令和二年が終わる…

皇紀2680年(令和2年)12月31日

 一宗教の基督教歴(グレゴリオ暦)にすぎず、本来私たち日本人には一切関係がない暦の上の話ですが、一応世間は本日をもって「大晦日」とし、令和二年の最後となります。皆さん、お疲れさまでした。

 本年は、本当に「つまらない一年」でした。一月十六日に武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の国内感染が確認され、当初は正体不明の感染爆発(パンデミック)を警戒しましたが、次第に少なくとも私たち日本人には大した脅威ではないことが分かり始め、それでも危機を煽り続ける報道権力に呆れ果てているところです。

 そのせいで本年は一度も講演にお邪魔できず、会を開くこともできず、皆さんにお会いできないまま本当につまらない年でした。私は昭和四十七年の「子」年生まれで、今年はいわゆる「年男」でしたが、これほどつまらない「子」の年は初めてです。よくいわれるのは「亥」の年より異変が起こりにくい「財」の干支のはずですが、中共のせいでおかしなことになりました。

 阪神淡路大震災からの地下鉄サリン事件があった平成七年、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故があった平成二十三年以来、いや「国民経済の停止(行動制限)」という点に於いて本年ほど政府も国民もおかしな認識のままそれが実行された年はなかったと記憶しています。

 私たち国民は、わが国に再び明るい未来がやってくると信じ、前を向いて歩いていくしかありません。

 本当の脅威は武漢ウイルスなどではなく、中共や北朝鮮のような好戦的独裁国家と、それらに珍妙な配慮をしてしまうわが国の行政・立法権力であり、私たち自身の無知・無気力にこそ存在します。

 これらを振り払い、歯を食いしばって立ち向かった先にこそ、明るい未来が待っているのです。その希望を胸に、新しい年を迎えたいと思います。本年もありがとうございました。来年も何卒よろしくお願いします。

 皆さん、よいお年をお迎えください。

スポンサードリンク

習近平氏に重病説

皇紀2680年(令和2年)12月30日

【速報】習近平氏、脳動脈瘤で入院治療

 YouTubeで配信されている中国語の時事番組チャンネル「路徳(ルードゥー)社」によると、中国共産党の習近平総書記が脳動脈瘤の治療のため入院…

(看中国 / VisionTimesJP)

 他にも英字ですがこちらにも記事があります。つい「さっさと〇ねばいいのに」と思ってしまったのは、私だけでしょうか。

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の惨状を湖北省武漢市から発信し続けた市民記者が逮捕・起訴され、有罪判決を下されてしまいましたが、これはまだ「表に出た」分だけマシなほうで、香港の運動にしても、私たちの知らないところで逮捕、北京へ拉致され、そのまま行方不明になっている市民が数多いるといいます。

 このようなことをする習近平体制は、いかにも中共の共産党そのもの、その「悪」が濃縮された体制と申せましょう。まともな指導者ではありません。

 本当に「〇ねよ」とつい思ってしまうことをお許しいただきたい。

多様性を認めない多様性派

皇紀2680年(令和2年)12月29日

保健所が厚労省に「2類指定を外して」 体制の見直しで医療逼迫は一気に解消へ

12月8日、全国保健所長会が厚労大臣宛てに「緊急提言」を送っている。…

(デイリー新潮)

 デイリー新潮(新潮社)が私と同じことを主張しています。一度全文を読んでみられてください。厚生労働省と日本医師会、政府の分科会、はたまた大手報道権力のインチキを指摘しています。

ファミマの「お母さん食堂」に異議 女子高校生がオンライン署名を呼びかけ

   特段「共働き」と言うまでもなく、両親が働くことがごく普通になっている昨今だが、それでも食事の支度は“お母さん”というイメージはなかなか固定的であるようだ。兵庫、京都、岡山の女子高校生が、ファミリーマートの「お母さん食堂」というブランド名に素朴な疑問を抱き、この名前を変えたい、とオンライン署名を呼びかけている。  署名活動に協力しているガールスカウト日本連盟(東京)によると、この高校生たちは2019年夏、同連盟のジェンダー平等について考えるプログラムに参加したのを機…

(OVO [オーヴォ])

 さて、表題の件。伊藤忠のような「媚中商社」が運営するファミリーマートの肩を持つ気は一切ありませんが、民間企業の表現の自由を侵害するような政治活動は、大いに議論の対象となるべきです。無思考に「この女子高校生たちのいう通りだ」とはなりません。

 少なくとも行政権力などが「食事を作るのはお母さん」と決めつけた場合は問題があると思いますが、民間が自社発売の商品名にどのようなイメージをもって売り出しても、それも一つの様式です。「お母さん」ではないかもしれませんが「お母さん」であるかもしれません。それが多様性を受け入れるということのはずです。

 ファミマの商品には(今はどうか知りませんが)「男のスイーツ」という容量の大きな甘味がありました。これを女性が購入してはいけないわけではありません。あくまでイメージです。

 このようなことにいちいち「性差別的」との批判を加えることは、むしろ性の多様性を認めない態度であり、例えば映画館や飲食店などの「レディースデイ」のサーヴィスを男性が受けられないことにも、いちいち批判を加えていくことになります。そのような行為に勤しんでしまう人のことを「悪質クレーマー」、またその行為自体を「カスタマー・ハラスメント(カスハラ)」というのです。

 私たちのこの素晴らしい世界には、女性と男性の異性愛者、同性愛者、全性愛(両性愛)者、そして性同一性障害、性不特定の者がいます。母親がおり、父親がおり、学びの人や働く人がいるのです。子供のために食事を作る母親もいれば、父親もいます。この「お母さん食堂」と名付けられた商品は、決して食事を作る父親を否定したものではないでしょう。

