また銅像か!みっともない

皇紀2678年(平成30年)5月4日

【歴史戦】韓国・釜山の徴用工像、歩道上に放置 総領事館付近 市民団体「動かす意思ない」

【ソウル=名村隆寛】韓国・釜(プ)山(サン)の日本総領事館前への設置が韓国当局によって1日に阻止された「徴用工像」が、総領事館から約20メートル離れた歩道上に置…

(産経ニュース)

 いわゆる「徴用工」と呼ばれるものは、いわゆる「慰安婦」と呼ばれるものと同様に、北朝鮮と連携して中共共産党に悪用される韓国の「市民団体=実態は圧力団体」が作り出したものです。慰安婦が単に妓生だったのと同じく徴用工は、単にわが国企業から賃金をもらって働いていた従業員です。

 ただ、時代が時代だっただけに、私たちの先人たちと同じく極めて厳しい環境で働いていた人たちが多くおられました。その人たちのおかげでできた社会基盤もたくさん存在します。本来であれば現世の私たちは、そんな先人たちの全員に対し、日本人も韓国人も差なく感謝しなければなりません。

 ところが、それを台無しにしたのが「徴用工」騒ぎなのです。

 しかも、この銅像の何とみっともないことでしょう。韓民族(朝鮮民族)に対する冒涜ではないか、と私は思います。つまり、この対日ヘイトスピーチ(反日)活動の裏には「韓国を貶める」意図があるのです。

 文在寅大統領は、二日記事で申した対北朝鮮向け拡声器宣伝放送設備の撤去に加え、さらに三十八度線に近い京畿道北部などに設置されていた対戦車侵入遮断施設までもを撤去するといい出しました。

 いよいよ北朝鮮の南進作戦が大手を振って始められ、韓国はまんまと北朝鮮に呑まれてしまいます。南の釜山広域市にまで手が回せない様子の文政権ですが、圧力団体がかわりに暴力的な活動をしているのです。

 この騒動がどれほど酷いものか、いち早く世界に発信し、韓国人にも「韓民族の恥だ」といわねばなりません。

スポンサードリンク

カドカワの異常と小池知事

皇紀2678年(平成30年)5月3日

東京都知事・小池百合子氏とカドカワ・川上量生氏とが織りなす「落日の癒着」(山本一郎) – Yahoo!ニュース

東京都知事・小池百合子氏が東京五輪を睨む文化イベント「Tokyo Tokyo Festival」の実施にあたり、カドカワ代表取締役の川上量生氏起用と推移がお手盛りではないかという批判が高まっています。

(Yahoo!ニュース 個人)

 カドカワ(旧KADOKAWA・DWANGO)の川上量生社長は、映画『シン・ゴジラ』などで知られる庵野秀明監督(大阪芸術大学映像学科の先輩)とも組んできた人なので、私としてはあまり悪い話を書き立てたくはなかったのですが、やはり東京都の小池百合子知事は、自分の周りにいる人たち(愛人と元メイドと極左の元環境官僚ら)だけで都政を進めるかなり出鱈目な政治家でした。

 そういえば映画『シン・ゴジラ』の脚本執筆段階で、小池都知事(取材当時は元防衛相の衆議院議員)や枝野幸男元官房長官なんぞに取材するよう企画協力したのも、実は川上氏だったのかもしれません。

 相変わらず豊洲新市場の問題で万葉倶楽部ともめ倒していますが、二年後の東京五輪夏季大会開催関連の文化事業を川上氏が提案し、川上氏が承認し、川上氏が決定するというインチキにも程がある仕組みを作り出したのは、ほかならぬ小池都知事です。

 またカドカワには、麻生太郎副首相兼財務相を叔父に持つ「株式会社麻生」社長の麻生巌取締役がいます。

 なお現在、角川歴彦会長が千代田区富士見二丁目(飯田橋)の本社機能をなぜか埼玉県所沢市東所沢へ移そうとしています。これには、旧所沢浄化センター跡地をめぐる妙な話があり、ここで何度も非難の対象としてきたクール・ジャパンにまつわる相当悪質な出鱈目事業への助成話にも、カドカワが一枚噛んでいるようです。

 私がかねて徹底的に批判してきた「駄目政治家の典型」たる小池都知事のような人の周りには、身の丈通りのインチキな話がまとわりつき、くっついた人もどんどん駄目になっていきます。

 確かに角川春樹元社長は麻薬で失敗しました。映画製作でも、必ずしも全て成功とはいきませんでしたし、彼の逮捕がなくともいずれ角川書店は厳しい経営に直面したでしょう。しかし、目下のこの小汚さは何でしょうか。これが兄を恨んで会社を乗っ取った歴彦会長の目指した角川の成れの果てです。

