共産党と公明党はインチキ

皇紀2671年(平成23年)3月28日

 本年来月に行なわれる統一地方選挙での某市議会議員選挙。

 或る議員が議会で、東北地方太平洋沖大地震(東日本大震災)が発生しても延期にならなかった今春の市議会議員選挙に於いて、せめて現下のガソリン不足やご親戚・ご友人の安否さえ未だ確認出来ていない多くの人々の心情に配慮し、告示から投開票日までの選挙運動で街宣車の使用を自粛しようと提案したところ、どのような反応があったと思いますか?

 確かに危険極まりない福島県福島第1原子力発電所の事故を「そら見たことか」と言い、電力の安定供給(国民生活)になど関心がないかのように「太陽光発電や風力発電に切り替えよう」と叫んでいる日本共産党が、政党交付金を受け取らないと公言してきたあの共産党が、反対したのです。

 貧しい人たちの暮らしを守ろうなどと掲げ、彼らの境遇を折伏活動の恰好のネタに利用してきた創価学会の、あの公明党も反対したのです。

 なぜでしょうか。午前8時から午後8時までの毎日1週間、街宣車を繰り出しての選挙運動には選挙管理委員会の許可が必要で、係る法定費用は交付されますが、共産党も公明党もこれが欲しいのかもしれません。

 ただそれだけのことでなのか、共産党も公明党も公費負担を抑えること、またはガソリン不足に対応することも拒否しました。

 この或る議員の提案に賛成したのは、たったの1人。合わせて2人ですよ! 積極的に賛成しなかった自民党も民主党も同罪です。どこの市議会の話か分かった議員は、反省して立候補を取り消したらいかがですか!

 このインチキ! この出鱈目! 投票の際にはどうか皆様、何が本当で何が大事なことなのか、よく考えて下さい。

自称「保守」政治家の正体
 これも決して見逃せません。先月13日、神戸市の「ピフレホール」で開催された「第2回 日本よ、たちあがれ!決起集会」(主催=真正保守政策研究所)の模様です。

 http://www.youtube.com/watch?v=nvFLdbqV_SM
 ▲YOUTUBE:「保守」政治家の正体 北山順一

 たちあがれ日本議員団の北山順一神戸市議会議員が、なんと「自衛隊友の会」だか何だか知りませんが、とにかくそのような団体がせっせと推薦している自称「保守」政治家に限って議場での国旗掲揚に決して賛成しない、という現実を話されました。

 皆様、ご存知でしたか? 弱者救済を訴える政治家たちの守銭奴ぶり、国を守ると胸を張る政治家たちの裏切り……これが現実なのです。

 もう一度申します。投票の際には皆様、何卒よく考えて下さい。

スポンサードリンク

TPPとODAのデタラメ

皇紀2671年(平成23年)3月26日

 先月13日、神戸市の「ピフレホール」で開催された「第2回 日本よ、たちあがれ!決起集会」(主催=真正保守政策研究所)の模様です。

 http://www.youtube.com/watch?v=Z0p7ez6keX0
 ▲YOUTUBE:TPPと日本ODAのデタラメ 遠藤健太郎

 これにつきましては、以下すでに提言申し上げた過去記事と併せてご覧いただければと存じます。

 http://endokentaro.shinhoshu.com/2011/01/post1815/
 ▲遠藤健太郎オフィシャルブログ:【明解】TPP阻止せよ!

 なお、わが国の政府開発援助(ODA)に係る「国益無視」の出鱈目な事案は、対中共のみならず、かつて汚職事件を巻き起こした対越国(ヴェト・ナム)のもの以外にも山のように存在します。

 これほどいい加減なものに血税を投入し、一方でさらにわが国を「輸入漬け」にしてしまおうとする米国の方針に従順な政権など、日米友好を前提としてももはや不要なのです。

 少しでも(自然を破壊して無尽蔵に宅地造成するようなものでは決してなく)文化的で健康的な生活を共有するために、途上国現地の人たちを動かすような日本企業主体の援助でなければ、血税を投入する意味がありません。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関してつけ加えれば、わが国が目下置かれている、微量とはいえ放射能汚染農産品の問題は、本来高い国際競争力を持つ守るべき日本農業にとって大きな痛手です。

 これと同じことや干ばつ被害がわが国の「輸入漬け」を拡大させた時に他国で起きたなら、私たちはどこで何を買って食べればよいのでしょうか。自給力を確保する方針の、何がいけないと言うのでしょうか。

