もはや「国葬儀妨害テロ」

皇紀2682年(令和4年)9月20日

 英連邦王国のエリザベス女王陛下崩御に伴い、昨日執り行われた国葬儀に天皇陛下皇后陛下が御参列になり、弔問外交の重責も果たされました。(写真はこちらを参照)

 招かれてもいなかった岸田文雄首相が「訪英・参列を断念」という報道は、外務省も把握していなかったようで、一体どこから湧いてきた「英国への非礼な発言」だったのか、今のところ分かっていません。恐らく時機が悪くなってしまった安倍晋三元首相の国葬儀に関する世論の乱れと関係があるのでしょう。

 いずれにしても、天皇陛下より弔問外交に適された御存在はわが国にありません。既に薨去したフィリップ王配殿下の際に倣われ、黒いマスク姿で英国へ御行幸啓になった両陛下は、国葬儀ではマスクも外され、他の王族や国家元首らと同じ「乗り合いバス」でウエストミンスター寺院に向かわれました。

 私の聞いた限りでは、英政府から(外交儀礼上、世界唯一の皇帝陛下に対し)専用車使用の打診もあったそうですが、天皇陛下が対応に追われている英政府を気遣われ、御断りになったそうです。

 結果、米民主党のジョー・バイデン大統領とイスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領といった「物騒な国」の代表だけが(映画『エンド・オブ・キングダム』みたいなことになると困るので)専用車使用を許されました。

 さて、前述の「世論の乱れ」ですが……。

もはや「妨害派」 国葬反対派の過激化止まらず、参列知事に住民監査請求、各国大使館へ欠席を求める手紙まで

 9月27日におこなわれる安倍晋三元首相の国葬が近づくなか、国葬に反対する活動が、過激さを増している。9月17日からの3連休、大型で猛烈な台風14号が日本列島を直撃しているにもかかわらず、「国葬反対」のデモが各地でおこなわれている…

(FLASH|光文社)

 安倍元首相の国葬儀に反対する過激派の異常行動に対し、光文社配信記事が紹介した人びとの意見にこそ、わが国が重大な損失を犯している現状認識の全てが集約されています。

 十七日記事で申した「各国の大統領や首相たちが出席に二の足を踏み始めたのは、わが国自らがやってしまった『反アベ工作』が原因」というのは、各国大使館にまで嫌がらせの文書を送付した過激派のことです。

 いくつかの大使館から困惑と呆れの声が上がっており、自国の代表を国葬儀に出席させると「危険が及ぶのではないか」と思わせてしまいました。過激派は、それを狙って計画的行動を展開していたわけです。

 毎度の対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別扇動)組織による訴訟ビジネスも暗躍中で、国葬儀出席の都道府県知事に住民監査請求を起こすなど、嫌がらせの度を越しています。

 立憲民主党・日本共産党・れいわ新選組ら所属の議員とその支持者たち同様、「弔意の強制に反対」と叫びながら「弔意を示さないよう強制」している論理矛盾を容易に突かれることに気づいていません。或いは、知性の欠片も存しない過激派に理屈も何もないのです。

 七月末に訪台を計画していた安倍元首相を徹底して貶めるよう指示されているとはいえ、まさしく「こんな人たち」に国葬儀を既に台無しにされています。

 そして、台無しになった現状を指して「ほら見ろ、やる意味がない」とわめいている姿は、まるで放火犯が「火事だ」と叫んでいるようなものです。

 エリザベス女王陛下の国葬儀当日、台湾南東部地震の翌日、台風十四号が列島横断中という日にもかかわらず、誰を想って声をかけることもせず、ひたすら暴言を吐いて練り歩く集団の「常識」に私たち日本人が引きずられてはいけません。

スポンサードリンク

『もはや「国葬儀妨害テロ」』に1件のコメント

  1. 波那:

    国葬反対デモやってる主催者は極左過激派の中核派/杉並区議洞口朋子

    ・選挙で勝つ革命じゃなくて 暴力革命なんですよ
    ・革命のためなら政府や国の人間を殺すことも 倒すか倒されるかだと思うんですよ
    ・(暴力革命の) 必要性が 増したと私は思っている
    ・(必要なのは)暴力なんですよ

    国葬の日に公開するらしい暗殺テロ犯人の山上徹の映画を制作した男は国際手配された経歴を持つ足立正生。元日本赤軍の過激派

    こんな奴ら負けるわけには行かないんですよ。

コメントをどうぞ