自分で自分を罷免せよ!

皇紀2670年(平成22年)5月29日

 鳩山由紀夫首相(民主党)は28日、在日米軍普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針への署名を拒否したとして、福島みずほ消費者・少子化担当相(社民党)を罷免しました。

 旧日本社会党の二の舞(与党となった村山政権で党是を曲げ、のちに党が消滅したことの繰り返し)にならぬよう、参議院議員選挙をもう直前に控えて社民党も必死だったでしょう。よくやりました。あとは、一刻も早く連立政権から離脱することです。

 何度でもあらためますが、私は「在日米軍は要らない」というより「他国の軍隊を自国軍としては使えない」「同盟を永久普遍のものと勘違いしてはいけない」という考え方であり、それでいて国民に対する社会福祉として国軍は必要であり、さればこそ大日本帝國憲法を復原しなければ、占領憲法第9条は、或る意味社民党や日本共産党の言う通り、自衛隊を違憲の存在にしてしまいます。「合憲」としてきた解釈改憲は占領憲法違反の何ものでもありません。

 ですから「沖縄を裏切るな」と言って突っぱねた社民党はよく頑張ってくれたのですが、仮に在日米軍をすべて撤去したあとの沖縄県経済振興策と、国家防衛策の具体的且つ法理原則を提示しなければ、それは政治ではありません。鳩山内閣のどこにも政治家がいないのです。

 もっとも滑稽なのは、鳩山首相は「政府方針に従わない」という理由で「国外移設」を主張し続けた福島担当相を罷免したわけですが、過去に、しかもほんの数週間前にさかのぼると、鳩山首相自身が「国外移設、最低でも沖縄県外」と主張しており、何なら今の自分で過去の自分を罷免せよ、と言いたい。

 もうこういうお莫迦さんには、昭和60年製作・公開の米国映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に端を発した全3部作でも鑑賞していただきましょう。非常に辻褄の合わない物語展開を見せますが、それを一瞬忘れさせるほど構成がよくできており、私が子供のころに夢中になったロバート・ゼメキス監督の娯楽作です。

 鳩山首相が過去に戻って自分で自分を罷免すれば、現在はもう首相が鳩山氏ではなくなっており、福島担当相の罷免もありません。おそらく、小沢一郎幹事長が道連れ辞任で、党の選挙対策は今ごろメチャクチャになっているでしょう。

 問題は、本作の主題だった明るい未来を描けるかです。安全保障問題にも、経済・暮らしの問題にも、占領憲法の大問題が関わってくるという現実を正しく認識している本物の政治家(→平沼赳夫衆議院議員)にご登場願わねばどうにもなりません。実際はデロリアンに乗って歴史に小細工するわけにはいきませんから、堂々とやる(→真正護憲論の実践)しかないのです。

↓↓↓皆様のご支持を!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓皆様のご支持を!

FC2ブログランキング

スポンサードリンク

相撲界×遊技会社×暴力団

皇紀2670年(平成22年)5月28日

 メディア各社が連日報じているように、昨年の大相撲名古屋場所で、指定暴力団山口組弘道会傘下の組長らに土俵下の「維持員席」で観戦できるよう親方らが便宜を図ったとされる問題が発覚し、日本相撲協会は27日、関わった清見潟親方譴責(けんせき)とし、木瀬親方を委員から無役の年寄へ2階級降格させ、木瀬部屋を閉鎖する処分を決めました。

 http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010052700840

 ▲時事通信:「維持員席」調達に74万円=2席分、親方側支払い?名古屋場所、暴力団観戦

 まさかここで周防正行監督の『シコふんじゃった。』をご紹介申し上げるつもりはありません。あれは不純な動機で学生相撲を始めた主人公(本木雅弘)が、次第に相撲の世界に魅せられてゆくという物語ですから、また別の機会にしましょう。

 それはともかく、なぜかメディア各社がチラリと報じて決して深追い(解説すら)しないもう一方のほうが気掛かりで仕方ないのです。それは、暴力団組員に手配されたとされる6席のうち、2席は親方からコンサルタント業の男性を通じたとのことですが、あとの4席もが「遊技会社」社員から直接暴力団組員へ渡っています。

 この「遊技会社」と表現されている業態は、早い話がパチンコ関係でしょう。パチンコ店チェーンか、或いはパチンコ機器メーカーだと思われます。こちらのほうがよほど暴力団に対して直接的で、悪質だとは思われませんか?

