韓国国会議長への冷遇続く

皇紀2679年(令和元年)11月6日

 第六回主要二十国(G20)国会議長会議に出席した韓国の文喜相国会議長が相変わらず日韓併合条約締結下の韓民労働者(異称=徴用工)に関する「全く必要のない慰謝料(?)」を捻出する基金を設立するだの、日本の企業と個人が自主的に寄付しろだのと「寝言は永眠してからあの世でいえ」といいたくなるような妄言を連発したことは、既に報じられている通りですが、先帝陛下(現在の上皇陛下)に対する非礼極まりない暴言を吐き、その撤回を求めたわが国国会からの書簡を無視しておいて、訪日の機会にわが国国会議長に会おうなどとよくも思えたものです。

 むろん山東昭子参議院議長は、この「潰れたヒキガエルみたいな顔の莫迦」の要請を断りました。議長会議の集合写真でも汚い風体の莫迦議長を最も端へ追いやり、目も合わさなかったのです。

 自民党の二階俊博幹事長も面会を拒否していますし、現段階では、わが国の情報を韓国へ漏らした罪歴のある河村建夫日韓議員連盟幹事長にしか会えていません。

 そういえば、ご存知の通り韓国国会は一院制であり、よって議長はこの醜く太った莫迦しかいないのですが、わが国の「参院不要論」は、どうやら貴族院の流れを受ける参院を目の敵にして消し去り、(一院制の国は他にもあるが)韓国と同じにしようという魂胆があるようです。

 近年国会の内外で珍妙なプラカードを持って叫び散らす野党議員たちの倫理違反行為も、韓国の野党議員たちを真似たものに見えて仕方がありません。

 かつてわが国の国会に於いて、あのような政治活動家が手にする類いのものをわざわざ集団で持ってわめき散らす阿呆など一人もおりませんでした。ところが、近年の韓国国会議員たちの活動手口を輸入する頭のおかしな野党議員が出没し始め、とうとうわが国の立法府も汚されてしまったのです。

 北朝鮮工作員の文在寅大統領が東南亜諸国連合(ASEAN)プラス3(日韓中)首脳会議(泰王国バンコク都内で開催)を前に、安倍晋三首相を待ち伏せして強引に話しかけた十一分間を、さも「日韓首脳会談」かのように報じた韓国。これを「挨拶しただけ」と伝えた日本。

 これを好機と捉え、東亜の秩序を乱そうとしているのが北朝鮮と中共なのです。だから文大統領はわざと日韓関係を破壊してきたのであって、わが国側の冷たい対応を批判するほうがどうかしています。

スポンサードリンク

『韓国国会議長への冷遇続く』に5件のコメント

  1. 日本女性:

    >自民党の二階俊博幹事長も面会を拒否していますし

    15分会ったようです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00080005-chosun-kr

  2. 遠藤 健太郎:

    いつもありがとうございます。

     あらあら。直前で屈しましたな。何かの調整を官邸と与党(自民党)でやらされたのでしょう。また聞いておきます。

  3. きよしこ:

    本来なら入国禁止措置が採られて然るべきだとは思いますが、ここは敢えてあの醜悪極まる議長を公の場に引きずり出すことで日本人の文政権に対する不信や憎悪を煽るのも対韓戦略として悪くありません。物乞いのように着席での「会話」を求められ安倍首相が「機械的に」応じただけの僅か11分間の出来事を力ずくでも日韓関係修復の切っ掛けとしたい両国メディアの思惑とは裏腹に、ただ当然の振る舞いを続ける安倍内閣の支持率は、問題だらけの政策を採り続けながらも再び回復するでしょう。我が国の文政権に対する世論は「冷たい」のではなく「いたって冷静」なだけなのです。

  4. 招かれざる客:

    万楽に揺蕩う常世の国よ。

    歓喜ノウちに顕現セよ。

  5. まずは日本書紀を読むべきだ。:

    何にもお返しせずに読み飛ばすのは失礼に当たりましょう。

    天地晦冥して光届かず。

    化現せよ。

    霊異の現世を。

    彼岸の命脈を絶ちし人間の愚の自覚欠如せし。

    民主主義は堕落せし。

    民主主義の腐敗は此岸の世界を蝕むのだ。

コメントをどうぞ