わが国は中国に配慮するな

皇紀2680年(令和2年)7月28日

安倍首相コロナ対策失態は中国の影響力工作か

「安倍晋三首相がコロナウイルス対策で当初、中国に遠慮したのは中国共産党の最も効果的な対日影響力行使の結果かもしれない」――こんな趣旨の指摘がアメリカの有力研究機関が7月下旬に公表した「日本における中国の影響力…

(NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス])

 私がこのことをもうずいぶん前に指摘したら、コメント欄に「特措法改正前で出来なかったことを後からいうな」というようなご批判を賜りましたが、私は武漢ウイルス(新型コロナウイルス)感染拡大が表面化した一月下旬からずっと申していましたし、中共人の入国制限は改正前でも出来ました。それを安倍政権はやらなかったのです。

 政府レヴェルでは、中共国内の感染拡大について一月初旬にはもう把握していました。ならば春節(旧正月)前に判断できたはずです。

 そこで私は、習近平国家主席の国賓待遇での来日を中止するよう訴えてきました。夏季五輪東京大会(東京五輪)開催に拘泥したのに加え、習主席の来日にこそ拘泥した安倍政権のとち狂った判断を批判したのです。

 米国の戦略国際問題研究所(CSIS)は、超がつく保守系シンクタンクですから、このような報告が元産經新聞社編集特別委員の古森義久氏によって鋭く伝えられるのも当然でしょう。

 二十五日記事のスタンスは、もはや非生産的な安倍政権批判(私もずいぶん批判してきましたが)に興じるより問題点を詳らかにして要求していくことを旨としています。今なお政権が習主席の来日を諦めていないとすれば、完全に諦めさせるべくこのような米国からの報告も利用しながら、不断に訴えていかねばなりません。

スポンサードリンク

『わが国は中国に配慮するな』に3件のコメント

  1. きよしこ:

    この期に及んで習首席を招く方も招く方なら「こっちからお断りだ」と虚勢すら張れない中共も実に情けない。「何なら世界の全ての国と断交してやる」くらいのことも言えずに横暴ばかり働いているのですから中共を一言で表すならクソガキでしょう。言葉で理解できないならブン殴るのがクソガキへの躾というものです。それを暴力と呼ぶならば中共が世界中で働く迷惑行為は何だと言うのでしょう。

  2. js:

    遠藤さんをはじめとして何人かの方は年の初めから東京五輪は危ない、習国家主席の来日にこだわるべきではない、と主張しておられました
    五輪中止?バカじゃねえの。そういう反応が多かったし、そういう趣旨の保守系ブログも多かった
    で、実際にこれほどの大ごとになって、なおも彼らは謝罪の一言もなく、あの時の遠藤さんのスタンスは煽りすぎという意見を改めようともしない
    私が腹立たしく思うのは、そういう保守陣営の思考停止状態です

  3. 日本を愛する日本人より一言。:

     武漢ウイルス、大洪水、蝗害、世界を敵に回す数々の政策は孫氏の兵法を実践してきた過去のシナの行動からは想定外の行動です。習近平は世界の平和を築く救世主になるかもですね。
     トランプ大統領のシナ排除政策にドイツも少しなびいてきたのかと今朝の門田隆将氏の虎ノ門での発言がありました。
     ドイツは日本以上にシナに染まっているので先々心配ですがトランプ大統領についていかない西側諸国は今後没落していくことでしょう。
     韓国と同様シナと縁切りができなかった企業は苦境の憂き目にあうことになりますがハニートラップの経営者を持ったことを悔やむしかありませんね。
     

コメントをどうぞ