 メディア各社は、もはや「遊技会社」からの広告収入を頼りにし、報道番組や情報番組でも彼らの不祥事は取り上げないようにして、一方の「近頃何かと不祥事を起こす不透明な伝統の塊」である相撲界叩きに終始しています。

 私はやはりここで、この一本をご紹介申し上げておきましょう。それは、昭和27年製作・公開の日本映画『お茶漬けの味』です。私のもっとも尊敬する小津安二郎監督の作品であり、「松竹三羽烏」といわれた佐分利信の枯れた芝居と、小暮実千代の気の強い女の芝居が見事に調和してゆく物語でした。

 昨年11月29日記事「小津安二郎と日本人」でも取り上げましたが、本作では小津組の笠智衆がパチンコ店店主を演じており、当時早くも小津監督と脚本家の野田高梧先生はこう言わせるのです。パチンコを指して「こんなものが流行る世の中はイカンですよ」と。

 小津監督の時代の先見性は言うまでもありません。であるからこそ、人間が生きていくために普遍の「食べる」という行為が、小津映画に於ける物理的な空間と物語の説話論的持続を維持したり、分断したりする有用な映画的要素になっている、と東京大学元総長の蓮實重彦先生は自著『監督 小津安二郎』(筑摩書房刊)で指摘しています。本作では、まさに「お茶漬け」がその主題を担いました。

 これほどまでに汚れ墜ちた占領憲法下の日本を、なおご存命なら小津監督はどう描いたでしょうか。

【報道に偏向を感じたら……】

・NHK TEL 0570-066-066 FAX 03-5453-4000

・日本テレビ TEL 03-6215-4444 日本テレビ全般に関するご意見・ご感想

・TBS TEL 03-3746-6666 TBS「ご意見お問い合わせ」

・フジテレビ TEL 03-5531-1111 フジテレビへのお問い合わせやご意見・ご要望

・テレビ朝日 TEL 03-6406-5555 テレビ朝日 お問い合わせ

・テレビ東京 TEL 03-5470-7777 ご意見・お問い合わせ:テレビ東京

↓↓↓皆様のご支持を!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓皆様のご支持を!

FC2ブログランキング

青い日本軍団、スイスへ…

皇紀2670年(平成22年)5月27日

 岡田武史監督の発言が混乱を招いた蹴球FIFA世界杯南ア大会の日本代表は26日、直前合宿地である瑞西(スイス)のザースフェーに入りました。ところが、どの戦況予測もあまり芳しくありません。ただ、瑞国現地では大変な歓待を受けたようです。

 日本が瑞国と合作で昭和63年に製作・公開した映画に『アナザーウェイ―D機関情報―』があります。かの役所広司初主演作品であり、推理小説家の西村京太郎の『D機関情報』を原作に、数々の仁侠映画を手掛けてきた山下耕作監督の意欲作でした。脚色の段階でいくつもの難がありますが、海外ロケーションを伴う日本映画にありがちな「観光映画」のごとくになっていないところが、本作の優れた点でしょう。

 撮影監督を赤塚滋先生(元大阪芸術大学映像学科教授 故人)が担当されたこともあり、私はさまざまな撮影秘話を伺うことができました。もっともご本人が照れ隠しに大笑いされていたのは、実は赤塚先生は途中で体調を崩されて撮影が困難な状態になり、第2班(セカンドユニット)で入っておられた宮島正弘先生(元大阪芸術大学映像学科講師)に交代したという逸話です。

 このとき「あれはほとんど宮ちゃん(宮島先生)の仕事だから」と言われた赤塚先生の、普段は鬼のように厳しいがとても優しかったお顔を忘れ得ません。赤塚先生といえば、川谷拓三を一躍大スターに押し上げた『県警対組織暴力』(深作欣二監督)の仕事などがよく知られています。一方、第2班を担当することがほとんどだった宮島先生の仕事に私が驚嘆させられたのは、『帝都物語』(実相寺昭雄監督 中堀正夫撮影監督)に於ける風景部分の実に美しい画が、どれもこれも先生によって撮影されていたことを知ったときでした。

 さて、本作は大日本帝國海軍の藤村義朗中佐(=関谷中佐:役所広司)とのちの米CIAのアレン・ダレス長官(=ミスターD:『荒野の七人』のロバート・ヴォーン)との日米和平工作が、朝日新聞社の笠信太郎記者(=笠井記者:井川比佐志)と日独防共協定の立役者だったフリードリヒ・ハック氏(=ハンスマン:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のウド・キア)の仲介によって秘密裏に瑞国にて行なわれていた事実をもとに描いたものです。

 これが極めて早い段階、すなわち米国が特殊爆弾(原子爆弾)を完成させる前に成立していれば、米軍の広島・長崎への原爆投下による大虐殺はありませんでした。瑞国の彼らは、懸命に祖国・日本へ「米国に対日和平の意志あり」と、米国がヤルタでソ連に対日参戦を促し、日ソ不可侵条約破棄がすでに話し合われたことや、のちには米国の特殊爆弾完成の報、大東亜戦争後の米ソ冷戦体制への発展までを予見、打電し、外務省を動かそうとしたそうです。

