自民党ってバカだらけ?

皇紀2678年(平成30年)2月14日

「行かなかったら大変なこと」 石破氏、首相の訪韓を高く評価

自民党の石破茂元幹事長は13日夜のBS日テレ番組で、安倍晋三首相が平昌五輪の開会式に合わせて韓国を訪問したことについて「行かなかったら大変なことだった。正しい判…

(産経ニュース)

 これが自由民主党次期総裁候補の一人だそうです(嫌味)。まだなお石破茂衆議院議員(鳥取一区)が適任だと思っている人がいるのですから困りました。

 平昌冬季五輪大会開会式の首相出席が招いた結果は、昨日記事で申した通りです。予測していたように「行ったせいで大変なことになった」というのが事実であり、それが分からず、安倍晋三首相を非難するだけで具体的且つ現実的な政策など何一つない石破氏がよりによって訪韓した安倍首相だけは褒める、という有り様から分かることは、自民党にはこんな莫迦しかいないのか、と。

 全ては現行憲法(占領憲法)護持、対米依存・従属、よって親韓・反共のみ、という「似非保守政党」としての正体をあからさまにしています。

 むろん党内では異端児的でさえある真っ当な政治家も、莫迦の群れをかき分けて探せばいるでしょう。すなわち、私たち国民が相当しっかりしないといけないということです。

スポンサードリンク

韓国で報じられた日韓会談

皇紀2678年(平成30年)2月13日

【平昌五輪】「日本は韓国のお手本」米NBCの開会式中継にネット住民猛反発

【平昌=時吉達也】平昌五輪の大型スポンサー、米NBC放送が9日の開会式の中継で、韓国を卑下する発言をしたとして、インターネット上で問題化している。聯合ニュースな…

(産経ニュース)

 これは米NBCに謝っていただかねばなりません。日韓併合条約が発効していたのは、わずか三十五年の一世代であり、台湾のように五十年・二世代に渡る私たちとの共同生活で礼儀や礼節を共有できたのとは違います。

 よって現在の韓半島(朝鮮半島)にある国と地域が「日本をお手本に」できたと思われては困るのです。あのような、いわゆる「日韓合意」も守れない韓国政府が私たち日本人を見習った挙げ句の姿であるはずもなく、結果として大日本帝國が当時の大韓帝國(李王朝)を露中の侵略から守ろうと併合したことは、間違いであり失敗でした。

 一方、英ザ・タイムズは十日、文在寅大統領(北朝鮮工作員)が韓国国民から国旗(太極旗)を没収するのに利用した「韓国を北朝鮮化し統一した韓半島の旗」について、「二つの敵同士が一つの旗に入っているという理由ではなく、日本が所有する島の所有権を主張しているように見えるという理由で論議になっていた」と解説したことも、韓国人たちの妬みを誘発したようです。

 島根県隠岐郡隠岐の島町竹島のことであるにもかかわらず、同記事の写真には韓国済州島にしるしをつけていたという間違いはありましたが、これはかろうじて正確な報道でしょう。

 さて、報道と申せば、さんざんここで平昌冬季五輪大会開会式に出席してしまった安倍晋三首相が文大統領との会談で何をいおうと文政権の対日ヘイトスピーチ(反日)喧伝に悪用されると指摘してきましたが、その結果を取り上げます。

 せっかくですから韓国保守系の中央日報の報道をご紹介しますが、申した通り文大統領を批判し始めた彼らでさえ対日ヘイトには目がありません。青瓦台の発表に沿って文大統領が安倍首相を抑え込んだように報じられ、私たちと韓国国民との認識の乖離がますます進みます。

 <韓日首脳会談>文大統領「歴史を直視し、力を合わせて未来志向的協力を推進」
 北朝鮮に対する圧力強化の認識を文大統領と確認したなどという情報は、どこにもありません。「平和五輪」がどうの、安倍首相がこれに「声援」「感謝」「ともに協力」と発言したことになっています。

 また、日韓合意についても文大統領に「歴史を直視しながら首相とともに」などといわれて安倍首相が具体性に著しく欠く「未来志向の日韓関係に」程度しか述べられなかった印象を韓国国民に与えました。

