みんなの党が馬脚を現す

皇紀2670年(平成22年)6月7日

 北野武監督の新作『アウトレイジ』は、登場人物の全員が「かっこ悪い悪人」だそうですが、北野監督作品のキャスティングの特徴は、あまり悪役をやったことのない役者さんに腹黒い役をやらせる意外性であり、初監督作品『その男、凶暴につき』では平泉成さんの役どころが意外でした。

 自民党もダメ、民主党もダメという中、メディア各社が「注目株」ともちあげてきたみんなの党には、期待する声があります。「みんな」と呼びかける気さくな党名の裏に、一体どこの「みんな」なのかが疑問です。

 私にしてみれば、秘書の教育もなっていない浅尾慶一郎衆議院議員のような人物が偉そうにしている党という時点で終わっていますが、彼らはついに馬脚を現しました。

 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003054092.shtml

 ▲神戸新聞:みんなの党、弁護士の後藤氏擁立 参院選比例代表

 官僚機構の無駄を告発してきた若林亜紀さんを擁立するまではよかったのですが、この後藤啓二氏とはどういう人でしょうか。神戸新聞の記事はその説明にまったく不十分です。

 彼は「ECPAT/ストップ子ども買春の会」顧問であり、この団体が従軍慰安婦問題行動ネットワークの下部組織であるとの疑惑があるため、日本を「親日」と「反日」に分断する活動を支えてきた人物かもしれません。

 また、創価学会=公明党が与党時代に自民党をたらし込んで成立に熱心だった児童ポルノ法改正に関連し、東京都条例の改正について、やはり後藤氏が積極的に発言していました。その様子は、以下のブログに報告があります。

 http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-712.html

 ▲表現規制について少しだけ考えてみる(仮):後藤啓二の確信犯的ミスリード!

 この問題では、歌手のアグネス・チャンさんが必死の形相で改正を訴えてきた中で、日本ユニセフ協会のスタンスが明らかになっていますが、ECPATと日本ユニセフの関係について、さらに以下のブログがこのような指摘をしています。

 http://blog.sakichan.org/ja/2008/03/21/how_ecpat_won_unicef_over

 ▲崎山伸夫のBlog:ECPATはいかにしてユニセフをたらし込んだか

 児童ポルノ問題というのは、確かに目を伏せていられるものではありません。しかし、現下の日本政府や地方自治体が議論してるのは、その定義と単純所持の規制に過激で、ともすれば人権擁護法案の序章のような役割を果たしてしまいます。そういった司法の問題について、一神教的な排除姿勢で臨む人物をみんなの党が政治家にしようとしているのは危険です。

 明るく注目を浴びるみんなの党や、人権を語る善人風が実はとんでもない悪人だったというお話しでしょうか。参議院議員選挙を前にしてよく知っておかれて下さい。

【緊急告知】たちあがれ日本 大阪初街頭演説会

 詳細は真・保守市民の会「たちあがれ日本 街頭演説」をご覧下さい。

【緊急告知】『救国』全国国民決起集会 in 東京

 詳細は真・保守市民の会「『救国』全国国民行動のお知らせ」をご覧下さい。

↓↓↓クリックして下さい!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓こちらもクリックして下さい!

FC2ブログランキング

スポンサードリンク

八つ墓村のたたりじゃ??

皇紀2670年(平成22年)6月5日

 昭和52年製作・公開の日本映画『八つ墓村』は、当時の松竹が社運を掛けた大作で、『砂の器』の大ヒットを受け、その流れを汲んで企画されただけに、野村芳太郎監督・橋本忍脚本・川又昂撮影・芥川也寸志音楽・森田郷平美術・太田和夫編集らクルーのほとんどがそのままです。

 言わずと知れた横溝正史原作ですが、本作は2度目の映画化で、近年では『犬神家の一族』などの市川崑監督が映画化に臨みましたが、到底本作の脚色の妙と迫力にはかないません。本作の何が凄いかと申せば、原作では「八つ墓明神の祟りに見せかけた財産横領と殺人」という設定が、本当の祟りによって殺人事件が多発していくというものだったことです。

