韓国も北朝鮮も冷遇続き

皇紀2679年(平成31年)4月26日

 一部報道では、朝鮮労働党の金正恩委員長が露国のウラジーミル・プーチン大統領を訪ねて開かれた露朝首脳会談(ウラジオストク・ルースキー島の極東連邦大学にて)が二時間以上に及んだことで「金委員長の要望が通った」ように伝えられていますが、実のところ金委員長は冷遇されて終わりました。

 プーチン大統領の「遅刻戦術」はいつものこととしても、金委員長の専用列車を出迎えたのは、せいぜいアレクサンドル・コズロフ極東・北極圏発展(旧極東発展)長官とオレグ・コジェミャコ沿海地方知事でした。

 会談前日に予定されていながら開かれなかった夕食会は、何とか昨日のうちに「親密さをアピールして」催されましたが、いかにもプーチン大統領が(中共の習近平国家主席と同様に)金委員長のことなど信用していないというままに終わったのです。金委員長の顔面蒼白はその表れであり、領土帰属を主張せずに信用を失った安倍晋三首相と同じような酷いあしらいを受けたと実感したのでしょう。

「天皇謝罪発言」の韓国国会議長、セクハラ騒動の末に入院

 【ソウル=名村隆寛】「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と語った韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、今度は女性国会議員に対するセクハラ騒動で渦中の人となっている…

(産經新聞社)

 はい、誰もが思ったことでしょう、天罰が下された、と。同じく天皇陛下に「謝れ」などと筋違いに吐き捨てた李明博元大統領も汚職で逮捕されて終わりましたから、対日ヘイトスピーチ(日本差別扇動)もほどほどにしておきましょう。

 韓国国会の文喜相議長(故・金大中元大統領筋の北朝鮮工作員)は、計画していた訪中も中共に袖にされ、東亜の外交が慌ただしく動く最中に文在寅大統領(仲間だった盧武鉉元大統領をも喰った北朝鮮工作員)はどの国にも相手にされません。

 自民党の二階俊博幹事長は、またも頼まれて訪中し、安倍首相の親書を習主席に手渡して六月大阪開催の主要二十カ国・地域(G20)首脳会議への出席確約を得ましたが、中共は二階幹事長が福田康夫元首相のような「心から屈中の徒」ではないことを知っているので、繋ぎとめようとそれなりの扱いを必ずします。

 しかし、文大統領は北朝鮮工作員であり中共の「僕(しもべ)」にもかかわらず、いや、そうであるからこそ、その特使たちはことごとく二階幹事長のような厚遇を受けません。文政権発足直後に訪中した李海瓚元国務総理も、昨年三月に訪中した鄭義溶国家安全保障室長も、みな下座に座らされ、二階幹事長のように面と向かう形での会談をさせてもらえなかったのです。

 ただ、何度も申しますが私たち国民は、これを「日中関係の改善」と手放しで喜んだりしてはいけません。わが国政府が「配慮」したがる状況を作り出して暴挙に出るのが中共の常套手口であり、気を許すような相手ではないことを政府に分からせなくてはいけないのです。

スポンサードリンク

日本海削除にやり返そう!

皇紀2679年(平成31年)4月25日

 公安の監視対象である極左暴力集団の一つ「中核派」の学生団体「全学連」時代からの破壊活動で知られる洞口朋子(ほらぐちともこ)活動家が、東京都杉並区議会議員選挙に当選していたようです。統一地方選挙・後半戦は忙しくて、つい見逃していました。

 今後は杉並区議会が広義の(且つ日本共産党議員が存すること以上の)監視対象になりますが、そのようなことになると杉並区民は分かって投票したのでしょうか。恐らく「働く人たちが」「若者や女性が」の美辞麗句に誤魔化された結果に違いありません。政治活動は私たち国民の自由ですが、極左暴力集団の破壊活動は完全にアウトです。

 ナントカ民主党の会合で「『野党結束、豆腐作戦』として、健康で栄養のある豆腐のような国会議論を」などと全く意味不明な国語(?)を発した辻元清美国会対策委員長も、既に立派な監視対象ですが。

防弾少年団の米インタビュー画面に表示された「日本海」表記、抗議受けて修正へ

米国CBS放送が東海(East Sea)を日本海(Sea of Japan)と表記して論争になった地図を修正した。CBSは韓国男性グループの防弾少年団(BTS)のインタビュー映像の中にこの地図を使い、BTSファンからの指摘を…

(中央日報日本語版)

