水道民営化を止めよう!

皇紀2678年(平成30年)7月9日

【コンセッション革命 民営インフラ】(下)国内初の下水道事業 20年でコスト87億円削減

浜松市の東南端、遠州灘を望む下水処理施設「西遠浄化センター」(同市南区)は、1日に約14万立方メートルの下水を処理する。市内から排出される下水の5、6割を占める…

(産経ニュース)

 産經新聞社がこのような記事を配信していましたが、その内容がどれほど酷いか、よくお調べになって書かれたのでしょうか。コンセッション方式をインフラストラクチャー(社会基盤)に適用するのがいかに危険なことかは、一月八日記事で申した通りです。

 同じ公共施設でも、美術館や博物館、或いは市民プールの運営を民間に委託、或いは売却するのはまだ構いませんが、現状電気とガスが民間企業によって運営されている件にしましても、例えば外国人株主らによって経営が歪められれば大変危険ですし、水道はさらに社会基盤の要ですから、そのまま外国企業に売り飛ばされるのを可能にする法改正など絶対に許してはなりません。

 しかし、地方自治体の水道事業の運営権を民間企業へ売却できるようにする水道法の改正を、政府与党は今延長国会で目指しています。これは、昨年に一度廃案になりましたが、安倍内閣は再度挑むようです。

 残念ながらこの背景には、麻生太郎副首相兼財務相の強力な推しがあり、四年前に仏パリ市郊外の古城で派手な結婚式を執り行った娘婿の仏国人が関係しているともいわれています。

 既に水道局が検針・料金関連業務を、仏国の多国籍総合環境サービス会社「ヴェオリア・ジェネッツ」に委託し始めた自治体があり、東京都などもそうです。仮にもこれがなければここまで危機感を煽るようなことを申すつもりはなかったのですが、水道法に手をかけた直後の展開が見え見えなので、申さざるをえません。

 国会内では、日本共産党らが改正に反対していますが、皆さんご存知の通り「さぼり」癖のある信用のない野党議員に、到底この件は託せません。与党議員に働きかけて止めてもらうしかないのです。

 安倍晋三首相の自民党総裁選挙三選をめぐり、いわゆる「安倍・麻生連合」の正体がこの水道法改正ならば、なお止めさせるのは困難ですが、私たち国民の声を無視して進めた政策は、必ず政権の命取りになります。来年の統一地方選挙、参議院議員選挙に向け、私たちの力を誇示してでも臨みましょう。

スポンサードリンク

『水道民営化を止めよう!』に4件のコメント

  1. 心配性@我は蛮夷なり:

    豪雨災害の犠牲者が増え続けております。
    お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、一日も早い復旧を願うばかりです。

    >同じ公共施設でも、美術館や博物館、或いは市民プールの運営を民間に委託、或いは売却するのはまだ構いませんが、

    まだマシですが、外国(特に反日国)のお金がどんどん入ってくるようになると色々と問題が生じるてくるのでしょう。

    >地方自治体の水道事業の運営権を民間企業へ売却できるようにする水道法の改正

    バブル崩壊後、知らない間に多くのものが民営化され、今頃それを知って「え・・・!」と驚く事もしばしばですが、「水道法改正」にしても、「モリカケ」と違い、マスコミが沈黙しているのが不気味です。
    それどころか、歓迎している雰囲気さえ感じられます。

  2. あき:

    私が、安倍自民共(創価共産他は言うに及ばず!です)が、絶対に許せないのは、移民大量流入もですが、この水道法改正、種子法廃止(他にも有るんでしょうけど知らないので)です。
     今迄、日本人が大切に守り維持してきたものを、維持費がかかる~財政が~~とか!下らない嘘っぱち並べ立て外国人に売り払い!自分もお零れに預ろうとする卑しい根性!しかも、それやって全部漏れなく失敗している事実が有るのに!です。  
     前にも投稿したけれど、金の流れがおかしい、研究費なども反安倍糞左翼教授に流れたりおかしい人達に流れている。 国を傾けるほどの流れなら止めなければならないです。
     水道民営化・絶対に嫌です、止めたい 他にも有るけど、きちんとした保守政党保守議員役人が絶対必要不可欠です。 
     今、この大水害・外資共外人が、一生懸命出来ますか?やってくれますか?少し考えれば判る筈、インフラは命そのもの・沢山の普通の人の命生活を守る物なんです。

  3. きよしこ:

    本当に国を愛するとはどういうことかと問われれば、どんな内閣であれ良いものは積極的に評価し、
    悪いものは徹底的に糾弾するということなのかもしれません。残念な事に、現在の日本では安倍内閣を支持する人間は右翼で、支持しない人間は左翼という稚拙な論理が政治論壇を支配してしまっています。本来右翼だの左翼だの、どうでもいいことなのですが、水道民営化に賛成する人によれば「国際競争力が高まる」「水道料金が安くなる」とのことですが、文化やスポーツ、芸術と同じ感覚で社会基盤を扱うことがどれほど危険か、この手の人には死ぬまで理解できないのでしょう。それもこれも「高価なものは悪、安さこそが正義」だと言わんばかりのデフレマインドに完全に浸食された「アメポチ」が、これまたいつまでも対米従属から抜け出せない議員たちを支持していることに起因します。

    我が国の報道が全うで、成熟した民主主義国家であれば今こそ野党の腕の見せ所なはずですが、与党以上に有害な役立たずの野党ののせいで、「与党の暴挙を止めるために与党の議員に陳述する」という、とても祖先に顔向けできない有様です。天皇陛下を無理矢理「退位」させるという神をも恐れぬ所業に何ら疑問を抱かない国民を殲滅するかのように大規模自然災害が続いています。私は神仏の存在には興味がありませんが、さすがに今回ばかりは「平成が終わる前に全ての日本国民は神の怒りにより殺し尽くされてしまうのではないか」と、本気で怯えています。

  4. お天気任せ:

    世界で失敗したのをやるのが好きな安倍政権です。
    水道民営化などはやめた方がいいのは、わかっていることだが、やりたいのでしょうね。
    外資に優しい安倍政権。
    カジノも同じ、世界中で破綻しているカジノを日本でやって、アメリカに資金を流すのが目的。
    日本人のやることではない!
    だから、豪雨予想と死刑執行の前日に宴会ができるのでしょうね。

コメントをどうぞ