 金田一耕助(渥美清)は3弾目の予告編で「報告」と称し、こう話しています。「人の生命は消えても、血となってその子孫にずうっと残っていくもんだなと思いました」と。

 私が横溝作品を好くのは、のちに気づいたことですが、その多くが祖先祭祀を基軸としてしか発想し得ないものだったからです。祖先からの生命の継承、すなわちこれは神武天皇より今上陛下に至る2670年もの皇統が続くわが国のかたちそのものなのですが、これを人類とその繁栄の基本と周知しているからこそ、本作のような娯楽作品が成立します。それを知らずして『八つ墓村』は楽しめません。

 例としてはあまりよくありませんが、昭和49年日本公開の米国映画『エクソシスト』や、或いは昭和51年の『オーメン』は、いわゆるアンチキリスト映画と言われもしましたが、実際には公開後に聖書がよく売れ、結果としてキリスト教を基本としなければ理解できない内容の宣教映画でした。そのようなものなのです。

 本作の予告編には、さらに金田一の言葉として「人と人とがふれ合い、ぶつかりあって、生きていく間には、自然とアカのようなものが落ちる。私は、そのアカに興味をもつ」とあり、そのアカが殺人事件の発生ならば、人と人はふれ合わずにいるほうがよいでしょう。それが近代合理主義であり、いわゆる革命思想です。その原理の行き着く先は、もはや人類の絶滅しかありません。皆様はそれでいいと思われますか?

 私が教育問題で体罰に言及した際、まだ「個人の合理主義からくる児童への(虐待という表現で誤摩化された)暴行・殺人」と「教育を目的とした有形力の行使」が未分化のまま反論してくる莫迦ものたちがおり、これがいずれも保守派を自称し、護憲派や外国人地方参政権、支那・朝鮮への批判だけは一人前だから困ったものです。このような保守主義の基本哲学が分かっていない輩のヨタ話に「なるほど、これが右派・保守派か」と誤解なさってはいけません。

 本作に話を戻すと、永禄9年に毛利方に攻め滅ぼされ落ちた尼子の武者8人(稲葉義男や田中邦衛ら)が、毛利の詮議に懸賞金がついたことで或る村人たちに惨殺されることから始まります。落ち武者の大将・尼子義孝(夏八木勲)は「祟って、祟って、祟って……」と言い遺し、のちに村では発狂した多治見家の祖先(橋本功)による8人(!)殺しが発生、以来落ち武者8人の魂を丁重に祀り、よってそこは「八つ墓村」(この名は実在した岡山県真庭郡八束村に基づく)となるのでした。

 落ち武者惨殺の首謀者は多治見(原作では「田治見」)家の祖先であり、実際にあった「津山30人殺し」(昭和13年に岡山県津山市近くの苫田郡西加茂村で発生)といわれる短時間無差別大量殺人事件に材を得て描かれた「32人殺し」も、その子孫である多治見要蔵(山崎努)の手によるものでした。そして今、実は24代の血を引く尼子一族直系の子孫・森美也子(小川眞由美)によって、再び八つ墓村に血の雨が降るのです。

 この恐ろしさ、この美しさ。しかも主人公の寺田辰弥(萩原健一)もまた、実は尼子一族と同郷の出身である亀井陽一の子供だったのです。この「亀井」姓は、尼子家の重臣に亀井茲矩がいたことから、横溝が仕掛けた「尼子の怨念」ではないかと思います。橋本忍はおそらくそこに目をつけ、なんと「八つ墓村殺人事件は、辰弥と美也子がお互いまったく無意識に協力してやったこと」という、本当の祟りを描きました。この展開を身体の芯から凍りつかせて楽しむには、やはり「祭祀」を理解していなければならず、仮にも「個人の救済をうたう宗教」では無理でしょう。

