日本の魚を食べようでよき

皇紀2683年(令和5年)9月8日

漢服を着た女性、「日本の服装だめ!」と職員から注意=中国ネット「和服は違法なの?」

中国・湖北省武漢市で漢服を着た女性が施設の職員からとがめられる出来事があった。…

(Record China)

 書道を嗜みますと、必ず顔真卿らの書作品、或いは杜甫李白といった漢詩人の作品に触れるのですが、例えば唐のころと現在の中共に、そもそも国家としての連続性はありません。中共は、たかだか建国七十年程度の新興国にすぎないのです。

 しかし、そこに生まれ生きる人びとはどうか、ということを考えますと、或る書家曰く、本当に「優れた漢人は皆、共産党の文化大革命で殺された」のかもしれません。それほど現下中共人のあまりの愚かしさは、二度と目にしたくないことばかりです。

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)を全世界にバラ撒いた湖北省武漢市では、漢服が何かも分からない公務員が人民にしつこく難癖をつけ、公然とわが国の着物を「ケシカラン」と言い、共産党の手によって法律までそのように改められるというのですから、もはや残念ながら優れた人物の系譜を失った国家なのではないかと思えてきます。

 八月二十八日記事で申した中共による非科学的、且つ国際貿易の規律上不当な措置に対し、わが国政府がとるべき態度は、ならば「中共から人も物も一切受け入れない」の一点しかないのです。

 昨日記事の後半で「水産物の国内流通にこそ政府が支援せよ」という政策提言は、ほぼそのまま櫻井よしこ女史らが提言した「日本の魚を食べて 中国に勝とう(原文ママ)」でもあるのですが、これに江川紹子女史が「国のために食べるわけではない」といちゃもんをつけました。

 江川女史は、これ以前に八月二十九日記事で取り上げた飲食店の「中国人へ(原文ママ)」の看板を指して「新たな中国人排斥でしょう(原文ママ)」と揶揄していましたから、中共人の苛烈な嫌がらせを受け続ける飲食店主や、不当な措置に困惑させられた漁業関係者の心労などお構いなしなのでしょう。机上の空虚な妄言を連発しています。

 確かに、櫻井女史らの「(中共に)勝とう」という文言には違和感を覚える方もいるでしょうが、中共がわが国を不当に攻撃し、打ち負かしにかかっているのです。中共人を私たち日本人が排斥しているのではなく、もうはっきりと中共内に「日本人お断り」などと書きなぐられています。

 これにはさすがの北京政府も自制を促し始めたようですが、中共に駐在させられている日本人らを酷く困らせるこうした中共人の暴力に、なぜわが国のジャーナリズムは沈黙し、私たちが「魚を食べよう」と言っていることに難癖をつけずにはいられないのか、朝日新聞社や毎日新聞社をはじめとする報道権力も、明らかに私たち国民の哀しみに寄り添ってなどいません。

 私たちの少ない稼ぎから、さらに不要なはずの重税と社会保険料等が課せられ、ほぼ何も残らないのですが、それでももうあと千円分だけ(単純計算から出た数字なので実際はもう少し買ったほうがよいが)わが国の近海で捕れたお魚を買って食べようではないか、と。そこに文句をつける点などありません。

 台湾のパイナップルが中共の不当な措置に晒された時、わが国が大量に買い受けて中共の汚らわしい思惑を叩き潰しました。これも「中共に勝とう」だったと思いますが、いけなかったのでしょうか。いけないわけがありません。

 こうしたいわゆる「チャイナ・リスク(中共産党の不当な措置で経済活動が突如停止させられる可能性)」を、全世界に知らしめる役割もわが国が担うべきです。今こそ言おうではありませんか。

スポンサードリンク

岸田内閣に「来年」はない

皇紀2683年(令和5年)9月7日

 一部報道にも出ましたが岸田文雄首相は、党役人事・内閣改造について、麻生太郎副総裁と茂木敏光幹事長、木原誠二内閣官房副長官を留任させる意向だといいます。(追記 やはり木原氏は外すそうです)

 木原氏をしれっと外すための改造だったはずが、蓋を開ければ他に誰もなりたがらないため、代えようにも代えられないのかもしれません。因みに時期は、尼ジャカルタで開かれる東南亜諸国連合(ASEAN)首脳会議と印ニュー・デリーで開かれる二十か国・地域(G20)首脳会合を経た今月末で、且つその条件は、岸田内閣の年内総辞職で既に話がまとまっているとの噂です。

 今秋十月との話もあった衆議院議員解散総選挙は、岸田内閣では行えないとして、このような政治日程になるのでしょう。岸田倒閣で動いてきた中、あくまで現時点で自民党内から聞こえてきた噂ですが。

