安倍氏慰霊碑は個人崇拝か

皇紀2683年(令和5年)1月9日

 岸田文雄首相(広島一区)は九日未明、仏伊英、英連邦加州、米の順に歴訪のため、政府専用機で羽田空港を出発しました。五月十九日から二十一日に広島市で開かれる第四十九回先進七か国首脳会議(G7サミット)のいわば「地ならし」が目的です。

 旧年中に令和五年内の衆議院議員解散総選挙を断言してしまった私ですが、報道権力各社が予想している通り解散の決断は、四月の統一地方選挙を経てG7サミット以降になるでしょう。

 何が何でも自身の選挙区に巡ってきたG7サミットを自らやりたいと思うのが政治家です。平成十二年七月の第二十六回G7サミットを沖縄県でやると決めた小渕恵三元首相(在任中に死去)は、さぞやりたかったことでしょう。

 結局は森喜朗首相(当時)が出席しましたがその際、米民主党のビル・クリントン大統領に「出鱈目な英語(Who are you?)で挨拶した」などと報道権力に書き立てられました。

 実はこれが、毎日新聞社の高畑昭男論説委員(当時)によるとんでもない作り話だったのです。しかし、未だにこれを信じて森元首相を揶揄する人がいます。

 サミット以前のいわゆる「神の国」発言などが著しく気に入らなかった対日ヘイトスピーカー(日本憎悪差別扇動家)によるこの種の捏造は、今なお脈脈と続いているのです。

安倍元首相銃撃半年 慰霊碑設置「再検討を」 ネット署名2万人超が賛同

安倍晋三元首相の銃撃現場を巡り、慰霊碑を設置せず道路を整備する奈良市の方針に再考を促そうと、神奈川県の男性がインターネット上で署名活動を進めている。7日までの…

(産経ニュース)

 森元首相は、そうした悪質な捏造報道に対し「森喜朗という個人を誉めてくれなどと言っているのではない。しかし、そういう報道が日本の首相、ひいては日本そのものを貶めている」と批判しています。

 私も森元首相を批判したことが数えきれないほどありますが、もともとは英語が話せない韓国の金泳三大統領(当時)を巡る韓国内の冗談を森首相に意図して置き換え、対日ヘイト各人がまき散らした捏造を許せません。

 安倍晋三元首相が訪台を前に暗殺されてしまったことについても、台湾高雄市の皆さんが寄付を募って建ててくれた銅像を、安倍元首相個人ではなく日台友好の精神そのものが讃えられたと思っています。

 私の祖父は、地元で上がった銅像建立の話を断りました。個人崇拝を嫌ったからです。祖父は、大東亜戦後の困難な行政を「自分一人の功績ではない」と語っていました。

 そうした環境で育ったからか私は、空港や道路などの社会基盤に個人の氏名をつける諸外国の慣習がどうにも慣れません。タレントの神田うのさんが羽田や成田空港を「安倍晋三国際空港」にしてはどうかと提案されたのは、そうした慣習をわが国にも導入してはどうか、とのものでしょう。

 国際社会では何の違和感もありませんから、それなら山口宇部空港を「伊藤博文空港」、或いは戸塚道路(横浜市戸塚区)を「吉田茂通り」と名づければよいと思います。

 少なくとも安倍元首相が暗殺された「異常な街頭演説場所」を証拠隠滅のように消し去るのはいかがなものでしょうか。

 東京駅構内には、大正十年十一月四日に丸の内南口で暗殺された原敬元首相の、さらに昭和五年十一月十四日に当時の第四ホームで銃撃された濱口雄幸元首相の遭難場所が記されています。

 濱口元首相は一命を取り留めましたが、それでもホーム直下の現中央通路に印が施されており、後世の私たちに伝えているのです。安倍元首相の遭難場所がかき消されることへの抵抗は、当然のものと思います。

 これらは、個人崇拝ではありません。たとえ暗いものでも歴史を後世に伝えるためです。「二度とあってはならない」と思えばこそであり、これに反対する者は、個人個人が嫌いな人物を「いつでもどこでも殺してよい」と言うのでしょうか。

 そうして互いに殺し合えば、もう誰も生き残れません。それが戦争の恐怖です。口では「反戦平和」を語る護憲派が安倍元首相を激しく嫌いながら、ことほど左様に好戦的である事実を、私たちは徹底して非難し、精一杯拒否なければならないのです。

