと思い込んでいる、自分で首相官邸の過去資料を調べることもしない活動家が立候補した挙げ句、選挙期間中に安倍候補を詐欺幇助で告訴するという究極の選挙妨害に打って出ました。

 一方、表題の件ですが、立憲民主党の鈴木庸介候補(東京十区)が公職選挙法違反に当たる行為(十八歳未満の少年少女が選挙活動をする)を指摘されながら、指摘したほうを警察に通報するという暴挙に出ています(該当報道参照)。

 自分たちの違法行為を棚に上げ、それを指摘した人を警察にいいつけて逮捕でもさせようとする手口は、立民系の日本教職員組合(日教組)とほぼ同じです。子供が候補者の隣でプラカードを掲げて「桃太郎」(練り歩くこと)をしているのは、写真にも撮られています。候補者はともかく事務所の選挙対策本部は一体何をしているのか!

 何が選挙妨害なのかも分からないような連中に「民意の反映」だの「法の遵守」だのを語る資格は一切ないのです。

■10.29東京「第五回 救国の提言」■
 平成29年10月29日(日曜日) 東京都内で開催決定!
 詳細は、後日お知らせします。皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。
 なお、大阪でも11月25日(土曜日)開催予定です。

詐欺師と裏切り者たちの党

皇紀2677年(平成29年)10月17日

【衆院選】9条改悪反対!! 民進出身の希望公認候補が露骨に反旗 改憲の「踏み絵」を踏んだはずなのに続々と…

衆院選を前に民進党から希望の党に移籍した前職の中に、希望の党の公約と大きく異なる主張を掲げる候補が続々と出始めた。希望の党が容認する「憲法9条改正」などの“踏み…

(産経ニュース)

 十四日記事で「えげつない」「とんでもない」と申したことは、当然の非難を浴びましたが、いよいよ希望の党の雲行きが怪しくなり始めてこのような態度を取る政治家は、政治家以前に人間として完全に失格です。

 まるで専門家が総力を挙げても更生できない「生来詐欺師」のようなもので、立憲民主党に秋波を送るかの発言から特定の政治信念があるように見えても、実は中身のない人間が少し人気があるほうの意見へすり寄っただけでしかありません。

 しかし、立憲民主党の人気は、あくまで「排除」の結果としての憐れみが支えており、対日ヘイトスピーチ(反日)が支持されているわけではないのですが、民進党の崩壊を呆然と追認した裏切り者の寄せ集めに「かわいそうだった」と思うほうもどうかしているのです。そんな連中が「民主主義(少数意見の無条件排除)」だの「立憲主義(憲法による国民支配)」だのを何かよいもののように語る資格すらありません。

 そんな立憲民主党のほうを応援するといいだしたのが、自身の国籍もまともに発表できなかった蓮舫民進党前代表であることをお忘れなく。

■10.29東京「第五回 救国の提言」■
 平成29年10月29日(日曜日) 東京都内で開催決定!
 詳細は、後日お知らせします。皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。
 なお、大阪でも11月25日(土曜日)開催予定です。

NY博物館にあの危険物が

皇紀2677年(平成29年)10月16日

 米加州の山火事で亡くなられた方がたと、被害に遭われているすべての方がたに衷心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

NY博物館に慰安婦像 米民主党議員、ワシントンでの設置にも意欲

米ニューヨーク・マンハッタンにある韓国系米国人の歴史を紹介する博物館で13日、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の除幕式が行われた。博物館は現在建設中で開…

(産経ニュース)

 いわゆる「安倍政治」への評価は、特に若年層に於いて経済と外交の分野で高いとされています。

 何度も申しますように安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」は、全くデフレーション(給与・物価下落)を解消できないまま雇用状況ばかりが改善している(安くなった労働力の数が求められているだけの)ため、内容は悪いが見た目がよくなったことで旧民主党政権以前(現在の希望の党・立憲民主党ら)よりは遥かにマシだと感じられているのでしょう。

 外交でもそれは同様で、ならば私たち国民は、そろそろ次の段階を自ら求めていかなければならないのです。つまり、いい加減に外見と中身を一致させよう、と。

 米連邦議会の上下両院議員たちにとって、正直「日韓の歴史問題」と称される対日ヘイトスピーチ(反日)問題などどうでもよいのであり、だからこそカネを出して騒ぐほうのいうことをよく聞きます。

 わが国の政治には、時として「札束で事を収める」というような批判を浴びますが、在米の中共共産党工作組織が主導し韓国人が利用されている構図の対日ヘイト扇動にまるで対抗できていません。あのいつもの手口を実行すらしていないのです。

 おい、河井! おまえは何しに米国へ何回も行っとったんじゃ!

 私たち国民がののしられている問題にはカネを出し渋り、そもそもカネも人も出す発想がなく、一体何のために日韓合意という「罠」を仕掛けたのか、これでは全く分かりません。

 米連邦政府自身が韓国に嫌気がさして果たされた合意に対し、まだなお「実は在韓米軍にひき殺された韓国人女学生がモデルの像」の乱立で反故にする連中を、連邦議会議員が支援しているという致命的間違いに、私たちの沈黙は許されないのです。

■10.29東京「第五回 救国の提言」■
 平成29年10月29日(日曜日) 東京都内で開催決定!
 詳細は、後日お知らせします。皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。
 なお、大阪でも11月25日(土曜日)開催予定です。