民主党は核保有支援政党?

皇紀2671年(平成23年)7月23日

 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/201107211……
 ▲ZAKZAK(産經新聞グループ):崩壊寸前!菅が拒絶する“領収書問題”の深い闇

 都内でパチンコ店を経営する在日韓国人から政治資金規正法違反に当たる献金を受け取っていた菅直人首相に、自民党の山谷えり子参議院議員らが領収書の提出を求めていた問題で、菅首相は不明瞭な答弁を繰り返して提出を拒否しています。

 参議院予算委員会で明るみになった通り、そもそも当初の菅首相自身による弁明に嘘があり、献金していた側の韓国人男性が激怒しているという情報もあって、菅首相に対する告発状を受理した東京地検はどう出るのでしょうか。

 これは東日本大震災への政府対応の諸問題とともに、極めて重要な追及事案です。北海道11区の議席を守るために故・中川昭一元財務相夫人の郁子さんが出馬することになりましたが、衆議院議員解散総選挙の準備を進めている自民党は、よもや菅首相のままのほうが選挙に有利などと見て追及の手を緩めないよう、厳に注意して下さい。

 それではまるで、本当は日本国憲法(占領憲法)の無効確認のほうが遥かに早く完了するのに、集金・集票の継続を目的として出来もしない「改憲」をうたい続けているのと同じになりはしませんか。

 結局は「日本を守る」「保守」「それを右翼というなら右翼で結構」などと言いつつ、わが国(皇国)と国民(臣民)を守るより「憲法第9条」の解釈改憲で国家と自衛隊を傷つけ続けてきたのですから、自民党が本気で「政治とカネ」「外国による政治工作の可能性」の問題に立ち向かうなら、決して菅首相のような政治家を許してはならないのです。

 もし追及の手を緩めた場合、二度と自民党に政権奪取の好機はやってこないと思って下さい。あなた方は終わりです。ああ、自民党こそやはり米国による政治工作の受け皿だったのだなと思うことにします。

 さて、民主党をどうしてくれましょうか。北朝鮮に対する経済制裁を決めた国際社会の中にあって、民主党は北朝鮮による拉致工作関連と疑われている市民団体に多額の献金をし始め、干上がるはずだった北朝鮮が突如核保有宣言をするに至ったことを考えますと、不明だったその資金源は、実は「反戦・非核」を掲げるわが国の民主党だったのではないか、と。

 これほど恥ずかしく、日本人は信念に反することを平気でやる連中なのかと疑われることはありません。それは、旧日本社会党系の政治家だけを指しておらず、まさに選挙で投票してしまった、或いは投票すらしなかった私たち自身の問題なのです。

 私が一貫して目指してきた「政治討論好きの人たちだけの議論」ではない「皆が自分の問題として国家を考えるようにすること」が本当に必要になっています。年金問題で仏国の若者たちは大挙して行動するのに対し、わが国はどうでしょう。皆様どうか、この呼びかけにご理解を賜り、1人でも多くご自身の周りの人たちと話し合ってみて下さい。

 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=117
 ▲頑張れ日本!全国行動委員会:【大阪府大阪市】7.23(土)「菅民主党内閣打倒!! 守れ!主権と領土 救国政権樹立 拉致被害者奪還 関西統一大行動」

スポンサードリンク

中共人船長を強制起訴へ

皇紀2671年(平成23年)7月22日

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110722/trl11072200……
 ▲産經新聞:船長強制起訴へ 低い公判実現…政府の対応焦点に

 沖縄県石垣市尖閣諸島沖でわが国の海上保安庁巡視船に当て逃げしながら、菅内閣によって釈放され、那覇地方検察庁が不起訴としていた中共人船長が、那覇検察審査会の議決により起訴されることになりました。

 この問題について、私は以前に「強制起訴の道が残されており、起訴状を何度でも届ければよい」と指摘したことがありましたが、中共の協力など得られないであろう現状に屈して一度きりで諦めてはなりません。

 それが現実的でないと言うなら、海保の巡視船に当て逃げしても逮捕後釈放、不起訴となったことこそ非現実的だったのです。菅内閣の(どうせ言うであろう)つまらない言い訳など聞きたくもありません。

 何度でも「起訴相当」の議決を繰り返し、セン・キユウなる人物に届くまで起訴状を発行し続け、悪質と判断した場合、例えば国際指名手配するという手段は考えられないのでしょうか。

 そもそもわが国は、米韓の2カ国としか犯罪人引き渡し条約を締結していません。これは(なぜか)世界的に見ても非常に少なく、国内での外国人犯罪の増加に伴い、今回の件を実は2年前に交渉を始めていたはずの中共との締結を目指す大いなるきっかけにしようではありませんか。既に20以上の国と締結している中共が応じるか否か、または私たちが中共の言い掛かりで引き渡し犯罪人認定されるかもしれない可能性については、その後の議論です。