スポンサードリンク

台湾は本当に危ないんです

皇紀2683年(令和5年)1月8日

 新年早早、某日台友好議員と言い争いをした私ですが、議題は、いかに中共による台湾侵略を防ぐかというものです。間に入った人が思わず「はい、一旦CM!」と某朝まで議論して何の解決もしない番組の物真似をしたほど白熱してしまいました。

 安全保障論の以前に私は、まず台湾が国際法上有効な「台湾国」の宣言(住民投票の実施等)をすべきと主張しましたが、某議員は、その種の宣言がかえって「中共からの独立」を演出してしまう可能性を危惧しました。

 私の主張は、かねて台湾独立派の方がたと会合を重ねてすり合わせたもので、確かに台湾でも最保守的と申せましょう。共産党が樹立した現在の中華人民共和国とは何ら関係のない中華民国・台湾は、決して中共から独立を宣言しなければならない筋合いなどないため、議員の危惧も理解はしています。

 ただ、何もせずに手をこまねいていては、台湾が結局国際社会から爪弾きにされていくのを眺めているほかなくなり、来たる有事に米国は「動く」といいますが連合国(俗称=国際連合)を動かすことができません。そもそも連合国の常任理事国に大戦後建国の中共を居座らせたことは、米国らの致命的過ちだったのです。

市議会議員に「摩衣あがれ!」 台湾の選挙で当選した日台ハーフ議員の素顔 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

文・写真/小川聖市(海外書き人クラブ/台湾在住ライター) 「山田摩衣」日本人なら「やまだ まい(Yamada Mai)」と読み、日本人女性を想像するだろう。台湾人は中国語で「サンティエン モーイー」と読むが、本人を全く知…

(サライ.jp|小学館)

 さて、そこで昨年十一月二十六日投開票の台湾統一地方選挙で新北市議会議員に当選した山田摩衣議員のことが書かれた記事をご紹介します。

 ここでも申しましたがこの統一地方選では、野党国民党が勝利し、与党民主進歩党にとって苦しい結果となりました。ただ、それがそのまま蔡英文総統に対する評価ではない点に注意すべきです。

 山田議員は、民進党公認であり、すなわち左派ということになります。わが国(と韓国)だけがおかしいのですが、他の国では左派も右派もいわゆる「愛国」です。わが国の左派が揃いも揃って対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)を吐き散らしているのは、まさに異常と申すほかありません。

 国籍が台湾なのか中共なのか日本なのか全く説明しない立憲民主党の謝蓮舫参議院議員とは大違いで、山田議員のような政治家が台湾で誕生したことを歓迎します。

 目下、本当に台湾が危険です。中共の共産党第三期体制は、完全に台湾侵略へシフトしています。

 先に述べましたように米国が動くにしても、実際に効率よくは身動きが取れない可能性があるのです。太平洋防衛上、何としても台湾を死守しなければなりませんが、わが国も現行憲法(占領憲法)を「憲法」とする限り安全保障関連の法制度改正でもほぼ動けません

 しかし、それでは台湾の次に沖縄県が侵略されます。強い経済を再生し、私たち国民が危機管理の覚悟をもたねばならない一年になるでしょう。

ヘイト新聞なんかいらない

皇紀2683年(令和5年)1月7日

 くどいようですが緊縮財政を旨とする岸田内閣では、予算を組み替えないまま新しい予算をぶち上げますと全て増税で対応しようとします。だから子供予算には「子供税」を新設、少子化対策のために消費税率を引き上げるしか能がないのです。

 はっきり申し上げて内閣府の男女共同参画や少子化対策は、現状ほぼ全て無駄な予算でしかありません。

 岸田文雄首相が「異次元」を掲げた少子化対策の「検討」も、間違いなく同種の類いです。検討の中身は、増税の大義名分(言い訳)を指しています。

 これまたくどくて申し訳ないのですが最大の少子化対策は、内需回復しかありません。そのために消費税を廃止(消費税法の無効宣言)することこそあれ、税率を上げるなど以ての外です。

 甘利明前幹事長の軽率さは、これまでの政治家としての歩みそのものを見ても明白ですが、いわばこの人のせいで安倍晋三元首相の国会追悼演説が大きく時機を逃したとも申せます。人望がないのです。

新聞の発行部数と世帯数の推移

2022年 一般紙 28,694,915
2017年 一般紙 38,763,641
2012年 一般紙 43,723,161

(一般社団法人 日本新聞協会)

