民進小西議員の呆れた発言

皇紀2677年(平成29年)2月12日

 安倍晋三首相と米国のドナルド・トランプ大統領との日米首脳会談は、既に報じられている通りうまくいっていますが、今後は、安倍首相が提案した麻生太郎副首相兼財務相とマイク・ペンス副大統領との経済対話が重要になってくるでしょう。

 これからは、わが国側が先制攻撃すべきです。例えば「プラザ合意以来の円高、特にここ二十年以上に及ぶ異様な円高で日本が被った損害は、米国がもたらしたものであり、トランプ新政権は、このような『為替操作』を否定しているため、今後の交渉に期待する」といった具合です。

 しかしながら日米首脳が極めて良好な関係を築けたからこそ、このような提案が可能になります。首脳どうしが険悪な関係では、どうしようもありません。

 それがたまらなく悔しかったのか、昨日申したようにトランプ大統領にようやくたどり着いた中共共産党の報道機関「中国中央電視台(CCTV)」は、今回の日米首脳会談について「安倍首相は、トランプ大統領との関係に自信がない」などと、どこをどう切り取れば出てくるのか意味不明な論評を伝えました。

 また、朝日新聞社テヘラン支局(イラン)の神田大助支局長が自身のツイッターに「安倍首相、大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」と首相個人を揶揄し、のちに削除する騒動を起こしています。これも意味不明であり、ただただ悔しかったのでしょう。

 米国の報道記者たちも、今や大統領憎さに冷静を欠いていますが、報じる側がこうも感情的では、受け取る側の私たちがよほど気をつけてその正誤を分別しなければなりません。

 https://twitter.com/konishihiroyuki/status/83023884007……
 ▲小西ひろゆき(参議院議員):品格のない顔。よく似た二人。(後略)
 https://twitter.com/konishihiroyuki/status/83037795381……
 ▲小西ひろゆき(参議院議員):(前略)安倍総理の入国禁止(国際法違反)に対し「コメントを控える」は憲法に違反し、ゴルフ外交は二重に憲法に違反する。(後略)

 中でも、私たちが選んでしまった国会議員の異常は、気をつけてすむものではありません。野党の民進党が現政権を批判するのは、或る程度までは仕方がないのですが、意味不明では困ります。

 その代表格が、かつて予算委員会で「クイズ番組ごっこ」をした小西洋之参議院議員(千葉県選挙区)であり、日米首脳の顔を指して「品格がない」、或いは別のツイートで「(二人は)法の支配、人権などの普遍的価値を有していない」などと書き込む感情は、ともすれば外交問題に発展しかねません。むしろ品格がないのは、小西議員のほうです。

 さらに政治家として問題なのは、現行憲法(占領憲法)前文の解釈を完全に間違えていることであり、トランプ大統領と話したり(国家国民のために)親交を深めようとしただけで憲法違反と考えるのは、異常を極めています。

 彼には、この前文そのものに対する問題意識も全くなく、わが国だけが「お人よし」にまわって国民益を損じさせられてきた過去などもうどうでもよいという態度が明け透けです。民進党が憲法の議論に応じないのは、この程度の議員しかいないがために、応じられないというのが実情に違いありません。

 何度でも申しますが、野党や報道企業がこの体たらくだからこそ安倍政権が安泰なのです。本当にこれほど無批判(有効な批判がない)でよいのでしょうか。それは、安倍政権のためにならないのです。

スポンサードリンク

『民進小西議員の呆れた発言』に1件のコメント

  1. やす:

    私の勝手な安部総理に対する想像の話になりますが、総理は非常にバランス感覚に優れた人物で、首脳会談で事を荒立てる心配がないから、非常に占領憲法に忠実と言えるのですが、日本第一主義をこれからアピールしていく上では役不足だと言わざるおえません
    総理は極端に右に左に傾く事がないので、旧民主党のお陰で左に傾いていた日本を中道まで戻してくれたことは評価できるのですが、これから右へ傾けさせ日本第一主義にするためには、今の総理では無理ですね
    私は明治維新には否定的で、明治以降間違った形で西洋文化を取り入れすぎたがために、また西洋文化の危険性に気付かず、それが優れているかのように勘違いしてしまったことで、日本の伝統を守ることよりも、外国との関わりの方に目が行き過ぎた結果、特に支那と朝鮮と関わりすぎてしまったことが、後の大東亜戦争の敗北へと繋がっていったと考えています
    これは今でも影響していて、外国人は差別してはいけないとか、国際的でなければいけないとか、あたかも日本が外国に比べて遅れているかのような想像を持ち、日本の偉大さに気付かない国民が大多数を占めているのが現状です
    トランプ大統領のお陰で、ようやく世界的に自国第一主義が叫ばれるようになりましたが、日本は江戸時代まで日本第一主義だったんですよ
    鎖国と言われていることだって、実際は外国との関わりを無くしていたのではなくて、外交する外国を選んでいただけで、日本のためにならないと判断した国と断交していただけの話です
    それを明治政府が見事にぶち壊してくれました
    明治と江戸のどちらが平和だったか言うまでもありません
    もちろん当事の時代背景もあるでしょうが、かつて戦国時代末期、宣教師をスパイとして送り込みキリスト教の布教と偽って民衆を洗脳することで、国内を混乱させようとしたイエズス会の危険性に気付いた秀吉がキリシタンを徹底的に弾圧したことで、日本が救われたということを学校では一切教えません
    確かに多くの血が流れたのは事実ですが、日本のために徹底的に戦おうとした結果であり、全ての元凶は当事のイエズス会にあります
    これは極端な例かもしれませんが、総理に日本のために戦う気概があるのかというと無いとしか言いようがないのが残念です
    じゃあ次は誰にするのかと言われるかもしれませんが、そろそろ総理は交代した方がいいと考えてます
    長文失礼しました

コメントをどうぞ