少子化加速?厚労省新指針

皇紀2680年(令和2年)2月20日

子への体罰禁止に新指針 「しつけで容認」6割の現実:朝日新闻数码

 親が子どもに体罰を加えることを禁じる改正法の4月施行を前に、厚生労働省は18日、体罰の具体例などを示したガイドラインをまとめた。ただ、「しつけができなくなる」などと体罰禁止に反対する意見も根強い。専…

(朝日新闻(조일신문)日本語版)

児相の当直、家追われた女児追い返す「警察に相談して」:朝日新闻数码

 神戸市こども家庭センター(児童相談所、同市中央区)を未明に訪れ、「家を追い出された」と訴えた小学6年の女児に、センターの当直業務を委託されていたNPO法人の男性職員が「警察に相談して」と伝え、追い返…

(朝日新闻(조일신문)日本語版)

 新型コロナウイルスの感染拡大を招き、その実態を絶賛隠蔽中の厚生労働省は、これまでも恐らくこれからも、徹底的にろくでもないことしかしないでしょう。医療費問題の「言い訳」に主務官庁として取りまとめた健康増進法などもその好例、いや悪例です。

 改正児童虐待防止法のために厚労省がまとめたガイドラインもまた、私たち国民の多くが「これでは子供を教育できない」「恐ろしくて何もできない」と思うでしょう。したり顔の教育評論家が「叩かなくても教育は出来ます」というのですが、叩くことが教育なのではなくて、教育を目的として叩く必要がある場合をすべて国民に対して一切認めないという新指針は、教育の否定以外の何物でもありません。

 何度も例に出しますが、医療を目的として外科手術をすることを認めなければ、それは医療の否定になります。人の体を切り刻んではいけないことは、誰でも分かっているのです。しかし、病巣を取り除くためにそうすることが患者のためであるのと同じように、子供に体罰を与えることは子供のためではありませんか。暴力と医療・教育は違うのです。

 明らかに事件を構成する場合は、警察に通報しなければならないのであり、神戸市の児童相談所が「警察に相談して」といったのは、或る意味正解でした。親権放棄の法的手続きもしないまま親権を強制的に親から剥奪する児相なんぞ、そもそも不要なのです。この児相が職務怠慢だったのではなくて、これでよかったのです。

スポンサードリンク

辻元は安倍内閣に感謝せよ

皇紀2680年(令和2年)2月19日

【炎上】ピースボートのオーシャンドリーム号だけ入港許可か / 新型コロナウイルスの感染に不安と怒りの声「横浜経由で神戸に入港」 | バズプラスニュース

2019年12月26日に中国の厦門(アモイ)に入港し、2020年2月15日に日本の横浜港に入港。その後、2…

(バズプラスニュース | 役立つ情報、気になる話題をお届けするメディア)

 昨日記事に登場したナントカ民主党のアホ元ケチ美衆議院議員が設立メンバーの反政府組織ピースボートが運営する「世界一周の旅」でお馴染み「世界一周のうちに洗脳」のオーシャン・ドリーム号が、今月十四日に横浜港へ入港した際、旅程のうち福建省厦門港へ寄港していたにもかかわらず一切検疫を受けずに乗客を下船させていたことが分かりました。その後、神戸港へ入港し、十九日現在は大阪港に停泊しています。

 やたらと「湖北省武漢市」に拘泥した安倍晋三首相の甘い判断こそが、奇しくも「アホ元号」を救い、目下多くの国民を危険にさらしました。厦門が武漢から遠いからといって、この判断は間違っています。ダイヤモンド・プリンセス号や(日本入港拒否ののちカンボジアのシアヌーク・ビル港へ行き、感染者が出ているにもかかわらず既に乗客たちが世界へ散った)ウエステルダム号だけが危険だったわけではありません。

 むろん「アホ元号」は、昨年十二月二十六日に厦門港寄港ののち英連邦豪州や同新州の各港へも立ち寄っており、船内感染の形跡がなく全員無事だった可能性はあります。しかし、ウイルスからの防衛を考えた時、予断は禁物です。

 やたらと衆議院予算委員会で「国会クレーマー」ぶりを発揮したアホ元は、なぜ「もはや国民にとってそれどころではない『つまらないものを見る会』の話」であれほどわめいてみせたのかについても、一部で「ピースボートのことから目をそらせるためではなかったか」との声が上がっています。

 だとすれば、致命的な対応の失敗を繰り返す安倍内閣が未だ中共全土を対象にしないことへの感謝の意を込め、あえてくだらない話に拘泥したとも考えられましょう。

 やはりナントカ民主党の莫迦っぷりこそが「最大の安倍内閣応援団」だったのです。

安倍内閣は終わった…

皇紀2680年(令和2年)2月18日

ANAホテル「申し上げた事実はない」 首相答弁を否定:朝日新闻数码

 「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐる安倍晋三首相の答弁に関して、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の広報担当者が17日夜、朝日新聞の質問に回答した。野党が示したANAホテルの見解につ…

(朝日新闻(조일신문)日本語版)

