日韓議連合同総会に首相は

皇紀2679年(令和元年)11月3日

 ※記事配信の件ですが昨日、お知らせなくお休みしましたことをお詫びします。明日はお休みします。ご了承ください。
————————————–

 本日は明治節です。「文化の日」とか、そういう訳の分からない名称でお休みするのはやめましょう。天皇陛下御生誕の日を「天長節」とするのも復活させましょう。
————————————–

 さて、一日に開かれた日韓両国の議員連盟が東京に集まった合同総会(国会内)。安倍晋三首相は、韓国議員たちの表敬を断り、祝辞すらも送りませんでした。

 これは韓国を守るために、文在寅(北朝鮮工作員)政権への非難を明確にすべくとっている行動です。決して「日韓関係を悪化させている」「嫌韓行為」ではありません。文政権を甘やかすことは、すなわち韓半島(朝鮮半島)の北朝鮮による統一(韓国人の消滅)を促進する行為であり、真に日韓関係の将来を思うなら、絶対にしてはならないのです。

 文政権与党・共に民主党の議員たちは、この期に及んでなお自分たちが創り出した諸問題について平然と「日本側が解決に向けて態度で示すべき」などといい放っています。このような連中とは話し合いにならないどころか、そもそも話し合ってはいけません。

 日韓両国には、互いの歴史の真実を知り合おうとする保守派がいます。日本側は、すっかり韓国人に疲れて「顔を見たくもない」といいますが、韓国側には、実に惜しいところまで日韓の真実に近づいてきている人たちがいます。

 そのような両者が対話を深めることで、日韓関係の将来が明るいものに一変する可能性は高いのです。日韓の対日ヘイトスピーチ(日本憎悪差別)活動家たちばかりが密に連携し合い、ヘイトが広まりを見せたのに対し、日韓両保守派の交流が進まなかったこともまた、ヘイトの広まりに抗しえなかった敗因の一つでもあります。

 先日の東京講演会でも申したことですが、あの場で例示した団体や人びとと私たちは、もっと交流しなければなりません。日韓関係が最悪の時期に陥っている今だからこそ。

スポンサードリンク

『日韓議連合同総会に首相は』に1件のコメント

  1. 椿:

    日韓議連❓
    そんなものいらねーわ❗️百害あって一利なしなんだから、
    【日韓断交議連】を作れ!と言いたい❗️

コメントをどうぞ