 さて、安倍元首相を蛇蝎のごとく嫌い、呪い続けてきた朝日新聞社、毎日新聞社、中日新聞社(東京新聞)をはじめ、決してわが国の経済を語らない日本經濟新聞社、安定の中道を狙い続けて時に「権力(本当は米情報機関)の犬」と揶揄される讀賣新聞社らが産經新聞社の凋落を笑っているうちに、もうすぐ自分たちも同じく地方紙化し、十五年後には消滅するかもしれません。

 そもそも中日(東京新聞)は地方紙ですが、現在公称四十万部を掲げつつも、実はもう二十万部へ転落していることが分かりました。前回調査から一年も経たないうちに実売部数が半減したのです。

 例えて申せば西東京市の人口くらいの部数しか売れなくなっており、嘘つき嘘子さんでしたっけ? ちょっとご氏名を失念しましたが、フィクション作家が新聞記事を書くふりをして極左暴力活動に耽っているような新聞は、もう誰にも読まれません。

 紙の媒体が時代と共に求められなくなったのに加え、対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)で埋め尽くされたものを朝から読みたいとは、私たち国民側の思想の左右に関係なく決して思われないのです。

 対日ヘイトに触れて快感に悶える下品な輩は、もはやごく一部の極左暴力団のみでしょう。

 わずか五年で一千万部が消えた新聞という報道権力の一端は、もう既に弱体化しています。「アカが書き、ヤクザが売って、バカが読む」と詠われた朝日が何を書こうが、昨年末の時点で四百五十万部しか購読されておらず、わが国唯一の中道新聞である産經が絶対強者の讀賣に勝てなかった顛末を笑えません。

 営業部の社員が自社の新聞を広げて「これで広告獲ってこいってか」とゲンナリするような記事しか書けないペンの暴力団を雇い続けてきたツケがいよいよ回ってきました。

 私たち国民にとって報道権力は、もう主敵ではないのかもしれません。

神社参拝に狂うコラボな人

皇紀2683年(令和5年)1月6日

泉健太🌎立憲民主党代表 @izmkenta

「乃木神社に参拝したら軍国主義に追従すると批判されても仕方ない」とか、もう酷いもんだ。そうした考えの方がよっぽど危険。私は過去の歴史に学ぶし、教訓にもする。乃木神社創建の経緯もある程度は知っている。でも当然だが、軍国主義者ではない。本当に失礼な話。

(Twitter)

 曲がりなりにも自由民主党総裁の首相が「靖國神社に参拝することは、戦争賛美の軍国主義そのものであり、私は絶対に行かない」などと意味不明、且つ無知蒙昧なことをツイートしたとしましょう。

 実際、任期中に靖國神社を一度も参拝しない首相がたびたび現れる「国民の命を赤紙一枚で犠牲にしても現職だからって今さら頭下げる気なんかねぇよ、ヴァーカ!」な「まさに外道の自民党」ですが、一応保守系政党があったとして仮にもこの態度だった場合、党内から、そして支持者から強烈な批判の矢が飛び、一発で政治的抹殺されます。

 今回立憲民主党に起きたことは、つまりそういうことです。間違いなく対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)系政党の代表が乃木神社(京都市伏見区)を参拝すれば、党内からも支持者からも発狂したように批判されるのは当然です。

 わが国は、まともな左翼が存在しませんから、前出の通り召集令状一枚で多くの若者を戦地へ送った事実を誰もが知りながら、私たちのために命を散らした御霊に頭を下げる国民福祉の政党が存在しません。

 本来なら日本共産党以外の全ての政党所属議員が一斉に靖國神社を参拝し、今も天皇陛下の御親拝を賜っていなければおかしいのですが、中共の権力闘争に配慮して参拝を政争の具にしてしまった中曽根康弘元首相以降、自民党自体がおかしなことになり、私たち国民の命は、政治家たちによって軽んじられたままです。

 南海電鉄や京阪電鉄などの経営に参画した村野山人元衆議院議員が心血を注いで建立した乃木神社を「軍国主義の象徴」のように言う頭の悪さ(と言うより「軍国主義」って何?)はともかく、これが立民という政党とその支持者たちの紛れもなく醜い正体そのものと申すほかありません。

経費再調査求める勧告 「Colabo」巡る請求一部認める 都監査委

性暴力や虐待などの被害を受けた若年女性らを支援する東京都の事業を受託した一般社団法人「Colabo」(仁藤夢乃代表)の会計報告に不正があったなどとする住民監査…

(産經新聞社)