 つまり、安倍首相は、日韓対立を永続させるために訪韓したようなものであり、本気で日韓の相互理解を実現する未来を語る者であれば、これを徹底的に批判するはずです。いかにわが国の「自称リベラル」がインチキも甚だしい出鱈目な「反日売国奴」「ただのヘイトスピーカー」でしかないか、私たちはまずこれを指弾して多くの同胞と認識を共有することから始めなければなりません。

各国が韓国に貸さない問題

皇紀2678年(平成30年)2月12日

국외 명품 못빌리는 국립박물관의 속앓이

내년은 918년 왕건이 세운 고려왕조 건국 1100돌이다. 이 기년을 맞아 ‘대고려’ 특별전을 준비중인 국립중앙박물관이 속앓이가 심하다. 전세계 흩어진 고려 명품들의 역대 최대 잔치를 구상했는데, 국외 소장기관들이 고개를 돌려 유물 확보를 자신할 수 없는 처지다.

(The Hankyoreh)

 既に邦訳文が出回っていますが、何の話かと申しますと世界中に散らばっている「高麗の名品」と称するものを集めた過去最大級の特別展を国立中央博物館(ソウル特別市)が構想したものの、仏国や台湾ら国外の所蔵機関から背を向けられ、一つも借りられないでいるというのです。

 その原因は、長崎県対馬市から盗まれた仏像などが韓国司法権力の政治判断によって日本へ未だ返されていない事件にあり、仏国立図書館や台湾の故宮博物院は「韓国人が『略奪だ、盗難品だ』といって返してくれなければどうするつもりか」「安全に返すことを保証しろ」と要求しているといいます。

 対日ヘイトスピーチ(反日)を吐き散らしてきた結果の自業自得ですが、その背後に北朝鮮、そして中共共産党の工作があり、韓国人が間違った歴史認識から自ずと反日へ傾倒しているとしても、結局は「赤い独裁者」たちのせいで韓国が深く傷ついているのです。

 その現実に韓国人自身が気づけば、決して日米韓の連携を邪魔されることも、北朝鮮の文在寅工作員を大統領にすることもなかったでしょう。

 もはや平昌冬季五輪大会の各種競技も全く素直に観戦できません。

雇い主・金とバイトの文?

皇紀2678年(平成30年)2月11日

 本日は、新暦換算の紀元節(建国記念の日)です。

ペンス米副大統領、平昌五輪開会式前の夕食会に出席見合わせ

【2月9日 AFP】(更新)平昌冬季五輪の米国代表団の団長として韓国を訪問しているマイク・ペンス(Mike Pence)米副大統領は9日、大会開会式に先立って行われた夕食会への出席を見合わせた。

(AFP通信)

 平昌冬季五輪大会の開会式終了後、観客たちは一様に帰途の困難を強いられたようです。宿泊先に戻るべく珍富駅行きのシャトルバスを目指すも、乗るのに一時間以上かかり、駅に着いたところで「電車の運行は終了しました」と告げられ、さらに江陵駅を目指す多くの観客が途方にくれました。

 開会式に先立って行われた夕食会では、昨日記事でも申したように安倍晋三首相が北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長らと同席の主賓席へ通され、会話を交わしてしまったわけですが、その場にいなかった金与正女史(金正恩朝鮮労働党委員長の実妹)とは開会式会場の「名ばかりの貴賓席」で近くに座らされながら、安倍首相が与正女史に一切無視されています。

 会話を交わしたことも悪用されれば、全く会話を交わさなかったことも悪用されるのです。演出上「金一族にとって日本国首相など眼中にない」と。

 つまり、出席してはいけませんでした。その場に出かけてしまった限りに於いては、何をしても北朝鮮と韓国文在寅政権のいいように利用されてしまいます。

 一方、文大統領の態度は、一貫してまるで「雇い主の北朝鮮に挨拶をするアルバイトで韓国大統領をしている人」のようにしか見えず、終始あごを上げていた与正女史の態度を見ても「おい、おまえ。ちゃんとやっているか」とでもいわれているようです。

