望月記者トラブルで抗議文

皇紀2680年(令和2年)12月1日

 秋篠宮の文仁親王殿下が十一月三十日の御生誕の日に寄せられた御言葉には、眞子内親王殿下のことを御話になられつつも「現行憲法(占領憲法下の皇室」を如実に表された部分がございました。

 それが突如としてなさった占領憲法の男女の婚姻に関する御発言です。憲法にそうあるから仕方がないという主旨の引用であり、或いは眞子内親王殿下の御成婚に「多くの人が喜んでくれる状況ではない」とされ、最終的に「結婚と婚約は違う」と御指摘になりました。

 これは、皇室行事である納采の儀(御婚約に当たる)が行えないようなことは許されないという意味だったであろうことはともかく、皇室が占領憲法体制によって「皇族の御意思を無視されてきた」ことを表した御発言に思えてなりません。

 占領憲法下で初めて御即位になった先帝陛下(上皇陛下)もですが、文仁親王殿下も憲法遵守を強調なさることが多く、私たち国民はこれを極めて単純にしか理解せずやり過ごしてきました。しかし、これは現行典範(占領典範)によって皇族会議(現在は皇室会議)を奪われ、皇室の問題を皇族で決められなくなってしまったことへの御指摘です。私たち国民は、そのことに気づかねばならないのです。

 皇室が国民の人気投票にかけられる、得体の知れない「憲法」まがいのものに従わねばならない、天皇陛下が議長でもない会議で勝手に皇室のことを決められてしまう、といったことがいかに異常かを知らねばなりません。

 そこへ宮内庁の不作為(皇族の交際相手を全く調べない)で眞子内親王殿下の御気持ちが後戻りできなくなったことは、いわば私たち国民の怠慢です。まるで「秋篠宮潰し」のような宮内庁の誘導と一部報道権力との結託が、今日の騒動を引き起こしました。

 皇族に接近する民間人には、どこかの工作員によって仕立てられた妙な者がいるかもしれないことを、私たち国民が警戒しなければならないのです。

東京新聞「望月衣塑子記者」がスクープ記事でトラブル 約束違反だと取材先が抗議文 | デイリー新潮

“菅総理の天敵”として知られる、東京新聞の望月衣塑子記者が、取材先とトラブルになっている。情報源から“匿名報道の約束を破られた”と、クレームが入ったというのだ…

(デイリー新潮)

 さて、表題の件。日ごろ「丁寧な説明を」求めて他人に激しくきつく当たる中日新聞社・東京新聞勤務の作家(フィクションを書く人)である望月衣塑子さんは、こと自分の致命的不祥事については「新潮と文春の取材は、会社に聞いてもらわないと」「週刊誌には答えていけないということなので」などと阿呆丸出しではぐらかすのですから、厚顔無恥が服を着て歩いているような人です。

 こんな「記者」まがいの人のどこが優れた記者なのでしょうか。目下嬉しそうに「日本阿呆莫迦会議」の件に粘着しているようですが、この人の頭の中に私たち国民はいません。高給盗りの「学者」まがいがさらにお金をもらえるか否かの話で「バタバタして」いる程度の人物であり、これが報道権力の末端で偉そうにわめいている連中の一人かと思うと、本当に暮らしに困っている国民は涙に暮れるほかないのでしょうか。

 本物の記者なら取材源をばらしてしまうなど言語道断です。仮にデスクの指示でも拒否するものであり、そもそもそのような指示を出すデスクも莫迦です。東京新聞の程度が知れる話と申せましょう。

 このような連中の世論誘導にいかに乗ってはならないかという好例です。

スポンサードリンク

無検査で中国人を入れるな

皇紀2680年(令和2年)11月30日

ウイルス検査不要に 中韓など11カ国・地域から入国時:朝日新闻数码

 新型コロナウイルスの水際対策が1日緩和され、中国、韓国、台湾など11カ国・地域からの入国者の空港でのウイルス検査が不要になった。渡航中止勧告が出ていた感染症危険情報が引き下げられたのに伴う措置。検査…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 朝日新闻公司(조일신문사)や日本共産党らが大好きな「臨床経験が全くない八割クソハゲデブ」だか何だかがまた汚い口を開き始めたようですが(いきなり私の口が汚くてすみません)、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)感染に関する出鱈目な報道が本当に目に余ります。二十五日記事でも申したように私たち国民が国家権力に対して「首を絞めて殺してくれ」というような「GO TO」批判ほど的外れなものはありません。

 菅義偉首相が「GO TOトラベル・イート」を全面中止にしない理由は恐らく、これが感染再拡大とされている現状の原因ではないことを知っているからでしょう。

 国籍を無視した感染者数の発表形式にして以来、十一月中旬から再拡大が始まった原因は、朝日が既に報じた今月一日以来の「中共人を検査不要で再び入国させる」措置です。

 今月に入ってから明らかに大阪市内でも中共人が増え始めました。在日中共人の外出を疑う程度ではなく明らかな増加です。何度も申しますが、海外で変異したウイルスを持ちこませないよう渡航制限は堅持すべきだと申し上げてきたにもかかわらず、菅政権は上記措置にふみ切りました。それが感染再拡大の原因ではないか、いや少なくともそのような指摘がどの報道権力からも全く出ないのはおかしいではありませんか。