 そこでもう一つの噂もご紹介しておきましょう。岸田倒閣は、実は菅義偉前首相も画策してきました。ともすれば岸田首相の「次」に、菅氏が小泉進次郎元環境相を立たせ、岸田内閣で失墜した自民党の支持率を反転させようというのです。

 倒閣までは同じほうを向いてきましたが、やはり思惑の違う勢力とは到底手を組めません。まるで中身も経験もない小泉氏では、その政策も米中の言いなりになるでしょう。

 中共と言えば、二階俊博前幹事長の訪中も暗礁に乗り上げてしまいました。やはり原因は、一日記事で申したことに尽きます。中共が「来られても困る」と言っているのではなく、二階派が「行っても得がない」と見極めているのです。

 もはや岸田内閣がボロボロなのは間違いありません。武漢ウイルス(新型コロナウイルス)狂騒後の乱世ですから、「お公家左派」の出番ではなかったのです。ということは、誰が次に相応しいか、今後そのために動きます。

「どんどん出荷するはずが余っていく」中国輸入停止でクロマグロの取引“全面ストップ” 打つ手なし…業界から悲鳴の声 | OBSニュース

東京電力・福島第1原発の処理水の海洋放出に伴い、中国が日本からの水産物の輸入を全面的に停止しました。この影響は広がりをみせていて、特に水産業界から悲鳴の声があがっています。中国への水産物の輸出はここ…

(OBS|大分放送)

 最後に、岸田内閣が中共以外の輸出先を取り付けるよう水産業界を支援するという話がありましたが、この東京放送(TBS)系大分放送(OBS)の報道もおかしな話をしています。

 東京電力福島第一原子力発電所の処理水放出に対する中共の嫌がらせは、今この瞬間に「中共向け」の出荷が止まったということであって、何度も申してきましたが、そもそも国産品でさえ中共に買い叩かれて私たち国民の手に入らなくなっていた、つまり国内向けが不足する問題が生じていたのですから、直ちに国内流通に回すよう政府が支援すべきなのです。

 それをよもや「売れないので捨てます。お金をください」という補助金利権にすり替えられるなら、処理水がどうのではなく、いよいよ私たち国民の「魚離れ」が致命的進行し、水産業の未来は完全になくなります。漁業関係者の皆さん、それでいいのですか?

 地産地消と言いながら、自分たちの食糧も確保できず、何かが起きれば一億二千六百万人の国民がつぎつぎと餓死していくならば、私たち日本人は、大東亜戦争後の地獄をもう一度味わわされることになるのです。街中に飢餓児童が寝ころび、あちこちに骨と皮だけになった遺体が転がるでしょう。

 そうはさせないのが国家の行政力です。もう一度、私たち日本人に日本のお魚を食べさせろ!

どこぞの国会議員と同じだ

皇紀2683年(令和5年)9月6日

静まり返った夜中の「韓国野党代表断食」現場…与党議員「12時前に消えるシンデレラ」

韓国与党・国民の力の金雄(キム・ウン)国会議員が無期限断食中の李在明(イ・ジェミョン)共に民主党代表を皮肉るコメントを自身のフェイスブックに載せた。金議員は4日、「代表様はシンデレラ。12時になる前に消える。代表様は七色の虹。日が沈めば消える」とし、夜中に静まり返った李在明代表の断食テント…

(中央日報日本語版)

 本来ならとっくに京畿道城南市長時代に起こした巨額にして複数の汚職事件で逮捕されているはずだった北韓(北朝鮮)政党・共に民主党の李在明代表は、二日記事で申したそのままのことをしているようです。

 事件の捜査からまたも逃れようと、わが国を利用して断食抗議(ハンガーストライキ)のふりでも何でもするのが「民主政治を語る左翼の皮を被った北韓工作員」の真の姿にほかなりません。

 まるで沖縄県内をインチキな抗議活動で攪乱している活動家たちと同じことをしているわけですが、それも当然で、日韓両国で繰り広げられてきた対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)活動は、もう言い逃れの余地もなく全くの同根なのです。

 昨日記事で取り上げた尹美香国会議員(現在無所属、元・共に民主党)が在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)主催の行事に出席した問題も、やはり韓国内で大騒ぎになっています。

 どうやら尹議員は、韓国外交部に公文書で日本入国手続きの協力を要請し、在日韓国大使館職員に空港まで公用車で迎えに来させ、都内の宿泊先まで送らせたらしいのです。

 これは自民党の費用で海外視察へ行った女性議員たちより質が悪いでしょう。なぜなら、国会議員の公務扱いで外交部を動かし、挙げ句に韓国政府と在日本大韓民国民団(韓国民団)の主催行事には見向きもせずに北韓の対日ヘイト行事に参加しただけで帰ってきたからです。