 これを自分の生活に直接の関係がない話だとお考えの方に申したいのですが、沖縄県近海が中共に脅かされていることは、漁業問題のみならず資源エネルギーの問題であり、安全且つ安定した生活、すなわち産業や雇用を守るために必要な措置を政府に講じさせなければなりません。

 何やら「中国を悪く言いたいだけの話かも」とそっぽを向くのではなく、ご自分の問題としてお考え下さい。高いガソリン代を払い、事故対応も出来ない原子力発電に依存し続け、漁師さんたちの犠牲にも目を瞑り、海上保安官や警察官が酷い目に遭っても、それでも何となく今まで通りの生活を自分だけは維持出来るだろうとお考えなら、もはや人でなしです。

 わが国の権力が何度でも法を犯したがために、このような事態に陥っているのですが、同じ轍を踏ませないよう、間違いを改める努力を政府に求めましょう。絶対に諦めさせてはならないのです。

 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=117
 ▲頑張れ日本!全国行動委員会:【大阪府大阪市】7.23(土)「菅民主党内閣打倒!! 守れ!主権と領土 救国政権樹立 拉致被害者奪還 関西統一大行動」

孫氏の太陽光構想に待った

皇紀2671年(平成23年)7月21日

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110720/trd1107200110……
 ▲産經新聞:孫プランに疑問符 岐阜県試算 太陽光コストは火力の3倍

 産經新聞社がどのような意図をもってこれを取り上げたかは分かりませんが、岐阜県の試算と指摘は今さらながらごもっともです。

 私は当初から、ソフトバンク社の孫正義氏が掲げる「大規模太陽光発電(メガソーラー)構想」に地方自治体が乗るべきではないと主張してきましたが、菅直人首相が突如言い始めた「再生エネルギー特別措置法案」でも、その買取価格の設定が孫氏の言い値になるのではないかとの疑念を払拭しきれません。

 宮城県の村井嘉浩知事が、特定の私企業を支援するようなことは自治体として出来ないとの見解を示しているように、経済産業省こそ前述の疑念に対して明解に答えるべきです。

 しかし、わが国にとって極めて重要な問題は、自国で事故対応もままならない原子力発電に依存するより、或いは休耕田や耕作放棄地を食糧自給の基本に立って再生せず太陽光発電所に変えてしまう(だから農地法違反です!)より、そもそも燃料混合型の火力発電所を新設するほうがはるかに効率的であるにせよ、その燃料となる資源を自前で調達する気が政府にあるのかということに他なりません。

 このことを、いわゆる「保守系」を自認する政治家でさえ誰も口にしないのは、やはり米国と中共にわが国が屈し続けようとしているとしか思えず、鳩山由紀夫前首相が無責任にも提示した二酸化炭素排出削減目標についても、排出取引がただの「金融市場」と化している現実を前に、なぜ根拠不明として白紙撤回させようとしないのでしょうか。

 孫氏が菅首相と組んで何を企んでおられるのか知りませんが、東日本大震災義援金として100億円を振り込むと宣言しておきながら、聞いたこともない「東日本大震災復興支援財団(仮称)」(ソフトバンク社ホームページの記載より)に40億円を寄付して話が終わっていることから、孫氏が私利より公益を重んじていると信用するに足る人物とは到底思えません。

 皆様も、ご自身がお住まいの都道府県庁に軽率な行動をとらせないよう十分注視し、ご意見を発信なさって下さい。お願いします。

 真正保守政策研究所:新しい資源エネルギー政策を提言します

韓国政府が困り始めた理由

皇紀2671年(平成23年)7月20日

 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/07/18/02……
 ▲聯合ニュース:日本の大韓航空利用自粛指示、韓国政府が対応に苦心

 菅内閣の松本剛明外相が、島根県隠岐郡隠岐の島町竹島で意図的にわが領空を侵犯してまでA380型機の試験飛行に及んだ大韓航空機の利用を自粛するよう全ての外務官僚に指示した問題について、私はこれまでここで一切取り上げませんでした。

 理由は、これが韓国政府に対する毅然たる抗議の第一歩に過ぎず、本来その第一歩でも評価すべきですが、特に日韓・日中の外交案件に於いて散々対立してきた問題では、わが国政府が重要な第二歩を踏み出さず、両民族の対立感情を扇動するだけして終わるからに他なりません。竹島を取り返す気も手もないのなら、何も言わなければよいのです。

 ただ、松本外相の動きが妙に早く、しかも判断が固かったことを不思議には感じました。工作員を介した北朝鮮との何らかの関係が疑われ、韓国人から違法献金を受け取っていたことも判明している菅直人首相に、一体どのような新しい指令がどこからおりたのだろうか、と。

