国民民主既に森友加計以上

皇紀2678年(平成30年)5月13日

南海トラフ地震の前に発生する内陸地震に警戒必要 注目エリアは近畿、中部 専門家対策呼びかけ

東日本大震災から7年、南海トラフ巨大地震の発生が迫っているといわれる中、近畿や関東での内陸地震が懸念されている。「地震の見方」について、東北大学災害科学国際研究…

(産経WEST)

 読者の中に何度も国土強靭化の提唱を呼びかける方がおられますが、そのための社会基盤(インフラストラクチャー)整備は、旧民主党が政権を獲って(だいたい現在の立憲民主党と国民民主党の連中)が「コンクリートから人へ」と提唱し、一度捨て置かれました。

 その「コンクリート」で百%の人命が助かるわけではありませんし、余計なことをして自然を破壊することでかえって災害を招くこともあります。しかし、自然祭祀に於ける自然への畏怖の念を忘れなければ、人は災害に備えようとするのが本能です。

 死にたくなければ備えるしかありません。国防も国土強靭化も、全く同列の問題なのです。これらを行政や立法の国家権力が否定すれば、私たち国民を大量に殺すことになります。それを今の国会議員たちは、全く分かっていません。

 わが民族の類稀なる結束力は、こうした「災害列島」で育まれた本能です。それを全否定したのが現行憲法(占領憲法)なのです。よって占領憲法下では、戦争を含む災害を未然に防ぐことも、起きた災害からの復興もまるでできません。だから東日本大震災や熊本大地震はおろか平成七年発生の阪神淡路大震災も未だ復興しきれないでいるのです。

 国防も国土強靭化も急務です。一刻も早く占領憲法を「憲法」と認めることをやめましょう。

■第7回 救国の提言講演会<関西>
 日時 平成30年6月10日(日曜日) 午後13時30分(10分前開場)
 場所 神戸市勤労会館3階
(地図は施設概要を参照)
■第8回 救国の提言講演会<東京>
 日時 平成30年6月17日(日曜日) 午後13時30分(10分前開場)
 場所 文京区シビックセンター3階
(地図は案内図を参照)

~第7・8回 共通の項目~
 内容 ニュースの見方講座「韓半島・中共・米国と日本」
    政治の話し方講座「陳情ってどうやるの?」
 参加費 1,000円(資料代・お茶代・お茶菓子代込み)
 申込み 参加お申し込みページより
     ご氏名、参加人数をお知らせください。

 さて、ここで表題の件。私は、国民民主党結党の報道を完全に無視しました。一切取り上げていません。その価値を認めなかったからです。

 ただ、既にお気づきの通り旧希望の党は、二手に分かれた双方で政党助成金を分け合う目的で「分派」ではなく「分割」という手法を取り、そのために日本獣医師会を「忖度」したことで知られる玉木雄一郎衆議院議員(香川二区)は、一旦「国民党」なるダミー政党と申してよい出鱈目な政党を作ったことにして一日で解散させ、旧民進党と「合併」したことにしました。

 それが玉木「国民党」代表の旧民進党(大塚耕平代表)一派への手土産であり、結党された国民民主党の薄汚れた財布の中身なのです。

 これは違法ではありませんが脱法行為でしょう。仮にも自民党が同じことをすれば、彼らはまた騒ぎ立てて職場放棄・無断欠勤を重ねるに違いありません。どこまでいっても税金泥棒です。

 こんな手口で生き長らえた連中にいわゆる「森友・加計問題」を追及する資格など一分もありません。立憲民主党も、旧民進党の分裂・瓦解を止められたのに止めなかった「腰抜け」たちであり、偉そうなことはいえないのです。これはもう壮大な「安倍内閣応援団」にほかなりません。「倒閣」が聞いて呆れます。

スポンサードリンク

『国民民主既に森友加計以上』に3件のコメント

  1. 心配性:

    地震が心配されるので、皇族方のお住まいを今すぐ京都へ移すべきだという意見が多く聞かれますが、その京都こそが非常に危ないのだという専門家の意見もあるようです。
    「人命」は言うまでもありませんが、古い街並みや建物や文化財が集中している地域ですから、災害対策を急いだ方がよいでしょう。

    「自然の脅威」というのは計り知れないものがあるので、被害が発生した場合、責任の所在が有耶無耶にされることが殆どでしょう。
    多くの場合、人々は、釈然としない気持ちのまま、苦難を耐え忍ぶことになります。
    これは「災害」に限った事ではありません。

    当時の官僚や政治家や業界や経済界、それから国民の責任なども指摘されていますが、野生動物の「花粉症」も、国中をスギの単層林だらけにしてしまった事による「人災」だと思います。

    花粉症のサル達
    http://monkey-center.com/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%AB%E9%81%94/

    私の親族は、花粉の季節に無呼吸が悪化し、それによって体調を大きく崩し、しばらくの闘病の後に息を引き取ったような気がします。(はっきりした事は分かりません。)

    仮に国や医師の対応に問題があったとしても、遺族というのは先ず、自分を責めるものです。
    「もっと腕の良い医者に診せるべきではなかったのか?」とか、「症状を軽く見ていた自分たちに落ち度はないのか?」とか、仕舞には「人はいつか必ず死ぬものだ。」とか、「年配なのだから、突然お迎えが来ることだってあるさ・・・」と言い合っては自分たちを慰めるのです。

  2. きよしこ:

    たしかに「脱法行為」は違法行為ではないので「違法ではありませんよ」と言い訳もできるし、報道各社がいわば「スルー」してしまう正当な理由にもなりえますが、であれば何ら違法性の無い加計学園の事案に関して安倍首相や柳瀬元秘書官に対し人格攻撃に等しい物言いを止めろということです。この手の連中に政権を担う資格も資質も、それ以前に意欲もありません。そこにあるのは左翼メディアからの徹底的な「悪い忖度」を受けて不祥事を闇に葬ってもらい議員という名の税金泥棒しての地位を保ち続けたいという、限りなく汚い欲望です。安倍内閣がこの先どのような成果を残すのかあるいは残さないのかは知りませんが、玉木雄一郎という人間は憲政史上最も醜悪で卑劣な政治屋として未来永劫教科書に乗せ続けるべきです。本当にこの類の人間にだけは全うな死に方をしてほしくありません。

  3. POLLUTANT:

    >これはもう壮大な「安倍内閣応援団」にほかなりません。「倒閣」が聞いて呆れます。
     ↑もう少し真面目にやって欲しいですね。これなら何でも反対‼とやってた方がマシだったんじゃないかと思う位です。取敢えず意見だけでも言っておけば、後の理屈は外野のブレーン等が考えてくれますし。菅内閣で「平成の開国」だとか言ってTPP を推し進めようとした時なんか、とても民主党政権を支持なんかしてないような人達が、取敢えずはTPP の正当性の理屈は考えてくれましたからね。

コメントをどうぞ