 感染を早期に制御してみせた台湾と、実はそれほど感染者数が多くはない韓国の人びとは原因と申しえず、残るは間違いなく感染源だった、あの嘘つき不衛生な中共からの(一般の人民に罪があるとは申しませんが)人びとです。

通勤電車、ドア開閉で換気効果 山手線想定、富岳で―理研など:時事ドットコム

理化学研究所は26日、スーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使った計算で、駅間が短く頻繁に停車する通勤電車の場合、駅でのドア開閉時の空気の出入りが、窓を開けるのと同等の換気効果をもたらすことが分かったと発表した。

(時事通信社)

 それともう一つの明確な原因は、毎日の通勤電車です。これも以前に申しましたが、ここに中共人が紛れ込むと瞬く間に感染が広がります。菅政権も内部では、これが原因だと知っているでしょう。

 つまり、毎冬のインフルエンザウイルスの感染拡大と基本的には同じなのです。にもかかわらず武漢ウイルスにだけ「国内経済を止めろ」というのは、もはや集団で発狂しているようなもので、騒げば騒ぐほど医療機関の困惑と疲弊を招きます。半ば脅迫的に「コロナだ!入院だ!」と対応を迫られてしまうのです。

 私たちは、国内で経済活動を盛んにしましょう。私のような重症化・死亡リスクを抱えている者は引き続き自重しますが、それでも委縮するつもりはありません。ましてリスクのない方がたは大いにやってください。

「日本に謝れ」で罰金刑

皇紀2680年(令和2年)11月29日

”慰安婦像”の前で「文大統領は日本に謝罪せよ」と未申告の集会…韓国の保守系市民団体代表に「罰金刑」│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

韓国ソウルの旧駐韓日本大使館近くにある“平和の少女像(慰安婦像)”の前で、未申告の集会を主導した容疑で裁判に至った、保守系市民団体「オンマ部隊」のチュ・オクスン代表が「罰金刑」の宣告を受けた…

(wowKorea(ワウコリア))

 昨年八月八日記事五月二十六日記事で取り上げた韓国の母親部隊(オンマブデ)の朱玉淳(チュ・オクスン)代表について、ソウル中央地方法院(裁判所)は二十六日、百万ウォン(約九万四千円)の罰金刑をいい渡しました。

 昨年八月一日、在韓日本国大使館前に置かれた国際法違反汚物「少女像(実際は在韓米軍にひき殺された少女がモデル)」の前で文在寅(北朝鮮工作員)大統領による対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)政策を批判し、安倍晋三首相(当時)と私たち日本国民への謝罪を訴えた朱代表は、こうして事実上三権分立なき韓国の司法に罰せられてしまったのです。

 ここで朱代表のご活躍と、このような韓国人がまだまだいるのだという事実を取り上げた以上、彼女が「韓国の母親」としてどのような処分を受けたのかお伝えしておきます。

 上記記事に出てくる積弊清算国民参与連帯というのは、北朝鮮工作員の支援団体であり、文大統領や故朴元淳前ソウル特別市長を支えてきた一派です。

 この性根の腐った連中は、北朝鮮工作員が何か批判される度に批判した側をいちいち告発する莫迦組織であり、その言い分に「外交機関の周囲百メートル以内で開催した」とありますが、そもそも少女像がそれに当たり、よってここでは国際法違反汚物だと申し上げています。

 像がわが国の大使館を危険に晒すものであるのは構わなくて、朱代表がわが国の大使館前でわが国に善意を示してくれたことは絶対に許さないというのが、彼らの阿呆丸出しの態度なわけです。

 私たちは、確かな過ちには率直に反省し、お詫びもします。しかし、その必要もないのに日韓請求権協定まで締結し、繰り返してきた謝罪と賠償を政権が変わるごとに「リセット」されてきたことを怒っているのです。いや、もはや呆れ果てて、もう二度と韓半島(朝鮮半島)に目を向けるのも汚らわしく感じてきました。

 そのような中、わが国が米国と共に太平洋防衛を死守するには、文大統領らが目論む韓半島の赤化統一を何としても阻まねばならず、日米韓同盟のためにも朱代表のような人たちを見つけて連携の火をくすぶらせておかねばなりません。

 私が申してきた「日本が韓国を裏切った日」(昨年六月十七日記事)を乗り越え、日韓の対日ヘイトどもが連携していることに対抗して日韓の保守派が声を揃えなければならないのです。

 それを妨害するのが「対日ヘイトと対韓ヘイト」であり、これはどちらも北朝鮮を支える中共日米韓離間工作として進めてきました。日韓両国民が互いに嫌い合うよう、残念ながらもともとあった互いの嫌悪感を大いに悪用されて煽られてしまったのです。

