日韓に巣食う北朝鮮工作員

皇紀2677年(平成29年)6月13日

【サッカーW杯】「北朝鮮含め日中韓4カ国で共同開催を」 文在寅大統領が2030年大会でFIFA会長に提案

【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、訪韓中の国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長とソウルの大統領府で面談し、2030…

(産経ニュース)

 韓国大統領の座を朴槿恵前大統領から強奪した北朝鮮の文在寅工作員は同日、安倍晋三首相の特使を演じた自民党の二階俊博幹事長とも会談しています。そして、国会で初めて施政方針演説もしており、約三十分間のほぼすべてを経済対策に割きました。

 以前申したように、文大統領の頭の中に有用な経済政策などありません。早晩国民が彼にそっぽを向き始めるのを恐れ、着実に「韓国の北朝鮮化」を急いでいますが、この最初の施政方針演説に彼のジレンマが透けて見えました。彼は、工作員らしく韓国国民を籠絡する(一兆円規模の補正予算で十一万人の雇用を創出するという実際はできもしない)手立てを講じたのです。

 一方、彼のもう一つのジレンマは、勝手に北朝鮮を加えて「日韓中朝」のスポーツ・イヴェントをやるという案が、もう一人の工作員である国民の党の朴智元前代表に邪魔されないかということでしょう。

 既に文大統領が承認した訪朝団を北朝鮮に断られた一件は、目下核保有を米国に認めさせようとしている北朝鮮側のさまざまな思惑も絡んでいますが、北は韓国国内の工作員の「忠誠合戦」をやらせるつもりかもしれません。文大統領も、北の同胞に青瓦台で殺されないよう必死なのです。

 だからこそ彼は、決してわが国に宥和的な態度など取りません。期待するだけ無駄であり、もう一度申しますが一切の妥協を見せてはならないのです。文大統領を「交渉に優れた為政者」に見せかけてしまうことは、韓国国民にとっても絶対によい結果をもたらしません。

 そのような中、くしくも二階幹事長が「撲滅しよう」と述べた「日韓を遠い位置に持っていこうとする勢力が韓国にも日本にも存在している」というその勢力は、あからさまな世論誘導を恥ずかしげもなく遂行しています。

 その一例が十一日付の中日新聞社紙面です(画像参照・クリックして拡大表示)。ここを韓国と間違えているのでしょうか。犯罪の証拠がない朴前大統領を監獄に押し込んでトランス状態に堕ちている韓国国民になら一部受け入れられるかもしれませんが、私たち日本国民を相手にも同じことを仕掛けてくるこの感覚を、むしろ恐ろしいことが始まったと捉えてください。あまりの酷い「広告記事」に笑っている場合ではないのです。

スポンサードリンク

『日韓に巣食う北朝鮮工作員』に3件のコメント

  1. 心配性:

    故吉田清治氏の捏造証言を世中に拡散し、日韓関係を修復不可能な状態に追い込んだ「朝日新聞」ですが、「獣医学部新設」をめぐる「朝日新聞」や「テレビ朝日」の報道があまりにも「捏造上等」「なんでもあり」になりつつあるので、多くの読者や視聴者が不審に思い始めているようです。
    (獣医学部新設が駄目になり、岡山理科大本体や、グループの学校の経営に悪影響が生じた場合、誰が今治や加計学園に謝罪と賠償をしたらよいのでしょう?血税で賠償でしょうか?)

    そんな中、玉木議員が再び「獣医師の給料を倍にすればよい」といった、獣医師会への利益誘導とも受け取れる不用意な発言を行い炎上しているようです。
    http://netgeek.biz/archives/97851

    >【サッカーW杯】「北朝鮮含め日中韓4カ国で共同開催を」 文在寅大統領が2030年大会でFIFA会長に提案

    近年「神宿る沖ノ島を日韓共同で世界遺産に」という「朝日新聞」の報道を目にしたように思います。

    歴博の高田貫太氏の近著『海の向こうから見た倭国』の中でも、3世紀後半~6世紀前半の日本列島と朝鮮半島の間の人の移動(移住)が一方通行ではなかった事実が紹介されると共に、沖ノ島は日本と朝鮮半島との海上交通の要衝に位置しており、古代日韓交流のシンボル的な島であり、韓国側にも沖ノ島に似た様な祭祀場が存在する事が強調されていました。
    こうした日韓の「研究成果」を踏まえて、「共同で世界遺産」という朝日新聞の変な記事になったのでしょう。

    意図的に無視されがちですが、‶神宿る沖ノ島”や朝鮮半島への渡航は、既に縄文時代から行われています。
    縄文人は、伊豆大島や八丈島へも出かけ、沖ノ島や朝鮮半島へも出かけ、沖縄方面へも出かけて行く、勇敢な海の男(女)たちの集団でもありますから、別に「シベリアからやって来た孤立した人々」ではありません。
    関東縄文人の母系のルーツ(ミトコンドリア)を見ても、東南アジア方面に多い、BやFなどが目立ち、またM7aや M7bや M7cなども散見され、あまり縄文人らしくありません。
    閉鎖的ではなく、異なるルーツの人々とも積極的に交流してきた活動的な人々という印象を受けます。

  2. K.G.:

    私はネットでいろいろな知識を得るくらいしか他に何もできない素人ですが、この貴ブログにお書きになっている内容には賛成できることが多いのでよくのぞかせていただいてます。韓国が最近大統領に選ばれた文とか言う人物、北に融和的とか言われているが、突然こんな人物が現れたわけでなく、戦後ずーっと北朝鮮が水面下で工作してきた流れがあったからであると私は思います。日本はまた別のように見えるけれども、やはり北は表面では分かりずらいが、陰ではかなり活発に工作活動やっているのに違いありません。朝鮮学校に日本が資金援助とか、授業料無償支援とか、まるで日本の公立学校と同じ資格があるような言いぐさで運動する厚かましさ、この厚かましさと同じ意識から出てくる日本人洗脳工作思考はかなり激しいものであると思います。ここらが普通の日本人ではあまり気付かなくて、みすごしやすい点ですね。ここ点でしっかり日本人は認識して、共産党民進党その他弱小反日政党の後押しする北の工作を食い止める手立てが必要かと以前から私は思っていました。テロ防止法とともにスパイ防止法とかが必要ですね。

  3. 蝦夷系?:

    二階を大事にする? 安倍総理も大丈夫か? いろいろ あるのでしょうね?

コメントをどうぞ