ファーウェイを見かけたら

皇紀2678年(平成30年)1月11日

中国スマホ最大手ファーウェイ、米での本格販売頓挫

 【広州=中村裕】中国最大手のスマートフォン(スマホ)メーカーの華為技術(ファーウェイ)は10日、米国で今年から予定していたスマホの本格販売を米国側の事情で断念したことを明らかにした。米通信大手のAT

(日本経済新聞 電子版)

 ここでは何度も取り上げてきましたが、中共の通信機器メーカー「華為技術(HUAWEI)」(深圳市竜崗区)は、同じ「中興通訊(ZTE)」(深圳市南山区)の製品とともに米政府の調達品から排除され、連邦議会が民間企業にも取引の自粛を求めたほどサイバー攻撃に加担している可能性の極めて高い悪質な企業とされており、豪州政府も英連邦加州政府もファーウェイ製品を使わないようにしています。

 日本經濟新聞社記事には、単に「中共共産党との関係が」などとしかありませんが、米政府に指摘された「共産党人民解放軍共産党公安部門との関係」とは書かず、読者に分かりにくくする意図は何でしょうか。ファーウェイを創業したのは、任正非CEOら共産党軍に所属していたことしか判然としていない経歴不詳の七名です。

 改めて皆さんにこれをお読みいただくのは、いわゆる「インスタ映え」を狙ってカメラ性能の高いスマートフォンを購入したがる若年層を中心に、ファーウェイ製品を欲しがる日本人が増えているからで、それ自体は通常であればたゆまぬ企業努力の賜物ですし、結構な現象ですが、危険な製品を手にする可能性があることを認識しておいてほしいと思います。

 現にファーウェイは、米国には参入できなかったのです。外国企業による米国への投資を促し、経済では米中の関係を利用しているトランプ政権下にあっても、それが適いませんでした。実際のところはよく分かりませんが、よほど危険な代物とまず疑うべきです。

 ところで、成人の日に新成人たちを騙すという駄目な大人の代表に堕ちた「はれのひ」(横浜市中区)の篠﨑洋一郎社長は、数年前からたびたび渡航している中共上海市へ逃げたようです。SNSの投稿などから判明したといいます。

 私たちが勝手に彼のことを「容疑者」とは申せませんが、極めて私的な感情として、これほど悪質な人物は、中共共産党にいつものやり方で処分していただいてはどうか、と。

 仕事で駐在していただけの日本人商社員が共産党に逮捕されるなど酷い目に遭わされてきましたが、これは中共にお願いしましょう。というような悪い冗談を口にしてしまうほど腹立たしい事件でした。

スポンサードリンク

『ファーウェイを見かけたら』に3件のコメント

  1. 心配性:

    日韓の左派や北朝鮮が、殊更「慰安婦問題」の喧伝に力を入れる背景には複数の目的が存在するでしょうが、その一つは、自分たちの「過去」を無かった事にしたいがためではないかと思う時があります。

    終戦時の朝鮮半島では、ソ連軍やそれに連動する共産主義勢力などの煽動によって、日本の民間人が大勢虐殺され、女性たちは目を覆わんばかりの酷い暴行の犠牲となりました。

    橋下徹氏の発言を取り上げる間でもなく、「慰安婦問題」は世界中に存在し、米韓や中国国民党やヨーロッパ諸国も「脛に傷」を持つ身ですから、内心「ブーメラン」を恐れているはずですが、北朝鮮や中国などの独裁的な国は、自国の性奴隷問題や人権問題を簡単に握り潰す事ができますからね。

    個人的に中国人や中国文化は別に嫌いではないのですが、国家として「身内」や「親友」になる事はなかなか難しいと考えます。

  2. ちびた:

    私はミラノ在住ですが昨年10月から年末年始にかけて日本で過ごしていました。先週ミラノに戻り、ローマに次ぐ第2の乗降客数を誇るミラノ中央駅へ今日出掛けたら、びっくり!中央駅のど真ん中にいつの間にか巨大過ぎるファーエイの看板が!この駅はヨーロッパの主要駅としても重要な駅です。ミラノの中心地の地下鉄や大聖堂のなど至るところにファーエイの看板が見られました。昨年には無かったことです。この異常さ不気味です。これまでミラノのマルペンサ空港はサムスンの宣伝で溢れててここは韓国か!と錯覚するほどでしたが、今年になってサムスンの宣伝は一つもなくなりかわってファーエイの台頭は凄まじいです。イタリア経済は自国の空港さえもサムスンから広告収入を得なければならないほど惨めな状態でしたが、次ぎに来たのがファーエィ。危険な香がします。

  3. やす:

    HUAWEIのスマホは以前から個人情報を抜かれるといった危険性がちらほら指摘されてましたね 
    ただ製品としては非常に魅力的で個人的な感想ですが、デザインやスペック コスト共に優れていたと思いますので米国で販売すればそれなりに収益があったと思いますが、それ以上に損失が大きいとの判断があって輸入禁止へ踏み切ったとすれば指摘にあるように危険製品だったのでしょう
    だとするならば日本で大量に出回っている現状はどうなのかと心配になりますし、SIMフリー端末が増えている中でHUAWEIを買う人は多いとお店の人も言ってました
    国民が無防備のまま見えない所で何をされているか分からないというのが一番不気味で国民の生命と財産を守るという意味で本来国が米国と同じ対策を講じるべきなんでしょうが占領憲法が足かせとなって支那に強硬姿勢が取れないのでしょうね
    私が他に深刻だと思うのは日本製スマホが少ないことで日本メーカーであっても製造元は支那製が少なくありません
    HUAWEIごときがのさばれない程の魅力ある国産スマホを大量に作れよと声を大にして言いたいですし、HUAWEIの危険性以前に日本の市場が荒らされている現状を日本メーカーは恥と思ったほうがいいと思います
    これは農耕民族としての物作りを忘れてグローバルに走った結果であり、それで生まれたものは国産の衰退でしかありません

コメントをどうぞ