 しかし、大日本帝國政府はこれを黙殺しました。或いは、最初から米国は日本がこの和平工作に応じないと知っていたかもしれません。国際外交の経験がまだ青いと言わざるを得ない日本人は、ただ乗せられただけかもしれませんでした。それでも日本は、この闘いを始めざるを得なかった以上、民族を守るために終わらせる努力もしなければならなかったのです。そのもうひとつの闘いが、この藤村中佐たちの秘密工作でした。

 ところで、この独国のハック氏は、第一次世界大戦中に支那の青島で大日本帝國軍の捕虜になった経験がありますが、福岡俘虜収容所にて、日本軍の捕虜に対する態度が極めて紳士的だったことから、親日家になったという記録があります。彼が独国人でありながら、ひたすら日本のために奔走し続けた原動力は、そうして醸成されたものなのでしょう。

 私たちが占領統治期を経て以降の教育を受けた中での印象で、自分の国を語り終えていてはいけません。こういうこともあったのだと知ることは大切です。また、子供たちに教えていくことが大切なのです。

↓↓↓皆様のご支持を!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓皆様のご支持を!

FC2ブログランキング

朝鮮半島?骨肉の争い

皇紀2670年(平成22年)5月26日

 平成22年3月26日、韓国軍哨戒艦が沈没し、46名が死亡しました。国際合同調査団は20日、その原因が北朝鮮人民軍の魚雷攻撃によるものだったと発表しています。私は、これをにわかには信じられませんでした。たとえ「瀬戸際外交」の北朝鮮とはいえ、いきなりこれほど愚かなことをするものでしょうか。しかし、もう韓国と北朝鮮の対立は深まり始めています。

 http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005260004.html

 ▲CNN:北朝鮮、韓国との全関係断絶を宣言

 この同一民族が骨肉の争いを始めた朝鮮戦争について、私たちはもう一度よく知っておいたほうがよいかもしれません。中でも観やすいのが、平成16年製作の韓国映画『ブラザーフッド』(原題:太極旗を翻して)でしょう。監督は『シュリ』のカン・ジェギュ、主演は「あなたが好きだから?」のチャン・ドンゴン(笑)と、日韓合作ドラマ『フレンズ』のウォンビンです。

 本作は、ジェギュ監督の前作『シュリ』でも散見された編集のおかしな部分がまだあり、映画としての完成度はさほど高くありませんが、冒頭と最後のつながりはよくできています。私は劇場で不覚にもつい涙ぐんでしまいました。

 しかし、本作のもっとも優れていた点は、それまでタブーとされた保導連盟事件を描いたことでしょう。これは、反共のために韓国国内の自警団が20万人以上もの韓国人を自ら大虐殺した事件です。虐殺された韓国人の中には、共産主義とはまったく無関係の人もたくさんいたと言います。

 このような事件は、島根県竹島を韓国領と言い出した李承晩軍事政権下で多発しており、例えば済州島四・三事件から逃れるために日本に不法入国し、そのまま在日韓国人となった方々が非常に多いのだそうです。ちなみに、日韓併合下で労働のために日本に渡ってきていた韓国人は、昭和20年8月15日以降、そのほとんどが朝鮮半島へ帰りました。

 韓国国内で、北朝鮮を「主敵」とするのは6年ぶりのことです。金大中・盧武鉉政権の10年で対朝「対話」を主軸とした結果、北朝鮮に何らの平和的変化をもたらすことはできず、李明博大統領は上海万博開幕中の中共を横目に見ながら、何らかの報復を試みるかもしれません。

 恐らく、韓国も中共も米国も北朝鮮・金王朝の崩壊を直ちに望んではいないと思います。ただ、米中は北朝鮮の存続を前提とし、上海万博終了後に金王朝を崩壊させるに違いありません。鳩山由紀夫首相が「抑止力」を今ごろ改めて思い知ったらしいのですが、在日米軍の、特に海兵隊が動くときはきます。そこに日本の意志などまったく考慮されないでしょう。

 日本はこれらの国の中で唯一国軍を持っておらず、米軍がベッタリ張りついている国です。北朝鮮に自制を求めたくても、或いは何らかの行動に出たくても、何もできません。東亜の混乱が起こるとすれば、必ず日本は巻き込まれるというのに、ただ文字通り「巻き込まれる」だけです。

 日本の国防に在日米軍ありきで語りたがる右翼も左翼も間違ってはいませんか? 日本を守るために、在日米軍より自前の憲法を守ることが先ではありませんか? 自前の憲法とは大日本帝國憲法のことですよ

↓↓↓皆様のご支持を!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓皆様のご支持を!