 報道各社が小池都知事に対する興味を完全に失っているため、あまり大きく取り上げられていない話ですが、そのうち小池都知事の進退を揺るがす報道へと化けるに違いありません。

文が金に渡したメモリー

皇紀2678年(平成30年)5月2日

「BPOは正気か」ニュース女子騒動、DHC会長が衝撃の反論手記

東京MXテレビ(MX)の情報バラエティー番組「ニュース女子」の放送が先月末で終了した。同番組をめぐっては、沖縄基地反対運動に関する内容について、放送倫理・番組向…

(産経ニュース)

 東京MXの情報バラエティー番組「ニュース女子」は、先月末で放送を終了したようですが、以前一度拝見したものの、独国でもヘイトスピーカー(日本人差別主義者)として活動中の疑いがある辛淑玉さんに大騒ぎされたほど大した番組ではありませんでした。思想偏向(右派寄り)が強かったとも全く思いません。

 それでも終了に追い込まれたのは、何度も申しますが放送倫理・番組向上機構(BPO)自体が放送局自前の言論・表現弾圧「天下りごっこ」組織だからです。

 自分たちであれこれ言論に規制を設け、表現に弾圧を加えながらそれを安倍政権のせいにする頭の悪い連中であり、記者クラブ制度とともにわが国の報道の自由度を著しく低落させる元凶として直ちに廃止・解散しなければなりません。

 さて、辛さんで思い出しましたが、先日の韓半島(朝鮮半島)南北首脳会談で、韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)が朝鮮労働党の金正恩委員長にUSBメモリーを手渡したといいます。

 表向きには南北共同の「新経済構想」の資料だというのですが、昨日から軍事境界線(MDL)一帯に設置された対北朝鮮向け拡声器宣伝放送設備を撤去したことといい、文工作員が北に何らかの機密情報を流したとみて間違いありません。

 だからこそ「徒歩の橋」上の中継映像で、文大統領が終始後ろ姿しか映らないよう予行演習されていたのです。このメモリーは、任鍾晳大統領秘書室長(文工作員を操縦する北朝鮮工作員)が用意したものとみられ、韓国軍周辺の情報か南進工作に関する情報でしょう。

 日米両国は、引き続き最大限の警戒をもって南北韓半島に接するように。

また米国に邪魔された!

皇紀2678年(平成30年)5月1日

安倍晋三首相、連休中に中東歴訪へ 「和平に積極的に貢献する」

安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、大型連休中に中東のアラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを歴訪する意向を表明し、「中東和平の実現に…

(産経ニュース)

 実はこの中に当初イラン(義国)が含まれていました。産經新聞社記事にもある通り今回の中東歴訪の目的の一つは、エネルギー安全保障です。にもかかわらずわが国政府は、直前になって義国を外しました。

 理由は、米政府が嫌がるからです。現行憲法(占領憲法)政治では、常に占領軍の意向を「忖度」しなければなりません。単なる外交関係だけでは判断できないのです。

 確かに目下、仮にわが国本来の憲法下でもドナルド・トランプ大統領の嫌がることはしないほうがよいでしょう。しかし、そもそもアザデガン油田の権益を手放し、みすみす中共共産党に獲られた(現在は中共の体たらくに助けられて一旦白紙になっている)のは、全て「米国様」を忖度しなければならない行政の常套が招いたもので、いわゆる「森友問題」で騒いでいる暇があるならこちらの「忖度」をこそ問題にせよ、と申さねばなりません。

 ましてユダヤ・マネーに突き動かされ、バラク・オバマ前大統領を否定するがあまりイスラエル(以国)と極めて親しいトランプ大統領に従うがまま、またも安倍晋三首相がベンヤミン・ネタニヤフ首相と仲良く握手する姿ほど二度と目にしたくないものはないのです。

 義国が北朝鮮と同列に「悪の枢軸」かどうかは、それこそ極めて怪しく、北朝鮮とともに核兵器開発をしてきたという話もどうも「うさんくさい」ではありませんか。義国がようやく手をつけたのは原子力発電所の開発であり、核兵器を作る気配など実はありません。むしろ米国の態度が彼らの核武装を煽っています。

 こうして世界をひっかき回しているのが賭博経済の上に胡坐をかく売国奴たちなのです。

違法な訪日客は再入国禁止

皇紀2678年(平成30年)4月30日

医療費払わない訪日客の再入国拒否…自民PT案

 訪日外国人観光客が医療費を支払わずに出国するケースが相次いでいることを受け、自民党のプロジェクトチーム(PT)は27日、こうした訪日客の再入国の拒否などを盛り込んだ提言案をまとめた。

(YOMIURI ONLINE(読売新聞))

 当然のことです。この当然のことを決めるのに少し時間がかかりましたが、多方面からの要望と陳情が効いて、とりあえず与党内で意見がまとまりました。