加計学園と安倍発言の真相

皇紀2677年(平成29年)11月13日

住民も恐々 加計学園獣医学部に「バイオハザード」リスク|日刊ゲンダイDIGITAL

 今治市に建設中の加計学園の獣医学部キャンパス。“加計ありき”で国家戦略特区の事業者に認定された疑いは強まる一方だ…

(日刊ゲンダイDIGITAL)

 この三流以下の醜聞紙は、日ごろからろくな記事を配信しないことで広く知られており、今回のこの記事も、安倍晋三首相と学校法人加計学園の加計孝太郎理事長との関係をひたすら「いやらしい目で見る」目的だけで書かれているため、本来は全く読む価値を認めませんが、実は重要な真実を一つだけ指摘しています。

 それは、六月十三日の参議院厚生労働委員会で、獣医学部新設の本当の目的まで達する質問がなされていたことです。この記事が配信されてから五か月、岡山理科大学獣医学部にバイオ・セーフティー・レヴェル3(BSL-3)の施設が設けられることに、今なお一切の議論が加えられていません。少なからず「調査チーム」ばかり作ってわめくだけの当時民進党と、自民党の石破茂衆議院議員が(反安倍の目的で)何か愚痴をこぼした程度です。

 加計学園がバイオハザード(生物災害)を起こし、今治市民を犠牲にするというような醜聞紙と民進党の追及など、まさに「(島津理化の実験施設ユニットを設置することが設計図からも明らかなので)いちゃもん」ですから無視すればよいのですが、問題は、国家戦略として新しい獣医学部にBSL-3の施設を設けることと、安倍首相が四月の国会答弁で「北朝鮮は既に、生物化学兵器を弾道弾に搭載可能だと思われる」と発言したことが関連しているのにほかなりません。

 周知の通りわが国の生物化学兵器対策(防衛)は弱く、北朝鮮の脅威が増す中、従来の施設でできないことを獣医学の手を借りてやろうと考えた政府の内なる目標は、それがたとえ現行憲法(占領憲法)の枠内で、米政府に指摘されるまま進められることであったとしても、決して間違いではないのです。

 ところが、この真実にまで一応迫った「反安倍」は、国民を守るための施策には目もくれず、ただただ「バイオハザードが起きる(→島津理化の製品を偽物呼ばわり?)」「実験室が狭いのはおかしい(→国内約二百カ所の同レヴェル施設で、広い実験室などどこにもありませんが?)」「防衛を研究することは攻撃を研究することだ(→北朝鮮が撃ちこんでくるかもしれないのですが?)」とわめき散らしています。これでは、安倍内閣を倒すことにまるで効力を発揮しません。

 九州の既存の大学とも連携して動物実験が行われ、国家安全保障上の問題でもあることから、政府がこれを表沙汰にすることはないでしょうが、安倍首相のあの思い切った発言と獣医学部の新設には、それなりの根拠と重要な目的があることを、私たちは知った上で、それでもまだ「二つの学園問題」で安倍首相を追い落とそうとする連中がいることを、なるほど「だからなのか」と理解して下さればと思います。

■11.25「第六回 救国の提言」■
 平成29年11月25日(土曜日) 大阪駅前第二ビル5階で開催決定!
 詳細は、後日お知らせします。皆さんのご参集を心よりお待ち申し上げます。

スポンサードリンク

『加計学園と安倍発言の真相』に2件のコメント

  1. あき:

    加計って、支那人が250人程度、朝鮮人が20~30人他各種外国人も、入学するんじゃないでしたか?
    自分の国の、鳥インフルエンザやら口蹄疫などを、きちんとして欲しい・みたいな目的とか?
    わざわざ口蹄疫をまき散らしに来た韓国人(朝鮮人)~教育しても無駄じゃないのかな?併合して教育した結果もあれだし。  それは別としてこの学生にも税金が湯水の様に使われるのかな?本当にこの国は自国民を大切にしませんね。  今外国人に垂れ流しているお金を国内に、日本人学生補助(私は何でも無料・無償って言うのは疑問です)に、使って欲しい。

    バイオハザード・とか、本当に考えてるんならいいけど、今の政治家やら露出してる学者教授評論家?
    何にも考えて無いんじゃ?利権、金儲けとかしか興味ないんじゃないの?
    この一連のモリカケ騒動・マスメディアの横暴腐敗、官僚の腐敗いい加減さなど、この日本は大丈夫か?!という不安、不信が、確固たるものになりました。 真面目にきちんとしている人も、勿論居るでしょうが拝金主義の異常者反日売国奴とかは陰湿で凶暴ですから大変だろうと思います。
    しかし、頑張って欲しい・本当にこのままじゃ駄目です。

  2. アンチレッド:

    日本における左側隠ぺい問題

    川崎市がヘイトスピーチの事前規制などというトンデモない指針を示したが、片手落ちの偏向した考えとしか思えない。

    数学で、マイナス×マイナス=プラス、というのは世界共通の論理だが、何も数学だけの話ではなく世の中で普通にある話だ。

    これは、対象者・物(-)に対する人の行為(-)=(+)の結果、という構図で表せて、
    ・   ゴミ(-)  を捨てる(-)=(+)の結果
    ・害虫・害獣(-) を駆除する(-)=(+)の結果
    ・  犯罪者(-)を刑罰に処す(-)=(+)の結果
    ・テロリスト(-) を排除する(-)=(+)の結果
    など一般的に(+)の結果として認識されていることはいくらでもある。

    朝鮮人に対する日本人のヘイトスピーチと言われるものをこれに当てはめると、
    ・朝鮮人(-)を排除する(-)=(+)の結果

    一方、川崎市など朝鮮人擁護側の論理は、
    ・朝鮮人(+)を排除する(-)=(-)の結果
    という論理、つまり何も悪くない朝鮮人に日本人が一方的にヘイトスピーチしてるから悪いということだろう。

    この2つで認識の相違があるのは、朝鮮人が(-)か(+)かの部分である。
    つまりヘイトスピーチ問題とは、朝鮮人が(-悪)か(+善)かの問題であり、これを検証すべき問題なのだ。

    この問題は上記文章の左側の「朝鮮人による悪行隠ぺい」が問題といえるが、この左側問題は他にもある。

    ・財務省の「国の借金ガー」問題のバランスシートの左側にある「資産」隠ぺい。

    ・サヨクの「戦争法案・軍国主義ガー」問題の左翼側の「暴力革命・国家破壊」思想の隠ぺい。

    今の日本はこれら「左側隠ぺい」によって蝕まれている。

コメントをどうぞ