FC2ブログランキング

月9出演中の台湾人美女

皇紀2670年(平成22年)5月25日

 平成22年5月現在、フジテレビ(CX)系・毎週月曜21時からのドラマ『月の恋人?Moon Lovers?』(木村拓哉主演)に、台湾の林志玲(リン・チーリン)が出演しています。彼女はモデル出身の女優で、平成20年製作・公開の支那映画『レッドクリフ(赤壁)』(ジョン・ウー監督)に周瑜(トニー・レオン)の妻である小喬役で出演し、話題になりました。

 ところが、林志玲が話題になったのはこればかりではありません。彼女のお母様が民進党の陳水扁前総統の支持団体婦人会会長だったために、台湾独立派と見なされ、中共国内のネチズン(支那人ネット右翼)から彼女の関連商品が不買運動の対象にされてしまいました。

 また、彼女の来日時、テレビ番組の取材で訪れた箱根登山鉄道の制帽をかぶってスチールを撮影したところ、やはり支那人から「日本軍帽をかぶった売国奴」などと誹謗中傷されたこともあります。インターネット上の或る事象に対する過激な脊髄反射と、いい加減な推論で他人の何かを断定する行為は、ことほど左様に愚かなことと言えましょう。

 そもそも中共国内の支那人が、帰属未確定の台湾に生まれ育った本省人(彼女の一族は台南人)に「売国奴」と吐く神経がまったく不明で、国際法的根拠もありません。

 http://gendai.net/articles/view/geino/124011

 ▲日刊ゲンダイ:韓国女優に取って代わって台湾美女が日本の芸能界を席巻しそう

 日刊ですから毎日のように極めてつまらぬ記事を配信し続け、東京MX『5時に夢中!』ではエッセイストのマツコ・デラックスさんの餌食になっている株式会社日刊現代ですが、ほんの少しだけまともなことを書いてみたようです。それが上記リンク記事ですが、要は「中共タレントは事務所の仕事が粗っぽく、韓国タレントはトラブルを起こしやすく、台湾タレントは親日で常識的」というだけの、ほぼ中身のない記事に変わりはありませんが。

 韓国の東方神起メンバーの3人が事務所を提訴したことで、残りの2人との軋轢も生じ、日本での順調な活動をご破算にしてしまったのは先般のことでしたが、大日本帝國は、かつて台湾と同じように皇民化で朝鮮人の民度も引き上げようとしたはずでした。何度でも申しますが、占領統治期以降の私たちが学校で教わった「日本の植民地政策=皇民化政策は悪だった」というのは、まるで不正確です。まず「植民地政策=皇民化政策」からして、「搾取と収奪」の植民地と「道徳と教育」の皇民化が同じなどという大間違いをしています。

 しかし、台湾との差わずか20年弱の日本統治期の短さが、台湾と韓国・北朝鮮の明暗を分けてしまったようです。北朝鮮に至っては、独裁と搾取の李王朝時代に逆戻りしてしまいました。その凄惨な現実を切り取って高い評価を受けているのが、平成20年製作・本年日本公開の韓国映画『クロッシング』ということになるのでしょう。

 かくして、日本民族が目指したはずの「多民族協和」は今もって実現しないどころか、中共や韓国・北朝鮮の目に余る「反日本」が災いし、ますます遠のいています。しかもその原因を日本にしか求めない規定路線では議論にもなりません。

 TBS系・毎週水曜21時からの韓国ドラマ『アイリス』(イ・ビョンホン主演)は、もうすでに視聴率を7%台にまで落とし、自社製作では埋まらないラテ欄を韓国製ドラマで埋めようとした間違いが如実に表れています。このドラマの放送をめぐっても、やはり韓国側がトラブルを起こしました。

 私は俗に言う「韓流」騒ぎより以前から韓国映画やドラマを見ていましたが、台湾ドラマが日本の人気漫画「花より男子」や「悪魔で候」などを原作に堂々と製作してきたのに対し、韓国製は「日本のどこかで見たような……」とこちらが思っても、絶対に原作が日本にあることを彼らは認めません。日本でも、米国映画などから材を得た場合、製作者がそのことをことわるのが通常です。

 このよう東亜の有り様は、私たち日本民族にとって「他人を笑う」だけに留まりません。これが亜州のコンテンツ能力を左右しますし、中共には優れた映画人もたくさんいますから、本当ならば今一度日本の皇民化を全亜州に対して敢行しなければならないと思うのです。

 そう思って振り返ってみますと、民主党の鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長が形式上且つ事実上日本政府の顔であり、ああ、だからますます「他人を笑う」ひまなど私たちにはありません。

↓↓↓皆様のご支持を!

人気ブログランキング

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

↓↓↓皆様のご支持を!

FC2ブログランキング