 韓国にとってこのような屈辱を、韓国国民は一体いつまで許すのでしょうか。韓国保守派が頑張っていますが、文政権と親北売国派に弾圧される一方です。

 米国は、在韓米軍があるからよいでしょう。マイク・ペンス副大統領がそうしたように、時間をかけて会うべきでない相手しかいないときは、米軍基地に逃げることができます。

 しかし、未だ現行憲法(占領憲法)を「憲法」とするわが国には、このようないわば「兵站」を置くことも許されず、逃げ場がありません。にもかかわらず出かけて行った安倍首相は、残念ながらやはり非難の対象です。

 彼が「北にいうべきをいった」とか「韓国にもいうべきをいった」というようなことで評価する態度は、極めて子供じみた、甘ったれた考えでしかないことを自覚しなければなりません。

影響力拡大する中国の手法

皇紀2678年(平成30年)2月10日

 平昌冬季五輪大会開会式は、一応無事に終わりました。演出の一部を担当したのは、わが国のパナソニックですが、精密機械を持ち込むのに対して会場の杜撰な設備に相当悩まされたようです。

 一方、安倍晋三首相は、多くの反対を押し切って出席したことへの弁明のため、対話のパフォーマンスに終始し、それがかえって韓国と北朝鮮を利する結果になっています。何度も申しますが安倍首相が何をいっても無駄なのです。現状では、会話を交わしてしまった時点でその事実が相手に悪用されます。

 しかも安倍首相は、ソウル特別市では使用しないと決めたロッテホテルの「ロッテリゾート束草」に宿泊しました。ほかにまともなホテルがなかったとしても使用すべきではありません。当然盗聴に注意したでしょうか。そういうところへ、そういう状況で行ったのです。

中国、アフリカ連合を盗聴か 「中国製」本部ビルからマイク 仏紙報道

近年中国はアフリカ支援に力を入れており、インフラ設備などに多額の援助を行っている。エチオピアのアジスアベバにあるアフリカ連合(AU)の本部ビルも、中国の資金でできたものだが、フランスのル・モンド紙が、このビル内で中国が盗聴行為を行っていたと報じた。中国側は記事の内容を否定している。

(NewSphere)

 北朝鮮の弾道弾・核開発問題と、いわゆる「日韓合意」を必ずセットにしてわが国にぶつけてきた韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)にも、中共共産党の影がちらついていました。

 何度でも申しますが今や欧米各国で吐き散らされている対日ヘイトスピーチ(反日)は、韓国人をスピーカーにしながら中共がそれに必要なカネとヒトを用意しています。

 特に米西海岸に於いては、あからさまに州議会や州政府へ在米中共人が進出し、ヘイトを扇動しており、韓国人たちは完全に利用されているのです。連合国(俗称=国際連合)を舞台にしたヘイト活動もむろん同様で、喜んで協力する日本人がいるのですから目も当てられません。

 中共が長期的展望をもって目論む「世界征服」は、亜州から北米、欧州、そして阿大陸へと策略がめぐらされ、近年の対阿外交の裏で仏国紙が報じたようなことは、既に懸念されていた案件でした。

 よって米政府は、共産党人民解放軍系企業の製品を締め出したり、中共系企業に買収された宿泊施設を利用しないよう警戒しています。米政府自身が諜報活動をよく知っていますから、容易に想定できるのです。

 わが国は、彼らほどの策も講じなければ、よって警戒心もありません。或いは、あっても行動に移せないのです。現行憲法(占領憲法)を「憲法」とし続ける限り、交戦権を無条件に剥奪された国家は、これら一切の傾向と対策に踏み込めません。

 まるで入学試験の出題方針が変わった(無効になった)学校の過去問題集に書かれている「傾向と対策」を信じ、周囲がいくら「そのテキストは駄目だよ」と助言しても聞かず、そこから一歩も先を学ばず、毎年受験に失敗し続けるようなものです。護憲論者は、一生「合格」をもらえない受験生なのです。