菅・バイデン、中国・露国

皇紀2681年(令和3年)1月5日

コロナ、飲食リスク抑制が重要 首相会見要旨 : 日本經濟新聞電子版

最も重要なパートナーが米国だ。バイデン次期大統領が就任した後、できるだけ早く会って日米同盟の絆をより強固なものにしたい。(中略)同時に中国、ロシア、近隣諸国との安定的な関係を築きたい。

(日本經濟新聞社)

 菅義偉首相の年頭記者会見に、何ら力強いメッセージがなかったことは予想の範囲内ですが、報道権力が武漢ウイルス(新型コロナウイルス)の話にしか注視しないのは問題です。

 多くの遺伝学者がその出鱈目を指摘しているPCR検査を(せめてCT値を)改め、指定感染症(二類感染症相当)の指定を解除し、中共人・韓国人も含む全ての外国人の入国を停止するといった「すべきこと」もしないで首都圏(の莫迦知事たちにいわれるがまま)に緊急事態宣言を政府が発出させてしまうとは、報道権力の犯罪的なまでの扇動、多くの国民の無知・無気力な同調・服従と相まって、非常に危険なものを感じます。

 武漢ウイルスが「夜行性」だとは聞いたこともありません(失笑)し、会食や旅行が感染拡大の原因とする医学的根拠も一切ありません。何度も申しますが、報道権力が利用する「煽り屋」の「自称・感染症に詳しい」実は感染症専門ではない「臨床現場も知らない医者もどき」に、目下政府や自治体が発している事項の医学的根拠を正確且つ詳細に説明できる者など誰一人としていないのです。いや、まともな医者がそういっているのです。

 その上で、菅首相が述べた言葉で気がかりなのは、日米関係や東南亜諸国、印国や英連邦豪州などとの関係強化を訴えたのと同時に「露中との安定的な関係」という目標を盛り込んだ部分こそなのです。

 これが意味するところはよく分かりません。少なくとも日露関係は以前述べたように、希望的観測に終始して何一つ前進しないでしょうが、日中関係を安定させるというのは間違いなく「中共のいうことをよく聞く」ということになってしまいます。

 わが国の立場について「いうべきをいう」のであれば、決してこのような会見の文言にはなりません。

 中共人の入国停止について菅首相は「変異種を発見すれば」と述べましたが、中共人こそ北京政府のいうことなど信じていないのに、彼らが正直に公表するとでも思っているのでしょうか。中共国内でも当然とっくに変異していますが、このまま無検査で入国させる方針であることが明け透けです。

 外国籍感染者が大多数を占めているにすぎないわが国の、その「私たち国民の政府」であるはずが、厚生労働省も何も全く信用するに足らない「北京政府と同質」に堕ちていることを、私たちが覚悟して認知しておかなければ、延延と騙され続けるのです。

スポンサードリンク

『菅・バイデン、中国・露国』に4件のコメント

  1. きよしこ:

    昨日の各種報道だけ見れば「緊急事態宣言を再発出するから開かれた会見」と誤解する方が大勢いるのではないでしょうか。「年頭恒例の記者会見の中で緊急事態宣言再発出の検討に言及した」が正解でしょう。先生が御指摘の通りコロナ以外の話題が報道機関によってほぼ無視されたのは極めて無責任かつ危険と言えます。世界で最も病床数が多くて患者が少ないのも関わらず何故医療が逼迫するのでしょう。つまり医療資源の配分が偏っているからにほかなりません。コロナをまるで「死の病」であるかのように喧伝する報道機関とそれにまんまと載せられ責任転嫁しか頭にない知事たちのために懸命に生きる国民が無駄に疲弊しています。

    話は変わりますが近ごろ特に芸能関係の感染者が増えたと思いませんか?年末年始の番組を見ても感染対策などまともにせず相変わらず無駄に多い出演者とただ騒ぐだけの番組内容が拍車を掛け実際それらの番組に出た人たちの中から感染が相次いでいます。ある方が仰っていましたが、緊急事態宣言が発出された場合テレビの電波も止められるようにするべきです。某テレビ朝日の社員なんぞわざわざ自宅からスタジオまで出勤して大声で飛沫を飛ばしておきながら緊急事態宣言を要求するのですからサイコパス以外の何物でもありません。

  2. 日本を守りたい:

    【要望】まず、中国・韓国からの入国制限を求める人はシェア

     https://samurai20.jp/2021/01/pandemic-25/

    上記は 戦っている地方議員 小坪しんや氏のページ。
    ぜひ、御高覧ください。拝。

  3. やす:

    菅首相としてはいい加減支那ウイルス茶番劇を終わりにしたいと思っているのでしょうが、東京の妖怪が今年の解散総選挙を見据えた実績作りのためにワザとバカ騒ぎして、それを菅首相が黙認しているように私には思えてなりません
    何故なら支那ウイルス騒動は大統領選挙でトランプを落とすためのプロパガンダだからであり、それが終われば必要ないからです
    ただトランプ大統領が再選して終わるのとでは全く意味が違いますし、その終わり方は支那共産党の崩壊と同義です
    つまり私は何度も言ってますが、今回の大統領選挙はトランプ大統領が間違いなく当選するということです
    その空気を何となく感じ取った菅首相だからこそ、もう支那ウイルス騒動にまったく興味はなく、緑の妖怪のバカ騒ぎに強引に付き合わされているだけです
    菅政権がもう長くない事は本人も気付いていると思いますし、だからこそ第三次安倍政権を恐れて桜問題で強引に逮捕しようとしていたんでしょう
    そこに目をつけたのが緑の妖怪という事です
    間違いなく緑の妖怪の目は解散総選挙と総裁選に向いていると思いますし、昨年直接菅首相を訪ねたのはそれが目的だったと私は思ってます
    ただトランプ大統領が再選してしまえば、緑の妖怪の野望が上手くいくはずはなく、崩壊寸前の支那共産党の残党同然の妖怪は自動的に消えていくだけです
    かなりの確率で第三次安倍政権が誕生すると私は思っています
    私は第三次安倍政権誕生は大反対ですが、今回のトランプ大統領の再選で本当の意味での愛国者しか政治ができない時代に移ると思いますし、そうなるとグローバリストの安倍政権は長くもたないでしょう
    今年は私達保守の人達が待ち望んだ愛国政治が行われるキッカケとなる年になると私は確信しています
    あくまで私個人の素人意見ですが、そういった個人個人の見極めが大事になり、誰かに頼る、誰かの支配を受けるいった時代が終わりを迎えると私は確信しています

  4. やす:

    連投失礼します
    PCR検査に意味が無い事は何度も書いてきましたが、本当に怖いのはこの後のワクチンであり、どうも支那製のワクチンが我が国に入ってくるなんて報道されていますね
    そんな疑惑だらけの支那ワクチンなんて摂取されたら本当の意味での感染爆発が起きますし、かつてのスペイン風邪の再来になると思います
    ワクチンによってどういう世界が来るのか
    https://www.youtube.com/watch?v=WnZ0TMOOBJM
    この動画の陳薇羽氏が明確に述べています
    つまりワクチンを利用した監視社会であり、我が国も香港やウイグル自治区と同じ事になりかねません
    既に支那ウイルス騒動で我が国国民の小さな分断が起きていて、感染者が差別されるような変な空気が作られていると私は思ってますし、これでは支那共産党の思う壺です
    ワクチンワクチンとバカ騒ぎする奴も出てくるでしょうし、だからこそ個人個人の見極めが重要で、真に恐ろしいのは知らず知らずに自らを貶めてしまう事だと私は思います
    私も含めて支那ウイルスよりワクチンの方が遥かに危険である事を拡散していかないといけないと思います

コメントをどうぞ