 基本としての祭祀は、日本民族が世界平和実現のために全人類へ啓蒙しなければならないことであって、その力もなく米軍に未だひれ伏し、政権のたらい回しをする自民党と民主党の政治にはまったく期待出来ません。少なくとも、民主党はそんな自民党を批判して登場したくせに、小沢派・反小沢派の違いなどどうでもよいほど全員で全力で私たちに嘘をつきました。ああ、末代まで祟ってやりたいが、とりあえず参議院議員選挙では一臣民としての意思を表明したい。

【緊急告知】たちあがれ日本 大阪初街頭演説会

 詳細は真・保守市民の会「たちあがれ日本 街頭演説」をご覧下さい。

【緊急告知】『救国』全国国民運動デモ in 大阪

 日 時  平成22年6月6日・日曜日 午後13時30分集合 午後16時まで

 場 所  大阪市北区「扇町公園」

      JR環状線「天満」駅下車徒歩2分 地下鉄堺筋線「扇町」駅下車2A出口すぐ

      (解散場所は同区「西梅田公園」)

 登壇者  西村眞悟(前衆議院議員)

      三宅博(前八尾市市議会議員)ほか

 主 催  チャンネル櫻を支える会・大阪 設立準備委員会

 協 力  眞悟の会・堺

 詳細は真・保守市民の会「『救国』全国国民行動のお知らせ」をご覧下さい。

↓↓↓クリックして下さい!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓こちらもクリックして下さい!

FC2ブログランキング

三木のり平か渡部恒三か

皇紀2670年(平成22年)6月4日

 「桃屋のごはんですよ」のナレーションといえば、昭和の喜劇人・三木のり平さんでした。決して「コメディー」ではなく「喜劇」という日本語に思い入れを持っておられる役者さんも多いそうです。例えば、靖国神社の「みたままつり」に毎年の献灯奉納を欠かさず、戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長に対する熱心な支持者でもある伊東四朗さんは「いつまでも『喜劇役者』であり続けたい」と言っておられます。

 三木さんもまた「喜劇役者」に相応しい名演、名演出の作品を数多く残されました。主たる舞台でのお仕事のみならず、東宝映画の『駅前シリーズ』もそうですが、実は『犬神家の一族』や『獄門島』などの市川崑監督作品によく出演しておられます。

 いわゆる小市民を演じて、しかもほぼわずかな出演シーンに留まりながら、観客に鮮烈な印象を残すのです。東宝の大作映画に於いてもほとんどそれで、変わったところでは、昭和34年製作・公開の『日本誕生』(稲垣浩監督)で、昭和の喜劇王と言われた榎本健一さんや有島一郎さんらとともに、天岩戸にお隠れになった天照大神(原節子)に出てきていただこうと、おどけた芝居をやり続ける八百万の神々を演じておられました。

 たいていは、物語の主役級に展開上重要な何かを尋ねられ、誠実に答える役ながらも面白可笑しいか、或いは堂に入ったおとぼけをかまして私たちの笑いを誘います。これは、相当の技量がなければおそらく成立せず、喜劇役者としての風格も求められましょう。

 鳩山由紀夫首相の辞任を受けて代表選挙に突入した民主党にあって、テレビメディアが渡部恒三元最高顧問にインタヴューしたところ、氏は樽床伸二候補について「そんなヤツ知らねぇなぁ」と答えました。

 まさに渡部代議士は永田町の喜劇役者です。樽床代議士は、渡部最高顧問(当時)から「七奉行の会」メンバーに指名されており、渡部代議士がご存じないはずなどありません。それほど、民主党を大きくもした諸悪の根源たる小沢一郎幹事長が憎くて、そちらに流れていった「小沢の咬ませ犬(?)」樽床代議士をもう評価していないという証拠です。

 それをグダグダと述べるのではなく、このおとぼけぶりはいかがでしょう。もはや渡部代議士クラスでなければ成立していなかっただろうと思います。昨日記事に書いた通り、ずっと以前に出来上がっていた既定路線のまま菅直人副首相兼財務相が291票も獲得して民主党代表、すなわち第94代日本国内閣総理大臣になるのなら、いっそ渡部代議士になっていただいたほうがよかったかもしれません。(画像は産經新聞社配信)