 自ら犯した罪を償い、刑期を終えて出所した者に一番最初に豆腐を食べさせる習慣が韓半島(朝鮮半島)にはあります。かつて詐欺罪で有罪判決を受けた辻元元被告は、執行猶予がついて入所していませんから、豆腐を食べそこなったわけで、それを今さら食べて出直しを図りたいということでしょうか。とにかく訳が分かりません。

 ただ、はっきりしていることは、現在の韓半島がもはや全北朝鮮化の一歩手前にあり、北朝鮮系の芸能事務所だけが残され、あとの韓流はのちに全て粛清されるということです。それが現下の「韓国芸能醜聞騒動」です。

 BTS(防弾少年団)は、韓国三大芸能事務所ではない小さな「BigHitエンターテインメント」の所属であり、それがここまで他を押しのけられた経緯は、先述の「北朝鮮系」であることが有利にはたらく時代の流れ(保守系の凋落を招いた朴槿恵前政権から北朝鮮工作員だらけの文在寅政権へ)があったからで、米ビルボード・チャートの不正操作も米タイムズ紙の不正投票も、実は純然たる個人ではない組織によるものであって、すなわち北朝鮮工作員の動員なくして実現していません。

 今回の米CBSに対する「やかましい行為」も同様であり、私たち日本国民は、東京放送(TBS)が手本にしてきたCBSが左派系であることから「これほど扇動的なナショナリズムにCBSが屈してはならない」と抗議、いや「がんばれ、CBS」とエールを送りましょう。

 https://audienceservices.cbs.com/feedback/feedback.htm

腰砕けで悪質な外交青書

皇紀2679年(平成31年)4月24日

日韓の「未来志向」削除 平成31年版外交青書、北朝鮮への表現抑制

 河野太郎外相は23日午前の閣議で、平成31年版「外交青書」を報告した。日韓関係について、いわゆる徴用工判決など韓国側がつくり出した数々の問題に触れて「非常に厳しい状況に直面した」と説明し、従来用いた「未来志向」の文言を削除した。他方で30年版で使った「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」「北方四島は日本に帰属する」の表現を省いた…

(産經新聞社)

 産經新聞社がいたずらに安倍政権を批判したくないのは分かります。自社の悪事は棚に上げて他を誹謗中傷しまくる朝日新聞社とは違いますから。

 しかし、産經とて駄目なものは駄目だと書いてきたはずで、平成三十一年度版外交青書で「北方四島(本当は千島列島全島と南樺太)は日本に帰属する」の表現が省かれたことを徹底的に批判しなくてどうしますか。

 日韓関係が最悪なのも北朝鮮(とその背後にいる中共と北朝鮮工作員の韓国大統領)が原因であり、対朝圧力を削除させた青書は、まるで文在寅大統領がまとめたもののようです。北朝鮮に誤ったメッセージを発し、関係改善をうたわれた中共が邪な笑みを浮かべ、「未来志向」を削除された文政権にとっても悪くないと思われるでしょう。

 誤ったメッセージといえば露国に対しても同様であり、この腰砕けぶりこそが「日本はますます日露講和(日露平和条約の締結)に本気でない」と思わせるに十分でした。露国に対して配慮したとは思われず、外務省は相変わらず米国の顔色しか気にかけていないと勘繰られるのです。

 本気で領土帰属の問題を解決して講和の決着を見るというのであれば、決して「日本に帰属」の部分を削除してはいけません。それが分からないまま何度ウラジーミル・プーチン大統領に会っても、一切何ら解決しないのです。

朝日新聞の極悪非道な態度

皇紀2679年(平成31年)4月23日

杉田水脈議員の応援演説に集団80人が「帰れ!!」恫喝 「男性に顔面10センチまで近づかれ罵声、怖かった」

 統一地方選後半戦で、“選挙妨害”騒動が発生した。東京・杉並区議選で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が応援演説に入った際、大声で罵声を浴びせ、恫喝(どうかつ)するような集団に詰め寄られた…

(夕刊フジ/産經新聞社)

 自民党の杉田水脈衆議院議員が脅されるに至った経緯について、昨年七月二十二日記事で申した通りまず論文に対する悪質な読み違えがあり、それが拡散された結果が今回の事件です。また、杉田代議士への援護射撃のつもりで新潮社の腰砕け(新潮45の休刊)を誘発した保守系論客の論文も、彼女が関知しないところで火に油を注ぎ、結果的に彼女一人が凶悪な集団に脅されました。

 杉田代議士を攻撃したいがための記事こそが同性愛・全性愛(両性愛)・性同一性障害・性不特定の人びとを大いに傷つけたのです。彼女を思想的に拒絶したい「日ごろから人権・平等を声高に叫ぶことで日本一国だけをことさらに悪く表現する」人びとは、そのことに全く気づいていません。