 目下韓国内の厳しい指摘に対し、尹議員の言い訳がこれまた酷く、やれ「航空券・宿泊予約などは自分でやった(→当たり前のことを言うな)」だの「民団には招待されなかった(→誰が北韓工作員を招待するか)」だの「保守派の嫌がらせだ(→嫌がらせ、色分けは極左の十八番)」だのと、見下げ果てた極左暴力団の典型例とでも指弾すべき態度を国民に披露して一向に恥じていません。

 挙げ句には「日本で歓迎された」と言い出しているのですが、それはそうでしょう。わが国の野に放たれている北韓工作員が朝鮮総連と並んで掲げた「市民団体」という体裁で対日ヘイト行事の主催に関わっていましたから。

 韓国の北韓工作員が日本の北韓工作員に「無所属のくせによく来たね」と言われて喜んでいるのが、かねてより「慰安婦」という出鱈目を扇動してカネを稼ぎ、ほぼ着服していたのがバレて、共に民主党を辞めただけで済むよう「北韓に許してもらった」女工作員の腐り果てた正体です。

 ついでに、尹議員が儲けるだけ儲けた工作団体・正義記憶連帯(正義連、かつての挺対協)の李娜栄現理事長も、実はわざわざ来日して同じ朝鮮総連の行事に参加しています。

 すなわち、慰安婦珍騒動も何もかも「歴史問題」とされてきたものは、すべて日韓関係を破壊することが目的の北韓工作であり、中共が後押しして久しいという代物でしかありません。

 北韓と中共に、いいように弄ばれてきたのが日韓両国であり、これほどみっともないことはないのです。この機に、日韓双方にはびこる北韓極左暴力団を殲滅しなければなりません。

 私たち国民が目を覚まし、目を凝らし、目を光らせることがその大きな力になるのです。

早く日本から出ていけ!

皇紀2683年(令和5年)9月5日

「早く日本から出ていけ!」迷惑系YouTuberジョニー・ソマリに怒りの声声声…乗用車の進路妨害、いきなり高齢者に大声

 5月中旬、外国人の男性配信者が、都内の地下鉄で日本人に「ヒロシマ、ナガサキを知ってるか?」「また原爆を落としてやる」と発言した動画を覚えているだろうか。配信者の名はJohnny Somali(ジョニー・ソマリ)…

(SmartFLASH|光文社)

 これも昨日記事冒頭で申した「受け入れてはならない外国籍の者」です。私たち国民に暴力行為を続けるラムゼイ・ハリド・イスマイル(通名=ジョニー・ソマリ、ソマリア系米国籍)と、その仲間であるトゥラン・ウィリアム・サリス(英連邦豪州籍)、ジノ(本名、国籍未確認)は、既にわが国の刑法を何度も犯しており、即刻国外退去に処さねばなりません。

 彼ら自身が犯罪の証拠を提示しているにもかかわらず、それができないわが国に治安の未来はあるのでしょうか。こうした問題は、国家安全保障に関わるのです。

 さらに呆れるのは、SHO鈴木(本名、国籍未確認、日本出身)がソマリと合流し、暴力行為に及んでいることであり、日本人なのかどうかは未確認ですが、ソマリに一万数千人ぽっちとはいえ登録者がいることと併せ、私たちは一体何をしているのでしょうか、と。

 これも法相に要望書を提出しなければ動かないのでしょうか。市井に隠れて埋もれる不法滞在者の摘発に、警察も出入国在留管理局も少ない予算と人員で大変苦労されているのは存じていますが、この者たちは自らの犯罪を誇示し、おめでたいほど一部証拠を自ら保全して存在を明らかにしています。

 我慢ならなくなった日本人数名がソマリを殴った動画も公開されたことがありましたが、このような暴力の連鎖を政府として許すのでしょうか。私たち国民を犯罪者に仕立てる気なら、とんでもない政府です。

 とんでもないと申せば、八月十五日記事でも申した大正十二年関東大震災に於ける朝鮮人(当時)死者の問題について、熱心に北韓(北朝鮮)の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)が「日本人による集団暴力」を煽り始めています。政府が震災の混乱を自制するよう国民に求めていたことなど全くお構いなしで、わが国行政に「お得意の謝罪と賠償攻撃」を主導しているのは、韓国政府よりも北韓なのです。

 これまた呆れるのは、朝鮮人妓生(当時)を「慰安婦」と呼称し、既にその嘘が判明しているにもかかわらず「謝罪と賠償」でカネを自身の懐に入れてきた韓国国会の尹美香議員(現在無所属、元・共に民主党)が一日、わざわざ訪日して「関東大震災朝鮮人虐殺百年東京同胞追悼会」と掲げた朝鮮総連の行事に出席していました。

 韓国の国会議員です。百歩譲って韓国政府と在日本大韓民国民団(韓国民団)が主催した「第百周年関東大震災韓国人殉難者追念式」に出席したなら分かります。この二つの行事は、同日の別時間帯にそれぞれ開かれましたが尹議員は、民団主催のほうには顔を出していません。