 今月25日に開幕する加国ムスコカ・サミット(主要先進国首脳会議)を総括して、渡部恒三首相が「いやぁ、オバマ君もね、サルコジ君もね……」と諸外国の大統領にまで「君づけ」呼ばわりする様に、日本民族1億総つっこみを入れたかったものです。

 これが三木さんや伴淳三郎さんがお出になっていた喜劇ならどれほどよかったことでしょう。しかし、現実の民主党による政治です。とても笑えません。7月の参議院議員選挙でそう訴えることができるのは私たちであり、菅内閣への(批判を控える)ハネムーン期間は不要です。この人は、事実上失脚した鳩山内閣の副首相だったのですから。

【緊急告知】たちあがれ日本 大阪初街頭演説会

 詳細は真・保守市民の会「たちあがれ日本 街頭演説」をご覧下さい。

↓↓↓クリックして下さい!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓こちらもクリックして下さい!

FC2ブログランキング

次の首相は元社民連の菅氏

皇紀2670年(平成22年)6月3日

 昭和58年製作・公開の日本映画に『小説吉田学校』があります。元讀賣新聞社記者で政治評論家の戸川猪佐武氏による同名小説(ほぼ実録もの)を原作にした、黒澤明監督の愛弟子にして『日本沈没』『八甲田山』で知られる森谷司郎監督作品です。

 私は子供の頃、森繁久彌演じる吉田茂元首相の「ソックリぶり」に感嘆しましたが、本作には、吉田首相と激しい権力闘争を繰り広げる三木武吉(若山富三郎)に担ぎ出された病弱な(脳梗塞に倒れたのちの)鳩山一郎(芦田伸介)が登場します。この方が鳩山由紀夫首相のお祖父様でした。「友愛」という言葉もお祖父様ゆずりです。

 ただただ三木に「しっかりせぃ!」と喝を入れられるのが鳩山で、のちに首相となって自由民主党を結党しましたが、これも三木らの政界工作によるものでした。「55年体制」といわれるのは、この昭和30年以来の保守対革新体制を指し、奇しくもグレゴリオ暦で呼称するように、日本の政治体制というよりは米ソ冷戦構造に対応した自民党による「米国を保守」する体制だったといえます。

 自民党・鳩山政権のやった日ソ共同宣言(昭和31年)は、サンフランシスコ講和条約がいわゆる一部講和に終わったがための後処理に過ぎず、「交戦権」を認めない占領憲法で講和条約が締結できない法理論から、鳩山一郎首相はこのときこそ(「吉田憎し」だったのならなお)大日本帝國憲法の復原を確認すべきだったのです。しかし、彼はその法の原則を無視しました。

 これが「改憲」を掲げた鳩山自民党の正体であり、民主党から首相になった孫が同じように「改憲」をうたったのも、やはりお祖父様ゆずりだったのでしょう。衆参両院各3分の2以上の賛成と国民投票による賛成多数を求めるという「出来もしないこと」を掲げて権力を維持させる仕組みが自民党・鳩山政権下で考え出され、民主党に政権交代しても今に至っています。

 小沢一郎幹事長も「占領憲法は無効」と言いながら同じ文脈で「改憲」を掲げており、さらに悪質です。この元自民党の2人が下がって登場するのは、私がすでに3月31日記事に書いたように、元社会民主連合の菅直人副首相兼財務相ではないでしょうか。彼の憲法観は「創憲」であり、さらに意味不明です。おそらく、革新側に振れた憲法を新しく作ってしまおうという考えなのでしょう。そういう人が首相になることを、昨夏の衆議院議員総選挙で認めましたか? 皆様!

 この下らない政権のたらい回しと、森喜朗・小泉純一郎両首相以来の自民党清和会がやったことと何が違うのですか?