 さらに、韓国政府がわが国政府の強硬な抗議に頭を抱え始めたというのも妙に思います。韓国の聯合が「日本側が望む通りに国際問題となり、日本の領有権主張が注目される」などと今さら書くのはおかしいでしょう。

 それは竹島上空での試験飛行時に、大韓航空機が航空機識別情報発信装置を切っていたという彼らの後ろめたさ、はっきり申して大きな間違いと関係があるに違いないのです。

 本当に竹島がもしも韓国領ならば、このようなことをする必要はありません。何度でも申しますが、韓国の歴代政権は竹島が日本領であることを百も承知で武力で強奪しようとしてきたのです。これを「平和国家」をうたうわが国が見過ごしてきたことこそ信じられません。ですから「祭祀に基づく世界平和の実現」を提唱している私は「護憲9条」の反戦左翼運動を信用しないのです。

 http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50294774.html
 ▲U−1速報:大韓航空 死亡確定か?

 現段階で確かな情報とは全く言えませんが、航空機識別情報発信装置を切った大韓航空機の飛行は、在韓米軍と露中各国に航空機を使ったテロリズム再発の可能性を示唆し、一時極度の緊張状態を巻き起こしたとされ、そのようなことを平然とやった大韓航空に対する航空保険の失効や国際航空運送協会(IATA)による2レターコード停止処分の検討など、日本領空を侵犯した韓国へのしっぺ返しがあまりにきつくなってきていると言います。

 とすれば、菅内閣は竹島を守るために抗議の措置を実行に移したというより、事故を想定した航空保険に入れなくなる大韓航空機は「危なくて使えない」から利用自粛を指示したということになるでしょう。

 この事実を日韓の両民族だけが知らないとすれば、滑稽なことこの上ないのです。私たちも韓国人も、いい加減に自分たちの政府がついてきた嘘(「竹島は独島で韓国領」「大韓航空に対抗措置を講じた日本が悪い」「日本国憲法は大日本帝國憲法を改正したもの」など)に気づかねばなりません。

中共の強欲が亜州を滅ぼす

皇紀2671年(平成23年)7月19日

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110715/asi11071520……
 ▲産經新聞:中国兵が越漁民に暴力 西沙諸島付近

 東南亜諸国連合(ASEAN)の外相会談が19日、尼国(インドネシア)で始まります。越国(ヴェト・ナム)が中共に海底資源探査を妨害されて以来、両国政府は対話での解決を約束しましたが、その舌の根も乾かないうちに中共の艦船がしたことは、越国の漁船を追い回した挙げ句、船長への暴力、約1トンもの魚の略奪でした。

 越国が中共との対話を口にせざるをえなかったのは、人民解放軍と越人民軍では、あまりにも海軍の規模が違いすぎるため、平和の均衡を保つことが出来ないからに他なりません。

 私は以前にも提言していますが、福島第1原子力発電所の事故を端緒に、わが国が米国製の軽水炉型原発を今後10〜15年をかけて全て廃炉にするという選択をすることは、奇しくも東支那海底の資源採掘を訴えてきたことと政策の目的が合致し、中共が越国や比国(フィリピン)にも領土・領海問題をけしかけている現状はむしろ外交上の好機であり、彼らを後方支援することで平和の均衡を保ち、亜州をあげて沖縄県石垣市尖閣諸島の日本領有を全世界に確認させることです。

 むろん日本国憲法(占領憲法)を「憲法」と呼称している限り、この実行の大きな障害になることは言うまでもありませんが、このような外交戦略と安全保障の兵站なくして、わが国政府が私たちの経済活動を守っていくことは出来ません。今以上に失業者を出し、貧困に喘ぐ者が餓死していくのをよしとするような政府など、もう必要ないのです。

 中共の各地方行政府は、東日本大震災で傷ついたわが国を嘲笑うように、高等技術系企業に日本脱出をけしかけ、その移転を誘致しています。彼らには人民元の発行や、設立した幽霊企業越しに中共四大銀行からの融資を受けることなど、あらゆる権力を保持しており、契約内容には十分注意が必要です。

 資本主義の強欲は人を殺し、国を滅ぼしかねません。中共が「解放」と称して導入した経済は、まさにこの最も醜い部分なのです。

 世界平和の実現をうたうわりに何も行動しない日本は、越国や比国の苦難に力を貸すこともせず、自国の領土・領海を守る力すらありません。私たち皆がこの問題に関心を寄せ、自らの暮らしの大問題として考え、意見を発信しましょう。

 真正保守政策研究所:新しい資源エネルギー政策を提言します