明日の台湾総統選、日本は

皇紀2680年(令和2年)1月10日

中国、南太平洋の島国キリバスを厚遇 台湾と断交で 総統選にらみ揺さぶり

 中国政府が4~11日の日程で訪中している南太平洋の島国キリバスのマーマウ大統領を厚遇している。キリバスは2019年9月に台湾と断交し、中国と国交を結んだ。11日の台湾総統選投開票を前に、再選を目指す蔡英文総統に揺さぶりをかける狙いがあるとみら…

(侮日新聞社)

 明日は台湾の総統選挙の投開票日です。間違いなく左派・民主進歩党の蔡英文候補(現職)が当選しますが、これには中共香港特別行政区の大失態(大混乱)が大きく影響したことは申すまでもありません。

 多くの台湾人が「中共に呑み込まれてはいけない」と改めて思い知ったわけですが、旧年十二月三十一日に立法院(国会)が中共の共産党による干渉を阻止するための反浸透法案を可決、成立させたことは、特筆すべきことでした。

 これで台湾財界にまで浸透してしまっている邪悪な思想介入を、同法によって今後はねのけられるようになります。わが国が大いに見習わねばならないでしょう。

 そうです。台湾との断交を(後で使えないと分かるような)札束で各国に決断させてきた中共に対し、ことあるごとにわが国を心配してくれる台湾を差し置いて歓待しようとしているのが安倍晋三首相なのです。

 旧年に何度も申しましたが、習近平国家主席の国賓待遇を中止しなければなりません。わが国もいわゆる「台湾関係法」を制定すべきであり、国交は絶たれましたが交流を密にし、中共の共産党および共産党人民解放軍を牽制する必要があります。

 日韓関係が致命的に悪化した(回復不能にした)のも、朴正煕政権当時国交を回復してしまったばかりの中共に遠慮し、北朝鮮の犯罪を摘発しなかったことに端を発しており、これらの国ぐにに配慮してよかったことなどただの一度もないという事実を、再度わが国政府は確認しなければなりません。

 台湾の蔡英文政権を支援しないどころか「人間の自由」の敵でしかない極悪犯罪人・習近平体制を支援してしまっているわが国に、明るい未来などないのです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