中国とWHOの猿芝居

皇紀2681年(令和3年)1月7日

フェイスブック、ジョージア州共和党候補ページを閉鎖 170万人の反バイデンのページも閉鎖

ジョージア州を代表する2人の連邦上院議員を決める決選投票のわずか数日前、フェイスブックは共和党候補のケリー・ロフラー(Kelly Loeffler)上院議員とデイビッド・パーデュー(David Perdue)上院議員の募金ページを閉鎖した…

(大紀元時報日本)

 フェイスブックの怪しさは旧年十月二十九日記事でも指摘していますが、本当に共和党候補のページだけを閉鎖させ、いわゆる「反トランプ」は放置して「反バイデン」だけを閉鎖させたとするなら、もはやまともなSNSとしてはもう利用できません。

 わが国では急速に利用者が減り、特に若年層にはほぼ見限られたいわば「オワコン(過去のものとなったコンテンツ)」ですが、ツイッターやLINEといった無料のものには、必ず「毒物」が仕込まれていることを知らねばなりません。

中国、コロナ調査団巡るWHOの懸念を一蹴

[北京 6日 ロイター] – 中国外務省は6日、新型コロナウイルス発生源を巡る国際調査団の受け入れを同国が許可していないことに「深く失望」しているとのテドロス世界保健機関(WHO)事務局長の発言について、現在調整を進めており、懸念する必要はないとの認識を示した…

(ロイター通信社)

 そしてもう一件。「何を今さら『深く失望』だ」といわずにはいられないのが世界保健機関(WHO)のヘドデル・シナゲノム(テドロス・アダノム)事務局長のパフォーマンスですが、日本人拉致事件を起こして未だ全容について知らん顔の北朝鮮と同じで、犯罪者が自ら犯行現場に警察を案内したりはしません。

 しかもWHOはそもそも捜査権限を持っておらず、最初から中共は調査団を受け入れる気などありませんし、WHOも中共へ本気で踏み込むつもりがあったのでしょうか。中共外交部の反応を見ていても、間違いなく「深く失望」が予定調和の猿芝居だったと分かります。

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)で全世界を混乱の淵に陥れ、東京五輪を中止(予定?)させた挙げ句に日本経済を破壊して日本侵略を加速させるつもりの中共は、全人類に対して謝りもしなければ、むしろ他国に謝罪を要求する始末です。

 調査団など送り込むまでもありません。中共は、地図から消し去るべき国です。

スポンサードリンク

『中国とWHOの猿芝居』に1件のコメント

  1. 日本を守りたい:

    緊急事態宣言!!中韓入国自由!ビジネス往来禁止『検討』しただけだ!
    https://www.youtube.com/watch?v=NRZKccWN_4A&t=2s

    中韓入国禁止検討しただけでやってません。しかも、新規入国停止限定なので。発令されても再入国を止める気は一切ありません。
    単なるガス抜きと言いましたが、菅総理とはそういう人なんです。
    特措法改正案の政府原案について、休業命令に応じなかった場合には30万円以下の科料、さらに緊急事態宣言下の命令違反については50万円以下の科料が科される可能性がある。
    ひどいですよね。パチンコはOKですよ。

    上記は 深田萌絵TV より。ぜひ、ご覧下さい。

コメントをどうぞ