安倍首相、極寒吹きさらし

皇紀2678年(平成30年)2月9日

【北ミサイル】米本土到達で対話の「チャンス」 ICBMで鳩山由紀夫元首相

【ワシントン=加納宏幸】訪米中の鳩山由紀夫元首相は7日、首都ワシントンで記者会見し、北朝鮮が米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発していることが、米朝…

(産経ニュース)

 本日、韓国で平昌冬季五輪大会開会式が催されます。主要国からただ一人の首脳出席となる安倍晋三首相は、米国のマイク・ペンス副大統領らと貴賓席に着くわけですが、それが「貴賓席」とは名ばかりで、一般の観客と同じ屋外の吹きさらしに設けられているそうです。

 防寒設備すら用意できなかったというのですが、何よりもまず警備体制は大丈夫でしょうか。いえ、大丈夫ではないはずです。

 安倍首相の訪韓は、北朝鮮に「南北合同を前にして水を差しに来るのか」と非難され、むろん韓国国内の親北売国派もこれに同調し、一方で韓国保守派にも「文在寅大統領(北朝鮮工作員)の面子を守るような行為で理解しがたい」と批判されています。

 つまり、韓半島(朝鮮半島)にいる誰からも歓迎されていません。これは単に、南北の差なく吐き散らかされるいつもの対日ヘイトスピーチ(反日)ではなく、もしも安倍首相が欠席を決断していれば、間違いなく韓国保守派はわが国の態度を高く評価する予定でした。

 もはや安倍首相は、文大統領に利用されにのこのこ出かけ、具体的に「北朝鮮の微笑み外交に負けてはならない」からどうするのかなど何一つ策もなく、挙げ句に極寒の中を吹きさらしの席に立たされて、ともすれば誰でも狙いやすい環境で北朝鮮工作員に射殺されるかもしれません。

 四十五歳でさらなる「伝説」を生むスキー・ジャンプ日本代表の葛西紀明選手が現地から伝えてくれたのは、選手村の暖房設備が壊れていたのと、六人に対し一つしか浴槽がないこと、そして練習後の二十二時発のバスがまるで来ず、四十分も氷点下十四度の中を日本選手団だけが待たされたという惨状です。

 南北がともに憎む、先進国唯一の首脳である安倍首相だけが撃ち殺されても何の不思議もありません。

 結局、開会式出席を評価しているのは、わが国にいる親北やら屈中やらの売国奴だけでした。自民党内の権力闘争もですが、米政府の要望が出席決断の一つのきっかけだと知れば、現行憲法(占領憲法)に忠実な親米売国奴も「一定の評価」という言葉を使い始めるに違いないのです。

 冒頭の産經新聞社記事をご覧ください。「元首相」という肩書きを剥奪すべき鳩山由紀夫元ルーピーは、完全に北朝鮮の立場を説明しています。北から見れば確かにそうで、わが国にはこのしたたかさが彼らの十分の一もありません。

 その現状に甘えた護憲のルーピーが米国内でしゃべってよい話ではないのです。全くどいつもこいつも、一体どこを見て政治をしているのでしょうか。この莫迦さ加減は、そのまま私たち国民にかえってくるのです。

 そうなればよいとは申しませんが安倍首相の無言の帰国を体験しないと、私たちは賢くなれないのでしょうか。だとすれば……以下自粛。

スポンサードリンク

今日、北軍事パレード強行

皇紀2678年(平成30年)2月8日

 七日午前に発生した台湾花蓮県花蓮市の大地震で、七人の方が亡くなられたといいます。改めて衷心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。台灣加油!

北朝鮮で8日、軍創建日=五輪に合わせ国威発揚:時事ドットコム

 【ソウル時事】北朝鮮は8日、正規軍創設70年を祝う朝鮮人民軍創建日(建軍節)を迎える。韓国での平昌冬季五輪開幕を9日に控え、昨年4月以来の軍事パレードを実施し、国威発揚を図るとみられる。北朝鮮は昨年、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射しており、関係各国はパレードに新型ミサイルが登場するか注視している。 北朝鮮は1月22日、1948年2月8日の正規軍創設を記念し、この日を建軍節とする決定を行った。正規軍創設の祝賀は2015年から行われていたが、決定は9日に開かれる平昌五輪に合わせ、「意図的に行

(時事ドットコム)

 北朝鮮は、平昌冬季五輪大会開会式の前日に強行する建軍節(朝鮮人民軍創建日)の閲兵式(軍事パレード)を、日米ら海外の報道企業に取材させない方針に転じ、一旦出されていた訪朝許可を取り消しました。

 経済制裁を破って次つぎに韓国入りする北朝鮮の選手団や芸術団らに交じり、過去に何度もその機能と役割の危険を指摘された「万峰景92号」で朝鮮労働党の工作員も侵入しており、韓国国民は国旗(太極旗)を掲げてはならないとされながら北朝鮮側は「紅藍五角星旗」とも呼ばれる人共旗を振り回しています。

