カテゴリー『コラム』の記事一覧

ホワイトハウス 陥落!

皇紀2673年(平成25年)6月9日

【コラム】  映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』 6月8日(土)全国ロードショー‎  よりによってアメリカの独立記念日にホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、大統領が人質にとられた!……笑えない。いや、別に笑っ […]

...続きを読む

革命とは「虐殺」「略奪」

皇紀2673年(平成25年)5月6日

【コラム】 しばしば私たちが胸躍らせて期待する「革命」ってのはね、  大抵「虐殺」と「略奪」に終わり、あとは何も残らない。  仏国(フランス)の著名な絵画に『民衆を導く自由の女神』ってのがあるでしょ。描いたのは浪漫主義の […]

...続きを読む

医療崩壊を阻止する心得

皇紀2673年(平成25年)4月21日

【コラム】 医療崩壊ってのはね、  日本人の「甘え」が引き起こすんだ、と。    ▲Amazon:医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 [新書] 近藤 誠 (著)  慶應義塾大学医学部の […]

...続きを読む

皇室を卑しくする占領憲法

皇紀2672年(平成24年)12月24日

【コラム】 絶対王政と絶対個性 今ではすっかり王室が一番卑しい存在になった、  いちいち国民に気を使わなきゃならん、と。  平成二十二年に英国が製作した映画で『英国王のスピーチ』というのがある。監督は私と同い歳のトム・フ […]

...続きを読む

十八代目中村勘三郎さんへ

皇紀2672年(平成24年)12月6日

【コラム】 そもそも歌舞伎は「既成の破壊」だった、  と最も理解し実践したのが中村勘三郎さん。  歌舞伎役者の十八代目中村勘三郎さんが十二月五日、亡くなられました。衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。早かったとか、もっと […]

...続きを読む