 気でも狂ったのかと言われるかもしれませんが、私はこの政権交代劇(民主党衆議院議員の大量当選)は大失敗だったと皆で確認し、麻生前政権へ一旦戻せと申したい。安倍晋三・福田康夫両首相は自ら勝手に辞めていきましたが、メディア各社による「政権交代ありきの反麻生」報道さえなければ、麻生太郎首相はまだまだやる気だったはずです。現に党内の裏切り者たちから「辞めろ」と言われても決して辞めませんでした。

 吉田元首相が疲弊した日本民族を目前にして講和のために占領憲法をのんだのなら、「いつまでもこのままでいいとは思わない」と次世代に国家再興を託した吉田元首相の意を受け、自前の憲法に戻すのは孫の麻生首相であるべきです。そして、創価学会=公明党との連立政権という枠は、政権交代劇のおかげで壊れていますから、たちあがれ日本との連立政権で麻生内閣に戻せば、対外的にも(首相が替わり続けるのではなく元に戻るのだから)それほど傷はつかないと思います。

 菅次期内閣に何ができるというのですか? 何の国家展望があるとお思いですか? 麻生内閣の再登板というのは冗談にしても、私たちの暮らしがどうあるべきか、もっと私たち自身が真剣に考えなければ勝手に暮らしがよくなったりはしません

【緊急告知】たちあがれ日本 大阪初街頭演説会

 日 時  平成22年6月11日・金曜日 午後17時より約40分間

 場 所  難波 高島屋前

      (南海電鉄「なんば」駅・地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車すぐ)

 弁 士  平沼赳夫(たちあがれ日本代表)

      西村眞吾(前衆議院議員)

      三宅博(前八尾市市議会議員)

      三木圭恵(参議院比例代表候補予定者)ほか 変更等ご了承下さい

 主 催  たちあがれ日本

↓↓↓クリックして下さい!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓こちらもクリックして下さい!

FC2ブログランキング

日本の首相がまた辞めた

皇紀2670年(平成22年)6月2日

 映画の筋書きによくあるのは、倒すべき敵を倒したかと思ったら、実は背後にもっと大きな敵が存在していた、というようなものがあります。例えば、ジョージ・ルーカス監督の米国映画『スターウォーズ』シリーズに於ける「諸悪の根源はダース・ベイダーかと思いきや銀河皇帝だった」といったお話しです。

 鳩山由紀夫首相が2日午前、辞任しました。背後で操ってきた小沢一郎幹事長も辞任で、民主党執行部は総入れ替えになります。緊急に開かれた党両院議員総会で鳩山首相が語った口ぶりから、鳩山首相が小沢幹事長を道連れにしたという感じですが、本当にそうでしょうか。(画像は産經新聞社配信)

 民主党は、何かにつけて自民党が1年単位で首相を交代させてきたことを批判してきました。確かに、最後の麻生太郎首相は、メディア各社による誹謗中傷の中にあっても腹をくくって選挙に臨まれた結果だったとしても、安倍晋三福田康夫両首相は、結果として自民党清和会の中で政権のたらい回しをやったという印象は否めません。

 しかし、鳩山首相はわずか8ヶ月しかもちませんでした。これは、非自民政権誕生の期待を担った細川護煕首相とほぼ同じです。その無責任ぶりと何が違っていたというのでしょうか。

 私は昨日記事で「たとえ鳩山首相を近日中に辞めさせてそれで済むという問題ではありません」と書きましたが、参議院議員選挙を直前に控え、皆様そうは思われませんか?

 いざとなれば政権交代劇を支えなかった民主党議員たち、ことに改選組の輿石東党参議院議員会長のいわゆる裏切りは、この「自民党の劣化版政党」の性質を如実に表しています。意外にも、社民党の福島みずほ党首の行為が決定打となり、それを嫌悪した元社会党・社民党の日教組出身議員が諸悪の根源かもしれません。

 面白可笑しく脚本を書くなら、真の諸悪の根源は米ホワイトハウスだったりして……。なぜなら、占領憲法をそのままに、未だ米軍に守られることを甘受するような政府ですからね、日本政府は。首相退陣の1つの言い訳になったのが、普天間飛行場移設問題というのは、あまりにも象徴的でした。

↓↓↓クリックして下さい!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓こちらもクリックして下さい!

FC2ブログランキング