 これが北朝鮮の指令を受けた韓国の文在寅大統領による一任務達成の顛末であり、韓国保守派の人びとは懸命に抗議活動を繰り返していますが、警察権力を悪用された弾圧にさらされ続けているようです。

 そんな中、米国のマイク・ペンス副大統領と首相官邸で共同記者会見に臨んだ安倍晋三首相は、二人仲良く明日の開会式に向け、訪韓します。やはり今回の開会式出席が米政府の強い要望で断行されるものと分かり、現行憲法(占領憲法)を「憲法」とする限りわが国政府が独自に判断できることなどほとんどない有り様を再確認させられました。

 米副大統領が訪韓しても、ほぼそれが文政権に政治利用されることはありません。しかし、いわゆる「日韓合意」をめぐる韓国の合意内容不履行問題などもあり、安倍首相は文大統領に利用されてしまうでしょう。青瓦台が垂れ流す情報がさらに韓国国民の「対日ヘイトスピーチ(反日)熱」を煽り、問題解決を困難にします。それがなぜ分からないのでしょうか。

 わが国では過去最強級の寒波が依然猛威を振るい、平昌ではノロウィルス(感染性胃腸炎の一種)が蔓延しています。五輪ヴォランティアの皆さんのみならず調理師、警備員、警察、挙げ句には海外記者にまで、感染が百人規模に拡大しており、大変危険です。

 わが国代表選手たちも、とんだ「政治ショー」の場に出場させられることになり、とても気の毒に思います。

杉田水脈議員を脅したヤツ

皇紀2678年(平成30年)2月7日

 台湾東部の花蓮県花蓮市で本日午前零時五十分ごろ、マグニチュード6.3、台湾基準で震度7の大地震が発生しました。現段階(午前一時過ぎ)で被害状況は確認できていませんが、現地から統帥大飯店(マーシャルホテル)の一階から三階が完全に倒壊し、建物自体が傾いているとの情報が入り、従業員や宿泊客らの安否が心配されます。

 被害に遭われた全ての人びとに衷心よりお見舞いを申し上げます。花蓮市では、最近地震が続いていたとのことで、今後も本震を超えるような大きな余震も発生しうるため、どうかお気をつけください。

——————————
 自民党の杉田水脈衆議院議員がツイッター上の投稿で「明日にでも国会議員を辞めないと貴方の娘さんを」うんぬんという卑劣な脅迫を受け、警視庁が捜査に入りました。私の経験上、警視庁はこの手の犯罪を検挙するのに十分な捜査能力を持っていますので、早く犯人が逮捕されるよう祈るとともに、杉田代議士とご家族に衷心よりお見舞いを申し上げます。

 明日にでも国会議員を辞めるべき「破壊活動家まがいの政治の素人」は、ほかにいるのです。杉田代議士は、これに全く該当しません。京都の選挙区内で事務所お手製の手ぬぐいをばら撒いていたくせに他人の線香代が許せないらしい「先代がどこかの半島からやってきた人」などは、そのうちの一人ではないでしょうか。

【眞子さまご結婚延期】「“雑音”心配」「お気の毒」…突然の決定に戸惑いの声

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(26)=横浜市=の結婚式をはじめとする一連の儀式が再来年に延期されたことが6日、…

(産経ニュース)

 さて、海外でよくやられてしまう東洋人の氏名の綴り間違いをイスラエルの新聞社にやられて以来、出自に関するいわれのない誹謗中傷にさらされてきた小室圭さんについて、確かにご家族の暮らしぶりに極めて心配な点があるようです。

 以前にも申しましたが、現行憲法(占領憲法)下で省から庁へ(内閣の影響を受けない皇室のための独立機関から首相所管の機関を経て、内閣府の一機関へ)転落させられた宮内庁の調整能力がまるでなく、長官職をはじめ有能な官僚が全く希望したがらないポストに成り下がったため、くだらないことを週刊誌記者たちにべらべらしゃべり、安い居酒屋にて大きな声で皇族のことを話すような「そもそも公務員としてどうなのか」と思う出来損ないの巣窟と宮内庁が化してきました。

 その最たる現象が東宮の徳仁親王妃雅子殿下にまつわる「雑音」と、秋篠宮の眞子内親王殿下の御婚約に関する報道に表れています。小室さんは、皇族ではありませんし今後皇族になられもしませんから、別に何を私たち同じ民間人がいっても構いませんが、それでもいってよいことと悪いことぐらいはあるでしょう、と。

 目下の「雑音」の正体は、この品性下劣な「のぞき趣味」であり、堕落した宮内庁であり、占領憲法であり、最も現行典範(占領典範)のもたらした災厄そのものなのです。

 これらの問題は、私たちの手でどうにかできることなのですから、皆さん、どうかご協力ください。

国旗禁止…統一旗に竹島?

