朝日が横領疑惑を隠蔽か

皇紀2682年(令和4年)11月21日

 国際蹴球連盟世界杯(FIFAワールドカップ)が中東カタールで開幕しましたが、どうにもわが国代表が予選敗退する予感しかしません。あの人選でどのような試合展開を組み立てられるものか、どう見ても試合までに調整の間に合わない選手もおり、森保一監督が一体何を考えているのか分からないのです。

 人選と言えば、寺田稔総務相が事実上更迭となり、後任に松本剛明衆議院議員(旧民主党菅直人内閣で外相)を就かせるという岸田文雄首相の出鱈目な人事。

 松本氏が所属する志公会の麻生太郎元首相に相談した結果なのかもしれませんが、自民党として「ほかにいなかった」わけでもあるまいに、まして「総務畑」でもない松本氏の人選は、珍妙なものに映ります。

 母方の高祖父が伊藤博文初代首相なのは知っていますが、兵庫十一区で戸井田徹元厚労相政務官を何度も破った(私の意見でしかありませんが)恨みを忘れることができません。

 更迭の事実よりも後任人事を端緒に岸田内閣は潰れるでしょう。いよいよおしまいです。

朝日新聞ローマ支局長に“700万円横領疑惑” 経費はどこに消えた?(抜粋) | デイリー新潮

朝日新聞社で昨年までローマ支局長を務めていた人物が、在任中に多額の支局経費を私的に流用していた疑惑が浮上。…

(新潮社)

 出鱈目と言えば、毎日新聞社の世論調査が相変わらず「次の首相」に河野太郎デジタル相を推す結果になったこともありますが、報道権力の「自社の不祥事に甘い」姿勢を全開にする朝日新聞社にはかないません。

 担当する政策すら満足にこなせていない河野氏のどこがよいのか、今一度私たち国民がよく考えねばなりませんが、他社・他法人の横領事件を大きく報じながら自社の横領疑惑をかわし、密かな人事(こっそり配置換え)で誤魔化そうとする朝日の態度は、報道に対する私たちの不信を買います。

 そもそも朝日の報道に信憑性がなく、発行部数もいよいよジリ貧とくれば、もはや不動産屋として開き直って新聞社を閉じればよいのです。

スポンサードリンク

『朝日が横領疑惑を隠蔽か』に1件のコメント

  1. きよしこ:

    あの予選リーグ敗退間違いなしと言われていながら何とか決勝トーナメントまで進んだロシアW杯から4年も経つのですね。最後のベルギー戦の胸糞悪い逆転負けで全て台無しになりましたが。しかしそれ以降、特にコロナの蔓延を言い訳に全国各地のスポーツ大会が中止に追い込まれたことで、あれほど好きだったW杯や高校野球もまるで興味を失ってしまいました。テレビ各局も話題作りに躍起ですが、そもそもテレビこそがコロナ騒動の主犯なのですから、その手には乗りません。ろくに責任も取らない人物を会長に据え続けるサッカー協会が率いる代表なんぞ予選で無様に全敗して解体すればいいのです。下手に勝つとまた勘違いするかも知れません。選手に罪はないのですが、全試合コテンパンにやられて視聴率も大惨敗、中継もニュース番組もお通夜モードになってほしいと心から願います。

コメントをどうぞ