 ゴキブリ……いや、五期ぶりに令和元年十〜十二月期の国内総生産(GDP)速報値がマイナス成長になったことは、消費税率の引き上げと暖冬の影響がもろに出たものですが、そこへ新型コロナウイルスの感染拡大も加わり、予測通りわが国経済は(政府発表とは裏腹にこれまでの成長停止から)再び深刻な事態へと突入するわけですが、相変わらずナントカ民主党のアホ元ケチ美衆議院議員による「つまらない人びとを見る会」に関する国民置き去りの追及が続く中、とうとう安倍晋三首相の答弁をANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂)が否定しました。

 日本語版を発刊しているに過ぎない中共・北朝鮮の朝日新闻公司(조일신문사)と、わが国を侮辱することに血道をあげてきた侮日新聞社が嬉しそうに一面でこれを取り上げていますが、実は他社にもホテル側から回答があり、某社記者は「正直驚いた」といっています。というのも「どうせ首相答弁に寄せるんだろうと思っていた」というのです。

 ANAインターコンチは、ザ・ホテリエ・グループ赤坂が経営していますが、運営は全日本空輸系列のIHG・ANAホテルズグループジャパンであり、ちなみに感染爆発(パンデミック)を起こしている中共湖北省武漢市駐在の国民を帰国させるべく政府がチャーターしたのは、全て全日空機でした(ついでに申せば政府専用機の整備も全日空です)。

 何がいいたいのかと申しますと、もはや安倍内閣はおしまいだということです。

 ホテル側の回答を調整する能力を失い、まんまと手元の民間企業に見捨てられたのです。内閣のほころびというのは、案外このようなところに表れます。いよいよ中共に魂を売った安倍内閣はもう駄目なのです。

 かといって野党は全て使い物にならない「莫迦の巣窟」でしかなく、自民党内を見ても次の首相の器は存在しません。いわゆる「マシな選択」をするほかなく、そろそろその覚悟をしたほうがよさそうです。

習主席の国賓来日予定通り

皇紀2680年(令和2年)2月17日

 第五十六回ミュンヘン安全保障会議が開かれ、訪独した「下の者に偉そうなだけの無能な目立ちたがり(ほとんどの国民には響いていない)外相」が、これまた「中共の共産党内序列が低すぎて何一つ自分では決められない外交部長」と意味もなく会談し、習近平国家主席の国賓来日を予定通り四月とすることで確認し合ったといいます。

 本当のところは、二十八日に来日することでようやく決まった楊潔篪共産党中央政治局委員兼中央外事工領導弁公室主任に聞かないと分かりません。今月中に中共国内の感染爆発(パンデミック)が収まるなどという話はにわかに信じられず、むしろ四月から五月にピークを迎えるとの見方があるほどです。

 そして、わが国では「むやみに恐怖を煽るような報道はよくない」などとしたり顔の莫迦コメンテーターがぞろぞろと出てきましたが、厚生労働省は間違いなく感染の実態を隠蔽しています。昨日もかねてより親しい某大学医学部教授と話しましたが、はっきり申し上げてわが国の現状は「パンデミック五秒前」です。

 彼の話を要約しますと、もはや市中感染が始まったとみており、水際対策に失敗したのは「このようなウイルスの場合は仕方がない」としても感染拡大させないための対策(政治決断)がなっておらず、下手をすると全人口の約四分の一が死亡する可能性もゼロではない、と。

 さらに、ウイルスはどんどん変異していくのですが、原則として宿主(ホスト)を特定してそこから抗体を作りたいものの、中共で「それ」は、既に食べられてしまった可能性が極めて高く、人類は最も有効な新薬を作ることがもうできない、とも。

 よって既存の肺炎を抑える薬と、免疫不全を抑える薬を混ぜ合わせて症状を緩和させ、治癒させるという方法しか残されていないだろう、とのこと。

 夏季五輪東京大会の開催すら危ぶまれる事態に於いて、パンデミックを招いた(湖北省武漢市当局に情報を隠蔽された、いや、そもそも共産党中央しか見ていない平目みたいな莫迦官僚を生み出してきた)習主席の来日など、改めて申しますがとんでもないことなのです。

韓国人選手「朝鮮人」発言

皇紀2680年(令和2年)2月15日

韓国人元Jリーガー、「朝鮮人」表現で批判殺到 「不快感を与えた。反省している」

 かつてJリーグでプレーし、現在は水原三星ブルーウィングスに所属する元韓国U-22代表MFチェ・ソングンが「朝鮮人」の嫌韓表現を使ったとして批判を浴びており、謝罪する事態にまで発展している…

(Football ZONE WEB)

 このことをいつ取り上げようかと思っているうちに、どんどん他の話に流されて今になってしまったのですが、ひと言で申しますと、わが国で「朝鮮人」といえばそれは「北朝鮮の人」という意味です。

 それをまたあたかも「差別的表現」などといっていますが違います。私はここで、北朝鮮の人を表す朝鮮人表記と明確に区別して「韓国人」「韓半島(朝鮮半島)」と記述していますが、これは韓国での呼称がそうだからです。朝鮮戦争のことも本来は「韓国戦争」と表記すべきでしょう。

 わが国は、北朝鮮を「国」と認めていません。国交がないのです。朝鮮半島などという呼び方は、いわば北朝鮮方式であり、わが国は韓国を「国」と認めて国交を有しているのに、なぜ韓国方式を採用しないのでしょうか。国家三権+1(司法・行政・立法+報道)のいずれも対応が間違っているのです。

 案外、わが国が簡単に北朝鮮や中共に弄ばれる素地がこのようなところに表れていると思えてならないのです。