「もしトラ」のほうがマシ

皇紀2684年(令和6年)7月2日

 十一月五日投開票の米大統領選挙に向けた第一回候補者討論会が六月二十七日に行われ、ここでさんざん「呆け老人」と指摘してきた米民主党のジョー・バイデン大統領が文字通り「だから言わんこっちゃない」という醜態を晒しました。

 ■動画提言-遠藤健太郎公式チャンネル(YouTube)チャンネル登録お願いします!

 単に年齢の問題ではなく、はっきり申し上げて彼は、認知症を患っているとしか思えません。あれほどいくつもの質問にまともに答えられず、訳の分からない話をしだすようでは、さらに四年間と言わず今すぐ辞任すべきでしょう。

 北韓(北朝鮮)工作員だった韓国の文在寅前大統領も痴呆が酷く、当時の青瓦台(旧大統領官邸)に集められた北韓工作員たちが政権を運営していたと言われますが、欧米各国の報道権力が指摘するように、米民主党として直ちに候補者を差し替えなければ、対抗するドナルド・トランプ前大統領(共和党)に決して勝てません。

 一部で「もしトラ(もしもまたトランプ大統領になったら)」などと警戒するような声がありますが、少なくともわが国にとって、以前から何度も申していますように米民主党政権というのは、大東亜戦争以来の「完全な敵対勢力」です。よって米民主党のどなたよりも、トランプ大統領のほうがマシな相手と申せましょう。

 まして米民主党政権の「犬」と化す現行憲法(占領憲法の申し子のような「いかにも宏池会」らしい岸田文雄首相が居座るなら、このままバイデン氏に敗れ去ってもらわねばならないくらいです。

 ただ、トランプ大統領と唯一まともに話せる安倍晋三元首相は、もうこの世にいません。岸田首相のままでは「もしトラ」が本当に「恐怖」になってしまうのでしょう。

河野洋平元衆院議長が中国に「人的交流」呼び掛け 訪中団が習氏懐刀の何立峰副首相と会談

【北京=三塚聖平】中国を訪問した河野洋平元衆院議長を団長とする日本国際貿易促進協会(国貿促)の代表団は1日、北京の人民大会堂で何立峰副首相と会談した。河野氏は…

(産經新聞社:産経ニュース)

 もう一方の敵対勢力は、中共と北韓です。それらに迎合して利権を舐めてきた「紅の傭兵」こと河野洋平元内閣官房長官は、いかにも世界各国との貿易を促進するような名称でありながら実は中共との貿易のみを促進する悪の組織(日本国際貿易促進協会)の首領(会長職)をやっています。

 田中角栄内閣の判断間違いで中共と国交を正常化してしまった昭和四十七年以前なら、民間交流の立場でそれなりの存在価値もあったかもしれませんが、特に江沢民体制以降の中共とは、一切の交流を絶つべきだったと申して過言ではありません。

 中共人女性の尊い命を奪った日本人親子襲撃事件(江蘇省蘇州市)について、何立峰国務院副総理が河野氏に「日中関係に影響しないよう」などと話したそうですが、私たち国民にしてみれば「これまで対日ヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)をやってきた側が、よりによって河野氏のような売国奴にそんな話をしたところで」という心情です。

 外国人居留民がつぎつぎと犠牲になっていった大東亜戦争(昭和十二年七月七日~支那事変)以前の様相を呈し始める現在の中共は、同じく共産党の習近平国家主席が統制しきれていません。極めて警戒すべき状態にあるという認識を、決して忘れてはならないのです。

スポンサードリンク

『「もしトラ」のほうがマシ』に2件のコメント

  1. sana:

    どーする 黒瀬悦成
    米民主党の犬
    ゴミウリから産経に送りこまれた工作員記者

  2. ナポレオン・ソロ:

    240707-3 米大統領選挙こそ世界の趨勢を変えるイべントです
    今日は ソロです。

     私の読みでは、ジョー・バイデンの此の4年間の政権は、一切、彼の記憶に残って居ないものでだし、現在の世界状況がどんな状態なのかも解って居ないと思います。そう言う
    複雑な話を熟せるまでに回復したのであれば、之は人類にとって福音です。 何せ経年性痴呆症の再生治療が可能になったと言う事だからです。

    大体、脳細胞が死ぬと再び元に復元する事は出来ないないのです。 唯、此の出口は記憶を残せるのは、シナプスと言う脳神経が、新たな記憶情報を規制の神経網に繋いで記憶を蔵う場合だけ有効なのですが、この働きは加齢と共に減退します。 