 そのような人びとが「人権」だの「平和」だのと語りながらやってきたことは、まさにこうした事件に表れています。以前既に取り上げた仁藤夢乃氏らの不正行為は、日韓共に対日ヘイト界の常套でしょう。

 これが立民やれいわ新選組、共産党の支持者たちなのです。

 立民の泉健太代表(京都三区)が就任した際に申しましたが、それまでの「枝野陳謝体制(当時の代表・幹事長・代表代行の頭文字)」が牛耳ってきた対日ヘイト利権の蚊帳の外にいた泉氏が代表になってしまった、と。だから支持者は、泉氏を党から追い出したいのでしょう。

 わが国を呪いながらわが国の公金を貪り公金でメシを喰う外道以下の者が出鱈目な歴史観や国家観を語るな、というのです。

 最後にもう一言。そのような泉氏も、アカウント名に挿入してある地球儀が「南北米・大西洋」版になっています。わが国の政治家なら「亜州・太平洋」版(絵文字選択にあります)にしろよ、と思うのです。

無責任河野の大ウソつき!

皇紀2683年(令和5年)1月5日

ネット上のデマについて

インターネットは、誰でも自由に発信ができる場だからこそ、ここまで発展をすることができたのだと思います。しかし、残念なことにそれを悪用し、デマ、フェイクニュースを意図的に発信する輩がいるのも現実です。それをいちいち気にすることはないのかもしれませんが、最近、私に関して、あまりに悪質なデマをしつこく流され…

(衆議院議員 河野太郎公式サイト)

「法的手段も検討」 河野氏「反ワクチングループがデマ」 | カナロコ by 神奈川新聞

自民党の河野太郎デジタル相(衆院神奈川15区)が、3日までに更新した自身のブログで新型コロナウイルスワクチン接種を巡るネット上での情報について、「反ワクチングループが、私があたかも後遺症について責任をとるなどと発言したかのようなデマをしつ…

(神奈川新聞社)

 私は当初から、いわゆる「反ワクチン」の異様な主張を全て否定しました。武漢ウイルス(新型コロナウイルス)向けとされるm-RNAワクチンを接種すると身体が磁石のようになるとか、或る種のチップが埋め込まれるといった主張を信じて接種をためらう日本国民など「恐らくほとんどいないだろう」とも申しました。

 接種するか否かは、国民の自由であり、私を含めて接種をためらった国民は、ワクチンがもたらす副反応(実は主反応)について、そもそも十分な治験がなくまるで不明だったからです。

 一方で接種の推奨に応じた国民は、行政権力が盛んに喧伝した「ワクチン接種さえ進めば世の中が元に戻る」を信じたからであり、何度接種を繰り返しても元に戻らない現状に、むしろ接種したことを後悔し始める声が上がっています。

 つまり、信じた国民が「騙された」と感じ始めているのです。その原因は、菅義偉内閣で初めて設置された河野太郎元ワクチン接種推進担当相(神奈川十五区)の情報発信にありました。

 まず、接種すれば「感染を抑制できる」と発言しながら、全く抑制効果がないと見るや、効果を否定しないまま「重症化を抑制できる」と修正、その効果もない現実を突きつけられれば、やはり効果を否定しないまま「死亡リスクを抑制できる」と修正したことを、よもやもう忘れたとは言わせません。

 河野氏が「反ワク」と一括りにしている人びとの中には、ワクチン接種の危険性を指摘する医学者もおり、それこそ名誉棄損に当たるでしょう。

 そのような「反ワク」に河野氏が法的措置を講じるというのなら、やってみるがいいのです。接種後主反応で急死した方がたのご家族から「受けて立つ」との声も散見され、法廷で問題点が明らかになって困るのは、河野氏と厚生労働省菅義偉前首相(神奈川二区)のほうに違いありません。

 当時の記者会見で「責任は全部、河野太郎にございますので」とはっきりと述べており、昨年末に自身の公式サイトで「『運び屋』の私が『後遺症について』責任をとるなどという発言をしたことはありません」と述べるに至るは、政治家の中でもかつて前例のないほど無責任な逃げ口上です。

 もはや「大噓吐き」であり、指摘された主反応をいちいち河野氏が「大したことはありません」などと断言していたことからも、推進した権力者の責任が極めて重いものであること、その自覚もなく推進した責任をとらねばならないという自覚すらもないことが明白になりました。

 このような「政治屋」が次の首相になろうとしているのです。「そうは問屋が卸すものか」と私たち国民が一致団結して抵抗しなければなりません。