皇紀2678年(平成30年)2月6日

 五日午後、佐賀県神埼市で発生した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプター(目達原駐屯地第三対戦車ヘリコプター隊所属)の墜落事故で亡くなった隊員に、衷心よりお悔やみを申し上げます。また、墜落されて燃えた民家にお住いのご家族にも、衷心よりお見舞いを申し上げます。

【平昌五輪】竹島入り統一旗で韓国に抗議 菅義偉長官「極めて遺憾」

菅義偉(すがよしひで)官房長官は5日午前の記者会見で、韓国・平昌五輪に出場するアイスホッケー女子の韓国と北朝鮮の合同チームが4日に韓国・仁川で行った強化試合の際…

(産経ニュース)

 さて、先月二十四日記事でも申しましたが、韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)が平昌冬季五輪大会で北朝鮮を引き込んだ目的は、まず韓国国民に国旗を掲揚させないことにあります。

 むろん北朝鮮に課せられている経済制裁を解いていく口実とし、あらゆる手を使って北朝鮮にカネとモノを横流しすることこそ当面最大の目的ですが、国内保守派を徹底的に弾圧し、韓半島(朝鮮半島)の全北朝鮮化を果たすのが文大統領の工作員としての課題にほかなりません。

 金大中元大統領のころから太極旗を掲げさせない国際行事の主催は、韓国国民の思想洗脳であり、皆さんもわがことに置き換えて考えてみてください。もしも来たる東京夏季五輪大会に於いて、国旗掲揚を禁じられたらどうしますか。そんなことをいい出す政権をこそ徹底的に非難し、権力の座から引きずり降ろすでしょう。

 代わりに掲揚するよう配布されるのがいわゆる「統一旗」です。まさしく韓半島の全北朝鮮化をデザインしたように見えるではありませんか。そこへ文字通り南北合同の対日ヘイトスピーチ(反日)事業と指弾すべき行為、すなわち島根県隠岐郡隠岐の島町竹島が描き込まれていたというのです。

 そのような旗が偽善的に振り回される場へ、安倍晋三首相は行くといいます。これでもまだ開会式出席の「負の威力先月三十一日記事参照)」がお分かりにならないものでしょうか。菅義偉官房長官の抗議に何の意味もなく、公式に抗議するのなら首相を出席させないことです。

名護市も…反日市長消える

皇紀2678年(平成30年)2月5日

【名護市長選】稲嶺進氏が敗戦の弁「市民の選択。真摯に受け止める」 翁長雄志知事は「忸怩たる思いだ」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となった名護市長選で、新人候補に敗れた無所属現職の稲嶺進氏=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民…

(産経ニュース)

 ほぼ一年前の平成二十九年一月二十日記事で、中共福建省福州市名誉市民の翁長雄志沖縄県知事が対日ヘイトスピーチ(反日)集団の「呆れ」さえ招いて知事曰くの「オール沖縄」体制が崩壊を始めたと申しました。

 また、さらに前の平成二十七年九月七日配信動画でも、既に沖縄県内の九市長(当時)が「チーム沖縄」を結成し、いわゆる「ヘイトスピーチ首長」に対抗していることを取り上げましたが、そんな首長の一人が名護市の稲嶺進市長(当時)でした。

 約三千二百票以上もの差を開けられて落選した稲嶺前市長は、負け惜しみなのか頓珍漢なことをいっていますが、在日米軍普天間飛行場の移設問題が争点から外れたことなど一瞬もありません。当選した渡具知武豊候補も一切はぐらかさずに移設問題を掲げており、双方の市政公約が正面衝突したのは間違いないのです。

 その上で、投票した五十代以下の市民から圧倒的支持を受けた渡具知候補が当選したのであり、立憲民主党や自由党、社民党の連中が投票結果を無視して渡具知候補を推した政権与党側を非難するのは、日ごろ彼らが叫び散らす「民意を重視」の姿勢からはるかに逸脱しています。

 つまり、ヘイトスピーチ一派にとって都合の悪い「民意」は、誹謗中傷してでも弾圧するというのが現下わが国の「自称リベラル派」なのです。こんなものが「リベラル」のはずなどありません。

 私は、わが国の自然の財産を保守するために普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設には反対で、原則移設なき返還を主張してきましたが、それでも翁長知事や稲嶺前市長を全く支持しなかったのは、この連中がただの「利権屋」であり、私たちに向かってヘイトスピーチを吐くような汚い政治家だったからです。

 その化けの皮が剥がれ始めており、県民の判断がかなり冷静になり始めたとも思います。私たちすべて国民は、講和条約として有効な現行憲法(占領憲法)下の日米安全保障条約が、占領憲法を「憲法」として有効とする限りただの「在日米軍基地提供条約」にしかならず、日米両国が太平洋防衛で共闘できないという現実に気づけば、さらに冷静に且つ利口になれると確信します。

 本気で沖縄の現実を想うなら、大田實海軍中将の「沖縄県民斯く戦へり。県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを」に応えるなら、翁長県政のような出鱈目によって真の問題がはぐらかされてきたことにこそ怒りをもって抗議するのです。