 この女子高校生たちは、実は最も多様性を認めない「多様性を認めろ活動」に傾倒する大人たちの極めて悪い影響を受けた姿そのものです。狂った政治活動を映した鏡のような存在と申せましょう。

 恥ずかしい大人たちの行ないを、私たち大人がしっかりと戒めていかねばならないのです。

外国人入国停止…中韓除外

皇紀2680年(令和2年)12月28日

新型コロナ: 外国人の新規入国、全世界から停止 28日~1月末: 日本經濟新聞電子版

政府は26日、全世界からの外国人の新規入国を28日午前0時から2021年1月末まで停止すると発表した。英国などで感染力の強い新型コロナウイルスの変異種が流行し、日本でも空港検疫や都内で検出されたことに対応する。一部のビジネス往来は継続する…

(日本經濟新聞社)

 わが国政府は、本当に莫迦です。英国に武漢ウイルス(新型コロナウイルス)を持ち込んだのも、その変異ウイルスを持ち込んだのも中共人ですよ。

 にもかかわらず中韓など十一か国との往来は停止しません。以前に合意したからだといいますが、その合意は、状況判断を一切拒絶する類いのものですか? 違いますよ。

 わが国の中でもウイルスは生き残りを懸けて変異したでしょうが、それでも毎冬のインフルエンザウイルスの感染流行で約一万人が亡くなるのに対し、国内感染発覚から早十一か月を経てわずか(日本人だけで)二千人、いや下手をすると千人以下の死者しか出していないのは、それでも人一人が亡くなることはとても悲しいことなのですが、世界全体を見渡した時に「不幸中の思いがけないほどの幸い」と申せましょう。

 この状況を死守し、生活困窮から数万人もの自殺者、或いは餓死者を出さないようにするため、海外との往来は全て停止しなければならないのです。

 国民を守る、弱き者を助けるというのは、そういうことにほかなりません。重ねて申しますが外国人を差別する意図など微塵もないのです。

 中韓に対する不当な配慮によって私たち国民が危険に晒されるのを見過ごせません。とりあえず英国など数か国の段階から全世界にまで停止対象が拡大されたのはいいのですが、あともう一押し、強烈な押しが必要です。

猥褻文科省と極左法曹界

皇紀2680年(令和2年)12月27日

わいせつ行為で免許失効の教員、官報に氏名と処分理由を明示…文科省が改正方針 : ニュース : 教育 : 教育・受験・就活

文部科学省は25日、児童生徒らにわいせつ行為をして懲戒免職となり、教員免許が失効した際、官報に氏名とともに、あらたに処分理由を明示できるよう教員免許法施行規則を改正する方針を明らかにした。萩生田文科相がこの日の閣議後記…

(讀賣新聞オンライン)

 内閣法制局というところは、現行憲法(占領憲法)が大日本帝國憲法の改正要件を満たしていないにもかかわらず「帝國憲法を改正したもの」と強弁する程度の組織でしかありませんから、恣意的解釈と杓子定規の入り乱れる「所詮法理論を理解できない莫迦集団」の指摘は、全く当てにできません。

 子供たちの教育に於いて、性犯罪者を現場に入れるわけにはいかないことぐらい容易に分かるものを、教職員側の「人権」を盾にしてしまう恣意的解釈が飛び出し、教育職員免許法改正はまたも断念せざるをえなくなりました。

 教職員とて人間ですから性欲と性癖に個人差はありますが、子供たちに性的虐待を加えてしまった者、特に性犯罪には再犯が多いことを考慮すれば、法で保障された「職業選択の自由」こそが「教職員以外を選ぶ」ことの法的根拠になるとなぜ理解できないのでしょうか? それほど難しい話ではないでしょう。

 今頃これほど莫迦げた議論を経て法改正を断念してしまう文部科学省は、ナントカ民主党系の日本教職員組合(日教組)と日本共産党系の全日本教職員組合(全教)とかねてよりいわば「つるんで」おり、子供たちの教育より教職公務員の過保護を優先します。

 その裏でどれほど真面目な教職員が泣かされてきたことでしょうか。そもそも旧文部省系と旧科学技術庁系の省内対立から天下り先を失って「反体制」を露わにし始めた前川喜平元事務次官が買春疑惑の渦中に「反安倍」で「誤魔化し退官」したほどですから、この三流以下官庁は根本から腐りきっているのです。

「万引き理由に自主退学させられた」元生徒側と県が和解、校長は誤り認め直接謝罪 : 社会 : ニュース

万引きを理由に県立高校を自主退学させられたのは不当として、元生徒の男性(20)と両親が鳥取県に160万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、21日、鳥取地裁米子支部で和解が成立した。当時の校長が判断の誤りを認めて直接謝罪し…

(讀賣新聞オンライン)

 教育現場といえばもう一つ極めておかしな話だったのがこれです。刑法第二百三十五条の窃盗罪(法律上「万引き」という言葉などない)を繰り返した(決して一度や二度ではない)男子生徒に退学処分(理由は懲戒になる)ではなく自主退学(理由は何とでもなる)の温情をかけた公立学校側が、訴えられて謝罪までさせられる法的根拠などありません。

 鳥取県を相手に和解に持ち込ませた元男子生徒とその両親側の弁護士は、何やらおかしな「吹き込み」をしたのではないでしょうか。どうも「極左」の臭いがするのです。

 いわゆる「権利ビジネス」で小銭を稼いでいくわが国の極左法曹界がある限り、今後も似たような事例が頻発しかねません。このような「損害賠償?」を二度と許してはならず、この元男子生徒は人生を勘違いしないことです。窃盗は犯罪であり、それを繰り返せば処分されるのです。