クルーズ船に元日教組が!

皇紀2680年(令和2年)2月13日

クルーズ船客が政府に手紙 全員検査し「無菌保証」要望

 新型コロナウイルスの集団感染が問題となっているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が12日までに、乗客全員の検査を求める手紙を加藤勝信厚生労働相や武田良太防災担当相ら宛てに出した。「乗客全員の不安や、下船後の周囲の不安をなくすため、『保菌者』でないことの保証が欲しい」と訴えている。

 手紙を出したのは大阪市生野区の団体役員平沢保人さん(64)。乗員が対応で疲労困憊している点も指摘し「保菌が疑われる乗員もケアされるべき存在だ」などとしている。手紙は大阪市のNPO法人を通じて送った…

(産經新聞社)

 本日は、単なる情報の羅列になります。ご了承ください。

 産經新聞社記事にある「大阪市生野区の団体役員平沢保人」なる人物が、連帯労働組合関西地区生コン支部(連帯ユニオン関西生コン支部)とも連携して破壊活動に関与してきた大阪市教員会館理事長で日本教職員組合(日教組)元中央執行委員の「平沢保人」ではないかという話。

 クルーズ船内で懸命の対応に当たる乗員や検疫官らに理解を示す乗客たちのコメントが多い中、一人だけ異常なまでに「文句」しかいわない莫迦がいると話題になっていますが、それが「平沢保人」という話。

 今回は産經新聞社までもが記事にしてしまっていますが、これまではこぞって日本語版を発刊しているに過ぎない朝日新闻公司(조일신문사)や関連の放送局(テレビ朝日系列)がこの莫迦の声ばかりを拡大して報じていたという話。

 厚生労働省は大いに批判されてしかるべきであることを大前提としても、この莫迦が「大阪市のNPO法人」なるところを通じて送った手紙は厚労省宛てではなく、厚労省記者クラブ宛てになっているため、行政批判を真摯にするというより単に政権批判の燃料を投下して面白がっているだけという話。

 船内で、この莫迦が一人でオルグ(破壊活動家の勧誘、主体思想の折伏)に勤しんでおり、既に何人かの乗客が洗脳されてしまっているという話。

 細菌とウイルスは違うにも関わらず、やたら「保菌」という誤った言葉を多用しているあたりに日教組の阿呆さ加減がにじみ出ており、むしろ新型コロナウイルスよりも「日教組・関生菌」の船内蔓延が危ぶまれているという話。

 つまり、日教組は厚労省以上にクズという話。

スポンサードリンク

『クルーズ船に元日教組が!』に1件のコメント

  1. 心配性@我は蛮夷なり:

    今、マスコミを通じて政権批判をしている場合ではないですよね。
    「記者クラブ」ではなくて、厚労省に直訴した方がよかったかも知れません。

    新型コロナで話題が持ちきりですが、インフルエンザと花粉症も流行っているんですよね。
    マスクが全然足りていません。
    インフルエンザの方ですが、こちらはお子さんの症状が深刻化する傾向にあるとのことで少々心配です。

    米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/

コメントをどうぞ