韓国の味方はしなくてよい

皇紀2670年(平成22年)11月27日

 北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃したことで、菅直人首相をはじめ、にわかに日本国内では「韓国の味方をしよう」と言う声が特に保守派の中から上がっているそうですが、一般論として、砲撃の事実に加えて幾人もの日本人を拉致したような北朝鮮の味方など到底出来ないにせよ、あまりに短絡的に過ぎないかと指摘しておきたいのです。

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1126&f=politics_1126_011.shtml

 ▲サーチナ:竹島問題で「日本を孤立させよ」…韓国国会で中ロとの連携主張

 http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0801m_View&corp=fnnews&arcid=0922155263&c……

 ▲韓国フィナンシャルニュース:国会独島特別委“領土紛争、日孤立戦略を”(韓国語)

 23日に砲撃された韓国の国会で、25日にこのような提言をするということは、韓国は一切日本の支持も支援も必要としていないということです。これは沖縄県石垣市尖閣諸島北海道国後島への日本政府の対応が招いた当然の悲劇とも言えましょう。「友好」が聞いて呆れます。

 ですから私はかねてより、好戦的な国々に囲まれた日本が尊い平和を守り抜くには、戦争を未然に防ぐ強い外交(情報力と工作力)と戦争に耐えうる軍事力と資源・食糧自給力を保有せねばならないと主張し、皆様のご理解を求めてきました。日米友好を前提としても、対米従属と謝罪外交がこれらの国々との友好関係樹立を阻んできたのです。

 そもそも支持くらいならばともかく、軍事的支援を求められても現下の日本政府に出来ることはありません。しようと思えば小泉純一郎元首相のような「占領憲法の極端な解釈改憲」という希代の出鱈目を犯すしかないでしょう。しかし、それは日本という国家を傷つける行為に過ぎないのです。

 http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111801000945.html

 ▲共同通信:竹島観光の日本人は47人 05年からの韓国公式統計

 島根県隠岐郡隠岐の島町竹島だというのに、なぜ日本人が韓国からしか訪問出来ないのですか。この何度となく発してきた問いに、未だ日本政府自身が行動をもって答えないのはなぜなのでしょうか。

 いたずらに対立を煽ることには反対してきた私ではありますが、菅首相にせよその背後に妙な存在を感じるほど、今回の「韓国応援」の主張は「台湾の民進党応援」に共通する自堕落をあらわにしており、日本民族としての確固たる意思も戦略の思考も感じません。

 実は長い休戦状態で「戦時下の焦点」がぼけてしまった韓民族のように……。

この記事の関連動画

 http://www.youtube.com/watch?v=5jNkCQUCvZg

 ▲自民も民主も日中コンサルにS氏 (7:21)

 http://www.youtube.com/watch?v=-051xUf97R8

 ▲自衛隊を米軍の傭兵にさせておくな (5:38)

 遠藤健太郎講演会より 10月24日名古屋

第6回『真正護憲論公開講座』愛知大会

 「錦の御旗 けんむの会」からのお知らせです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/60447097.html

 世界遺産吉水神社の佐藤一彦宮司が頑張っておられます!

▼北方領土の哀しい歴史を忘れるな!

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト

スポンサードリンク

これは韓国の失態になるか

皇紀2670年(平成22年)11月26日

 韓国の金泰栄国防長官は25日、李明博大統領に辞表を提出し受理されました。哨戒艦が撃沈されたのち、すでに辞意を表明していたとはいえ、北朝鮮による砲撃への対応の引責と見られています。

 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-18338020101125

 ▲ロイター:韓国の金泰栄国防相が辞任、砲撃への対応で引責

 対応への批難は確かにあったようですから、全く別の評価があることを承知で書くならば、これでは北朝鮮を喜ばせるだけだということがなぜ韓国政府には分からないのでしょうか。北朝鮮は今頃、身元のはっきりしない金正恩氏への後継を、たとえ中共に反対されようとも円滑に進めるべく「南鮮の国防責任者を辞任に追い込んだ」と喧伝する準備でもしていることでしょう。

 ここはじっと耐え、事実上大統領と国防部が対応すればよいのであって、このような失態を演じられたのでは、韓国に協力したくても出来ませんそもそも韓国国民に国を守る意思が以前ほどあるのでしょうか。極めて自嘲的に申せば、これに習うと日本の菅内閣は総辞職する他ないのです。