 これほどの犯罪行為も便所の差別落書き(日刊ヒョンデ)によりますと「差別発言の呪い」であり、犯されても自業自得ということになるようです。これで彼らは、犯罪被害者の苦悩といった記事を配信する資格を失いました。あ、もともとそれほどの記事を書く能力などない「自称・日刊紙」の猥褻物にすぎませんでしたか。

 ところが、これに勝るとも劣らない「外道ぶり」を公衆の面前にさらしたのがチョンイルシンムン、ではなく朝日新聞社です。こちらはれっきとした全国紙の新聞社ですから、ただでは済みません。

特撮好き@音ゲーやっている人 @y9s10t7

三ノ宮の事故、とある新聞の記者がやばい

(Twitter)

 まずは、亡くなられた若いお二人とそのご家族の皆さんに、衷心よりお悔やみを申し上げます。東京都豊島区東池袋で発生した(旧通商産業省工業技術院の飯塚幸三元院長が起こしたのに氏名は伏せられ、逮捕もされない)乗用車の暴走事故で亡くなられたのも、若いお母さんと幼い娘さんでした。ことのほか若い方が亡くなられると、本当に悔しくて仕方がありません。重ねてお悔やみを申し上げます。

 このような痛ましい事故が発生した事実を報じるのは、報道企業としての使命であろうとは理解しますが、兵庫県神戸市中央区の繁華街、特に人通りが多い神戸の中心地(三宮駅前)で通行整理を無視し、脚立を広げて撮影を続ける朝日のカメラマンは、少なくとも事故を伝える資格などありません。

 朝日の腕章をつけていれば何をしても構わないと勘違いしているのではないでしょうか。思わず「調子こいてんじゃねぇぞ」と。自分たちの思い上がりで人を傷つける、人に迷惑をかけることもいとわなくなった報道権力側の者に、事故現場を「レイプ」されたくないのです。

萩生田発言は何だったのか

皇紀2679年(平成31年)4月22日

【DHC】2019/4/18(木) 有本香×萩生田光一×居島一平【虎ノ門ニュース】

※番組へのご意見・ご感想は http://tora8.tv から ★★★ ↓本日の話題一覧(「もっと見る」を押すと続きがご覧頂けます)↓ ★★★ 00:04:03 本編 00:18:48 【独自ニュース】虎ノ門ニュースに観覧テロ予告 00:23:31 天皇皇后両陛下 最後の地方ご訪問へ 伊勢神宮 00:27:02…

(YouTube)

 昨日記事で「実は『大注目』の衆議院大阪十二区」と申したのは、自民党の萩生田光一幹事長代行が消費税率の引き上げ延期と衆議院解散総選挙の可能性に言及したからです。

 開票の結果は、既に報じられているとおりですが(と申しながらこの記事を投票前に書いていますが)、消費税増税に反対している日本維新の会(大阪維新の会)との連携を図ってきた首相官邸と、与党・自民党との温度差があり、よって萩生田氏の発言が「党の幹部として」ではなく「安倍晋三首相の意向を受けたもの」ではないかとの憶測が広まったのでしょう。

 安倍首相は、最終日に大阪入りし、十二区の北川晋平候補(党公認)を応援しますが、維新に議席をかすめ取られることは覚悟の上です。だからこそ自らはまさか応援演説でも肯定できない増税延期を、萩生田氏にいわせたに違いありません。

 徴税権力を維持し、行政権力そのものを掌握し続ける財務省の立場を述べるほかない麻生太郎副首相兼財務相が「彼が日銀短観を知ってたとはね」と萩生田氏をチクリと刺したように、これまで日本銀行が行なう全国企業短期経済観測調査に言及したのを聞いたことがない萩生田氏の口からそれが出たのは、確かに安倍首相が入れ知恵した形跡をうかがわせます。

 私は今でも、安倍首相自身も増税が経済政策の邪魔をすると感じていると思っており、大阪補選の結果を受けて再び延期する可能性を否定しません。ただ、今回は増税対策の予算が通ってしまっていることと、民間に増税の準備を通達してきたことがあり、かなり難しいとは思います。

 しかし、萩生田氏が景気減速をあっさり認めたように、と申すより景気(内需)は初めから全く回復していないのであり、前回の(旧民主党政権が法制化した)増税が安倍政権以降のいわゆる「アベノミクス」を破壊しました。それを自民党自体も認めるべきです。

 こうした議論を再度喚起するために、あの発言が許されたのです。