日韓首脳会談などしてない

皇紀2679年(令和元年)11月8日

 タイ王国(泰国)のバンコク都内で開かれた東南亜諸国連合(ASEAN)+3(日韓中)首脳会議で、安倍晋三首相を待ち構えて(気持ち悪い……)強引にソファに座らせた韓国の文在寅大統領(北朝鮮工作員)側がまるで「日韓首脳会談」だったかのように主張する歓談程度の顔合わせは、全く公式に記録する必要のない程度のものです。このようなものをいちいち首相官邸や外務省が公表しなければならないことはなく、これまでにもホームページなどでわざわざ紹介されていません。

 ところが、文北朝鮮工作員政権側はこの事実にすらも噛みついています。

 青瓦台(大統領官邸)は、歓談の様子を写真つきでことさら大きく伝えたのに対し(安倍首相と口が利けてそんなに嬉しかったのかい?)、当然わが国側は泰国首脳らとの会談(公式)を写真つきで紹介し、つきまとわれて話しかけられてしまっただけの非公式な無駄口なんぞにページを割いたりしていないのです。

 それを、今上陛下御即位に伴う「即位礼正殿の儀」「饗宴の儀」にのこのこやってきて羽田空港に到着するなり嵐の神(須佐之男命か?)の手荒い出迎えを受け傘を壊された李洛淵首相(北朝鮮工作員の遣い)は昨日、韓国国会内で「日本の発表は国際的基準に合うと見ない」などと「どの惑星文明の国際?」と首をかしげるような眠たいことをぬかし、挙げ句に「私も安倍首相と会ったが(会わせていただけたの間違いだろう)、両国の発表文を見ると韓国の発表文は私と安倍首相の発言が六対四程度(はい!ここが自己中心的)だが、日本外務省は九十五対五程度で自己中心的な発表をした」と「自己中心的」をそっくりそのままお返しし顔に塗りたくって息もできなくしてやろうかというような寝言を吐きました。

 未だに「日本が七月以降に取った韓国に対する不当な経済措置(そのような措置は存在しないよ)を撤回すれば、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を再検討できるという立場に変化はない」といい張っているのですから、まさしく莫迦につける薬はないのです。

 これら北朝鮮工作員政権の相手をさせられてきた中、わが国の主張は明確であり、よってそれを列挙して有効なのに対し、莫迦どものほうは回答がないか、或いは妄言の繰り返しなので、必然的に発表できる内容が「五」程度しかありません。それを「自己中心的」という前に、有効な回答を用意してきなさいという話なのです。

 一方、金一族のようにブクブク太った「潰れたヒキガエルみたいな二目と見られない醜い顔」でおなじみの文喜相国会議長(別口の北朝鮮工作員)が先帝陛下(現上皇陛下)にお詫びの書簡を送ったのではないかという一部報道について、醜い側が否定しました。

 どうしても性格まで醜くて謝る気がないのでしょうが、そもそもこの話を作ったのは、韓国にわが国の内部情報を漏らしてきた河村建夫日韓議員連盟幹事長(自民党・山口三区)であり、果たして「絵を描いた」のは誰なのかということになるでしょう。

 北朝鮮は、文工作員政権に「日韓関係を改善させるな」と現在の動きを非難しています。この政権が続く限り、私たちは酷く侮辱され続けるのです。本日のこの記事の、端端に表れた書き方のように。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