 但し、日本はまだ当事者ではありませんから、ここで「真打ち」の政権を作って覚悟を示すことは出来ます。私たちはいよいよ、自分たちの生命を守るための政権選択をしなければならないのです。

 何度も申しますが、東亜の混乱はこれから創出されてゆきます。朝鮮戦争の休戦が破られ、米中が朝鮮半島を舞台に代理戦争を仕掛けるか、或いは中共の意向に沿って北朝鮮が集団統治体制へと移行し、事実上の金独裁体制が崩壊しても、やはり混乱は免れません。

 日本の尊い平和を守るため、本当にそれが大変な備えの要るものである現実から、私たちはもう目をそむけてはいられないのです。

この記事の関連動画

 http://www.youtube.com/watch?v=8hDpegrcj90

 ▲日本にも情報収集分析機関を作れ! (6:21)

 http://www.youtube.com/watch?v=-051xUf97R8

 ▲自衛隊を米軍の傭兵にさせておくな (5:38)

 遠藤健太郎講演会より 10月24日名古屋

第6回『真正護憲論公開講座』愛知大会

 「錦の御旗 けんむの会」からのお知らせです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/60447097.html

 世界遺産吉水神社の佐藤一彦宮司が頑張っておられます!

▼北方領土の哀しい歴史を忘れるな!

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト

いよいよ占領憲法が問題に

皇紀2670年(平成22年)11月25日

 昨日記事にて取り上げた北朝鮮による23日の韓国延坪島砲撃で、民間人にも死者が出ていたことが分かりました。

 http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9……

 ▲日本經濟新聞:対北朝鮮、米韓が圧力 民間人2人が死亡

 昨日は「日本も他人事ではない」と書きましたが、菅直人首相が「報道を見て知った」と語るに至るは、政治主導を言いながら政府の命令指示系統はどうなっているのか、と不安でなりません。怒りさえ覚えるほどです。

 現段階で判明しているのは、まず豪州訪問中の前原誠司外相に第1報が上がり、仙谷由人官房長官を経て、砲撃から1時間以上が経過したところで菅首相に報告があったようです。これではまるで一般企業のやり方であり、政府の体をなしていません。

 民主党は恐らく、政治主導と言いながらただ官僚を排除してきただけであり、政治の重要決定に必要な情報の吸い上げが出来ない体制を作ってしまったのでしょう。前にも指摘しましたが、防衛省には情報本部があり、それなりの情報を収集していますから、メディア報道で初めて知ったとは本来ありえない話です。

 24日の報道では、北朝鮮による拉致被害者家族の方々の悲痛なまでの不安の声も伝えられました。ご心中察するに余りありますが、いざという大混乱が起きた時、いよいよ拉致被害者の皆さんを救出することが、果たして現政府に出来ましょうか

 或る民主党幹部は、「閣僚の問責決議どころではなくなった」と北朝鮮の暴挙を「神風だ」と表現したことが報じられましたが、これで問責決議案を取り下げるようなら、自民党もおしまいです。さんざん「子供たちの教育の問題」と言ってきた朝鮮学校の高校授業料無償化について、高木義明文部科学相が再検討を示唆したように、何らの政治信念なき大衆迎合や政局騒ぎなど要りません。

 菅内閣では、周辺事態に対処出来ないでしょうし、そもそも占領憲法のままでどうやって武装した自衛官や警察官、または海上保安官を北朝鮮に送り込めますか? 先日来申しているように、存外に時間がありません。どうか皆様、今一度お考え下さい。お願いします。

この記事の関連動画

 http://www.youtube.com/watch?v=-051xUf97R8

 ▲自衛隊を米軍の傭兵にさせておくな (5:38)

 遠藤健太郎講演会より 10月24日名古屋

第6回『真正護憲論公開講座』愛知大会

 「錦の御旗 けんむの会」からのお知らせです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/60447097.html

 世界遺産吉水神社の佐藤一彦宮司が頑張っておられます!

▼北方領土の哀しい歴史を忘れるな!