 やはり米国政府こそが最も福島第1原子力発電所の事故を苦々しく思っていることに間違いはないと思います。それが私たちを心配してくれてのことではないのですから、同盟国と言えどもそのようなものなのです。

景気をよくするための条件

皇紀2671年(平成23年)3月25日

 先月13日、神戸市の「ピフレホール」で開催された「第2回 日本よ、たちあがれ!決起集会」(主催=真正保守政策研究所)の模様です。

 http://www.youtube.com/watch?v=28exGKu5q8Q
 ▲YOUTUBE:景気をよくするための条件 遠藤健太郎

 何度でも申しますが、本来平時にやっておかねばならなかったことを何一つしてこなかった民主党政権により、大震災の痛みは増幅しています。

 被災された方々の生活を立て直すこと、被災地の復興を主導すること、原子力発電技術に対する全世界にばらまかれた不信とまずわが国が向き合い、自前で資源を獲得していくことが、これからの大きく重い政府の課題です。

 しかし、理屈の分かっていない為政者にそれがこなせるでしょうか。国政であれ地方であれ、政治家の質は今後ますます問われます。

 僭越ながら動画をご覧いただき、何卒皆様もお考え下さい。

「東北地方太平洋沖大地震」義援金のご報告
 http://www.shinhoshu.com/2011/03/post-182.html
 ▲真正保守政策研究所:「東北地方太平洋沖大地震」義援金を贈りました

中共に狙われる日本の弱点

皇紀2671年(平成23年)3月24日

 先月13日、神戸市の「ピフレホール」で開催された「第2回 日本よ、たちあがれ!決起集会」(主催=真正保守政策研究所)の模様です。

 http://www.youtube.com/watch?v=jLu2Uegwikk
 ▲YOUTUBE:中国に狙われる日本の弱点 三木けえ

 たちあがれ日本参議院第6支部長の三木圭恵前三田市議会議員が、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長の分析などを用いながら、わが国土の危機を分かりやすく語って下さいました。

 もはやこうなりますと、中共が悪いのか、呆然と無防備な日本が悪いのか分かりません。いえ、明確に占領憲法下のわが国に大いなる問題があるのです。

 これを理解しておかない限り、東北地方太平洋沖大地震(東日本大震災)の発生に苦しむ私たちを尻目に、他人の不幸を好機と捉えるような火事場泥棒がわが国の財産を盗んでいくのを許してしまうかもしれません。

 平成7年に発生した阪神淡路大震災の2ヶ月後に起きたのが、あのオウム真理教(当時)による東京地下鉄サリン事件でした。あれはいわば、外国の勢力によるカルトを用いた対日破壊工作のようなものだったのであり、せめて意図的な人災の再発だけは、自分たちの手で防ぎたいものです。

「東北地方太平洋沖大地震」義援金のご報告
 http://www.shinhoshu.com/2011/03/post-182.html
 ▲真正保守政策研究所:「東北地方太平洋沖大地震」義援金を贈りました

尖閣諸島と資源と自立再生

皇紀2671年(平成23年)3月23日

 先月27日、静岡市の「グランシップ」で開催された「第7回 憲法無効論公開講座 静岡大会」(主催=錦の御旗けんむの会)の模様です。

 http://www.youtube.com/watch?v=KbWZTBzeM4o
 ▲YOUTUBE:第7回 憲法無効論公開講座 静岡大会 / けんむの会

 登壇者は、世界遺産吉水神社宮司で「錦の御旗けんむの会」の佐藤素心会長と、憲法学者の南出喜久治辯護士、私でございます。

 http://endokentaro.shinhoshu.com/2011/02/post1850/
 ▲遠藤健太郎オフィシャルブログ:賭博経済が人の命をも奪う

 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine
 ▲世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

 なぜ、わが国が沖縄県石垣市尖閣諸島を中共の魔の手から何としても守らねばならないか、奇しくも東北地方太平洋沖大地震(東日本大震災)の発生による福島第1原子力発電所の事故によって、その答えが緊急に導き出されたのです。

 本来ならば、被災された多くの同胞、諸先輩方にお悔やみを何度申し上げても足りないようなこの度の犠牲を伴わずとも、平時に、南出辯護士や西村眞悟元防衛政務官、仲間均石垣市議会議員の指摘によって理解し、すでに実行しておかねばなりませんでした。今こそ、その理論を傾聴いただき、皆で訴えてまいりましょう。

「東北地方太平洋沖大地震」義援金のご報告
 http://www.shinhoshu.com/2011/03/post-182.html
 ▲真正保守政策研究所:「東北地方太平洋沖大地震」義援金を贈りました