 東京電力福島第一原子力発電所の処理水を「処理水」と科学的根拠に基づいて正しく呼称することを「汚染水と呼べないよう創氏改名するのか」などと尹錫悦政権を誹謗中傷した共に民主党の李在明代表といい、カネ絡みの犯罪が明らかになっている北韓工作員は、とにかく対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)に余念がありません。

 韓国で回収したカネを北韓に上納し、北韓の指示に従って韓国を対日ヘイトにまみれさせてきた「民主政治を語る左翼の皮を被った北韓工作員」は、日韓関係を破壊するために行動しています。尹議員の行動からも、それは明白です。

 韓国国民は、自分たちが教えられてきた日韓の歴史が日韓関係の破壊を目的とした南進工作であることに一刻も早く気づかねばなりません。賢明な新世代に、既にそうした気づきが多くみられるようになりましたが、日韓それぞれの「わが国」に入れてはならないモノは、絶対に入れてはならないのです。

中国を徹底的に叩いて叱れ

皇紀2683年(令和5年)9月4日

【「移民」と日本人】<独自>「犯罪外国人は強制送還を」 クルド人問題の川口市長、法相へ要望

埼玉県川口市の奥ノ木信夫市長が1日、法務省を訪れ、不法行為を行う外国人について厳格に強制送還することなどを求める要望書を斎藤健法相に手渡したことがわかった。…

(産經新聞社)

 八月三十日記事で申したように現下「〇〇難民」のほとんどが出鱈目です。特に国内では、対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)活動家の利権でしかなく、何やら「かわいそうだから助けてあげたほうがいいのかな?」ではありません。

 埼玉県川口市長の法務相に対する要望は、まるで地方行政の悲鳴のようなものです。平成以来の経済・財政政策がすべて失敗し、少子化を招いて高齢化が問題(社会福祉行政が破綻寸前)になってしまったわが国で、外国籍の者の面倒まで見きれません。

 対日ヘイトが「人権」を掲げて私たち国民に権利闘争を仕掛けるのは、最終段階としてわが国から私たち日本人を叩き出すため(日本人に対する差別主義そのもの)でしょうが、その指令は、政官財に対する「国民経済などどうでもよい。政府資産を温存して世界にバラ撒け」とは別の、まさに「日本人をどけろ」という極めてはっきりしたもののようです。

 多国籍金融(国際金融資本)と、そこに入り込んだ中共・共産党は、それぞれが別の思惑でわが国を動かそうとしており、今のところ融和しています。しかし、中共が共産党人民解放軍を使って「日本を潰してしまう」と、多国籍金融側は黙っていないでしょう。

 ゆえに卑劣な脅しを繰り返してわが国を揺さぶり続けている(実力行使を避けている)のが現在の中共です。ならばわが国政府が例えば、沖縄県石垣市尖閣諸島近海に領海侵犯してくる海軍艦、または海警局船舶の撃沈命令を下せば、本当に困ってしまうのは中共のほうでしょう。

 まして中共経済が定説通りに不動産から崩壊し始め、多国籍金融が中共を蹴落としかねません。習近平国家主席が恐れているのは、人民の怒り(暴徒化)などではなく、これまで「一帯一路」などの無茶をしてでも築いてきた「多国籍金融の仲間入り」路線が崩壊することです。

 中共が先週公表した「標準地図」に、二日記事で申したマレーシア(馬国)のみならず、やはり印国、フィリピン(比国)やヴェト・ナム(越国)もつぎつぎに抗議しました。「中共の暴力に遠慮はいらない」というのが私の持論です。彼らもこれを貫いてほしいと願います。

 習氏は、九日から開かれる主要二十か国・地域(G20)首脳会議を欠席するそうです。このほど南阿で開かれた発展五か国(BRICs)首脳会議には主席しましたが、旗色の悪そうな会議には、李強国務院総理を代理で出し、直接対決を逃れたいのでしょう。

 東京電力福島第一原子力発電所の処理水(未だ散見される「汚染水」の記述は間違い)についても、対日ヘイトのネタとして「ちょうどよい」から騒いでいるのであり、とにかくヘイトスピーチを吐きたいだけなので、日中専門家会議の開催をわが国が何度提案しても、そこは「ゴニョゴニョ」言って誤魔化すそうです。昨日の外交部記者会見にもそれがよく表れていました。

 脅すだけ脅してわが国から何かを引き出そうとする中共に、一切の遠慮など要りません。侵犯する共産党軍を実力で追い出せば「戦争になる」と非難する対日ヘイトの言論は、ほぼ嘘に近いものがあり、わが国が実力行使すれば現在の中共は、酷く驚いて引っ込むしかないのです。

 「やっちゃえNIPPON」と言いたい。