在米韓国系銀行に制裁?

皇紀2678年(平成30年)11月7日

「年金暮らしジジイ」 ツイッターで不適切投稿 青森市議当選の山崎翔一氏が謝罪 辞職はせず

 10月28日投開票の青森市議選で初当選した無所属新人の山崎翔一氏(28)が、ツイッターの匿名アカウントで「年金暮らしジジイ」などと差別的な表現を含む投稿をしたとして5日、記者会見し、「不適切な投稿で多数の方に不快な思いをさせ、誠に申し訳ございません」と謝罪…

(産經新聞社)

 昨日、たまたまお昼休みにフジテレビ系『バイキング』を見ていますと、先月二十八日に投開票の青森市議会議員選挙に初当選したばかりの山崎翔一氏を、この件で徹底的に非難していました。「選挙のために自分を(よく見せようと)演出していただけだった」「謝罪会見の言い訳は、後づけに違いない」といった具合です。

 結論から申しますと山崎氏の間違いは、市議会議員選挙に立候補すると決めた段階でこのアカウントそのものを削除しなかったことだけでしょう。二十歳のころから友人たちとやりとりしていた内容を指して、そこまで全てを否定されることはないはずです。綺麗ごとをいうのはやめてもらいたい。

 例の「年金暮らしジジイ」という表現は、確かに彼ではなく先に友人がそう書き込んでおり、彼は友人に「そういう人たちを君は舐めているよ」と。「君にそういう人たちほどの元気があるのか」とつぶやいているわけです。彼の釈明は、後づけでも何でもありません。

 いや、私は山崎氏を全く存じませんし、彼を擁護したいわけではなくて、報道権力の「言葉狩り」に辟易して申しています。むしろ自分たちをよく見せようと過剰に演出しているのは、報道権力側にいるおまえたちだろう、と。いい子ぶるんじゃない。すぐに腐った底意を明け透けにするくせに。
——————————————————–
■第9回 救国の提言講演会<東京>■
 「日本の労働環境が危ない~関西生コン日教組、アベノミクスの新展開」
 今回は特に、連帯ユニオン関西生コン支部を追い続けた気鋭のジャーナリスト・渡邊臥龍氏をお招きし、労働組合とは名ばかりの恐るべき実態に迫ります!
 日 時 11月10日(土曜日)18:30-20:30
 場 所 文京区シビックセンター(地図は案内図を参照)
 講 演 渡邊臥龍(牢人新聞社主幹 元衆議院議員秘書)
     遠藤健太郎(一般社団法人日本政策協会理事長)
 参加費 1,000円(資料代・お茶代・お茶菓子代込み)
 申込み 参加お申し込みページより
     ご氏名、参加人数をお知らせください。

第10回 救国の提言講演会<関西>は、11月24日(土曜日)18:30-20:30、神戸市勤労会館(地図は施設概要を参照)にて開催します。同じく渡邊氏をお招きし、関西の皆さんにこそ関西生コンの大問題をお伝えしますのでお楽しみに! 後日詳報します。
——————————————————–
 さて、表題の件。わが国の報道権力がいつ伝えるかは分かりませんが、米国内に支店や現地法人を持つ韓国系銀行の多くが米金融当局の対北朝鮮制裁遵守を含めたコンプライアンス強化の要請に対応できず、送金中継や貸付といった主要業務の中断を余儀なくされています。

 この現象自体は、実は昨年から始まっており、農業銀行に罰金が課せられたのは既に知られたことですが、米財務省は本年九月より事実上、在米韓国系銀行の全てを監視対象としました。

 しかし韓国系銀行に、コンプライアンス強化要請に応えるだけの余力はありません。まずシステムを整えるための数千万ドルを用意できませんし、それほどの価値も見い出せないでいます。もはや支店はただの連絡事務所へ転落し、わが国の銀行の在米支店などとは事業規模で雲泥の差がつくことは確実です。

 文在寅大統領(北朝鮮工作員)が北朝鮮に多額の資金を横流ししている可能性について、米政府もはっきりと疑い始めており、まず銀行に対する締めつけが始まりました。これは、対韓制裁の前兆と申せます。

 わが国は、日韓併合条約締結下の韓国人労働者(俗称=徴用工)に関する大法院判決を受け、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する準備を始めましたが、韓国は応じないに決まっていますから、この際いかに韓国が酷い国かを国際社会に訴えるためにも島根県隠岐郡隠岐の島町竹島の件も何もかも全てまとめて提訴して見せればよいのです。韓国にとって「応じれば地獄、拒否しても地獄」という状況を作り出すがよい。

スポンサードリンク

『在米韓国系銀行に制裁?』に1件のコメント

  1. せい:

    バイキングは見ても気分が悪くなるだけなので見ていません。司会者、レギュラー陣、ゲストも含めすべての出演者が今のテレビがいかに腐敗しているかがよく分かる低能芸能人の集合番組です。
     笑っていいともが終わり、後番組で始まったバイキングですが、当初はグルメ情報バラエティだったように思います。坂上氏も月曜だけの担当だったと思いますが、徐々に時事問題を取り上げだし、全曜日坂上氏を司会に据えるようになり下劣なワイドショーになっていったように思います。
     週刊誌レベルの下世話な話題を取り上げ、当事者をとことんバッシングし貶める。しかも、裏取りもしていない、いい加減な情報をもとにです。たまに、専門家が坂上氏と違う論調で話すと、恫喝し言論を封殺したり、嘲笑し馬鹿にすることで視聴者におかしなことを言っているように思わせる。見ていて本当に嫌な気分にしかなりません。
     遠藤様が取り上げられた、青森市議のツイッターの件も事実を見るとそこまで批判されることではないと思います。もちろん問題がなかったとはいいませんが。ただ、国会議員、おもに野党議員のツイッターでは公然と問題にすべきツイートがなされています。こうしたツイートはスルーしておいてこの件だけを叩くのは納得いきません。さらに申せば、さんざん口汚く罵り批判されている坂上氏は過去問題発言はなかったのですか、と問い質したい。彼は過去飲酒運転で逮捕されています。それも警察から逃走をはかり、電柱に激突するという悪質なものでした。バイキングで元モーニング娘。の吉沢ひとみが逮捕を取り上げたとき、坂上氏の歯切れの悪さったらなかったです。時代のせいにしたコメントをして、ネットでも批判されていましたが、自分も犯したことゆえ強くは言えないのがありありでした。彼は、舌鋒鋭いとテレビ界で重宝されているようですが、正体はこんなものです。蚤の心臓で、小心者の卑怯者です。こんな不勉強でガラの悪い人間が跋扈するようなテレビ界は異常です。

コメントをどうぞ