 私たち日本人の中には、拭いようのない韓国人に対する悪感情があります。しかし、それを振り払って手を繋ぐべき韓国人がいることを、私はどんな批判があってもこうして取り上げ、中共と北朝鮮の工作に打ち勝ちたいのです。

京大・極左・チンパンジー

皇紀2680年(令和2年)11月28日

京大の時計台記念館を学生が“占拠” 職員とトラブル、機動隊出動し一時騒然

 京都大(京都市左京区)で27日、シンボルの百周年時計台記念館に学生らが登って垂れ幕を出すなどし、制止する職員らとトラブルになった。京都府警の機動隊が大学構内に入って警戒に当たり、周辺は一時騒然となった…

(侮日新聞社)

 京都大学の熊野寮は、入寮者の一部が極左暴力集団(公安の監視対象)の中核派に成り下がります。大学側が事前に「警察に通報する」と警告していたのですから、京大に合格した頭があるならやらなければよかっただけです。

 にもかかわらず侮日新聞社は、何か京都府警察が学内へ出動したことに不満でもあるのでしょうか。通報を受けて警戒に当たっただけであり、警備体制の詳細を「侮日」なんぞに話さなければならない筋合いの話ではありません。むしろ「大変お疲れさまでした」という話です。

 しかしながら京大も京大であり、危険思想に侵された学生だけをとやかく申せません。彼らの中には、現在の体制に対して純粋な義憤に駆られている者もいます。

 つい二十四日には、京大高等研究院の松沢哲郎特別教授と京大霊長類研究所(愛知県犬山市)の友永雅己教授の二人が懲戒解雇になるなど計六人の懲戒処分に繋がった研究資金の不正支出事件が発覚しました。

 この件は、はっきり申し上げてチンパンジー研究でうるさい松沢教授という特異な性質(偉そうなだけ)がもたらした悪質極まりない不祥事であり、この種の莫迦教授を制御できない大学法人と大学法人を食いつぶす莫迦教授という二つの視点で検証・是正すべきものです。

 危険思想の蔓延にしても同様で、大学の運営が極左教授に傾聴してしまうことと極左教授が大学の運営を偏向させるという二重の問題を抱えています。

 わが国では実は、明治時代から帝國大学でマルクス主義などの極左研究だけが許され、保守主義の研究については教科書すら作られませんでした。そこには、贔屓目に見て「当たり前に正しいこと(=保守主義)」をわざわざやることもないという慢心があったに違いありません。

 その結果、大東亜戦争後の「二度目の絨毯爆撃(=占領統治)」で私たち国民の思想は、すっかりおかしなものになってしまいました。だからこそ作家の三島由紀夫氏は、陸上自衛隊旧東部方面総監室(東京都新宿区市ヶ谷)を占拠し、実のところ自衛官をスルーして私たち国民に語りかけたのではないでしょうか。

 チンパンジーの研究は結構ですが、まずは自分たちの「頭がチンパンジー」に堕ちた原因を研究したほうがよい。

朝日新聞大赤字の地獄絵図

皇紀2680年(令和2年)11月27日

朝日新聞が「創業以来の大赤字」/渡辺社長が来春退任/「後継は中村副社長」と示唆

朝日新聞の渡辺雅隆社長(61)は11月13日に開かれた労組との会合で、2020年度決算が創業以来の約170億円…

(FACTA)

 日本語版を発行しているにすぎない中朝の対日工作機関紙に堕ちた報道権力「朝日新闻公司(조일신문사)」は、もはや不動産関連事業の黒字を食いつぶし始めています。

 それも当たり前の話で、わが国に於ける対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)好きの差別主義者などそうはいません。彼らは声がやたらに大きいだけです。あなどれないとすれば工作員よろしく国家三権や地方自治、医療などの要所を抑え、弱者の演技が巧妙であらゆる人びとを恫喝して服従(強制沈黙)させてしまうところでしょう。

 私たち国民のうち一部の「闘う声」に一切耳を貸さず、渡辺雅隆社長の在任六年で約百八十五万部も減らして大赤字に転落しながら、後継指名の厚顔無恥をもって安倍晋三前首相らをどの口で非難しているのでしょうか。

在京民放5社、テレ東以外は減益か赤字 9月中間決算:朝日新闻数码

 在京民放5社の2020年9月中間決算が12日、出そろった。コロナ禍による広告減で売上高は5社とも大幅に減り、テレビ東京ホールディングス(HD)以外の4社が減益か赤字だった。 日本テレビHDは、売上高…

(朝日新闻公司(조일신문사)日本語版)

 このような記事を書いている場合ではありません。「朝日の路線は売れない」「日本国民の支持を得ない」という現実を大いに確認し、まずは全ての企業に知らしめましょう。

 私たちは決して沈黙させられてはいけないのです。