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト

突入の機を読み違えるな

皇紀2670年(平成22年)11月24日

 北朝鮮は23日午後2時35分ごろ、昭和28年の朝鮮戦争休戦協定締結以来初めて、韓国の延坪島を砲撃し、50発以上が着弾、多数の民家が炎上しました。

 http://sankei.jp.msn.com/world/korea/101123/kor1011231901023-n1.htm

 ▲産經新聞:【北朝鮮砲撃】延坪島で50発以上着弾 民家にも 兵士2人死亡、住民など20人負傷

 この海域では、本年3月に韓国海軍の哨戒艦が北朝鮮に撃沈されており、8月にも北朝鮮が砲撃を加えていました。休戦協定の際、UN(俗称=国連)が定めた北方限界線(NLL)を巡って、南北が主張を異にしており、性質の違いこそあれ、2国間で領海の認識が違えば何が起こるかという点では、日本も他人事ではありません

 私はかつて「東亜の混乱期に入った、或いは混乱を創出されているという認識を日本は持ったほうがよい」と指摘しましたが、北朝鮮の核開発に於いても、訪朝した米国のリオン・シーガル氏が同日、関連施設の(当初から疑問の声があった)無力化もむなしく「弾頭化が達成されている」と述べています。

 このような事態に於ける情報の分析は極めて重要ですが、後継者の金正恩氏が何者であるか、つまり日韓が伝えているように金正日氏の三男なのかも実は怪しいまま「三男」と特定している日本政府の情報力では、今もって情勢を正確に把握出来ていないのではないでしょうか。

 北朝鮮の核弾頭保有について、彼らが米国を巻き込みたがって宣伝に利用しているのか、または米国が積極的に宣伝係を担っているのか、或いは中共は北朝鮮と本当のところは対立しているが故に、人民軍をけしかけて米中の代理戦争を再び南北にやらせるつもりなのか、情勢の分析を間違えると日本も命取りになりかねません。

 英国からは、中共の外交部と人民解放軍が全く連携出来ていないという情報も届いていますが、強がる軍が東支那海や南支那海で強攻策を講じている現状を見れば、まさに中川昭一元財務相のご遺言でさえあった「平成23年以降、中共が軍事行動を起こしかねない」という警告を、単なる妄想とせせら笑えなくなってきたのかもしれないのです。

 特に危機が起きると、私は大学で恩師に学んだ或ることを思い出します。それは脚本の書き方でも撮影の仕方でもなく、行動を起こす機の読み方です。具体的には、佐々淳行元内閣安全保障室長の論を借りて、簡単にご説明しましょう。

 それは原田眞人監督により『突入せよ!あさま山荘事件』として映画化された『連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 』(文藝春秋刊)に描かれていますが、人質を取って立てこもり、銃によって革命を起こすとする連合赤軍の5名を相手に、銃を使用しないことを旨とする警察が苦戦していますと、例えば報道陣が苛立ってくるわけです。「いつになったら突入するんですか!」と。

 勿論世論も「早く突入せよ」「警察は何をやっているのか」と盛り上がるわけですが、或る最古参の記者が佐々氏に「突入の機を間違えちゃいけないよ。あんな駆け出しの素人記者の言うことなんか聞いちゃ駄目。突入の目安は、最前列(百戦錬磨の記者たち)がカリカリしてきた時」と忠告します。

 しかし、中央と県警がうまく連携出来ないことから、彼らは何度も兵站を誤っており、このようなことも「いざ」という時にあってはなりません

 現下の日本は菅民主党政権であり、自衛隊は「あっても使えない」状態です。これでただ勇ましく「突入せよ」と皆が言っても、決してうまくはいきません。私たちはまず兵站を整えねばならないのです。まさか自ら前に出て戦えとは申していません。不測の事態に備えておかなければ、政府は国民の生命の安全を保障しているとは言えないだろうと申しているのです。社会福祉の不安はもう沢山ではありませんか。

この記事の関連動画

 http://www.youtube.com/watch?v=d05n8Qqt2B0

 ▲恐怖!米リベラル派の日中戦争構想 (5:17)

 http://www.youtube.com/watch?v=-051xUf97R8

 ▲自衛隊を米軍の傭兵にさせておくな (5:38)

 http://www.youtube.com/watch?v=pWaXTUJQA-Y

 ▲戦争を回避するために領土を守るんだ! (4:55)

 遠藤健太郎講演会より 10月24日名古屋

第6回『真正護憲論公開講座』愛知大会

 「錦の御旗 けんむの会」からのお知らせです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/60447097.html

 世界遺産吉水神社の佐藤一彦宮司が頑張っておられます!

