カテゴリー『欧州露・南北米関連』の記事一覧

人を圧迫し続けるリベラル

皇紀2682年(令和4年)10月30日

 武漢ウイルス(新型コロナウイルス)狂乱に踊り狂った「医療関連利権政治」に、いよいよ私たち国民の多くが不満を爆発させています。私が警告した通り、財源が利権に散った数多の中途半端な経済対策などを言い訳に、財務省誘導の政府( […]

...続きを読む

不公正を自覚する報道記者

皇紀2682年(令和4年)10月29日

「中間中立で報道しているという気は確かにない」と記者が公言…沖縄の地元紙は本当に“偏っている”のか? | 文春オンライン 夕刊フジに興味深いコラムがあった。『玉川氏とひろゆき氏に“あおり芸”の共通性問題は「炎上」に乗っか […]

...続きを読む

中国の遣いなんか要らない

皇紀2682年(令和4年)10月28日

「キツネ狩り作戦」関与の中国スパイら訴追…FBIの二重スパイから偽情報つかむ失敗も 【読売新聞】【ワシントン=蒔田一彦】米司法省は24日、中国の情報・治安機関のメンバーや協力者らが、司法妨害やスパイ活動などに関わったとし […]

...続きを読む

中国が日欧米内でやり放題

皇紀2682年(令和4年)10月25日

 英国政界は、保守党新党首にリシ・スナク元財務相を選出したことで私が申した思惑通りに展開させられてしまいました。金融市場は落ち着くかもしれませんが、後はこの屈中売国奴に国民がどれだけ抵抗するかにかかっています。  中共・ […]

...続きを読む

裁判所に革マル派の証拠か

皇紀2682年(令和4年)10月21日

 やはり英国のエリザベス・トラス首相が倒れました。彼女が保守党首選挙を制した際に新政権の不安定要素に言及し、十八日記事でもこのまま辞任する旨を申したのは、そもそも政権発足以前から英政界に異変が生じていたからです。  後継 […]

...続きを読む