菅直人政権で辞めた検事

皇紀2680年(令和2年)9月15日

 菅義偉次期首相が誕生します。予定通り石破茂衆議院議員は、四回目の自民党総裁選挙でも勝てませんでした。最下位です。

 しかし、菅義偉内閣では昨日記事でも申したようなことになるでしょう。利権を抱えすぎています。そこで表題の件へ。

尖閣前原証言に踊らされた人たちと、それを拡散させたSNSによる「不作為」に潜む危険性

前原誠司さんの与太話
 過日、産経新聞のとある記事がTwitterのトレンド欄を賑わせました。国民民主党(当時)所属の前原誠司さんのインタビュー記事で、「(2010年発生の尖閣中国船衝突事件で逮捕された中国人船長の釈放は)菅直人首相の強い指示によるものだ」という証言が採録されて…

(ハーバー・ビジネス・オンライン)

 この筆者は、八月二十九日記事でも取り上げた人権無視の一見民主党莫迦議員の私設秘書に成り下がっている例の菅野完氏です。

 冗長なだけで何の意味もない記事ですが、要は九日記事で取り上げた前原誠司元外相・国土交通相の証言を「与太話」だと断じ、産經新聞社をさんざんおちょくり、これを取り上げた多くの国民を莫迦にしています。

 稀代の莫迦に莫迦にされるほど不愉快なことはありませんが、前原元外相の突然の暴露が何の意味を持っていたかは重ねて私の興味を引いていないとして、この件が概ね正しかったことを、時の法務省国際刑事企画官だった山下貴司元法相(自民党)が証言しているのです。

 これは、岡田克也元外相がホワイトボードまで使って「中共人容疑者(船長)の釈放は仕方がなかった」と言い訳した、これまた冗長なだけで何の意味もないゴミを発信したことへの痛烈な批判でした。

 しかも山下元法相は、「こんな官邸主導の釈放事件があったので、僕は検事を辞めた」「当時は『国の出先機関は与党の地方組織であるべき』と主張する民主党議員もいて、『それじゃ地方検察庁も民主党の地方組織になるのか!』という危機感もありました」とまで証言しており、これまで「アベ政治を許さない」とわめいてきた連中が安倍政権に向けて揶揄してきた言いがかりを自ら述べてまで反論したのです。

 ともすれば「自民党の者がいうな」といわれるような内容ですが、それが率直な当時の状況だったのでしょう。官邸主導は結構ですが、官邸主導で法を曲げてはいけません。

 明らかな刑事事件を闇に葬った旧民主党政権は、単に疑義が生じたにすぎない安倍政権の「もりかけ桜問題」とは、やらかしたことの程度が違います。当時の那覇地方検察庁(沖縄県)の検事たちが涙を流して悔しがった旧民主党政権による隠蔽は、大いに説明責任を伴います。

 さて、説明責任を果たしてもらおうではありませんか。国会で証言しなさい。この問題の追及が菅義偉内閣の対中方針を決めることになるでしょう。

スポンサードリンク

『菅直人政権で辞めた検事』に2件のコメント

  1. きよしこ:

    菅義偉内閣のすべきことは旧民主党の悪事の数々と日本最大にして最悪の既得権である報道権力の怠慢と横暴を徹底的に糺し、叩き潰すことです。それさえしてくれれば率直に消費税などは後回しで構いません。あの手の連中のせいで、どれほどの国益が損なわれ、心ある国民が悔し涙を流したか。奇しくも先日これまた日本最悪の偏向左翼機関紙である沖縄タイムスの記者が持続化給付金を詐取したらしいではないですか。新総理誕生がどれほどの期待を持たれているかは知りませんが、「政治は結果」と言うならば早速結果を出してもらいましょう。クズに対しクズの烙印を押し、然るべき罰を与えるだけです。そんなに難しいことではないと思うのですが。

  2. minato:

    おっしゃる通りと存じます。 今後とも良質なご意見宜しくお願いします。

コメントをどうぞ