露国が「捜索する」と回答

皇紀2682年(令和4年)5月6日

辻元清美氏「プーチン大統領に戦争をやめろと言うてほしい」安倍元総理を特使に“提案”

立憲民主党の前副代表で今夏の参院選に同党の比例代表で出馬予定の辻元清美前衆院議員(62)、参院選東京選挙区(改選数6)で4選を目指す蓮舫前代表代行(54)が5日、大阪・梅田のヨドバシカメラ前で街頭演説を行…

(日刊スポーツ新聞社)

 もはやスポーツ新聞ネタにしかならない立憲民主党の辻元清美前衆議院議員は、見境なく今夏の参議院議員選挙に比例代表で立候補します。東京選挙区の謝蓮舫参議院議員と共に「比例さえ届かず(立民:ゼロ議席)」で落選すればいいのです。

 浪人の身でなお「アベガー」を叫ぶ辻元氏は、まずあなた方こそ積年の「現行憲法(占領憲法殺されても護持」活動を今こそ結実させる時ではないですか?

 まず辻元氏が露国のウラジーミル・プーチン大統領に「平和を愛する諸国民なんやから、戦争はやめなあかん。平和守って!」とでもいいに行くべきでしょう。あなたも安倍晋三元首相と同じく、露外務省から入国禁止の措置を通告されなかったのですから。

 私たち国民は、せいぜいそのさまを見て「莫迦だな」と思わせていただきます。ですが、あなた方が常づね主張してきたことなのですからね。「話し合いで解決したらええねん」と。話し合いで解決してくださいよ。

 それが政治家というものです。政治活動家とは違います。自分の主張を実践できないなら、或いは実践できもしないような主張で私たち国民を騙すなら、政治家になる資格はありません。

 自民党も憲法問題を党是に掲げながら、いつまで何をしているのですか? 経済問題に取り組む姿勢もまるで見られません。立民ら野党各党が莫迦だらけだから助かっているものの、あなた方も政治家を語る資格がないのです。

 露国がウクライナ侵攻に踏み切ってしまったあの時こそ、北方領土問題で大きな賭けに出る好機だったのに、それもしませんでした。口先だけの辻元氏と岸田文雄首相は、残念ながらほとんど同類です。

 先月二十六日記事で申したように、痛ましいにもほどがある知床遊覧船の事故は、行方不明者の捜索に於いて、日露講和交渉の他に代えがたい再開のよい口実になりました。

 日露の海上における捜索および救助に関する国際条約(SAR協定)では、今回の場合、露国境警備局が捜索の義務までは負いませんが、彼らが不明者を捜していることは分かっていました。

 それが海上保安庁と海上自衛隊の動きを一応監視しているついでであっても、口実は何でもよい、と。本気で北海道千島列島と南樺太を獲り返す気なら、何にしがみついてでも厳しい交渉に向かわねばならないのです。

 ところが、占領憲法は、米軍による占領統治基本法でしかありません。露国を煽って戦争を始めさせた米民主党に「わが国の領土を獲り返すための独自の判断を尊重してくれ」とさえ通告できないでいるのです。

 米国の戦争にいつまでもつき合わされる基本法だという現実を、私たち国民が知らねばなりません。

 露国境警備局は、第一管区海上保安本部に対して「国後島周辺での捜索を実施する」と回答してきました。海保が周辺で捜索することにも、露国側は同意しています。

 これは、日露が講和する絶好の交渉材料です。わが国が置かれている露国との(大東亜戦争が終結していない)関係と、欧米各国の対露関係は全然違います。よって欧米と違う対応をして悪いことなどないのです。

 そのような発想すらもないからわが国の外交はまるで駄目なのであり、その主たる原因は、占領憲法を「憲法」のまま放置してきたこと以外にありません。多くの国民が露国とウクライナを見て目覚め始めたのは、せめてものよい機会と申せましょう。

 わが国は、大きく前進しなければなりません。それができない首相なら、自民党内で政権交代するしかないのです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