    最近の記憶蔵置を短期記憶と言い、昔の記憶蔵置を長期記憶と呼んで区別しますが、痴呆症は此の短期記憶から順に死んでしまうので、新たな記憶が増えないのです。そして、着実に長期記憶のストア領域に神経死が広がって行くので最後は廃人になるしかないのです。

    ですから、経年性痴呆症の治療は、如何にして長期記憶の消失を遅らせるかに懸かって居ますので、如何にバイデンが素晴らしい頭脳の持ち主だったとしても、あれから4年経った今、真面である筈が有りません。

    では、今迄4年間表舞台に立って来た大統領は一体誰なのか? 此処からは私の推測でしか有りませんが、歳が近いのと、顔が似ているから考えれば、実弟のジョセフではないかと思いますがジョセフは政治は素人なので政策立案なんて出来ませんが、官僚が書いた原稿位なら読めるでしょう。

    外交上の難しい話は、周りに居るハザ-ル系元ユダヤ教徒に訊けばよいが、海外要人と話す時は、特に、ジョ-が副大統領の時によく話していたシナ共産党の江一族との話は、彼らに米国の秘密を握られる虞、充分なので、全てブリンケン国務長官が熟していますね・

     嗤死の推測話なので冗談と聞いてくれても良いのですが、、大統領選挙の最中でも経年性痴呆症の典型的な症状がかなり進行していたので、民主党幹部がシナの力を借りて、不正選挙でジョーを大統領にしたが、何故かホワイトハウスに入れなかったですね。

     之はトランプ陣営も同じ疑いを持っていたが、其処へシナの自保安部の副部長を務めていた菫(トン)氏がカリフォルニアのDIAの事務所へ駆け込み亡命を果たしたので、全てが氷解したのですが、それを公表しても、勿論マスコミは動かないので、菫氏の安全を優先して沈黙を守っているが、トランプの支持者たちの殆どが知っているでしょう。

     他にも状況証拠として、20年のアラスカ会談ではバイデンではなくブリンケンが初登場して、シナの外交部No2 を散々扱き下ろしたのは、シナ側が不正選挙協力の報酬を求めたのが原因だろうと思いますが、一蹴されたので、かなり怒って居たのです。

    然し、同年7月末の天津会談では王毅外交部長はブリンケンを避け米国のNo,2を呼びつけて、7月初旬の豪雨で水田地帯が大規模冠水して、今年の収穫が望めない重大事になったら、態度を一変させて、最後は王毅が米国の援助を哀願棄ていた様子が報道されましたね・

     斯うした国の浮沈に関わる一大事に、バイデンが米国に読んで自ら会談するべき事も無く、外交部同士での話し合いで済ませたのも、政治素人の実弟が成りすましていると言う、正体を、出来るだけ気付かせない為であろう事は、容易に解りますね。

    トランプ側もこの時点でオソラク確信を持っているものと思いますし、トランプ支持者も、そして、民主党支持者の中にも、バイデンの本物を疑っている人は幾らでも居たでしょう。其れもこの先4年後迄に、一体、何が起こるか解らない情勢だった。

    事実この翌年の2月末に始まった露ウ戦争だけの時ならいざ知らず、3年後の昨年9月末には、突如、イスラエルに2千発に及ぶミサイルの夜間攻撃が出来し、ハマスから宣戦布告の様な声明が届けられた。之に激怒したイスラエルのネタニヤフ首相は、即座に、ガザ地区のハマスの潜伏先に猛爆を行い、爾来、今に至る迄猛爆と侵攻が続いている。

    之に関しても、大切な場面に動くのはブリンケンだが、偽バイデンもイスラエルには行っていますね。 でも、兎に角、外遊が少な過ぎるのはボロを出したくない為と推察します。でも、大方バレているのは、もぅ4年目なので覚悟の上でしょう。

    此の事案は欧州のEU 諸国の首脳は殆ど、共産主義者を除く民主党の腫瘍メンバ-の捨てが秘密を共有していると思われます。何故なら、米国人にはリアリストが多く、秘密にして置くよりも、真実を伝えて協力を要請する方が党内を固めるのにやくだつからでしょう。

    然し、選挙まで4ヶ月を切った今バイデンの真偽は兎も角、ジョ―も82歳になって居るので、代わりになる人物を立てねば民主党自体の信頼が維持出来ませんね。 だから、副大統領選びが今本格化しているのですが、4年間も痴呆性の老人に大統領を任せなきゃならないなんて人材難も良い所ですから、いきなり救世主が現れるとも思えない。

    まぁ之からの民主党のリカヴァリ-工作のお手並みを拝見しましょう。 多分徒労に終わりますはね、何故なら、トランプに御支持者は7500万もいるのですから、小間のバイデンで、4年前の空前の8500万票なんて取れる筈が無いですからね。

コメントをどうぞ