▼北方領土の哀しい歴史を忘れるな!

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト

忘れよう!勤労感謝の日

皇紀2670年(平成22年)11月23日

 11月23日は、明治5年に「改暦ノ布告」があって偶然固定された「新嘗祭」です。これは天皇陛下宮中祭祀であり、五穀豊穣に感謝する先月の「神嘗祭」に続き、天津神と国津神に天皇陛下が五穀の新穀を勧め、食される自然祭祀なのです。

 では「勤労感謝の日」とは何でしょう? それは、大東亜戦争後のGHQによる占領統治の方針で、天皇陛下の宮中祭祀と臣民の祝祭日が切り離されてしまい、「生産を祝い、感謝する」という主旨の元に考え出された祝日に過ぎません。とにかく米軍は、日本民族の「強い精神性」を敵視し、その源と思われるものは一切排除しようとしたのです。

 しかし、本来は祭祀が人を傷つけたりしません。それどころか、自然の恵みに感謝することを忘れがちになってしまったためか、お金さえ払っていれば「いただきます」を言う必要はないなどと主張する人が、例えば学校給食を巡る混乱を引き起こすような世の中になってしまいました。祭祀を忘れた拝金主義ほど攻撃的なものはありません

 また、労働は日本民族にとって「罰」ではありませんから、そもそも労働者の権利闘争が起こるのは、むしろ祭祀を忘れさせた個人救済の宗教と拝金主義こそが原因であり、労働組合は前述の経緯をもってGHQの占領政策が生み出したものを無効にする戦いを始めるべきでしょう。これとまったく逆の主張をして働く者の安寧な日々を基本とするのは、決して根本解決を目的としない「活動ごっこ」にただ巻き込まれるだけではありませんか。

 その最たる「日本国憲法」という名の占領憲法を無効にすることは、何も政治的課題を克服するべくのみならず、このような私たちの日々の暮らしに潜み始めたあらゆる歪みを是正するためにも、国会議員にその職責をもって実現させねばならないことなのです。

 街中のお店などで、代金の支払いを盾に無理難題の暴言を吐く人を見かける度、私は「心に祭祀を」と思います。その店員が気の毒であり、暴言を吐く人もまた何処かで働く者ではないのか、と。互いに傷つけ合って何が楽しいものかと言わずにはいられません。

 さて、話はがらりと変わります。

 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101115-OYT1T00792.htm

 ▲讀賣新聞:中国より日本の方が良いパートナー…露経済紙

 露国のメディア各社がドミートリー・メドヴェージェフ大統領の北海道国後島への上陸強行を必ずしも高く評価していないことは、今月3日以降の各記事や社説などから判明しています。日本との深刻な対立は、露国の極東投資を不安定なものにするという指摘です。

 日本は決して北方領土問題の解決に向けた道が八方塞がりなのではありません。例えばこのような露国内の主張がどこから出るのか、或いは露大統領の政策決定にどう影響させるかといった政治工作を試み、駐露大使館が密かに兵站を練ればよいのですが、いずれにせよ菅民主党政権のままでは全く望みがないでしょう。前原誠司外相にそのような外交の感性があるようには思えません。

 病巣を拡大させるだけの藪医者菅直人首相)と患者に冷たい看護士仙谷由人官房長官)を目の前にして、「あまり医者を変えるのはよくないか」と遠慮する必要がどこにありましょうかあなたの生命が懸かっているのです。一刻も早く退いていただきましょう。

この記事の関連動画

 http://www.youtube.com/watch?v=8hDpegrcj90

 ▲日本に情報収集分析機関を作れ! (6:21)

 http://www.youtube.com/watch?v=pWaXTUJQA-Y

 ▲戦争を回避するために領土を守るんだ! (4:55)

 遠藤健太郎講演会より 10月24日名古屋

第6回『真正護憲論公開講座』愛知大会

 「錦の御旗 けんむの会」からのお知らせです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/60447097.html

 世界遺産吉水神社の佐藤一彦宮司が頑張っておられます!

▼北方領土の哀しい歴史を忘れるな!

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト