厚労省製薬利権と米中対立

皇紀2680年(令和2年)8月1日

 土日は霞が関の読者が見ないから、爆弾を投下します。

ワクチン6000万人分供給 来年6月末までに 政府が米ファイザー社と基本合意

 加藤勝信厚生労働相は31日、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、開発に成功した場合、来年6月末までに6000万人分の供給を受けることで同社と基本合意したと発表した。日本で新型コロナのワクチン確保策が具体化するのは初めて…

(侮日新聞社)

 五月九日記事七月十一日記事でもはっきり申し上げましたが、米ギリアド・サイエンシズが開発した抗エボラ出血熱薬「レムデシビル」の特例承認は、厚生労働省と自民党厚労族議員が「消費期限切れで腐った憲法」を後生大事に護り抜いてきたのと同じように護ってきた製薬利権による顛末です。

 これまたはっきり申します。レムデシビルは効きません。私が聞いた限り現場の医師は、誰も使わないといっています。使えば「(米国での臨床結果が悪いくせに副作用だけは一人前にえげつないので)とんでもないことになる」と。

 一方、その利権から外された(厚労官僚の天下りを受け入れていない)富士フイルム富山化学が開発した抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」は、安倍晋三首相の果たされなかった決断を促したように、政策として海外へ提供して得た臨床結果がよく、副作用の発出もわずかであるため、わが国の医師たちも使いたがっています。

 こんなあべこべな話がありますか?

 そこへ厚労省が新たに米ファイザーの武漢ウイルス(新型コロナウイルス)ワクチンを、来年六月末までに六千万人分購入することで同社と基本合意したというのです。

 またまたはっきり申します。記事にある「開発中」とか「開発に成功した場合」というのは全くの嘘です。ファイザーは既にワクチンを持っています

 この関係で、米連邦政府が駐ヒューストン中共総領事館を閉鎖させました。武漢ウイルスとワクチンに関する情報工作に複数の中共人が関与、その司令部が中共の大使館や領事館だったのです。

 あの在外公館閉鎖合戦は、これに関係していたのであり、これこそまさにファイザーがワクチンを既に持っていることと関係してきます。

 わが国は、それを買わされるのです。買うことによって、厚労省と自民党に利益が還元される仕組みです。

 しかし、武漢ウイルスではなかなか死なない日本人にとって、これほど無駄な買い物はありません。わが国の製薬会社や大学が研究していることも、もう無駄なのです。それを知ってか知らずか厚労省は、本当に酷い役所です。優秀な職員が先日、また逃げました(退官)。当たり前です。

スポンサードリンク

『厚労省製薬利権と米中対立』に3件のコメント

  1. 心配性@我は蛮夷なり:

    学力だけは優秀なお役人が集まっても、失敗続きの国のお役所がありますね。

    「官僚の利権」って聞いただけでゾッとします。

    中国の古の王朝が滅ぶ時は、たいてい、官僚の「権力闘争」や「利権争い」の激化と相場は決まっています。
    一人の皇帝が暗愚だから滅んでいるわけでもなさそうです。

  2. 日本を守りたい:

    厚労省だけではない。何度も同じ事を申して恐縮ですが、あいちトリエンナーレが明白に見せつけた構図「納税する日本人 税金を利権化している反日勢力 すなわち朝鮮人と手下に成り下がった奴ら」 これが日本の諸悪の根源。
    「憲法九条を守れ!!」これすなわち「侵略支配を完成した反日朝鮮勢力の利益構造を守れ!!」という事だ。一秒でも早く、日本の公務・公職から反日の朝鮮勢力を排除しない限り、日本政府そのものが反日朝鮮勢力によって乗っ取られ支配されているのだから、
    日本は第二朝鮮国として劣悪化の一途。戦って日本を取り戻す事が出来ないまま、日本人は民族としての命運が尽きる日を 近い将来、迎える事に成る。断腸の思い。

  3. やす:

    何度でも言いますが、最近の感染者増は特段の事情で大量に入ってきている外国人がカウントされているだけで、それが我が国に無料で治療に受けに来ているという許せない状況なだけです
    支那ウイルスパンデミックは四月の時点で既に終わっていて、後は外国人を無駄に入国させないだけで済む話なのですが、支那人は入国させないと嘘をついて特段の事情で四月三日以降も一日百人単位で入れていたことが大問題だっただけだと私は今でも確信しています
    保菌者を大量に外国から入国させれば、我が国感染者を増やせるだろうという意図と今回ご指摘の製薬利権は繋がってると思いますし、GoToキャンペーンもその関連で、ますます感染者とレムデシビルの副作用で死者数を増やそうという、まさに六千万人虐殺計画と言っていいのではないでしょうか
    これも米支戦争状態に我が国が巻き込まれていることを如実に表していると私は思いますし、支那ウイルス騒動に騙されず、本当に危険なのは特段の事情で入ってきている外国人感染者であるという正しい情報を元に政府に国民全員が感染者と死亡者の国籍を明らかにせよと要望する事だと思いますね
    閻麗夢氏の動画が話題になってますが、私は支那に対するオーバーなプロパガンダが入っていると思ってますので、あれで必要以上に支那ウイルスを恐れる必要はないと思いますし、本当にそれが原因で死亡しているかどうかも詳しく調べる必要があると思います
    恐らく死因は別にあり、たまたま感染しているだけで直接的な死因ではなく、それを伏せて支那ウイルスで死亡したことにしているケースが多々あると私は思ってます
    恐怖を煽って大衆をコントロールするするやり方に、いい加減騙されないようにしないといつまでたっても、今の間違ったマネーゲーム型社会システムを変える事は出来ないと思います

コメントをどうぞ