カテゴリー『欧州露・南北米関連』の記事一覧

四月日米会談の超・重要性

皇紀2678年(平成30年)3月21日

 昨年十一月三十日記事で、東亜に於ける米国の覇権維持、或いはその拡大を決して黙認しない露国が「朝鮮労働党の金正恩委員長を引き取る(露国の影響下にある第三国へ亡命させる)でしょう」と申しましたが、十七日記事で申した「親米に […]

...続きを読む

米朝首脳会談延期?の真相

皇紀2678年(平成30年)3月17日

米メディア「米朝首脳会談、6-7月に延期の可能性」  米国の主要メディアが、5月に予定されていた米朝首脳会談について「6−7月に延期される可能性がある」と報じた。ティラーソン前国務長官の突然の解任が影響を及ぼしているとい […]

...続きを読む

関西生コン支部に家宅捜索

皇紀2678年(平成30年)3月14日

トランプ米大統領、ティラーソン国務長官を解任 後任にCIA長官 北朝鮮情勢で確執か 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は13日、ティラーソン国務長官を解任し、ポンペオ中央情報局(CIA)長官を後任に据える人事を発表 […]

...続きを読む

日本が国連で受けたヘイト

皇紀2678年(平成30年)3月12日

 東日本大震災の発生から七年を迎えた昨日、日本台灣交流協會(対台窓口機関)の台北事務所で「追悼感恩會」が開かれたことを、ぜひ知っておいてください。呉釗燮外交部長(外相に相当)や台灣日本關係協會(対日窓口機関、旧亞東關係協 […]

...続きを読む

財務省の無理と米朝の無理

皇紀2678年(平成30年)3月10日

佐川宣寿国税庁長官が辞任 「森友問題」野党が追及、国会答弁・文書疑惑引責か 【産経新聞号外】佐川国税庁長官辞任[PDF]政府は9日の持ち回り閣議で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で批判を受けていた佐川宣寿国税庁長 […]

...続きを読む